excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:焼酎大好き( 122 )

いかにも夏「久保のブルー」はいいなあ!


よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃








国会が終わっても、総理のゴシップ問題がマスコミで大賑わい。
なんとか一強の安部総理を追い落としたい。さきほど
維新の足立議員が番組でうまいことを、おっしゃる。
民進と共産は手を組んで「盛りそば、掛けそば」の
話題ばかり国会に持ち込む。なるほど、うまい!


■本題■

先日、神戸角打ち学会の渡邉会長と住吉の
「かこも」へ。久しぶり。ワンコインセットの値打ちに酔った後。
なんと、神戸角打ち学会推薦焼酎が鎮座。

大分県はUSAの久保酒造の「ブルーの久保」
いやあ、なんとも夏らしくいいなあ。


c0061686_08290622.jpg

個人的には、「黒い久保」が好きだが
夏になんと爽やかなブルーだろう。

味も、爽やかで、しかも深い。


c0061686_08295879.jpg


Type―凪

      なんと、さわやか。




c0061686_08315199.jpg

      ●清薫 なんと詩的で素敵

         「豊前の國」というのがいい。

         大分県は、豊後と豊前の二国より成る。



         長州

      とあるが、薩長の長州でなく
              地名で「ながす」と読みます






よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃



by tatinomi1 | 2017-06-18 08:59 | 焼酎大好き | Comments(2)

「大分蔵フェス2016」の余韻に酔う!

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




一昨日の、大分県産酒と自慢の料理に出会うイベント
すばらしい展開に、吃驚するやら、感動するやら。

前回のイベントでは、初めてのせいもあり
やや不慣れで全体にギクシャク感がありましたが。
今回は、会場から、企画設営運営会社も一新。
見事な会合になっていました。


◎前回、目玉であった「豊後牛」今回は
 会の終了まで十分にあり、皆舌鼓。

c0061686_97153.jpg
c0061686_98442.jpg
c0061686_984216.jpg
c0061686_992528.jpg





見事な「豊後牛」。

そのこだわりは、塩。「アンデスの塩、藻塩」を用意。
フォークの数で、その準備の量がわかるというもの。


■この豊後牛には、全国的に有名な「大分椎茸」も
 そえられ、豊後牛に引けを取らないおいしさ!


◎さらに、これまた有名な        「大分とり天」

 海の幸でも定評のある        「ぶり刺身」

 鰯などを原料とした魚コロッケ     「ギョロッケ」



そして、可愛い、大分県のマスコット

めじろん

も、「県鳥」ということで「県庁」から
おでまし。終始「とり天」にされる恐怖にさらされ
ながらの、愛嬌ふりまき!




c0061686_9203369.jpg




■かんじんの酒の話があとに・・・

神戸角打ち学会推薦蔵

八鹿酒造

久家本店

小松酒造場

久保酒造



先ずは、なにをさておき、この蔵の酒・焼酎から。
文句なしにいい出来。いい出来すぎる。


c0061686_9264488.jpg


写真を撮る暇がなく、ごくわずかしか・・・




「臼杵ボウル」


豊後の「小京都」。しっとりした味わいの町にある
歴史と格式の蔵「久家本店」
清酒は県内に鳴り響く「一の井手」

そして、減圧蒸留の「常蔵」を
大分県名産の「カボス」の薄切りに
豪快に注ぎ込んだ


臼杵ボウル

◎臼杵の町には「ボウリング場はないけど
 『臼杵ボウル』はあると、町の人が
 自慢するそうだ、ときいたとか、きかなかった、とか。

c0061686_9334667.jpg


c0061686_9345876.jpg




『新しい飲み方提案』

焼酎の湯割りに、梅干を入れるのに辟易。
こんなの見方の方とは一緒に飲みたくない。

焼酎水割りに『レモン』も好きでない。

でも、この臼杵ボウルは秀逸。




◎全国の『見識ある飲食店』で
 グループなどに、この『臼杵ボウル』
 を提供、お勧めしている店があるそうですよ!



  ※注:『常蔵』の焼印の行った
     小さな竹の柄杓で掬ってコップに注ぎます

     実際は、カボスの輪切りはこんなにたくさんは入れません。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-10-21 09:11 | 焼酎大好き | Comments(2)

これぞ幻「知覧桜」。一言、見事!

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




台風がよく来る。しかも今日は暑そう。
もうすぐ、重陽の節句、9月9日。
中国の故事では、この日より
酒を温めて飲む。また、盃に
菊の花を浮かべ飲む。
そういう酒にちなんだ佳き日。
そんな日が私の誕生日。



■本題■


先日の十三は「酒のイマナカ」超の着く名店。
ココで、見たことも飲んだことも食べたことも
ない珍しい、「酒」を発見。


c0061686_6164572.jpg



はじめは、日本最南端の清酒かとみまごう。
でも、聞けば焼酎。

値段を聞けば、おや320円。ここでは高い。
一合210円の紙パック焼酎をのむので。
これは高価。

さっそく、頼む。


100ミリくらいのグラスに、珍しく
氷で割って出てきた。
かなり「貴重」なる焼酎か?


紙パック安焼酎のあとなので
卒倒するほどおいしかった。
濃厚な「薩摩人」のいかにも
好みそうな。

薩摩人の生え抜き焼酎飲みおいさんの
小馬鹿にする、プレミア焼酎にない
「古典的味わい」、こりゃあいいわ。



見れば、本坊酒造
あの薩摩人の愛してやまない「桜島」
ブランドを醸す蔵。


c0061686_623222.jpg



c0061686_6242289.jpg




なんといい面構え。狂ったような芋ブーム
やはり終焉したが、30年以上前のブーム
以前は、博多の居酒屋などでは、どれを
何杯飲んでも、一杯100円の
自己申告など、夢のようなことが。

宣伝のつもりで、安く卸していたの
だろう。その当時は、

ガリ版刷り

のような、素朴なラベルが人気。
今の、ブローカーの仕掛ける
プレミア焼酎と、真逆の世界。


自分だけの銘柄を探す時代


焼酎文化のない地域のブローカーに
すっかり席巻された芋ブーム。そして終焉。
その遺産は、・・・・・・


馬鹿に高い居酒屋料金


一杯百円が、90ミリリットル350円に。
焼酎ブームが値上げしてくれたので
お店はホクホク。客は無念。


●そんなイモ焼酎が輝いていたころを
 ほうふつとさせる、いいラベル。



■究極■


ネットで調べるもヒットせず。本坊酒造の
サイトにも、出ていない。
さても世界一統の「富士の雪」のような
PB焼酎。やはりそうだったか。


ある卸のサイトより引用




酒卸&蔵元のコラボ限定焼酎

この「知覧桜」は小型蒸留器により蒸留された原酒のみを使用しています。
大型蒸留器での焼酎とはまた違う味わいです。
深くまろやかなあじわいをお楽しみいただけます。

※特別企画生産銘柄につき販売は今回のみです

※生産本数は1800mlのみ600本




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-09-07 06:36 | 焼酎大好き | Comments(2)

この盛りに焼酎県の「真心」を見た。

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





昨夜は京都、五山の送り火。雨だったが
テレビの中継を見れば、無事にすべて
点火されていた。巨大スケールの
美しい神事、さすがは京都だなあ。


■本題■


先日、夜神楽を見に行った高千穂。
夜神楽の前に、腹ごしらえ。
さてどこに?役場に聞けば
高千穂神社のすぐ前の饂飩屋

「マラソン亭」

を勧められる。


行けば、超満員。感じのいい店主。
お客さんも常連さんメインらしい。
カウンターの常連さんが詰めて
席をゆずっていただく。


4人と幼児、おのおの注文。

旨い!。出汁の妙。
饂飩は浪速饂飩風の柔らかい麺。
こりゃあ、いい。良かった。


そして、酒が欲しくなり聞けば

「露々」

が、御勧めであると店主。
息子はロック。私はストレート

出てきて、感動。


c0061686_7205621.jpg



一合以上ある量に、感動。
しかもジョッキに氷。
すばらしすぎる神話の里のおもてなし。

これで300円。

都会などの居酒屋ではありえない。



c0061686_723012.jpg



地元の味わい


c0061686_7234069.jpg



饂飩やさんなのに、この焼酎の
揃えはどうだ!


c0061686_7243248.jpg



店主は延岡の旭化成のマラソンに関係する
お方か、店内にマラソン写真。

●そして、神楽殿に飾られる紙飾りも。


c0061686_7262947.jpg



もちろん、うどんは絶品。
私の頼んだ、牛蒡天月見うどん。

食べ放題の「天かす」がまた
優しく柔らかい味でいい。


まごうことない、高千穂の名店。

高千穂神社の夜神楽は365日
8時から9時。すばらしい!
その前に、近くの

「マラソン亭」に!



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-08-17 07:29 | 焼酎大好き | Comments(2)

全麹、もとい善光寺の芋です

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





今日は本題のみで、はい。そういうことです。


一昨日、長野での中華料理屋さん。
料理は良かったが、紹興酒が
あまりにも、あまりにも・・・


奄美大島

あまりの甘さに、おもわず店主に
「これは、甘すぎやでー」
おもわず叫ぶ。


口直しに、メニューをみれば。


長野芋焼酎とある。
芋といえば、かごんまか宮崎
そして大分くらいまでだが。


最近は、徳島や小倉などでも
良い焼酎が。いい印象があり
長野も・・・・・?



c0061686_8123583.jpg



c0061686_813391.jpg




なかなか、堂々としたいい味。
かごんま以外でも、意外にいい焼酎ができる。

かごんまも、あまりかっこつけた
よそもの向きの「かっこつけた」焼酎
にうつつを抜かしていると


地場の
大酒のみおいさんから
きらわれそう。





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-09-13 08:16 | 焼酎大好き | Comments(2)

落ち着きと、安定感。南京町「赤松酒店」の味わい。

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







ウインドウズ10にアップグレード。
まあ、時間がかかり大変であった。
アップロードに、1時間半から2時間。
操作がなれないのでその、難儀。

さらに、「お気に入り」がすべて消え
さらに、いろんなサイトにゆけない。

さらに、FBのコメントを打ち込み
エンターを押せばなんと文字が
消える・・・・ああなんだ。
あわててアップグレードなど
しなければ、よかった。


アップ、アップの、アップグレード。
いいこと何もなし。


■本題■


先日、盆帰りのMさんと、南京町。
目的は、「赤松酒店」大阪十三の
「呉羽中島酒店」が大阪で一番
長く通っている店だが、神戸では
ここが一番古くから。
マスターのお母さんの代から。


ここに来前、北九州のこだわり
見識酒店の売り出した

「みなといも」

「北九の芋」


を味わい、その突出したこだわり
に酔ったあとの、赤松。

まず、ビール。

あては、焼き明太、いりこ、など。


c0061686_7452757.jpg




この、お好み焼き。なかなか
おいしい。ここのあては、
見てくれは、さほどでないが。

味はぴか一


c0061686_7512535.jpg



ビールのあと、焼酎に移行するが
薩摩ルーツ、芋焼酎のプロ。
Mさんの、目がうるむ。


「これはいい、いいなあ!」

私も、思わず・・・・

「大田道灌!」



c0061686_7503641.jpg


「佐多岬」

地名を織り込んだ焼酎はいいなあ。
市内の「天文館」もいい。
特に、素人の油絵風情の
ラベルに共感、好感。


先ほど飲んだ、感動の味。
こだわりと見識の「逸品」もいい。

でも、古くから地元に愛され
風土の潮風をかぶり、地元の
「飲み手」に愛されている


野太な

味わい



これが古来の芋焼酎の
味わいなのだろうなあ。


ラベルは語る!



寡黙ではあるが。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-08-27 07:55 | 焼酎大好き | Comments(2)

北九州の焼酎「みなといも」見事!

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





2つの台風が。一つは日本から遠ざかる。
一つは直撃のコースか。心配だ。

本日夕方、日本の「こうのとり」の
宇宙ステーション、ドッキング。

宇宙も、地上も、日本人。
成功を祈るのみ。

朝夕は、秋らしくなりましたね。
このまま、一気にはすずしくならないでしょうが。



■本題■




先日、尊敬するあるお方から、なんとも
珍しい、芋焼酎をいただく。

北九州の見識酒屋さんの仕込み。
酒蔵でなく、酒販のプロが
プロデュースの逸品。

一升瓶換算で200本という極少ロット。

◎もちろん、酒販店の販売だから
  他の酒屋での販売はない。
  手に入りにくいこと限りなし。



c0061686_652614.jpg



なんとも「かわいらしい」ラベル。
芋焼酎とは、どう見ても
思えない。


c0061686_654857.jpg



能書きも、かわいい。



さて、味は?



■北九州産芋焼酎■

北九州産芋「紅東」、北九州産米「夢つくし」


芋焼酎愛飲家プロ、と2人で鑑評。

      ●其の結果

・すっきりしたラベルなのに「濃厚」
・これまでにない不思議な芋焼酎
・えもいわれぬ「甘み」あり
・香りもすっきり、芋の臭みがない
・芋の入門者にも、芋の上級者にもいい
・氷で割るのもいいかもしれない

◎総評
 これまで飲んできた中でもいい部類
 (芋プロ氏一番の愛飲銘柄は 小鹿:森伊蔵への桶買い桶売り蔵)

 湯割で香りが広がる(ロックでは勿体無い)と。

◎今後
 これは売れる!2人とも同感。



●はじめ、ブログで一昨年前の「みなといも」
 の記事を読み、原料芋を「鳴門金時」かと
 思った。

 以前飲んだ、


c0061686_6154100.jpg



  徳島産焼酎。
  食用芋では最高のブランド。

  これでこさえたら、美味しいだろう。

  飲んで、確かにこれまで飲んだことのない
  味わい。美味しかった記憶。



  紅東


  
c0061686_620418.jpg


  農産物識者のブログより引用


  「ベニアズマの石焼き芋は最高に旨いと思う。
   高系14号の代表ブランドである鳴門金時は
   徳島県鳴門市に特有の砂地土壌で栽培されるという特殊条件のせいか、
   上品で美しい香りがする。サツマイモの女王という感じなのだが、
   ベニアズマにはそういう美しさよりも、野太いコクがあるのだ。」


  まさに、「鳴門金時」から「紅東」に変えたのは
  素晴らしい見識!



  ■食べて美味しい米は酒造りには向かないようだ。
   サツマイモの場合は、食べて美味しい芋は焼酎にしても旨い!

  ■マスコミの寵児に躍り上がり、実力以上の「高値取引」になった
   酒を「幻の酒」というが、こういう酒こそ幻を越えるのではないかなあ。



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-08-24 06:07 | 焼酎大好き | Comments(2)

名作「白波CM」に酔い、実際の「白波」に酔う。

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ








今朝、朝早くのNHK。何の番組だったか。
突然、後藤さんが殺害された映像が流れた、と。
他のテレビ局にチャンネルをあわせても
通販のお買い物番組ばかり。
今見れば、どの局もこの話題でもちきり。
誠に不幸な結果でおわり無念というより無い。

これから、日本人にも危害を及ぼすとの
メッセージは恐ろしいものがある。



■本題■

昨日、こんな素敵なCMを発見




[白波CM]




CMの誠にクオリティの高い「白波」作品。
白波といえば、薩摩芋焼酎の雄。
プレミア芋焼酎は、この白波の
おかげで売れ出したといっても過言ではない。
芋焼酎を全国に広げた功績は大きい。

郷里豊後の、麦「いいちこ」や「二階堂」
いや、それ以上に焼酎普及に貢献。


◎どうしても、飲みたくなり
 「高台の角打ち」へ。

 カップ白波をと思ったがない。
 やむなく、5合紙パックを。
 あては、定番「マグロフレーク」

◎CMに出ていたようなぐいのみ
 小皿、箸を持参。




c0061686_844665.jpg


少し水を加え、レンジを借りチン!
いい温度、実に旨い。




c0061686_85869.jpg



マグロフレークも、古典的味わい

なかなか、相性がいい。


c0061686_881342.jpg



この焼き物、欠けて割れてはいるが
味わい。書家 今岡師の熊本は
島田美術館での個展の折、
天草在住作家の作品。
「白波」の味とあうなあ。


プレミア焼酎を、舐めるように飲む
あるいは水と氷でのばして飲む
のもいいが、やはり
こういう王道の芋焼酎を
ぐいぐいあおる。こういう古典的な


気合で

ごくごく飲む

焼酎



が、やはり九州の者には向いている。
薩摩人の焼酎好きのおいさんたちは
プレミア焼酎はあまり好まない。


◎原点的「本格角打ち」は小売値と
  立ち呑み値はおなじなので、
  2合半は胃に、残りの2合半は手に。
  帰って飲むお楽しみ。





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-02-01 08:14 | 焼酎大好き | Comments(0)

安い?高い?「この」焼酎!?

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







イスラム国の人質交換難航。
そりゃあ、ヨルダン。いくら親日国でも
自国を護った「愛国者」をさしおいて
自ら危険地域に飛び込んだ他国の
人間を優先はしない。
こりゃあ、難しいてんかいになりそう。


今日は暖かいが、寒波がまた。
風邪などお召しになりませぬよう。


■本題■



焼酎は好きだが、プレミア焼酎は好まない。
おいしいのだが、背伸びをした価格なので
プレミア価格の価値は感じない。


そんな中



大阪駅前第二ビル地下2回
立ち呑み「たよし」。ここではいつも
大好きな「雪の松島」を必ず。

ところが



c0061686_6432179.jpg



「夢のあとしまつ」これを飲もう。
良く安売り屋が、800円を二重線で消し
その横に450円と書く手法。
あまり好ましくはない。もともと
450円のものを、高く見せる方便。

◎まあしかし、見識の「たよし」のこと
  飲んでみよう。


c0061686_6462155.jpg


さすが良心的な「たよし」ストレート
で頼むも、まあまあの量。
60ミリも入れず、氷を詰め込むだけ
詰め込み、水で満たす店の多い中。

味は?

●飲みやすい、こりゃあ人気だろう。
 鹿児島の剛直な芋でなく
 宮崎の芋の、やさしい系譜のようだ。
 大分の蔵?

もともと、「たよし」は焼酎300円。
黒霧など。

これは、250円。少し量が少ない
気もするが。


安いのか?

高いのか?

わからん!




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-01-27 06:50 | 焼酎大好き | Comments(4)

三田で「霧島スナック」?????

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







昨日は、三田の「お化け屋敷」の仕事。
夏といえば、「かき氷」と「お化け屋敷」
昨日は、なぜか人出が少なく動員
はいまひとつだった。
でも、ご来場いただいて方には
本当に喜んでいただいたので良かった。


その帰り、駅前のコンビニ。
カンチュウハイでも買おうと
入れば・・・・・・・・・・・・・・・・・



c0061686_7203013.jpg


おや、なんとも懐かしい。あの「霧島スナック」
20代の頃だったか、もう少し前だったか
買って飲んで、なんtこんなにうまい焼酎?
と絶句した思い出。

それまでは、「ダイヤ」「三楽」「寶」
しか飲んだことが無かった。
他を圧倒するうまさ。


これ以降、鹿児島の「おはら」「白波」
を知り飲んだが、一度もうまいと思うことは
なかった。


焼酎は宮崎


の、好みの根幹が形成される。その後
鳴り物入りで「下町のナポレオン」が登場
砂糖混入の横槍が入り、砂糖入りの味は
消えうせたのは、至極無念。それ以降

狂った芋ブーム


◎そのなかでも、霧島酒造は一切
 「プレミア焼酎」になることは無く好感。

◎芋、麦、米、そば、全てが充実している
 県は、宮崎。間違いなく
 日本一の、焼酎県。

◎特徴は、全ての焼酎は
 味が優しい。



c0061686_7291959.jpg



さっそく、神鉄「サロンカー」で
隣のサロンカーでも・・・・・・。







この容器がいい。これは・・・・・・
焼酎を「日本酒流儀」で飲む宮崎・大分
の風土に合わせこさえたものと見る。

度数も:20度


徳利、盃に見立てた容器がいい。



c0061686_7382743.jpg



◎「霧島スナック」で検索すると
  宮崎県霧島市のスナック一覧。

要は、マイナー商品。

まんで、三田に?




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-08-27 07:33 | 焼酎大好き | Comments(3)