excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


祇園「や満文」で一杯。そんあと、長刀鉾をみて、京の魅力に酔う!

三連休。息子帰省。
めし喰いにゆこう、とのことになり
近所の店(結構これが、旨い)もいいが
大阪、京都、と思い、はたと、
膝をたたいて、ほくそ笑む。

◎そうじゃあ、ここ。立ち呑みは、
 家族じゃあ、ちと、無理。

なら、京都、そん奈良ここ。
ワイの弁じゃあなく、天下の弁

  ぎおん「や満文」

呉春句会で、
この店の、見識と渋さ、
堪能した、名店。















■ぎおん 「や満文」の魅力■

とある、HP引用。

 すみずみまで目が行き届き、お客さまの反応が直に伝わる距離感を大事にしたいんです」と語るご主人の青木さん。昔ながらの情趣が漂う祇園の町家で、小さいながら本物の味を提供できるお店を開業しました。躊躇なくスッと払える価格設定もこの店の魅力です。出されるのは、格式ばったものでも奇をてらったものでもなく、潔いほどにシンプルな料理の数々。それだけに「素材の質が命」と、ご主人の目利きが冴えます












c0061686_19302916.jpg


これほど「ゆるり」呑める店はない。
京の魔力。

新京極「名誉冠」
出町柳「菊養老」

同、酒直売名店
枯淡の至高。

更に

粋な居酒屋、「錦」の
意地悪おばさん風情
古美術店の風情こそ観えた

「神馬」。

みーーんな、
なくなったなあ。









c0061686_1931996.jpg


この店。祇園にありながら
実に素朴。若い女性相手に、インテリア・器を
迎合すれば、かなりの値段でゆけるだろう。が。

でも「飲みすけオイさん」が
ゆるり、じわり、祇園で呑める贅沢。
至高の、京風情。

ああ、京都はいいなあ。
ほんわり、ゆんぬり、
時間は過ぎ行く。


■酒、呑んだり・・・・はいな。

  徳次郎       京都   純米吟醸

  英薫         京都   純米吟醸

  出羽の雫      山形   純米吟醸

   ?   泉      岐阜   吟醸


     「味は不問」野暮な。


山形の「ずんだもち」ににた餡
いたく感動。
こういう「味の琴線」、見事。


c0061686_19314868.jpg


素朴で自然に任せる
「坪庭」
あっけらかん、が
国宝級。





c0061686_19321380.jpg


おお、祇園さんの頃の「鱧」

鹿も喰いたい

「湯引き」ときた、もんじゃ焼き





c0061686_1933095.jpg


何事も「茄子ば成る」

気合の茄子料理、見事!






c0061686_19332859.jpg


冬瓜餡かけ汁

酒のアテに、いいなあ。






c0061686_19343925.jpg


カラリ、揚がったり!
お見事!

これみよがしの
演出排除
機軸が
ぶれない











c0061686_19361312.jpg



宵宵山。

毎年一番の「長刀鉾」。
まあ、賑わい、頂点!



c0061686_19365231.jpg



祇園囃子の優雅で典雅
千年の都の風情や、素晴らしい!



おお!11位!感謝です。 人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます







素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 注目 クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2007-07-16 19:39 | 日本の国酒 | Comments(5)
Commented by 酎州大分 at 2007-07-16 23:19 x
祇園祭で始まる・・・京の夏・・・日本の夏・・・。

息子さんも揃って・・・祇園(町)で祇園(祭り)を味わう風情と風味・・・そこに“地霊”の徳次郎、英薫で身を清める透き通る清酒・・・やっぱり、こういう情緒も業とらしくないところが京の品性ですね・・・。

素晴しい本物の京都・・・。
Commented by tatinomi1 at 2007-07-17 06:40
錦市場をあるきましたが、これがまた
いい風情。おのおのの店が
バザーのような「にわか飲食店」
これは乙。

こんどは、これを楽しもうと思います。

いよいよ、山鉾巡幸。雨ふらないように!
Commented by はんな at 2007-07-18 09:15 x
懐かしい~~~!
青木さんのとこ、昔、飲みに行ってました。
一人で行くとこが、我ながら渋い。(爆)

私が通っていた頃・・・から暫くして、人気になってしまって、電話しても満席のことが多く、足が遠のいてもう何年経つでしょう?

この前、久しぶりに前を通ったので、「また、行こう」と思っていたところです。
お元気ですか?主は。

あ!千本今出川の方なんですけど、この前、駅に置いてあるような冊子に載っていた昔ながらのお店、飲みに行ってみたいと思っていたのですが、その冊子をどこにやったのやら?
「神馬」という名前に記憶があるのですが、そこはもう無いのですか???
Commented by tatinomi1 at 2007-07-19 00:44
はんなさん。輝く京の光輝ブログ。
卓越した渋い名店の数々。

はんなさんの100行く京都。ワイは1.
その百分の壱。

それで、にじり寄った「や満文」
不可思議なる出遭いですねえ。

「神馬」、いまほど程よい
立ち呑み焼き鳥屋に代わってます。
Commented by はんな at 2007-07-24 14:40 x
>はんなさん。輝く京の光輝ブログ。
卓越した渋い名店の数々。

ハハハ、お世辞もほどほどにしておいてください。
笑い死にます。

>それで、にじり寄った「や満文」
不可思議なる出遭いですねえ。

ほんま、ほんま。
お値段を知らなかったら、ちょっと入り辛いですよね。

下手したら、一見お断りのお店かと思ってしまう。

>「神馬」、いまほど程よい
立ち呑み焼き鳥屋に代わってます。

昨日ね、駅でこの前みたタウン誌(スルっと関西)がまだあって、それを再読したら、神馬、載ってました。
老舗なんですね。
上七軒のダンナ衆に愛されてきたお店って感じの紹介でした。

タコの煮物が¥900とあって、「お値段はちょっとはるけどいいお店」とありました。

さすがにそこに写っていたお銚子が高級そうでした。

いつか、行ってみます。

<< ◎東国原知事、岡室酒店で発見! 「哀愁のソラ豆」。西天満「ひろ... >>