excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 51 )

角打ちの日ポスター行脚で「雪園」復活に遭遇。嬉しい!

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃





厚い日が続いています。体調はいかがですか。
ご無理なさらず、体を大切に暑い夏に備えてくださいね。

さて、7月11日は、神戸角打ち学会ほか
全国・海外の角打ち学会で、「角打ちの日」を祝います。

全国の、角打ち酒屋さんで、7時11分。一斉に
「角打ちの日万歳」を唱え祝います。

神戸では、兵庫東山の「酒のシマダ」
大阪では十三の「呉羽中島」で。
どうぞ、7時ころおみせを覗いてください。



■本題

その、角打ちの日のポスターをお店に持ってまわる
「角打ちの日ポスター行脚」

先日、京橋の名店。「岡室酒店」国道沿い駅裏の
「岡室酒店直売所」ではありません。

久しぶりに覗いてポスターを貼らせてもらおうか?
なんとありがたい。剥がさず年間貼っていただいている。


c0061686_06411164.jpg


うれしいこと、限りなし。


ところが


さらにうれしいことが・・・・


なんと、一度消えた奈良の銘酒が復活
このばに鎮座!


c0061686_06425447.jpg

この件は長くなるので、次回。


さて、角打ちの日がなぜ7月11日か

これです!

c0061686_06441956.jpg

7月11日、みんなで祝いましょう!


c0061686_06461197.jpg

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
7月11日

日本酒で歓盃


by tatinomi1 | 2017-07-04 06:46 | Comments(1)

大阪駅前第三ビル「早咲き標準木」どうだ?

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃




大阪市内の桜もどうやら今週で
満開のようですね。でも、土日は雨の模様。
いやあ、むつかしいものですね。

今日はお天気もいいようですが、だが
夕方は雨もパラパラ、かもしれない。


■本題■

大阪駅前、第三ビルと第四ビルの間にある
桜。私の見るところでは、ここ桜が
一番早く咲いていた。でも・・・・・

今年は、何やら、遅い。

(早い理由)
・高層ビルの太陽光ガラス窓鏡効果で年間の日照増
・ビルのはざまなので、寒風が吹かない
・排気塔が近くにあり、排ガス温室効果

こう踏んで、毎年早い桜を楽しんで
いたが、今年はどうやら様子が違う。


いったい何があった?

◎北朝鮮がまたミサイル。日本の左翼反日4党は
 「森友」祭りで能天気。というか
 日本の国益をそぐのに懸命。まあ、さておぃ


c0061686_07172942.jpg
何やら、寂しい感じ。
いつもは満開なのに。

この枝はまだ遅いほう。
早い方は、いつも満開。

いつもは、満開の枝、

バッサリ、半分ほど、
切られていた。

c0061686_07202735.jpg
早く満開になるよう祈り、
砂糖水のような甘い酒を一杯


c0061686_07222202.jpg
明日の花見の、下見。
てんきは、さても?

桜を楽しもう!




よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃

by tatinomi1 | 2017-04-05 07:26 | Comments(2)

南千住の「漬物」いい味!


よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃


今日は暖かく、天気もいい模様。6日から帰省していた
長男の嫁と孫娘が昼過ぎの新幹線で関東にもどる。

いま、国会では学校認可問題で大騒ぎ。
まあ、国会議員も、こんなことに血道をあげず
本来の国政の議論をしてほしい。でないと、
野党は、クレーマーを雇えば事足りる
「文句垂れ集団」になり下がり、国会の権威が失墜。

昨日は、高台の角打ちで、一杯。



■本題■

2月の、関東での用事。このとき、泊まったのが
南千住。昔の「山谷」。泪橋などという哀愁の地名も。

でも、昨今、かってのドヤの様相はなく
こぎれいなホテル、宿泊所、ゲストハウスなど。

駅前は、昔と変わりかなり区画整理が
されたよう。

で、このまえ、駅前で実に渋い居酒屋を発見。
駅のすぐ前。昔もこのあたりに見事な
哀愁店があり、その店が移転したのかとも。

c0061686_07251343.jpg
外観からは、うかがえないが内部はなかなかの
いい味わい、お客さんもすばらしい。


c0061686_07254506.jpg
歴史ある、渋みを感じる、すてきな
たたずまい。哀愁を感じる。


c0061686_07260534.jpg

おいしそういで、しかも、お値打ち価格。
すばらしい!


関西ではない、いかにも関東風の
たたずまい。

奥のお客さんは、酎ハイのソーダ瓶を
10本以上カウンターに並べて飲んでいる。
■おそらく、200円のセットは
 小さいソーダ瓶と、焼酎がセットなのだろう
 このあたりも、好感。

■もう閉店間際なので・・・・・

 燗酒と、「漬物」を所望。


  聞けば・・・・

  撮影禁止
 
 でも、特別に、この「漬物」だけ写す条件で
  許可をもらう。

  ■煮込み屋さんの、漬物
   まさに絶品。非の打ちどころなし

   関東の居酒屋の漬物は
   関西をはるかにしのぐ

   東北に近いからなのだろうなあ!

   今度はやめに、ゆっくりおとづれたい!






c0061686_07263095.jpg

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃

by tatinomi1 | 2017-03-16 07:34 | Comments(2)

新年弥栄

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





今年の正月は暖かいしかもお天気のいい
なんともいい恵まれた日々。
大晦日に、昨年結婚した娘夫婦の住む
奈良に行き、初めての奈良での新年。

31日は、昼過ぎ近鉄奈良駅に着き
ならまちあたりを散策。

c0061686_611092.jpg


古風だがお洒落な喫茶店、墨の名門
「古梅園」など、すてきな味わい。

猿沢の池を見ながら、興福寺へ。


c0061686_6142124.jpg



夜は、興福寺の境内で除夜の鐘を聞く。
搗くのはもう定員で無理。
御神籤を引く。

c0061686_6165152.jpg


緩やかな奈良の興福寺の除夜。
すると、一人の男。

突然、寺院のものに



御神籤を結ぶ紐が

張ってない!



御神籤を、木や紐に結ぶのを
知ったのは、関西に来てから。

年賀参拝の多い都会の神社なら
わかるが、こういう寺院で
「神籤を結ぶ紐を張れ!」は
いかがなものか。
あわてて、紐を柱に巻きつけ
対応する、寺院もいかがなものか?


◎一方、翌朝参拝した春日大社


c0061686_6231423.jpg


初めて参拝。広い参道、大鳥居。
さあ、近いと思えば、あにはからんや。

ここからが、本当の参道。

くねくね曲がり、両脇に寄進の
3000基もの石灯籠。

さらにどんづまりは行きどまり
右に直角に曲がったところに本殿。

なにか、いささか本来皇室守護の
神社と違う。何故、???

c0061686_6274531.jpg



c0061686_628196.jpg


    賽銭箱の「下り藤家紋」に吃驚!



◎そうか、ここは藤原家の神社なんだ。

 大和朝廷にまつろわぬ豪族を
 神として祭りはするが

 『たたり』

 を恐れ、

 まっすぐな、参道からいきなり直角に
 曲がったところに拝殿。



 
「参道」は「産道」


藤原家の子孫が皇統に入りこまぬを念じ
産道に「見立てた」参道を複雑にしたのか?怨霊でなく
生身の歯止めも、なるほど。


 

c0061686_6374246.jpg


興福寺で、神籤をくくる紐がないのは
けしからん!の暴言。

ここ、春日大社は一応紐あり。
でも、張り紙。

御神籤は持ち帰りましょう


まさにこれ!

・神様から頂いたお言葉ありがたく持ち帰るのが筋
・お言葉は個人情報、人前に曝すのはどうか?
・凶、大凶などは、捨ておきたい、だが初詣は少ないはず
・そのような場合捨てて帰らず改めtお祓いが本来(気になればだが)
・同じく神様からいただくお札など一度持ち帰るのが礼儀
・一年神籤を見て身を正せばたとえ大凶でも幸運が

神籤を木に結ぶ風習
古来からあるようだが
神の思し召しにそぐわない。


やっとわかった、


   (結論)

御神籤木に括り付けは


日本最古の

販促手法


御神籤、売ってます

の看板なのですね。


酒蔵の杉玉に似たり。


わたしはこれまで一度も
木にくくったことは
ありません!


あけましておめでとうございます
つたないブログご愛読
頂きまして、心からお礼申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い

申し上げます。

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2017-01-03 07:01 | Comments(2)

塩を盛っておもてなし!

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




いい天気だなあ。さあ、今夜ダイヤモンドフェリー
で大分県佐伯市の雨月庵へ。今月の17日
まで、自然の素朴な自炊生活を楽しみます。
寒くないので、いいですわ。



■本題■

昨日は、大阪駅前第三ビル地下の「七津屋」の
看板酒「豊自慢」が呑みたく行ったがなんと
満員。

そこで、京橋本店の次に開店した「泉の広場店」へ


まず、鰯天をもらう


c0061686_710108.jpg



減塩生活なので、ソースを少しだけ。

最後に付け合わせのキャベツを口に含んで絶句。


塩が4グラムほど振られている


付け合わせのキャベツにこれだけの塩を
盛られたんははじめて。
この店、本店の鉄板焼き、安くおいしいが
べったり甘辛いタレが苦手。
その点、第三ビル地下の三号店はタレが
少ない。


酒飲みは塩辛いのが好きなので


「塩をたっぷり盛るのはサービス」


との独特のサービス感覚がある。
大阪の立ち飲みなどで、何も言わないのに
ポテサラに「ドぼドぼ」ソースをかけて
出してくれた店が何回かあった。


■従業員さん、見回せば開店当初のかたは
 見当たらない。「たよし」と同じく
 ほとんど入れ替わったのかな。


■想像するに、焼き鳥屋さんに勤めているころ
 焼きあがった串に、バラバラたっぷり
 塩を振りかける・・・・・・
 そんな店からこちらに。

 サービスの気持ちで、大量に
 キャベツに振りまいたのだろう。

 あー、5時間くらい気分が悪かった。


■不健康には不健康で、CHanさんから健康に
 悪いと指摘された、ウインナー。
 これは、何もかけず。

 「豊自慢」冷で

 どちらも、最高。

 気分が良くなった。
 人間単純に割り切るのがいい!


c0061686_7222178.jpg


c0061686_7223773.jpg




さあ、船にのるまで頑張ろう。





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-11-04 07:24 | Comments(0)

角打ちカウンターの境界線

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




いい天気である。朝夕は虫の声が。
若い頃は秋が嫌いであった。暑い夏が好き。
朝顔の花と、ヒマワリが好きだった。いや
今も好き。夏が終わる。

今は秋もいいなあ、と。

やはり夏が好きだが、秋は

・階段でいえば踊り場
・夏の記憶を整理し冬に臨む準備期間

そう思えば秋の存在意義に気付き
秋が好きになった。


■本題■


昨日の高台の角打ち、大繁盛。
といっても角打ちでなく、万屋のほうのお客さん。

3歳から、80代までのお客さん。
子供は駄菓子、お母さん達は醤油や
米や、ラーメン、菓子パンなど。


そんななかの、角打ち士は私だけ。


c0061686_6591543.jpg



今日のテーマカラーは

「青」



昨日は、ドライ4本。紙パック酒1本。
あては、豆腐、ポテチ、菓子パン、いか。


狭いカウンターはこんな状態。



c0061686_725655.jpg


c0061686_734582.jpg




特に狭いカウンター。萬屋の商品置台も
兼ねている。

多くアテを置けば、このように
「婚前一体」いや誤記「混然一体」

どこまでが客の領域で、どこが
店の領域かわからなくなる。


そこで、効果を発揮するのが
・・・・


「最後に現品勘定」
by tatinomi1 | 2015-09-30 07:18 | Comments(1)

長木酒店あと、「23回 全国山頭火フォーラムIN佐伯」参加

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







c0061686_938274.png
今日は、いい天気だ。寒い寒いというが、まあ心地いい。
今日は久しぶりに6時から7時半間まで、草刈と
ゴミ焼き。ここ地いい。

昨日の、「神武の火祭り」の魚くじ
であたった、「じゃこ天」と、「干し野菜」で
朝食。自分でこさえた「干物」も旨いが
塩分が気になるなあ。

そして、昨日は石仏の町「臼杵」の

「臼杵竹宵」


に、出かける。幻想的な竹筒のあかりが古都
を彩るまさに幽玄な味わいの風情に酔った。
これはまた、のちほど。



■本題■


自由律俳句の種田山頭火は20代前半から
40年以上のコアなファン。
その山頭火の、不思議な書を大阪で発見
いつのことだったか。


今回の佐伯帰省で、びっくりするイベントに
遭遇することとなる。なんとも不思議。


c0061686_9402249.jpg



あろうことか、この佐伯で山頭火の全国イベント
しかも私の読んだ「山頭火の恋」にちなんだ。
まさに不思議としか言いようの無い出会いの不思議。


c0061686_9444420.jpg



本の著者古川さんは佐伯のご出身。
そして山頭火が恋心を抱いたのも
佐伯の女性。


◎佐伯出身の英文学者「江藤好美」と山頭火
  の交流。そのうち、好美の妹、千代を知る。
  夜毎、山頭火は好美と文学談義で
  酒を酌み交わす。

  そして、山頭火は、美しい千代に惹かれる。

  千代は、一橋の司書の職を得。
  好美は、なんと山頭火もおなじ司書に
  紹介し、二人は同じ職場で働き、
  夜は、好美を交えての文学談義。

  ◎悲劇は足音も無く、忍び寄る。

  千代は結核に倒れ、山頭火の
  幸せな生活にも終焉が・・・。

  そして,大正14年、山頭火は千代の
  伏せる佐伯に。一度目。

  そして、千代の死。

  弔いに、昭和4年再び佐伯。
  好美に合い、仏壇で経をあげ墓に参る。


  ◎これを機に、漂白のたびが始まった
   というのが、古川さんの著書の言い分。


まったく思いもかけなかった展開に
山頭火フアンは驚く。

だが、この見方は正しいと思う。


◎その後の、トークイベントで
  俳優 奥田瑛二は、こうコメント。

  「好美と千代の 兄妹愛の深さに想いを
  馳せるべき、宮沢賢治と妹の関係に
  ちかい、近親相姦にも近いような
  純粋に深い兄妹愛。

  山頭火が入りこもうにも入りこめない
  深い深い兄妹愛。

  これが、山頭火の漂白のきっかけではないか」


大変に深い問題提起。著者の古川さんも
これに賛同。

奥田さんは、映画を作ってみたい、と。
視点は、江藤兄妹に置いて作りたい、と。


これは、面白い展開が期待されそう。


c0061686_1062468.jpg



なお、著者は第二作を執筆予定だと。



c0061686_1085889.jpg



佐伯に縁。著者も、そして、山頭火の愛した女性
其の兄も。佐伯。

まさに、不思議なご縁。
見守り,見続けたいご縁。





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-11-03 10:14 | Comments(4)

ソフトクリームの皮で飲む。「とけいそう」の見識

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







昨日は高台の角打ち。
奴の新しい、角打ちでの楽しみ方発見。
寶の焼酎ハイボールドライ4本。
レトルトの「ポテトサラダ」がなかなか。

話題の、産経新聞支局長
韓国の司法が軟禁に。

全国から避難の声。
この国は、未熟な国だと
烙印を押されている。

そして、超大型台風。
いやあ、気になるなあ。



■本題■



先日の、広島は「とけいそう」(渡邊酒店)
味わいのある、見事な本格角打ち。
椅子はあるが、角打ちに椅子があろうが
無かろうが無関係。

立ち呑みではないのだから。


ご主人が、西條の「賀茂泉」にお勤め
従って看板酒は、「賀茂泉」
角打ちで飲める酒も、当然

「賀茂泉」

c0061686_7152166.jpg




そして、棚には代表的広島酒が
整然と並ぶ。

なんともいい風情。





c0061686_717161.jpg


「白牡丹」に「亀齢」いい味わいの
なんともいえない、ほんわりした味わい。


◎そして、こことけいそうは

 「ソフトクリーム」の名店でもある
 「珈琲」も。

女将さんいわく、

 「うちのソフトクリームは、コーンがいい」

 「最高のコーンを使う」

気になり「コーンだけもらえますか?」


 「うん、ええよ」


c0061686_72030100.jpg



たしかに、違う。



c0061686_7211953.jpg



齧ると、うまい。

女将さん

「ちいと、いれてあげる」


c0061686_7221591.jpg



優しい女将さん。

味は、美味しい上になんとも懐かしい。

ソフトのもとに自分で工夫した
味を入れ込むとのこと。

酒へのこだわりと同じく
ソフトも置くが深い。


そして、


「お持ち帰りの人には、これを被せる」

c0061686_7243696.jpg



これだけでアテになりそう。
これに、缶詰を載せて飲みたい。

よし、こんど、

ソフトクリーム、コーン、で
飲もう!




帰りに、女将さん自家製の
クッキーをいただく。
プロの味。

c0061686_7272360.jpg



渋い、類稀な名店!



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-10-10 07:30 | Comments(4)

焼酎飲んで、歩いて、日本酒飲みにゆくのだ!


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







先日の、長野の酒メッセの飲んだ酒の写真は
まだ、整理がつかない。またの機会に!
それにしても、感動的な会合だった。
まったく知らない名前の酒が半分以上
いや、6,7割は知らない酒のこれだけ集まる
会合は、生まれて初めて。まさに圧巻。


■本題■

前の日も酒を控え、この日は早めの十三
十三の昼酒といえば、「酒のイマナカ」
3時ころ、もう満員。

「日本酒は飲まない」と決めていたので

焼酎を。紙パック最安酒の部類の
「芋盛り」。逆に炭酸で割れば
味もごまかせ、哀愁もでる。


「イマナカ」のすばらしいのは

◎焼酎の値段を上げず、安い焼酎
 に変えてゆくこと。
 角打ちとしての、ある見識。

◎酒の質と味にこだわる
 「呉羽中島酒店」とは違う。


どちらも、角打ちの雄。
どちらも好きで魅力あり。



c0061686_7333798.jpg


値上げは、軽微。さすが。


c0061686_7343531.jpg


そして、「白」をテーマに飲む




まだ閉鎖されている、阪急の西口。
そして、大通りに出ると。

なにやら、高層ビル?


c0061686_7353439.jpg



そして、歩いて淀川の大橋を渡り
中津の、高架下の哀愁の景色を
抜けて、目指すは、梅田。


c0061686_7365029.jpg
c0061686_7381872.jpg



さあ、一路、新阪急ホテルへ!

c0061686_7384477.jpg





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-04-23 07:46 | Comments(6)

泉酒造の「琥泉」に元気をもらう!


立ち呑み文化存続のため
応援クリック御願いします!


人気ブログランキングへ
おかげさまの3位









昨日は、東日本大震災の記念日。
3年前、出張で宇都宮。
針の一点のように、この日、この時間を体験。

神戸淡路の時の、強烈な上下動と違い
長時間、振幅の大きい横揺れの
恐怖は、また質を異にする。

ごおおーーー。の地鳴りも不気味。
丁度、翌日からの展示会で行う
「電子紙芝居」のリハーサル中。
三輪の電動自転車に、バッテリー、インバーター
とTVを積み込み、紙の従来紙芝居が
突然、映像に切り替わる、本邦初。
電源システムを組み上げ、リハの最中。

照明も落ち、展示テレビの画面も
全部消えたなかで、唯一自立電源の
このTVだけ映る不気味さが記憶の底に。

夜の宿は、食事はおろか、照明も暖房もない
なんとも、長い一夜。


◎早々、話題を変えて大阪市長選。
 昨日、仕事用機材の買出し。
 地下街、阪神梅田駅前に黒山。
 
 何かと見れば・・・・

 橋本さんの、対立候補の方。

c0061686_6524660.jpg


なかなか噺は上手い。
政権公約を聞きたかったが、橋本さんの
糾弾ばかりで、何も聞けなかったのは残念!


■本題■


一昨日、愛する十三の惨状を見て気が重くなる。
あと寄った反対側、東口の名店

「呉羽中島」に寄る。

なんと、お隣に「立ち呑みの流儀」読者の
Nさん、Sさん。お二人から酒とアテの
振る舞い。流儀に反すると固辞したが
「固いこと言わんでも!」と。

結局ありがたく頂き感謝。十三の将来や
「立ち呑みの流儀」第二巻の話など。

やはり話題は、火事。不審火の解釈は
だいたいみんな共通。



◎いつもは、ここのレギュラー酒
 「富貴」なのだが、
 
 気分高揚のため、


c0061686_7132418.jpg


泉酒造の「琥泉」を呑む。
泉酒造は神戸角打ち学会推薦灘酒
品格の酒。見事な酒。

メインは「仙介」だが、
どっこいこの「琥泉」はマニアックに旨い。

力の籠もる「押しの強い」酒。
味の芯は揺るぐことなく、濃くおはし、
それでいて、深山幽谷の透明感。

さらに、「仙介」より幾分お値打ち。
泉酒造としては「仙介」が売りたい。
そんな中の、隠れた逸品。
なかなか、手に入らない。

頼んであった、この絞りたて
最後の一本。とり置き願い、
さる方に「お祝い」として送っていただく。


そのあと、いつもの、これ!

c0061686_782832.jpg


強力「中島自家製炭酸」で飲む
「いいとも」は旨すぎ。

前の残りを飲みきり、
新規一本キープ。







c0061686_714846.jpg






お隣さんは、ウイスキーのキープ。
ここはBGMがJAZZなので、こりゃあいいな。


本当にいい酒、それも日本酒を
呑めば、

気が満つ






    ■立ち呑み庶民看板問題■

かねてより、お伝えしていたように、今日から
「立ち呑み漂流 裏サイト」で、今回の
問題の、両者のFBメール欄での全やり取りを
公開します。先方からこちらからの問いに一切
お答えいただけない状態が続き、先方に
お断りの上、あえて公開します。
こういうことは、恥ずかしくやりたくなかったのですが
残念な結果となりました。

     ※下をクリック下さい!
      こちらもランキングクリックで
      応援下さい!

     立ち呑み漂流別館
          
      今朝なんと 

      7位  本館を追い抜きそう!

      
      酒文化を真に愛する方の深遠!
      素晴らしき哉、國酒伝統。 


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






    ★読売TY関西情報テン「カラクリ」で「立ち呑みの流儀」紹介さる★

c0061686_7391554.jpg



  読売テレビサイト動画
(6月16日放映分 カウンター 11:13~)


  「立ち呑みの流儀」本。ネット通販でも多少あるようですが
   関西の方は、十三の「呉羽中島酒店」でお求めいただけます。




  ■「立ち呑み 庶民」なる立ち飲み店は
   わが「立ち呑みの流儀本」とは一切
   の関係を有するものではありません!

 
c0061686_1318916.jpg

by tatinomi1 | 2014-03-12 07:31 | Comments(2)