excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:日本の国酒( 468 )

昨日は「いきなり花見」

桜のシーズンも終わりを迎えようとしている。
花見は、何度か行った。夙川の早すぎる
大勢での花見。大川の予行花見、と
本番の、夜桜花見。そして、高台の角打ち
での角友との雨の花見。

そして、昨日は、朝思い立っての
突然の、「一人花見」


■本題■

昨日朝起きて、思わず決心。「よし花見に行く!」
そう決めたので、飯を炊いて用意。
というのも、持ってゆく肴がない。
9時に、コープで買ってゆくまでまてない。

あるのは・・・

・一昨日高台の角打ちで買った「煮抜き」
・これも一昨日こさえた「酢玉葱」
・前買った「ぱりぱり天かす」
・さっきたいたご飯のおむすび

酒は

・紙パック一合の、日本盛・菊正宗

酒は、鍋に湯をわかし、このまま投げ込んで
湯箭燗


「花見セット・極小」

を持って近所の公園へ



c0061686_07181308.jpg

こちらは、標高が高いのでまだ、桜はある。


c0061686_07192863.jpg

なんとも、貧弱で貧しい花見。
でも、風雅ではある。



c0061686_07203358.jpg
欠け「かわらけ」に味噌、
前時代の花見の様相。



c0061686_07215008.jpg


あえて燗をして持参。ガラス徳利に移し替え
肴がないので、せめてのお遊び。

日本盛、菊正宗。圧倒的に菊正。


でも

徳利に移し替える時、日本盛りは
こぼれてどうしょうもない。
薄いビニールがよくはがれない。
まさかこんなのみかたなど想定してない。


菊正あっぱれ!



c0061686_07252645.jpg

八重が、着々と開花準備中。
5月の、「緑陰の会」にさいていればいいな。







by tatinomi1 | 2017-04-17 07:27 | 日本の国酒 | Comments(1)

          ■いつもの場所で「寿司」「玉鋼」■

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃




本日もいい天気。昨日もいい天気だった。
昨日は、毎年恒例の夙川花見だった。

朝7時に起きて、準備に向かう。
8時半に現地到着。
9時ころ設営完了。


c0061686_07202141.jpg
単にシートを張ってハイ終わりでなく。
席をしつらえるのが、我が流儀



c0061686_07221721.jpg
10時開会に伴い、紅白幕を張る。






c0061686_07230927.jpg
奥出雲のしみいる風土の味がする
みごとにマニアックな酒



c0061686_07241239.jpg
そして、これまたマニアックな
寿司!



そんなこんなの、花見大会。




よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃



by tatinomi1 | 2017-04-03 07:28 | 日本の国酒 | Comments(2)

なんと、見落としていた「パラボラショップ」。

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃




桜のシーズン本番なのに、寒い。
関西の桜も、足踏み状態に。
明日は「夙川歓盃の会」の花見。
12人が集う。でも桜は期待できない。

まあ、それでも花見の味わいがあれば
それでいい。昨日は高台の角打ち。
その帰りに、桜の終わったあとの
「緑陰の会」の下見予行を行う。



■本題■

先日書き込んだ、姫路の本田商店の
アンテナショップ。あまりのおいしさに絶句。

酒は、60mmが200円と、300円
ところが、写真をよく見れば、なんと
1500円からあるではないか。
もうけを乗せるあくどい吟醸酒場でなく
賞味の、最高級の酒。これは気づかなかった。
というか、2合瓶か、3合瓶かと勘違い。

c0061686_12200942.jpg

秋津、1300円。
一番有名な「米のささやき」が200円。

てっきり、2合か3合瓶と見まごう。

   ◎でも、60ミリで1300円、一番下のは1500円。
    おそらく4合瓶一本なら、15000円以上の酒なのだろう。

これは、ぜひ、今度飲んでみたい。
ここなら、品質管理抜群なので安心できる。
いいかげんな、おかしな店でこの手の酒を
のんで、最悪だったことが何度も。


  ■あてもありましたよ■

誰一人あては食べていない。なにか味噌でもいいから
口直しの簡単なものがほしい。
すばらしい酒管理の女性のお方に聞けば
ありますと、すぐに出してくださる。


哀愁あるアテ
酒に歯向かうことのない控えめなアテ


c0061686_12304920.jpg


なんと、いいではないか。


c0061686_12314037.jpg




静かに、「龍力」と向き合えるのがなんともいい。
60ミリの、てんこ盛りもうれしい。


c0061686_12325903.jpg
ぜひまた、ゆきたい。
姫路駅前、地下街すぐの



c0061686_12340177.jpg



この、超名店!




よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃


by tatinomi1 | 2017-04-01 12:34 | 日本の国酒 | Comments(2)

龍力「パラボラ」アンテナショップ

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃








今日はいきなり本題にいります。
時間がないので、簡単な理由です。

アンテナショップ、日本酒の蔵元
にも数々ありますが。私は姫路の
本田商店の経営する


龍力ショップ


が好きでたまらない。ずっと昔も一時期
あったのだがあまりにおいしく飲みすぎ
ゆえに一時期、店を閉めていた。


姫路駅地下街、駅の近くのわかりやすい
場所にあります。

c0061686_7512836.jpg



染め抜かれた暖簾がなんともいい風情。


c0061686_7522490.jpg


冷たい感じとの書き込みがあるが、どうして
酒に詳しく、見事な客対応。無駄口は
いっさいなく、てきぱき。

まるで、この龍力の酒品のよう。


c0061686_7543057.jpg



試飲販売の要素があり、気に入った酒を
みなさんお買いになる。姫路城の
帰りに、お城のように凛々しいこの
龍力を持ち帰るのはまさに正鵠!


c0061686_7563622.jpg



メニュー。どんな高級な酒も
たとえ一升6000円を越える酒も
一杯:60ミリリットル 200円。


これはお値打ち。

180ミリ換算で 600円。

しかも、蔵元保証の新鮮品質。



あとは、次回のお楽しみ。

はい、さようなら。



よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃



by tatinomi1 | 2017-03-29 07:58 | 日本の国酒 | Comments(2)

姫路「あらき酒店」、いい味わいの名店

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃



今日は、寒い家に雨。まあ、致し方なし。
このままだんだん温かくなるのだろう。

東京豊洲の石原さん招致、なにも出ない。
都議会も、国会も、個人糾弾で大人げない。
まあ、その程度の議員しかいないのか、と。
国会のみずほさんの糾弾。総理のお友達と
結託して今治に獣医大をこさえてのは
けしからんと。総理反発。
「週刊誌の記事を鵜呑みの発言はやめよ!」
もう、バカバカしい。これが国会議員?


■本題■


先日の姫路。以前から好きな「あらき酒店」へ
JRの駅の近く。いつだったか、10年ほどに
なるかな。立ち退きだろうか消える。
その後、別の位置に小さくこぎれいな店舗。

以前の店は大きく、だが角打ちコーナーは
ちいさな、「コの字型のカウンター」
小さな器にシンプルに盛られた角打ち
らしい味わいある肴。

「姫路おでん」も魅力。


c0061686_06503511.jpg


モダンで味わいもあり、素敵な店舗。哀愁はないが。


c0061686_06521019.jpg

まずはレギュラーの燗酒。なかなかうまい。
後で聞けば、沢の鶴の紙パック酒。

酒は、いろいろ。姫路の名酒本田商店の
「龍力」の「ドラゴン黒」

広島の「酔心」が人気のようだった。


◎これは地元「名城・にごり」
 なかなか良い。

◎あてのあげ、角のきっちり立った
 「姫路城のように凛々しい」姿。


■そういえば、以前の店の大将
 墨痕鮮やかにメニュー文字の
 美しかったこと。

■夕方になれば、剣道用具をひっさげ
 「道場」に出かけていた。なんとも懐かしい記憶。



c0061686_06585317.jpg
メニューに、懐かしい文言

「いりこ」

頼めば、まさに、いりこ。
素朴で、うまい。いいなあ、こういう世界。



c0061686_07001804.jpg
最後に「らっきょう」これもいい味。

あまりに気分がいいので

「いりこ文字」

◎しばらくして、今の店主?
 他の皿を目の前に置いて、カウンターの
 上のいりこを、さりげなく(嫌味なく)
 この皿へ!  なるほど・・・・・

クリーン、清潔が売り、客は店にあわさねば
「哀愁店」にしか、こういう応用は
許されないということ。


 
よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃




by tatinomi1 | 2017-03-21 07:04 | 日本の国酒 | Comments(2)

新潟県の「酒」は、宮崎県の「焼酎」に似たり!

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃



あたたかいですね。でもお天気はあまりよくありません。
金、土、日と仕事で新潟。久しぶりです。

20年ほど前でしたか。駅北側すぐそばに
「藤正」という、これは見事な居酒屋あり。
何がいいかといっても、すべてが素晴らしすぎる。

新潟の酒の、上澄みを集めたような品ぞろえ。
越乃寒梅が好きな店主は、「これ以外にもいっぱいいい酒」
と、いろいろ。「初花」「良寛」などの味の記憶。

さらに、あても最高。ここの「烏賊の沖漬け」
は、新潟の酒に合い、見事だった。
何ともいい思い出。

ネットで検索してもアップせず、あたりを
つぶさに調べたが、見当たらず。無念。


■本題■

ネットで、「新潟、角打ち」で検索して一番に
あらわれたのが、ここ、駅にほど近い

「ぽんしゅ館」

新潟県内のすべての蔵の酒が飲める。

それも、3つのコースで。


①500円で、5枚のコインを買い、小さな盃を借り
 自販機のような、機械に盃をのせ、コインをいれれば
 酒が自動的にはいる。


c0061686_06582258.jpg
全部制覇すれば、免状のようなのがもらえるそうな。
数万円かかりそう。


②ちまちま飲むのも味気ない
 なら、おすすめ60ミリ、三種セット

 「入門編」「純米編」など

 選んだのは「純米編」

 見事な見識


c0061686_07013187.jpg


③2000円飲み放題

 こえれはお値打ち。でも自販機の全蔵の酒でなく、
 その時期に選んだ15種くらいの中から
 仕事なので、これは涙を呑んで・・・・



■あては、持ち込み自由。というより
 ここは、食品館でもあり酒に
 会うあてを買い、肴にできる。






c0061686_07021182.jpg


◎新潟県の酒は「淡麗」と一口に言われるが
 どっこい、濃潤なさけも、あらゆる酒がそろっている。
 さすが、日本一!

 焼酎で、芋、麦、米、そば・・・すべてそろう
 宮崎県の焼酎に、似たり!



よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃



by tatinomi1 | 2017-03-14 07:13 | 日本の国酒 | Comments(2)

究極の「紙パック廉価酒」の楽しみ方!


よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃


連日、北朝鮮御曹司殺害事件、豊中小学校土地疑惑
土地疑惑、連日国会で首相を個人攻撃する格好の標的。

どうも「戦前教育は気に入らない」との見張りの中で
安倍総理の名前が出てきたので野党は千載一遇。

マスコミと手を組みテロ防止法阻止のまたとない
チャンスと、力がはいる。
でも、国会が、市政、さらに、PTAの寄り合いに
なり下がる。まあいいが、標的にもてあそぶ
塚本幼稚園の園児がかわいそう。ミンシン
のお方、博愛・人権を掲げるが、思想的に許せない
幼稚園の園児はどうでもいいのだろう。

■本題■

主に40代のころ、「吟醸オタク」にはまり
ナショナルブランドの燗酒など、飲むものか。
など粋がり、大吟醸をあさりまわっていたが、

地方の渋い酒屋で角打ちするに及び、
「老ねた二級しかない」我慢して飲んでも
気分が悪く、あげそうになったり。

こりゃあ、根本的に間違っていると


吟醸酒 ➡ ぬる燗の純米酒

に舵を取ることに。
まあ、世の中も行き過ぎた大吟醸至上主義
から、少し揺り戻しが。

さらに、加速。定年退職で懐が
寂しくなるに及び・・・・

これまで、小馬鹿にし、忌み嫌った
「紙パック酒」に手を染める・・・・

さらに加速、

「紙パック安酒」にまで触手。


c0061686_07141341.jpg

かなりの本数飲んだが、最終的に今一番好きなのが
この2本。月桂冠「月」この黄色バージョンは
僅差で、赤の通常版よりうまい。
左のは、これより上位で高い酒よりおいしく
最高のコスパ!


    さらに究極のもう一本、のちほど。



よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃





by tatinomi1 | 2017-03-01 07:17 | 日本の国酒 | Comments(2)

まるで「水銀」、あまりの高密度酒に吃驚!仰天!

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃



北朝鮮の御曹司殺害の毒が「VXガス」と判明。
一昨日までは「パラチオン」と言われていた。
このパラチオン、懐かしい。小学校4年のころ
人焼き場(火葬場)近くの人の立ち入らないエリア、
ここに、巨大な土筆があり、喜び勇み持ち帰る。
帰って場所を言うと、思わぬ言葉が。

「あの辺に怖い農薬のパラチオン倉庫」がある
絶対に、立ち入るな。そんな懐かしい響き。

昨日は、プレミアムフライデー。12時45分に
高台の角打ち。フライはないが。


■本題■

以前から好きな、大阪西天満の「松浦商店」
品格ある浪速商家の格式を感じる名店。
でも、もう一軒「松浦酒店」が曽根崎に。
神戸角打ち学会の松浦さんが教えてくれた。

西天満の松浦商店や、与力町の「西海酒販」さん
とも、組合で一緒。お友達。

ここ、曽根崎の松浦酒店は、業務店さんが
商売の主力。角打ちは新しくチャレンジ。
店内は狭いが、高密度。17時半スタート。


この日は、珍しい酒。これに決めた。

c0061686_07360450.jpg
c0061686_07395276.jpg

マスター曰く「コシヒカリの食用米で醸した、珍しい酒。少量しか出回らない」
こりゃあ、飲まねばと、これをいただく。

■学生のころ、水銀の入った薬品の瓶。
 おっと、思うくらいの異常な「重量感」
 その驚きにも似た感動。

とろりとした感じで、いかにも濃潤、で豊潤。
それでいて「重い味」かといえば、そうでもない。
飲み飽きない、素敵な味わい。こりゃあ、いい。

うれしいのは、高密度なので

一杯で二杯飲んだ感じ!

飲食店などでは、多く飲まれないだろうな。








c0061686_07435594.jpg
c0061686_07433981.jpg



京都の丹後地方の歴史と由緒ある酒蔵のよう。
杜氏でなく、社長が自らこさえているらしい。
社長が杜氏を兼ねる蔵は、私の知っている限り
すべて個性的で素敵な酒を醸している。
さらに、食米で醸す酒も昔から、好き。
この2つながら満たす、素敵すぎる酒!


c0061686_07581937.jpg




  松浦酒店、缶詰のそろえが秀逸!



よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃

by tatinomi1 | 2017-02-25 08:01 | 日本の国酒 | Comments(0)

      ■正しくは「日本酒で歓盃」■


よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ

これまで考えたこともありませんでした。これは神戸角打ち学会6周年
記念式典の前、関東角打ち学会の会長より、こんな提起。
「湊川神社の紀元祭に参列の後、会で『完敗』はいかがなものか?」
これまで、何も考えず「乾杯」「乾杯」と。ほとんどビールで。

20年ほど前、大分県国東市の萱島酒造の会長がご自身の想いを
「西の関」のホームページに記載・・・

「人生の門出の節目の席で、ビールで乾杯はいかがなものか?」
「せっかくの幸せもうたかた、泡となって消える!」
いたく賛同、でも一週間を待たず消し去られた。反響が
大きすぎたのだろう。2行目のご意見。

その後各地の自治体などで、日本酒で儀式のはじめを飾ろう!
「日本酒で乾杯」

が産声をあげる。すばらしいこと。
でも、よく考えると、「乾杯」ではおかしいことに気づく。
その理由は後で述べるが、われわれ神戸角打ち学会では今後
「日本酒で歓盃」
を行うことに決めた。街の酒屋さんを応援すると同時に
「國酒」を愛でる会としてこうでないと筋が通らない。

ビールでの発声の「乾杯」を使うとその奥に潜む
「言霊」の影響で・・・

やはり日本酒では駄目だったなあ、
「日本酒で完敗や!」せっかくの運動も台無しになる恐怖。

なぜ「乾杯」でなく「歓盃」なのか?

①乾杯は明治新政府が、西洋式祝宴になにかいい発声が
 ないか、慌てて決めたようだ。当然日本酒は眼中にない
②「乾杯」は「完敗」につながり、ゲンが悪い。
 喜んだのは、戦後の進駐軍、ビール業界
③「杯」はどう考えても「ビールジョッキ」。あるいは
 優勝カップ、あるいは「烏賊をかぞえる単位」、
 神聖な儀式は「ビールジョッキ」や「烏賊」ではない。
④これまでも、宮中儀礼などでは「乾杯」は使わないよう
 民間でも畏まった儀礼では「弥栄」などが用いられる
 マタギの儀礼では「おめでとうございます」というのを
 テレビで見る。
⑤「乾杯」の語源中国語の(がんぺい)は40度以上の
 中国焼酎「白酒」を一気に口に投げ込んで飲み込む儀式
 度数が低く香りを楽しむ日本酒を一気に口に投げ込むのは
 馴染まない。

いろいろ勘案して

 「歓盃」(かんはい)
       歓びの盃

  を今後使うことに決定しました!


c0061686_06532821.jpg
                  日本酒で歓盃


c0061686_06583746.jpg
                  ビールで乾杯


よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


   正しく使い分けたいですね!

    ご賛同推進方、よろしくお願い申し上げます!


by tatinomi1 | 2017-02-19 07:01 | 日本の国酒 | Comments(2)

これぞ宴、神戸角打ち学会創立6周年記念式典!

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





今日も寒い、あすからは少し暖かくなりそう。
今住んでいる神戸市北区は寒い。
そりゃあ、海抜250メートルくらいあるから。
トンネルを抜けて三宮に出れば幾分温かい。
さらに大阪に着けばさらに温かさが増す。
幸福の科学によく知らん芸人が就職。
これを「出家」というのはいささかおかしい。
新興宗教に「出家」はなじまない。

『家出』がふさわしい。


■本題■

國酒を愛し、街の酒屋を応援する団体
「神戸角打ち学会」。紀元節の日、6年前の創立。
今年で、めでたく、6周年。

会員は150名以上。

さらに全国に「角打ち学会連合会」があり
現在、北海道から沖縄まで。さらに
海外には高雄学会。国内外15学会。
その15学会を束ねる、神戸角打ち学会。

JR住吉駅北側歩いて6分の
「さかなでいっぱい+」。この名店で開催。

有志は、楠公さんを祭る湊川神社
に参拝。お祓いを受け御神酒をいただき
身を清めてからの参加。

関東角打ち学会、
広島角打ち学会、
長浜角打ち学会

全国からの参加を含め45名の参加をいただく。


◎さかなでいっぱい+の酒肴は見事すぎ
 では、その神髄を!


c0061686_6323541.jpg


◎乾杯酒

 会の推薦酒、仙介、琥泉、豊潤
       そして広島会長のおみやげ、出雲大社の御神酒

 見事すぎる酒に打ち震える


c0061686_635620.jpg




◎乾杯用の肴


c0061686_6354639.jpg



あまりに見事な肴、
さかなでいっぱいの心意気!

乾杯酒と,肴で、会費1000円は大好評。



◎一部が式典
 「活動報告」「今年の活動方針」を・・・・
 今年の新たな柱が
 
 國酒で歓盃

 の、全国敷衍


◎宴会の部に移り、マスター厳選の
 マニアック日本酒、垂涎の布陣!!!


c0061686_64266.jpg



うわっついたはやり酒でない見事な選定。
魚を見る目で選んだ逸品、名品。
町中の吟醸酒場などとはふた味違う見識。

でも、一番の人気は泉酒造の

琥泉


だったそうだ。「清酒鑑評」を毎回
重視する「國酒」愛好会たる会の特徴を
よく表した結果。

  ➡豊潤は乾杯酒だけでしたので除外

  この酒が勘定の簡易化で すべて280円

◎そして、これぞ名店の神髄!

 さかなでいっぱい+の今回のために
 特別にこさえた肴


c0061686_649129.jpg



少なすぎず、多すぎず。絶妙な量。
味のいいのは織り込み済み。

この肴

これも会の進行上、特別料金

 肴はすべて280円、なんと!


厳かなる一部の式典
はじける二部の祝宴

 酒の悦楽極まれり!


c0061686_659310.jpg
よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







歓喜の、顔、顔、顔。
by tatinomi1 | 2017-02-14 06:40 | 日本の国酒 | Comments(2)