excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


■日本酒舌が戻った。うれしいやら、困るやら。まあ。楽しいこと。

ご支援に深謝!


呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ


 上のを、ぽちり、クリック宜しく
●順位ダウン、ご支援クリックを















もともと、「酒屋のコップ酒」通のワイ。
一時期信じられないと想いますが、「大吟醸」にのめりこむ時期あり。

その頃、哀愁の「コップ酒」をのみに店にゆくと
「ああ、こんな不味い酒」と、不遜にも思ったり。
実際我慢してのんだことも。

その後、大吟醸を「意図的」に離脱、好きながら離れる哀感。
「あいしなーーーがらも、別れてみーーたがあ」

それ以降は・・・
薄いナショナルブランドの「それなりの酒」も
まあ、愛飲する余裕。






今日、大阪天満の、有名な

銀座屋


こんな一等地にありながらの哀愁、は見事。







先週行った時、驚くなかれ
至高のアテの

おばけ(九州では、おばいけ)






c0061686_2242682.jpg


飛鳥、脇本酒造にて。







これが、驚くなかれ
200円、信じられん.




返ってニュース
観れば・・・・


■秋葉の事件、まさに「流行」の惨事
 今後、どんどん、増えるだろう。

自殺3万人の中高年自殺。
それに、こういう若年の


マスコミ、意識の「かっこつけ」
英雄気取り殺人。

恐ろしいことだが、過剰反応で
今までの、人権「左翼」に反対
マスコミ立会いの
「公開処刑こそ唯一の防ぐ路」
などの意見も出かねない。

 犯人擁護、死刑反対などの
 似非「人権擁護派」の

 積み重ねも若干の影響を及ぼしているだろう。


■だがこれよりもっと大切なのは

家庭崩壊

地域崩壊

職場崩壊



心の闇を、深める不幸


  


でも「淋しい」のは、犯罪者の「淋しさ」
戦後のアイデンティティ喪失
「こんな国に生まれて恥ずかしい」の自信喪失。嫌悪感の醸成。
まさに、国家としてあるまじき教育。
一度戦争に負けたくらいで「国家観」まで変容させて、いいのか。

日本の国内でのあろうことか
反日教育」の犠牲者。が、不幸を醸成する。

今回の犯罪は、どうか分からないが、
なんと、哀しいことか。

戦後「日本の国は最悪ですねえ、そんな国は恥ですねえ」誘導の帰結。

凛たる国家の「芯」が見えない
流浪の民の不幸。



不幸の連鎖を
打ちとめねば、「犯人」も「犠牲者」も
浮かばれない。



この種の事件は、どんなに努力しても
永遠になくならないだろうなあ。


「平和ボケ」へのの警鐘。
「命を想え」の
天からの鉄槌なのだろうか。



無念な、
理不尽な死も


予定調和の世界

なのか。


そうなら、あまりにも、寂しい。




ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく





お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵


 「地霊の浪漫」計画、進行中


まもなく発表!

お楽しみに!

by tatinomi1 | 2008-06-10 21:59 | 日本の国酒 | Comments(2)
Commented by 遊星ギアのカズ at 2008-06-12 22:13 x
イエ、私はうすうすHAKUDOU師匠は、『特定名称酒』を相当飲み込んでおられたと感じていました。
その上で、哀愁酒場の糖添酒も評価される姿勢が素晴しい。

原価不明の地酒、小さな切子グラスにキンキン冷したのを、
「山田錦純米真精大吟醸袋吊無濾過生原酒」と能書を説明し、
舌を丸めて、空気を含ませ音を出しながら吸い込んで飲めと、飲み方指南。
素直に従うと、旨いのか不味いのかちっともわからない。
ただ、一杯ン千円の値段は、全くリアルな世界。
幸か不幸か私は金持ちではなく、そのような世界とは早々にオサラバ。
まだ、旨い酒とは高い酒と思っている人が、沢山いるんだろうなあ…
(貧乏人のヒガミと反論されそうで、それ以上は突っ込みませんけどね)
どんな店でどんな人たちとどんな肴でやるか、それらによる化学変化は、奇跡のような一杯を生みます。
我が舌だけで酒を旨いと言い切るのは、
よほど日本酒に対し平等な目を持ち、飲み込んだ人でないとできない業。
HAKUDOU師匠、感謝しています。

Commented by tatinomi1 at 2008-06-12 22:30
遊星ギアのカズさん。一時、大吟醸にのめりこんだ頃
周りの仲間から「大顰蹙」、こんなん呑めない。と。
反発したが、今分かる、日本酒文化の深み。

味は二の次。(言い方は、難しいですが)

どんな「ボロ原材料でも表記は、大吟醸・純米酒で出せる。
丁度、牛肉が出荷地で「○○肉」と表記可能。

まあ、味はほどほどに、おおらかな「哀愁」を楽しみたいですねえ。

きついことを言いますが、「酒の味の分かる」センサー持っている
人間 20パーセント。「プレミア」酒、やり放題の今です。

○味はほどほどがいいですねえ。

●「貪る」ような「銘柄飲み」は品が無いと観じて以来
 、不味い日本酒も「我慢」できるようになりました。
<< ★▲「瓢箪胡瓜」の謎に肉薄、食... ★「西海女1号」「西海女2号」... >>