excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


全温度チアー清酒「月桂冠 米と水の酒」





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






いま、ニュースでアルジェリアから羽田に到着。
大変哀しい事件。これからの日本も
大変なことになる。平和ボケのままでは
おれない、この現実。
資源無きこの国のために命がけで
働いて下さった方々に敬意を表したい。
お亡くなりになった方に謹んで
お悔やみを申しあげたい。せめて
政府専用機で帰国できたことは良かった。

今日は、幾分寒いようだ。


■本題■

先日から取り掛かった 安易:電子レンジ燗を極める。
この一回目に飲んだ酒が「白鶴○」。可もなく不可もなく
まあ安価で熱燗にはいい。ほどほど旨い。

大方の、電子レンジ燗のデーターを
取ることが出来た。

◎第一段階での電子レンジ燗のコツ

①使う徳利は決めておく
②必ず容器一杯に酒を入れること
 (半分以下だと、酒が沸く恐れあり)
③設定温度あり場合、念のため一度目標温度
 より低めで燗をつけ、確認後再度燗をするほうがいい
 (中の酒が先に温まり、厚手の陶器などでは
  取り出し時点で器の温度のほうが酒より低く
  取り出し後、急激に酒が冷める場合あり)




(注意点)

・徳利は磁器がいい、陶器・硝子は難しい
 特に、少量燗で設定温度からずれる
 (熱伝導率が低いので)
・薄手で、あまり細長くない形がいい
・金属製の酒タンポは加熱マイクロ波を跳ね返す
 ので不向き
・酒の量は1合以上は必須少ないと
 高温になりすぎたり沸いたりして酒の味を壊しやすい
 (2合くらいが安定する。しかし2合徳利に1合での
  燗は温度が出ない)
・ガラス徳利の少量燗では割れる恐れあり


・コップ燗でも、コップ一杯の量での
 燗にすべき。半分以下の量での燗で
 酒の沸く恐れすらある。
 (やむ終えず少量燗の場合は
  一度ごく低い温度で燗、再度の燗にすべき)


■米と水の酒■

そして、先日。この実験に供する酒をコープ神戸に。
いつも買う、熱燗用に「白鶴○」を買おうかとコーナー
を見れば、ひときわ目を引く紙パック酒あり。

「これを買うべきですよ」と強烈な主張を
している、見慣れない黒いパッケージ。
原っぱの中に屹立する「熊本城」のイメージ。
他を圧倒する存在感。

一升瓶の現在人気の酒は、奇を衒った
ピエロのような凡そ日本酒らしくないデザインで
日本酒に縁の無いものまで取り込もうと必死。

一方、お値打ち酒を求める大量飲酒者向けの
「紙パック酒」のデザインは、工夫もなにも
見えないおざなり、どれも手抜き。

◎その中で、芸術的なまでの光彩を
 放つ「米と水の酒」、オーラを放っている。




c0061686_7323426.jpg


買って帰って、机の上に置いても
存在感あり。そして美しい。


感想


一言で言って見事!

何が見事か?




・まず常温(室温)で飲んで旨い



 白鶴○なら、まずおいしくない

   →白鶴○は、熱燗でまずまず旨い。
    旨いというか、熱燗にして騙し騙し味を
    はぐらかして飲めばほどほど、旨い。

    冷やして飲めば、苦味・えぐみ
    が際立って飲めたものでない

    要は、熱燗で旨い、温度特化の酒。




・ぬる燗で旨い

  42度の燗で、室温より味が引き締まり旨い。
  「純米酒」のいい味わいが常温より深まる
  なにか、酒米での純米酒、中吟かと思える味わい

    →白鶴○では、ぬる燗は、どうも気になる嫌味な
     感じがして、つい、この嫌味を打ち消す
     熱燗にしてしまう。


・熱燗でも「壊れない」味

  60度以上に燗をし、少しさまし50度の
  少し下の温度で飲む
  大概の酒では、味の壊れによる
  嫌な味と香りが出てくるが、これがなく
  旨い。

  不思議なくらい見事!

・冷やしても、これが旨いんだ!

  あまりに、いい子ちゃん(常温でも熱燗でも旨い)
  八方美人。それに、すっきり性格がいい!

  ので、すこしいじめてやろうと
  薄手のコップに入れ、冷凍庫に。

  (冷酒にするのにこれは禁じ手、酒は
   急激な温度変化で萎縮し、苦味・えぐみで
   自己防衛する。まず普通はしない)


  これが、意外に旨い。
  温度は氷点下。



大手の工場生産の酒の中の「お値打ち純米」
の中の最高峰ではないか。

そして



全温度で旨い
  

こんな酒は今まで無かった
歴史と伝統と近代的醸造プラントの
のなせる業。他社にはまねの出来ない

逸品

灘は完全に負けている、

日本盛のかっての「健醸」イノシトール酒
あるいは、どこやらの「融米造り」などと比べ
実に奥深い。


ああ、感動した!
さらに書き足らず再度
書き足します。







宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







お知らせ!






7月11日は角打ちの日です!


c0061686_941436.jpg


神戸角打ち学会


ようこそ神戸角打ち学会へ






8月25日発売 9月号

「月刊 たる」

◎神戸角打ち学会登場!






 ※フェイスブック「神戸角打ち学会」もアップしてます


 
■ 「食べログ」に挑戦!


  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  



※御影屋台「いくちゃん」
 
 

 

  

 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」



  「姫路は食堂も龍力!」
by tatinomi1 | 2013-01-25 07:58 | 日本の国酒 | Comments(8)
Commented by 多田 at 2013-01-25 14:30 x
確かに酒は度数が強い程に美味いですね(^^;)
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2013-01-25 15:44 x
多田さん

特にウイスキー、焼酎はそうですね。
Commented by 神戸のおいさん at 2013-01-25 16:21 x
もう少ししたら、フェリーに乗り込みます。
寛さん、御手洗さん、しょうちゃん、皆さんがよろしくと。
「八鹿 生原酒搾り立て」 お土産に持って帰ります。
6日間飲みっぱなしでした^^
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2013-01-25 16:55 x
神戸のおいさんさん

じっくり堪能されたようですね、大分。
どうぞ旅の余韻を胸にお気をつけて
神戸への船旅を!


Commented by 大魔神 at 2013-01-26 00:17 x
HAKUDOU様、大変ご無沙汰しております。

学会のご案内いつもありがとうございます。
昨年はイベントの日に決まって用事が入り、4月の会合以来、参加させていただくことができませんでした。

でも、角打ち、立ち飲みに対する情熱は高まるばかりです。

地元、小野酒店にも足が遠のいてましたが、先週あたりからボチボチ寄ってます。

ここのストーブ熱燗、絶妙の暖め具合で実にうまいです。
湯燗と異なった、遠赤外線といいましょうか(灯油ストーブでは出ないかも)、灯心から絶妙に離して置かれた一升瓶から注がれる安酒に、冷やではあり得ない果実的な香りが発生しているんです。

実に日本酒ほど、温度や暖め方で味が変わる酒は他にないのではないかと思います。

月桂冠、以前から私は国内一と思っています。
安いのでも醸造アルコール添加までの姿勢。
米・米こうじのみなら言うことなしです。

でも他社では、米・米こうじだけでも妙ちくりんな味の酒がありますね。

原材料より、自分の舌を信用するのが一番と思います。
私は蘊蓄多しの大吟醸とかより、気軽に楽しく飲める安酒の方が真にうまいと心底思っています。
Commented by 多田 at 2013-01-26 16:46 x
神戸のおいさんさん、またいつか会える機会があるといいですね。
Commented by tatinomi1 at 2013-01-28 07:01
大魔神さん

角打ちに対する真摯な姿勢が伝わってきます。
ぜひ今年の行事にご参加ください。

月桂冠、いいですね。
確かに、「純米」「吟醸」でもおかしなものが
なんぼでもあります。表示だけではわかりません。
特に灘は、吟醸でも、え?と思う大手がありますね。

その店、月桂冠はまじめです。

自分の舌を信じるべきです。
Commented by tatinomi1 at 2013-01-28 07:01
多田さん

また会えるといいですね。
<< ◎角打ち用「アイス」発掘! ◎安易:電子レンジ燗を極める その弐 >>