excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


放浪の「研ぎ士」来る

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


まあ今日も寒いなあ。でもいまは日当たりがいいので
幾分暖かい。今朝は8度か9度しかなかった。
6時半に起床。玄米を仕掛けてある炊飯器のスイッチ。
そして、ゴミ捨てに行く。
夏の間は5時前に起きて草取りやなにかしていたが
最近は6時半ころ起床。体がなまるなあ。


■本題■

先日の長キ酒店。角打ちをしているとなにやら
変わった風体の男「なにか研ぐものありませんか?」
しばし考えた、長木さん。「なんぼか頼もうか」

さっそく台所から2本の包丁を持ってくる。
研ぎ士の男は、2本の包丁を預かり、店先で
研ぎ始める。

c0061686_09341649.jpg
小さなカートのようなものに商売道具一式。
これを引いて街々をまわるらしい。

聞けば、徳島をベースにあちこちまわる
佐伯の前は津久見にいた。津久見から
歩いて来たそうな。

「一軒も客のない日もある」

そうだろう。縁日などを狙っての仕事
でなく。ましてや徒歩。人家のないところも。
いや、人家のないところが多いだろう。


●私も、研いでもらいたくなり、雨月庵に帰り
 2本の包丁を持って来る。一本は普段使う
 ステンレスの包丁。

 もう一本は、70年以上使っているだろう
 刃こぼれしたおんぼろ刺身包丁。

 「お客さん、刃こぼれ完全には無理ですよ」
 「いいですよ、できるだけで」

 何せ、一本300円。限界がある。


c0061686_09432084.jpg
それでも、立派に研ぎあがる。
刺身でもこさえたくなる。


c0061686_09440312.jpg
一方これが、長木さん愛用の小包丁。
釣り好きの長木さん(以前佐伯釣友会副会長)
釣ってきた小鯵を奥さんがこれで捌いていたそうな。

ちなみに、柄は自作とか。


今朝、白菜漬けを研いでもらった包丁
で切ると、気持ちのいいように
サクサク。

包丁の切れが良くなるだけで
人生こんなに楽しくなる。

「放浪の研ぎ士」

幸せの創造をしてあるく
すばらしい仕事!

見かけたらぜひ、声をかけてあげて
くださいね!

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ

# by tatinomi1 | 2017-11-21 09:53 | Comments(1)

芋「焼く、蒸す」による食味変化!


よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


朝から雨。かなりよく降る。さあどうかな?と思えども
いま雨は止んでいる。明日は「佐伯独歩の会秋の遠足」
初参加でバス旅行。お天気はよければいいなあ。

今日はさほど寒くない。昨日石油ストーブを修理
するも無理。ストーブの燃焼する丸い網の部分を
取り外し、石油コンロの燃焼部の上に置き
すストーブ代わりに使う。


■本題■

先日長木酒店の近所の今山青果店で芋を買う。
以前、落ち葉を焼く灰にくべておいしく食べた思い出。

ちょうど、蒸し器でいもを美味しく茹でたものと
灰にくべて焼いた芋と味を比べてみた。


c0061686_10243894.jpg


               左から

                 落ち葉灰そのまま。落ち葉灰ホイル、蒸し器


食味比較

  ①落ち葉灰そのまま

   皮の部分がなんともこうばしい。あの売っている
   焼き芋の味はこれ!

  ②落ち葉灰ホイルつつみ

  皮の部分は幾分香ばしいが、ホイルの中で蒸され
  蒸し芋との差別化があまりできない

  ③蒸し器

  全体に平均して「むらなく」甘い。
  でも皮の焦げた香ばしさがない。



結論

  やはり「石焼き芋」はそれなりの理由。
  皮の部分の焦げる、香ばしさ。
  これがいい。

  追記:昔のかまどご飯のあの「おこげの香ばしさ」
     への郷愁か?



よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ

# by tatinomi1 | 2017-11-18 10:46 | Comments(0)

「鯵の丸干し」成功!

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




寒い、寒い。寒い。気温は10度。雨月庵は
バラックなので「すきま風」が四方から押し寄せる。

昨日、石油ストーブを引っ張り出したが
灯芯が固まって出ない。もはやこれまで。

今朝、ハンマーで分解。今度ゴミに出す。
その一部部品を取り出して、石油コンロに
組み合わせ、コンロの「ストーブ化」を。
多少はストーブのようになった。


■本題■

佐伯は干物の本場。鰯の干物、鯵の干物などおいしい。
鯵は一般的には、開きが主流だが私の好みは

「鯵丸干し」

これ、佐伯以外で手に入れるのは難しい。
作るのが難しいのと、食べるのも難しい。
まさに、干物通の干物。


c0061686_10295319.jpg
   一方、きびなごの一夜干しは極めて簡単。
   失敗することはない。


  鯵丸干し

c0061686_10271619.jpg
c0061686_10281153.jpg
これは極めて難しい。
8月に雨月に帰り、新鮮で手ごろな鯵があったので
早速こさえたが、失敗。

●要は内臓が腐敗する

開きは、内臓や鰓は取り除くので腐敗はしにくい
丸干しは、腐りやすい内臓を残したままなので。

これまで5回挑み、4回失敗。


そして6度目の挑戦


c0061686_10473985.jpg
大成功!実にいい仕上がり。
食べてもおいしい。ああよかった。

■究極のコツは

  湿度管理だった。




よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ



# by tatinomi1 | 2017-11-17 10:31 | Comments(2)

「チンゲン菜」育て料理し角打ちへ!

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




今日もいい天気。だが寒い。朝は10度。石油ストーブ
古いのを出してきたが芯があがらない。駄目だこりゃあ。
さいわい、石油コンロを買っていたのでこれで暖をとる。
でも所詮コンロ。部屋はあたたまらない。

今日も長木さんにゆく。常連さんから実に味わい深い
濃厚なラスクをいただく。旨い!


■本題■

この夏、墓地バラック雨月庵。まわりに小さい畑を
こさえたのまずは二十日大根を収穫。そのあと植えたのが

はやどりチンゲン菜

c0061686_16564546.jpg
9月下旬ころ種をまき、やっと食べられる大きさまで。
はじめ、虫に食われ全滅の恐れがあったので
殺虫剤を買って噴霧。なんとか持ち直してここまで。


c0061686_16571263.jpg
あまり収穫が遅れると、硬くなるので様子見。
さと茹で、「胡麻和え」にした。
おいしかったので、たっぱーに入れ
長木酒店に肴として持参。
(廃業店舗なので酒肴持参スタイル)

c0061686_16570241.jpg
なかなかいい。旨い。酒は持参の松竹梅の燗酒。
燗をして魔法瓶に入れ持参。
自分でこさえた「三目豆」
(豆、こんにゃく、昆布だけだから)

なかなかいい、アテの組み合わせ。


松竹梅で収穫を祝い、酒が終わったので
こんな派手でにぎやかなカップ焼酎を。

12度です


よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ

# by tatinomi1 | 2017-11-16 17:06 | Comments(0)