excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「右近橘」明日香の国酒。枯淡の味わいは比類なき味。

10位復帰感謝申し上げます!

応援、宜しくポチリ

人気ブログランキングへ





20年ほど前のことである。
新大阪の駅近くで、立ち呑み酒屋を発見。
なかなか旨い地酒を飲ます、見識酒屋。
その酒は、

右近橘

見事なる酒であった。
聞けばなんと、この店は蔵元直営。
要は、明日香の蔵元が、自分の蔵の酒を
売るために、新大阪駅前に酒屋を経営し
その店の、「立ち呑み」部門で
自分の蔵の酒を宣伝販売していたわけだ。


しばらく通ううち、純米酒のブームとなり
古典的なラベルでは、持たないと思い
会社の先輩でもあり、
書道芸術家の、今岡忠篤師に
相談し、

「勝手にラベルを作らせてほしい」

と、無謀にも、そのときの社長の息子に
掛け合う。いぶかしげに思われたが
思いは叶い、カラー刷のラベルではなく
墨一色の渋いデザイン。
無償ボランティアで作らせていただく。
その頃は、現社長の父君は鬼籍。
先代夫人ははじめのころ、
われわれが行くと。怪訝な表情。

社長に聞けば、
「大阪から悪い人が蔵を
のっとりに来ている」
と思ったそうな。

この疑念が晴れるまで
数年かかった。


その後、



「明日香京」



「富本銭」



「キトラ」


の企画発売にかかわり、形になり
いまも、売られている。


だが、社長一人で、

杜氏

水汲み(川水仕込み)

瓶詰め

営業

発送



までこなす、日本一小さな蔵では
限界。およそ年間13キロリットルほどの
微々たる酒。けなげな姿勢。
麗しい明日香の「宝石」のような蔵


◎今の日本酒、個性的なようでどっこい違う。
  みんなが、同じような「味」を嗜好。
  仰天して、倒れそうになったが、

  清酒ブローカーが、6軒くらいの蔵の
  営業部長として、酒を「見識?」酒屋に売り歩く。
  つまり、蔵を指導して、「売れる酒」に衣替えして
  売り出す。

  いまの、スター発掘売り込みの日本酒業界版。

  地霊の酒

  の魂を抜いて


  「都会的な化粧」で送り出す手法。
  まあ、これで、日本酒業界が潤ってゆけばいいが
  そう長くは持たないだろう。

  ◎見事に、プロディユースされた、
    「地霊を抜いた綺麗な酒」と「1000円しないパック酒」
    しか残らないなら、日本酒の将来は危うい。

   そんな、なか。

   明日香にこだわる酒。
   その発展形として


    いま、


    清酒

   
   「立ち呑みの流儀」


   を発売すべく
   行動を始めた。

   お楽しみに!



c0061686_204187.jpg
c0061686_20415862.jpg
c0061686_2042423.jpg
c0061686_20431164.jpg
c0061686_20434830.jpg
c0061686_20442417.jpg
c0061686_20445965.jpg


   すこし耳が遠くなり、足腰が弱ったりといえ
   いまだ矍鑠たる先代夫人。
   掛かっているのは夫人の着物。
   
   「朝起きたら、桜の花びらが庭の木に舞い落ち
    まるで花がさいてようでした。綺麗でした」

   お生まれが「吉野」花の名所。
   父君が明日香、母君が吉野
   まさに国酒を醸すべきお方、現社長。
   「国酒」それも「明日香」の酒を途絶えさせてはならない!


青色クリックでご覧ください!

     ■蔵ブログ   日本一小さな蔵の酒造り

     ■蔵HP     右近橘明日香の酒    (フアンクラブサイト)


   明日香村にお出かけの折は、お立ち寄りください。
   全種類の酒、試飲できます。

   詳しくは、ブログ、HPで。

   近鉄「「飛鳥」から徒歩15分


10位復帰感謝申し上げます!

応援、宜しくポチリ

人気ブログランキングへ




      秘密別館入り口


「赤松酒店の奴」編
by tatinomi1 | 2010-04-10 21:24 | 日本の国酒 | Comments(0)
<< 仙介大吟醸、お披露目会に行って... 「家出用カバン3種」活用別のカ... >>