excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新開地「立ち呑みツアー」。盛り上がる!男4人、途中参加の「赤猫」。人猫一体の「一体感」じゃ。

c0061686_7501598.jpg



立ち呑み好き4人。打ちそろって新開地。今回は線路より山側を探訪。集合は「神戸アートビレッジ」3時。さあ、先ずは湊川駅ちかくの「独特の雰囲気」のある立ち呑み

「酒房 湊川」、
渋い立ち呑み好きの人士が「ひとり静かに酒の1本、アテの一、二品を楽しむ店」。居合わせたお客様、うるさくなって、申し訳ありませんでした。

焼酎は宮崎の「名月」。旨い。アテは「高野豆腐」「奴」「小鰯煮つけ」「トマト」など通のアテ

「ゆるりと新開地時間」がたゆとう。

c0061686_751469.jpg


近くの「酒屋の立ち呑み」「延命寺酒店」。

ここでは「タカラチュウハイ・プレーンレモン」。

アテは「鮪フレーク缶詰」。追いかけて「潮豆・グリーンピース」。これは、丸いチーズの箱に入れて出される。立ち呑み上級者向けの店。女性はご法度。






市場で買った「名物・ホルモン」この店、酒が無くやむ終えず、「泡盛」「氷」「その他」を買い込み、楠公さんのブロンズ像のある公園での野外宴会へと突入。

●ここで、可愛い「縞の赤猫」が擦り寄ってきて、一緒にえんかい。まさに「人猫一体」。人間も動物も「立ち呑み」に境界はない。

この猫。以前は飼い猫。「立ち居振る舞い」が優雅。ホルモンを与えるが振り向かない。パンをあげるとやっと口に。

おお、京都の「やんごとなきお方」の「霊位継承、赤猫さんかいのう?」やたらお腹が張っている。あまり栄養状態がよくないとみた。「武士はくわねど高楊枝」の「汚れボロ毛皮ながら天晴れ」。エエ猫。

c0061686_1910214.jpg



これも「ご縁」。楠公さんのブロンズ前で、この猫との「出会いの不思議」をかみしめる。

■つまり、こういう「素朴な縄文感覚」で酒を飲むのが「我がライフワーク」

  「椅子の有り無し」はあまり関係ない。


だって、この猫、「水を飲むときは、いつも立ち呑み」じゃあ。
椅子に座って飲む猫の話題は、あまり聞かない。




最後の〆。新開地メインストリートにある「吉美屋」。ここにはじめ行かなかったのは、ここは「最高の名店」だから。ここで飲み始めたら、とまらない

c0061686_7531010.jpg


「吉美屋」名物、「そうめん」。アテにもなり、飲んだあとの腹ごしらえにもなる。おつゆ茶碗一杯の量が絶妙。

c0061686_7533351.jpg



近所の「立小便禁止」看板。いつも、思うが「その筋」とは、なんのことか。


c0061686_7542268.jpg


新開地名物「目ン玉焼」。大阪の「キャベツ焼」。ソースが少ない分だけ、味わいが深い。



そうこうしているうち、閉会。名残おしいなあ。

●次回から、新開地以外にも遠出しょう。

  「3時集合、三千円の会費で、三軒まわろう」が次のテーマ。 
  堺東がターゲット!
by tatinomi1 | 2005-06-19 08:17 | 立ち呑み名店 | Comments(9)
Commented by 酎州大分 at 2005-06-19 17:20 x
こういう酒の文化がないなぁ~西の関を昼間からはしごしながら飲める・・・アテの妙と会話を楽しみながら・・・賎しいどころか・・・健全で豊かな酒を飲める文化です・・・これを認め難いと思い出すなら・・・多くの日本人が心貧しくなっとるっちゅーコトですわ~・・・。
ホントええ店じゃ~の~・・・。ええのう!うまかろうの~・・・。
Commented by 新開地は別府 at 2005-06-19 17:43 x
APUの岩田さんと私は「湯布院嫌い、別府好き」。簡単に言えば土着の味わい。湯布院に行きたくないのは「女子供」のいかにも喜ぶプラスチックのような薄板アメニティ世界。

こんなんは、「その筋」に任せて「滅び行く哀愁の化石文化」を守りたい。西の関の須磨自会長がたまらなく好きです。「風土の恵み」「自己の分」を知り、淡々。焼酎は造らないでしょう。

大好きな「八鹿」。ここの「銀座のすずめ」。3年ほど前だったか大分空港のキャンペーンで購入。「飲みやすく、旨い」でも「こころに響かない。

つまり、「ウイスキー並みに原価の3から5倍で売れる飲食店に食指」。金儲けの焼酎つくり。銀座ではやらせ、逆輸入で県内で売ろう。この蔵の姿勢がいやになりました。わが愛する萱島酒造に「ブーム後」に「西の関フアンのための焼酎」を造ってほしいなあ。でも会長は腰をあげないでしょう。

Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2005-06-19 17:44 x
明日香村で、わが愛する「脇本酒造」。この前、大分麦ほか5銘柄ほど持ってゆき「焼酎造り」を検討したのですが、社長は乗り気ですが先代夫人「焼酎ごときを、脇本で。なりませぬ」の雰囲気。

吉野のお生まれ。由緒ある「南朝」の流れの脇本酒造を守り伝承する使命があるのでしょう。

焼酎ブーム終焉のあとに、廃業蔵から安く設備をゆずてもらってはじめようかなあ、と社長。

酎州さん、大分麦の出番ですよ!
それと、粕取り。!

Commented by kenji at 2005-06-20 00:13 x
はじめまして。初めて訪れます。
立ち飲みへのバイタリティ、いい感じの力の抜け具合ですね。立ち飲み昼酒は、禁断の果実。妙な優越感に浸りながら飲む酒はたまりません。
「さすらいの立ち飲み詩人」。
そんなキャッチフレーズが似合いそうなブログですね。
Commented by hanna at 2005-06-20 00:13 x
猫さん・・・これから先も、なんとか、命をつないでゆけるのでしょうか?心配です。
人間は、自分の意思でなんとでもなるけど、猫などは、人間に何かもらわない限りは飢え死にするしかないですね・・・。
人間は、贅沢やと、いつも思います。
Commented by 縄文HAKUDOU at 2005-06-20 06:15 x
kennjiさん、ようこそ。「力の抜け具合」というのが、嬉しい表現。「ぐるめ、あて中心の、店紹介」でなく、「淡々たる立ち呑み(酒屋}のなかの一断章」を探すのが私の流儀。今後とも宜しくお願いします。

HANNAさん、おはようございます。「猫との宴会」こころのぬくもり。仲良くなった赤猫、長生きできないでしょう。「きわめて、優しい、性格と、品性のいい猫」でした。また、逢いたい猫です。
Commented by hanna at 2005-06-21 13:27 x
>仲良くなった赤猫、長生きできないでしょう。「きわめて、優しい、性格と、品性のいい猫」でした。また、逢いたい猫です。

もう、他のところは飲みに行かなくていいので、新開地に行って、赤猫さんを探し、食べ物を分けてあげてください。(半分、マジ)
Commented by 縄文HAKUDOU at 2005-06-21 22:38 x
今度、逢いにゆこうとおもいます。
Commented at 2007-10-24 07:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 高崎の宿で、チュウハイを作って... 由緒正しい「立ち呑み道」。暑い... >>