excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


梨酵母「梨吟醸」。鳥取は中井酒造のオモシロい、お酒。遠くでほのかな梨の気配。

c0061686_15114883.jpg

鳥取に住んでいる息子に鳥取の「強力米で仕込んだ酒」を頼んでおいたら、「強力米の里 鷹勇」を買ってきてくれた。

●なんでもかんでも、山田錦ばやり、すっきり、水のような、「地霊」の宿らない大吟醸のみ敷衍してきたおかげで「日本の酒の極み」の吟醸ブームもさっぱり。



もとより山陰好き。なかでも出雲の、ほどほどに旨い「天穏」「旭日」あたりのフアン。味では松江の「豊の秋」の品格にすっかりトリコに。「李白」はパッケージほどに中身がついてこない。

10年ほど前か。鳥取で飲むが、どうもどれを飲んでもピンとこない。居酒屋でさんざんのんだ挙句。駅近くでなんと。


この地では稀少価値の、
見識の「酒屋の本格立ち呑み」を発見。


どうして、鳥取は島根に負けるの?いろいろ話しているうち、店主。「これはどうだ?」の一杯に参った。

■これが有名な「いなば鶴 強力」

この強力米、古代品種で背丈が高く、台風などに弱く、昭和20年ころから作付けをやめていたのを復活したらしい。

「雄町米」の濃さに、切れのよさ加えた感じの味わい。私の好きな「ぬる燗」で「輝くような味になる」古風な酒。

東京や大阪の「金儲け至上店舗」には似合わない酒。郷里の矜持の有る酒。


脱線。ごめん、脱線。転覆だけは、勘弁、ちょっと、小便!。執行猶予、よう言うよ!



(じょんじょろりん、おお、すっきりじゃ)




●この「梨吟醸」は倉吉の中井酒造の作品。「20世紀梨酵母」仕込み。


 当然だが、特に梨の味わいや香りがするわけでもないが、遠く地平の彼方から、梨の香りが聞こえてくるような風情。

幾分の、ほんのり「甘い苦味」が唯一、梨らしい。



流行、売れるといって、「水のような吟醸」を志向する、日本酒業界。その先は極論すれば「純粋アルコール」。個性を追求、飲み方いろいろ、管理楽、健康志向、の焼酎にお株奪われ、当然。

ぬる燗で「香り立つ」、風土性のある、「骨太」の個性を追わねば。

その点、この酒は「味のどうのこうの」を超えて、オモシロい。でも最近、見直し機運。日本酒の復権なるか?「地酒カップ酒」ブームは、若干の復権の兆しなのか、単なる愛嬌か?

■10年ほど前、わが好きな和歌山の「世界一統」が、大吟醸「一」の一合パッケージで、

 「世界一統  梅酵母」を売り出す。


2年持たず、生産中止。

   素晴らしい、酸味の強いコクは最高だったが。

  要は、飲食店で「高値で売れる」もの以外、売れない。ということ。
  この味も独特であり「和歌山の地霊」の棲む味わいだったなあ。




人気blogランキングへ



   今年も、ご贔屓のほど

   切にお願い申し上げます。



   




    クリックお願いします。  

by tatinomi1 | 2006-01-09 15:44 | 日本の国酒 | Comments(0)
<< 強力の郷「鷹勇」。落ち着いた力... え?鍋に「せんべい」。青森名物... >>