excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


■え、サンタルチア!高台の立ち呑み、休み!惨たる地や!

ある指数、発表!、ご支援に深謝!


呑むはげみ、書くはげみ、

人気blogランキングへ


 上のを、ぽちり、クリック宜しく
●順位ダウン、ご支援クリックを















十数年ぶりに、病院とやらにゆく。
歯科には良く行くが、本格的な医者は、かなり太古の
腰痛で何度か、通って以来。

神戸電鉄、箕谷駅前の総合病院。
地元では評判のいい病院。

いつも、見て通るのだが、行くのははじめて。
良く歩き、毎朝50分ほど歩く。
4月の中旬、少し膝が痛む。曲げると痛い。
2ヶ月ほど我慢したが、やっと重い腰をあげる。



■後期高齢者医療問題が問題になっているが
確かに、病院に行ってみれば、高齢者が多いのがわかる。

病院の、患者用の巡回バスまであり、快適な
待合室で、テレビ、新聞もあり、これはオアシス。

言われて久しい病院の「健康サロン」化。
激務にあえぐ働き盛りは、病院に行く余裕なく
病を悪化させるケースもあるのだろうなあ。
これから手をつけねば、医療保険も早晩崩壊するのが
目の当たりに見える。


深刻な病気でなく「健康維持」のために
病院が利用され、それを支える、働き盛りの若者が
大変な「重荷」を負う。

さらに、福祉・医療に「正義感ある」若い優秀な労働力が
高齢者福祉のため、
過剰に、取り込まれるとすれば
、国はどうなる?

という視点も「残酷」「えげつない」と批判されようが
必要なのでは。バブル崩壊のはあーるか、昔。高福祉のばら色の夢があったが
現実は「無理」のようだ。

大阪府の橋下知事の既得利権の者が猛反発政策。

本当は、
「身を切るような」取り組みも
必要なのかもしれない。

■民主党の「選挙対策」のええカッコで通じれば
  世の中、うまく行くが、日本の将来を考えれば
  「痛み」も避けられないだろうなあ。そう、甘くない。
  小沢さん、いいなあ思ったのは昔。もう、魅力なし。




■本題■


さあ、ひさし鰤の、高台の立ち呑み。
コップしかない、シンプルな立ち呑みだが
「原点」にこころ惹かれる。

さあ、突入!

え、

お、

うん?




シャッター
が、閉まっている

しゃった!しまった

閉まった、シャッター。






余りの無念に、転んでもただでは起きられんので
ひとつ、いいことを、思いついた。

我がブログは


「立ち呑み」の、お店紹介ではない。
むしろ、はっきりした位置、場所は伏せる主義。

というのも、市井の幽かな楽しみを
白日にさらすのが、好ましく思われない
店もあるということ。

特に、この、

高台の立ち呑みは


市営住宅の相互扶助寄り合い所
のようなもの。私も、遠慮気味に、端のほうで小さくなって
その「余韻」を楽しむ。


■紹介も、他の地からの訪問も
 快く思わないだろう。






立ち呑みフアンに2種あり。


★燻し銀の立ち呑み

まさに「立ち呑みの流儀」をわきまえ、安い、お手軽を超えた
「立ち呑み」文化を愛する、古典的日本人。


★ひやかしの立ち呑み


表層的面白さに惹かれる。
たとえて言えば、
「クラシックフアン」が見下すカタチで「演歌」を愛でる視線。
表層的習俗として、立ち呑みを「利用する」。




よく見かける、

連れで来て、勘定の段階で

「こんな店で悪かったなあ!」
を発する人士。
一般的に「立ち呑み」と「立ち飲み」の境界が
見えない「立ち飲み」愛好家に多い。

「こんな店」の視点の段階で、見下している。




●そこで、である。

これから、我がブログでは



次の指数を導入。


ご近所酒徒率:行ったその時点で
  
  地元の酒徒と、住人ではない酒徒の比率。


   ・今日の、高台の立ち呑みは
    地元酒徒率、ほぼ100パーセント。

   ・近隣のご隠居の昼酒のできる酒屋も、ほぼ100パーセント

   ・都会地、駅近くの「立ち呑み」などは、0パーセントに近づく。

   ・地方都市の裏通りの「角打ち」なども律が高い

   ・大阪十三の「お色気立ち飲み」などは、10パーセント切るだろう。

   ・大阪や東京などの工業地帯の哀愁の「立ち呑み」
    町工場などの周辺の店は、会社帰りであっても
    地元住人であって、地元酒徒率が、高くなる。
    実は、このジャンルの店が奥深い。


日本酒酒徒率:その場で何人が日本酒のコップ酒を飲んでいるか

   ・もともと、酒屋でのコップ酒(古来は枡酒)が本流の
    「角打ち」「立ち呑み」亜流傍系の「立ち飲み」。
    日本酒のコップ酒が、存立、哀愁の原点。

   ・灘、伏見を初め、銘醸地の蔵の周りの酒屋立ち呑みは、
    これだけで、日本の文化。
    日本酒酒徒率が高い。

   ・最近、冨に、日本酒酒徒率低下、我が周りでは
    平均20パーセント。

   ・下関の角打ちのある店、都合2度行ったが
    2回とも100パーセントだった。
    地方の角打ちには、日本酒酒徒率が高い場合も。
    郷里、大分県佐伯市の「菅野酒店」もほぼ100パーセント。

※でも、都合10年以上通って、同好の士と出遭ったのは1回のみ
      そのはず、驚くなかれ。年2回ほど帰る私を含め常連は僅か3名。
      年2回の私が常連とは。

      九州の地方都市では「角打ち」は恥ずべき行為。無念!


看板酒:付録でこれも重要

   ・日本酒に対する、店の「思い」」「歴史」が
    見えてくる。



これから、この3視点で立ち呑みを看ることにしょう。
あくまで目安であって、正確な数値は出ない。
その日の客筋、四季、温度、などにより変動。

まあ、「この視点」で見れば
なにか「観えて来る」のではないか、との期待のみ。
おおらかに、構えればいい。

ほぼ20

ほぼ40

ほぼ半半

ほぼ60

ほぼ80



の4段階くらいで、はじめよう。
推測、憶測もかませて。
実計測ではないので・・・



共感される方は、実施、ご意見、お寄せいただければ。

正統的」立ち呑み文化存続のため。
by tatinomi1 | 2008-06-07 20:13 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(8)
Commented by korikori at 2008-06-08 07:29 x
おはようございます。立ち呑み、3つの指数、大変興味深いですねー。
 何が見えてくるか…楽しみにしております。
Commented by tatinomi1 at 2008-06-08 08:25
これは、これは。ようこそ。
折角店を発見しても、味や値段だけでは。

「立ち呑み」「角打ち」は、グルメ視点では余りに淋しいですから。

因みに  「善吉」は  ご近所:20  日本酒:半半でしょうか
Commented by 同期のチューバ at 2008-06-08 11:57 x
3つの指数確かに興味深いですね(^^)
HAKYDOUさんと私が共に知っている
「やよ福」の指数はいかに?(^^)
先ずはご近所酒徒率
パールのマスターは確実にご近所だが
1.5キロ先から通う私は?
はてさてご近所の範疇に入るのだろうか(^^;
そしてあのお客さんは?すぐ隣のこのお客さんは?
ご近所率は今後の宿題としよう(^^)
次に日本酒酒徒率
私は他のお客さんが何を飲んでいるかあまり気にして見ていないが
それでも半々から60くらいではないかと思う
まあ「やよ福宣伝酒場」という店名でもある
立派な看板酒があるのだから必然ではありますが(^^)v
Commented by MSHIBATA at 2008-06-09 22:19 x
HAKUDOUさん
おもしろい指数ですね。
これから訪問する店について
測ってみようと思います。
Commented by tatinomi1 at 2008-06-10 06:51
芝田さん。随分精力的に廻られていますねえ。感服します。
明石方面がかなり充実のようですねえ。

この指数。気楽に「自己判断」で、都度修正すればいい
くらいの軽い気持ちがいいようです。

次に行って、店の人に直してもらうとか。
時系列での「店の変容」も観得るかもしれません。
Commented by tatinomi1 at 2008-06-10 06:52
同期のチューバさん、まさに図星。
そうなんです。難しい問題が一杯ありますが

「走りながら考える」でないと前に行きませんので
走りながら修正。まあ、単なる目安ですから。
Commented at 2008-06-10 07:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tatinomi1 at 2008-06-11 06:05
芝田さん、予想していました。出版準備行動ですねえ。どうりで、余りに精力的だと想いました。がんばってください。
<< ★「立ち呑みワイン」。さて「西... ■「境界線なき角打ち」。何処ま... >>