excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日本酒が「売れない」から、日本酒が「売れなくなる」という事実!




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







昨日はイオンモール神戸北の「恐竜迷路」
午前中はぼちぼちだったが、午後大混雑
の嬉しい悲鳴。


さて、先日の「甘酒」「カップ酒」MIXでの
最悪の味。この原因が、劣化したカップ酒。

一升瓶に比べ、一合のカップ酒は
温度の影響を受けやすく、盛夏の
休業日など店頭で太陽に炙られると
エアコン無しでは、40度近くまで
温度が上がるかも。

味の変化もわからないくらいの
もともと旨くない味で設計し
味の変化を防ぐ工夫がされれいる
のだろうが、このときの酒は
呑めた代物ではなかった。

7年位前か、確か国分かどっかの企画
全国のそうそうたる蔵のカップ酒を
頒布会かなにかだろう。そのおこぼれ
角打ち酒屋に並んだもの。

角打ち酒徒は、あまり銘柄にこだわらない。
「大関」「白鶴」などのおなじみカップ酒
は、コップ酒がなければいやいや買おうが

◎高い銘酒のカップ酒などまず買わない

愛すべき銘柄の「地酒」ワンカップ

店頭に野ざらし、死屍累々のおぞましさ!
酒は琥珀色にまで変色、ラベルは色あせ、
無残の限り。


愛する銘柄を、あっちこっちまわり
救済して回った。


◎よかれと思って出荷した地酒の蔵は
 「腐れ味」をさらす、なんとも
 不幸なことに・・・・・。



でも、腐っても鯛。いい地酒は変色しても

「味の芯」

はかろうじて、保っていたのに安堵!




c0061686_833774.jpg


これまで生涯で呑んだカップ酒で最悪。
はきそうになるほど不味く、半分以上
捨てた。ビールは捨てるも罪悪感はないが
國酒は

たとえ腐っても捨てるのは心苦しい。





その帰りに寄った


高台の角打ち


ここは、団地。しかも単身高齢者の多いところ。
一升瓶は、角打ちでは飲めない。

お持ち帰りも、ほぼ100パーセント
ワンカップ酒。


驚くことに


10本、20本、

箱ごと買って行く。



買う理由は

①買ってかえって、そのまま飲める      レンジチン

②一升瓶での呑み残しを気にせず呑みきれる  残った酒が腐る

③一升瓶の「酒飲み」のイメージがしない   持ち帰り


200円から250円だから、一升換算では
かなりいい酒が買えるのに。



そして、高台の角打ちを覗けば



c0061686_8121534.jpg
c0061686_8124722.jpg



夥しい数のカップ酒が控えている。
逆に一升瓶は、ほんの数本。正月なので
いつもは見かけない


剣菱

三木の 

葵鶴



往時はこの店、ワンカップ大関、県内売り上げ
最高位になったこともあったとか、なかったとか。


ここでは、カップ酒は良く出るので

安心して呑める



でも、初詣前に別の店で買ったカップ酒。
農村地帯では、カップ酒は売れないだろう。
そんなカップ酒をたまたま買った、

焼酎呑みに鞍替えした

大量飲酒者

ますます清酒離れに進むだろう。




◎吟醸オタクであった頃、なんでみんなこんな
 美味しいのを呑まず、不味い酒を燗で呑むのか?
 大いなる疑問を持ったが、行過ぎたブームに
 嫌気が差し。普通の燗酒に軸足を移す。


日本酒ブームの凋落は、世の流れ
時代の要請があり当然なのかもしてないが、



みんなが日本酒から離れてゆき、

「売れなくなるから」その原因で

 「売れなくなる」

売れないスパイラルが続く!



一番の売り先である、「地元」の大量飲酒者を
見放し、純米・吟醸シフトがますます
地元の客まで見捨ててしまう。


地元の親子代々、子々孫々の「飲み手」
を見捨て、

都会に高く売ることが至上に思えるようになり、

地霊の酒

國酒の魂魄


の芯がとろけてゆく。


地場の高齢の飲み手は、これまで呑んできた
アルコール添加、糖類添加※、
アミノ酸添加※の、安価な酒をこれまでどおり
欲しがっているのに、突然・・・・        

大手でなく地酒はごく微量 純米・吟醸原  理主義者は「こんな酒は追放しろの勢いだったころもあり
コレが嫌で、安酒に軸足を移した経緯。甘いからいは地域の文化であり
東京などの酒評論家の十把一絡げの意見などは逆に酒文化を崩壊させかねない!



歴史アル地酒蔵でも、代替わりなどあると

それまで呑んでいた酒でなく

それはいかん、こっちに替えなさい!

と、より高価な酒を急に迫っているような・・・。昨今。





淋しいが世の流れか







宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





    ★関西情報テン「カラクリ」で「立ち呑みの流儀」紹介さる★

c0061686_7391554.jpg



    読売テレビサイト動画
(終わりの部分で紹介ご覧ください!)


  「立ち呑みの流儀」本。ネット通販でも多少あるようですが
   関西の方は、十三の「呉羽中島酒店」でお求めいただけます。

■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」

by tatinomi1 | 2014-01-05 08:13 | 日本の国酒 | Comments(4)
Commented by 多田 at 2014-01-05 09:33 x
日本酒は飲みすぎると腰にきますからねえ(^^;)1~2杯飲めたらいいほうです(笑)
Commented by 同期のチューバ at 2014-01-05 10:24 x
HAKUDOUさん、あけましておめでとうございます。
新年の挨拶が遅くなり申し訳ありません。
大晦日から昨日4日まで山口の実家に帰っておりましたが、実家にはネット環境がありません(笑)
なかなか、神戸角打ち学会のイベントに参加できませんが、今年の3月末で私も永年勤めた会社を卒業です。
退職後は実家に帰り半農半漁の自給自足生活です。少しは参加できる環境に変わりますので、よろしくお願いします。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2014-01-05 11:51 x
多田さん

ウイスキーは足に来るといわれますが、
日本酒が腰にきますか。
ひとそれぞれですね。

Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2014-01-05 11:54 x
同期のチューバさん

山口でのお正月でしたか。
3月でご卒業とのこと。

退職後の生活がまた楽しみでしょうね。

2月11日、神戸角打ち学会新年会予定です。

本年もよろしく御願い申し上げます。
<< 「梅焼き」が男の聖地角打ちに集... 日本酒が「売れない」から、日本... >>