excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


★朝酒「美和桜」。やよ福メンバーに頂いた広島酒の深み、八反錦の輝き!



呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく








金曜日に、来阪。一緒に天満から中崎から梅田の「立ち呑み漂流」を
楽しんだ、その人は、広島駅前至高の居酒屋「やよ福宣伝酒場」
ここの、フアンクラブ仲間、同期のチューバさん。

お土産にいただいた、「渋い広島酒」。
もともと、広島は日本酒の技術の国内屈指のエリア。
水よし、米よし、空気よし、杜氏よし、食い物よし。
美味しい酒であって当然、美味しくない、はずはない。

◎かって全国清酒干瓢会じゃあなく

 鑑評会

で、賞を総なめ。灘や伏見の組合から
出品ボイコットのあったほど。

中国地方は、岡山、島根、山口
鳥取も、なかなかに渋い旨い酒アリ。
味はいいが、「アピール下手」な部分もあり、
マスコミ、HP,ブログなどでも、あまり話題にならない。
みんな、同じところに群がる傾向。本来こういう「稀少な酒」を紹介する
この板のブログでも、あまり、このエリアは、登場しない。

◎ステキなニューウエーブ立ち呑み

 西海酒販  ここは、見識。このエリアにやたら詳しい!





さても、雨の上がった今朝。
この酒に、対峙する。


c0061686_714685.jpg


早朝の山々を背景に、広島の
内陸部の酒の貌を見る。

いま流行の、

自らの出自を隠すかの、「馬子にも衣装」的
デザイナー主導の

「地霊なき浅薄貌」

酒の「ラベル」と違い、美的レベルは劣るが、素顔美人の、ええ貌であることか。

素朴、シンプルこそ、純米の道。





c0061686_721584.jpg

ステキな、いい貌






c0061686_724460.jpg

面白いなあ。

特徴



①八反錦

②日本酒度  +3,5

③酸度      2,4  


先ず、八反錦というのがいい。
猫も杓子も山田錦、広島酒は八反を重視する姿勢が好き。

日本酒度  +3,5 広島酒の濃醇さが好きなので
ちいと、過ぎるおもいもあるが・・・・

酸度  2,4は珍しい。日本酒度 +3,5で  この値は珍しい。



◎しっかり、濃醇に造って、きっちり発酵させきったさけなのかなあ。








c0061686_7315100.jpg


■アテにいいとセットでもらった、紫蘇昆布。
 
 この包装が見事。

油紙


で包装。紙紐でゆわえられている。
山菜採りの名人「同期のチューバ」さんのこだわりか。




酒の味

酒器:薄手の小ぶり硝子

温度:①室温

    ②ぬる燗  45度


淡々たる滋味。こういう古典的な旨さがいい。
いま、こういう地味な酒はもてはやされない。
でも、ブログを見れば、なかなか人気。
地方のこだわりある 酒屋、呑み屋が、評価している。


室温では、上品な素朴さ。
ぬる燗で、これまで、深窓に隠れていた
いろんな味が、一気に、部屋から出てくる。

この面白さは格別。

まさに「楽しめる」酒。
シンプル素朴の背後に潜む
日本酒の深みは、どうだ。

控えめな、優しい味わいであることよ。
ええ、酒である。




◎こういうさけを、評価する、酒屋、呑み屋は、いい店なんだろうなあ。
 と、つくづく思う。

 広く情報をえられるはずの、マスコミ、HP,ブログも
 みんな、おんなじところを、ぐるぐる、回っている。

真の酒好きは、マスコミ、ウエブを頼まず。
自分の好みと、舌にたよらねば、
「面白くない、画一的」な方向へ誘導される。






呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)





■メールは■

tatinomi@hotmail.com
※あまり見ませんので、コメント欄が重宝です。
by tatinomi1 | 2009-04-26 07:24 | 日本の国酒 | Comments(5)
Commented by 多田 at 2009-04-26 09:35 x
広島ですか(^^)牡蠣やアナゴをあてに飲む事も出来ますね(^^)v
Commented by tatinomi1 at 2009-04-26 10:06
広島の酒は大分の酒と近い味わいです。
いわゆる旨口の甘口系ですねえ。
Commented by 同期のチューバ at 2009-04-26 12:40 x
>HAKUDOUさん
「みわさくら」の素晴らしい紹介ありがとうございますm()m
天満でも話しましたが、たまたま火曜日に三次市で参加した会合でご一緒したのが美和桜酒造の会長さんでした
まるで大切な息子の話をするように「みわさくら」を熱く語られる会長さんと酌み交わした酒・・・
そんなみわさくらを朝の広島駅で目にし、「これは是非HKUDOUさんに飲んでもらいたい」と迷わず手にしていました
中華街の赤松さんも懐かしく、気兼ねのいらない店の雰囲気と常連さん、それに味わいのあての数々堪能しました
夕方からの所要のため時間が少なかったのは残念でしたが、その分充実した素晴らしい時間を過ごせました
次は是非、広島やよ福でお会いしましょう

>多田さん
初めまして同期のチューバと申します
もちろん広島には牡蠣と穴子で飲める美味しい店多数です
「やよ福」もそのひとつですが、いつも仕入れてはおられませんので、ご来広の際は事前にお知らせください
Commented by tatinomi1 at 2009-04-26 15:49
同期のチューバさん
なんと会長さんと酒を酌み交わしましたか。
実に品のいい酒。おそらく会長さんも人品骨格の秀でた方と
想像します。こういう心に響く酒を醸す人がいる風土が
限りなくいとおしくなります。まさに「日本の国酒」が
凛として現存する風土。日本もまだ捨てたものでないと
嬉しくなります。一度、訪れてみたい気になる、蔵です。
酒にまとわる浪漫、ありがとうございます。

◎この酒こそ我が心の「地霊の酒」です。
Commented by 神戸のおいさん at 2009-04-26 18:37 x
HAKUDOUさんが先日、神戸ライオン堂にて一級角打ち士に認定した、
イタリア人のルーカス君がご両親と一緒に一昨夜、神戸に来られました、
初来日のご両親、ルーカス君のお気に入りのライオン堂へと云う事で、
ライオン堂にてルーカスファミリーと立ち飲みを楽しみました。

さすがルーカス君のご両親、立派な角打ちを披露していただきました。
ご両親とも 「芋焼酎」が大好きでロックでたくさん飲まれました。
詳しくは、吉田寛さんのブログ 『新・KANちゃんねる』を見て下さい。

ルーカス君は先日の大分での「なしか!祭り」の会場で、八鹿酒造の社長に、
 「なしか焼酎」をイタリアに輸出して欲しいと提言しました。
なかなか一級角打ち士の資質と根性を持った男です。



<< 角瓶キープ「赤松酒店」。神戸ス... ★「立ち呑みワイン」。なかなか... >>