excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:日本の国酒( 468 )

      ■國酒で歓盃宣言■

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





今日も寒い。安倍総理悪名高い
トランプ大統領に
「大統領としての心構えを教えに」
アメリカまで出かける。御礼に食事と
ゴルフ。さすが安倍総理と、評判はあがる
一方。一方トランプさんも安倍総理の
人気にあやかることができた。

さあ、これからが日本も正念場!

◎11日は紀元節でもあり、 
 酒屋と國酒を愛でる神戸角打ち学会
 の創立記念日。今年の活動方針として
 ①角打ち学会連合会の拡大(現在15学会)
 ②角打ち士認定制度の拡大(現在45名)
 ③角打ちの日(7月11日)の全国拡大
 
などの継続方針に加え

 「國酒で歓盃」

 を今年の新規活動方針に加えました。


■本題■

  
 「國酒で歓盃宣言」


ビアガーデンの親睦会なら、ビール杯(ジョッキ)を
打ち付けあって「完敗」。まあいいが・・・
國酒で祝う祝宴に「完敗」はいかがなものか。
杯は「ジョッキ」「優勝杯」「烏賊の数え方」、、、
國酒は『盃』にこだわりたい。
◎「日本酒で乾杯」まではいいが
 日本酒の将来が「完敗」ではなんのため?
◎そこで國酒の祝宴にふさわしい
 「歓びの盃(さかずき)」「歓盃(かんはい)
 を提起します。
◎杯〈敗れる、負ける)、でなく
 盃(さかずき=酒好き)
以上の理由により
神戸角打ち学会では今後、「歓盃」を
推進します。

c0061686_6525165.jpg




よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2017-02-13 06:53 | 日本の国酒 | Comments(2)

至高「三種鍋」と本格「どぶろく」

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






今日は雨模様。だからかどうか暖かい。
もう年末まで、あまりない。
年を重ねるごとに一年が短くなる。
時間は年齢を重ねてもおなじなのだが
時間の感覚が変わるのだろう。

知らない初めての道。不安で
長く遠く感じるが、帰りは
時間的にも短く感じる。

要は、感動がなくなる。感受性の
枯渇かな。



■本題■



先日、住吉にある魚料理に定評の
ある名店「さかなでいっぱい」の
忘年会。

とある方より、ぜひとさそわれ
参加。見事な酒、焼酎、などの
揃え・・・・・

そして

イチオシの三種の鍋。


①あんこう鍋

c0061686_6574157.jpg



c0061686_6583291.jpg



②はまち(味噌仕立て)


c0061686_6592828.jpg




③さわら(粕仕立て)


c0061686_703517.jpg



仕入れから、仕込み、調理まで
プロのマスターの手にかかる
見事すぎる仕上がり。


c0061686_714331.jpg



大なべで、豪快に仕上がった鍋
迫力とあわせ、繊細なる美味。
3種の鍋が食せる、贅沢。

このあと

「きんき」

も加わる。

最後の、「餅」「ラーメン」「うどん」
またこれの旨い事、旨い事。



■能瀬の「秋鹿」のマニアック
 しぼりたてや、最高に旨いと
 通に好まれる鹿児島芋の最高峰
 「小鹿」など、まあ、見事。


でも、一番の感動は
この「どぶろく」


c0061686_765048.jpg



自家醸造のような素朴さ、旨さ。
酒粕を溶いたような売れ筋の
「濁り酒」とは別物。
格が違う。酒もお見事!

最高の鍋、酒の饗宴でした。



「さかなでいっぱい」はお勧めします!

   でも

 猫の「逆撫でいっぱい」はしないでね!

c0061686_79341.jpg


よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-12-27 07:10 | 日本の国酒 | Comments(2)

世界一統「チーズ粕汁」至高の逸品!

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





今日は雨模様、で暖かいようだ。
沖縄北部の広大な基地が返還される。
返還に翁長さん、遺憾の意思表示。
政府は、知事の国家への権限を
無力化する模様。
あまり混乱すると、内地からの
旅行者が減少しなければいいが。
嫌韓、まさかの嫌沖。
そうあってはならない!
沖縄県民の「真の」総意が問われる。


■本題■


酒粕のシーズン。先日西天満の
H屋酒店。暖かい料理を聞けば
即座に

粕汁

チーズがはいっとるよ!いいなあ。
即座に注文、出てきました。


c0061686_6502797.jpg



具だくさんは、ここの特徴
チーズの量も半端ではない。
トロリ、旨い。


c0061686_6514262.jpg



見事な「具」だくさん。
その具のおいしいこと、おいしいこと。


それに加え、粕が最高!

ベニヤ板のようになったまさに「カス」
大手の粕は、本当にカス。
ものすごい圧力で絞るので。
それにに原材料もそこそこなので。

これは

世界一統



銘粕



粕の粕あり姿が違う。


この粕汁で飲んだのは

謎の酒

富士の雪


料理レシピをしらべると、
チーズ入り粕汁は普通にあるよう。
「とろけるチーズ」を入れるそう。

◎今朝、みそ汁に粕を入れてみた
 旨い、安易な粕汁。

H屋の粕汁、これまでの中で

最高の味!よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-12-22 07:00 | 日本の国酒 | Comments(0)

「新聞の酒」、それって何?

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





きのうから急に寒くなった感じ。
空気も澄んで気はひきしまるが寒い。
今日から、パッチ。あ、パッチ族の仲間入り。

沖縄県が辺野古問題で最高裁敗訴の模様
アメリカまででかけて大金を使って
翁長さんさあ、どうおとしまえをつけるのかな?

ごねて国から金を巻き上げる輩と
いわれても致し方ない。

線路から突き落としの犯人捕まる
ホームでは、足を踏ん張り押されても
線路に落ちない注意が必要か?



■本題■

先日の、神戸角打ち学会「富久娘 金箔 べっぴんさん」
を飲む会。楽しく素敵な時間。店は和田岬の

ピアさんばし。見識のあるオオバコ名店。

別嬪さんを味わったあと、なんと
会長がキープしてあった大吟をお披露目
ふるまってくれました。聞いてびっくり


「新聞の酒」


新聞宣伝で有名な酒なのかとおもいきや
さにあらず。

新聞にくるんだ酒

c0061686_7515193.jpg





c0061686_7523054.jpg





こんな顔

c0061686_71323.jpg



会長によれば、コストパフォーマンスの
特別にいい酒。しかも味はぴか一。
ここピアさんばしのおすすめだから
まちがいはないよ!


〇確かにいい。深みのあるすっきり感
 信州酒の味わいや、深し。


(販売能書き転載)

信州銘醸の『NOブランド銘』の大吟醸でコストを徹底的に下げ、
お客様に手軽に飲める高級酒とした感謝のお酒です。
『醗酵もろみ』はナント!!『瀧澤の大吟醸』と同じですが、
このお酒は搾りの『始め』と『終わり』の部分のお酒です。
しかし、なんと言っても『鑑評会出品酒』と同じ『もろみ』
なので味の保障は確かです。
内容
原料米:山田錦
日本酒度:+2
アルコール分:15%台



あまりの,魔力に吸い込まれるように
参加者の胃にするりと
見事に収まりました。



〇新聞の酒と言えば、25年ほど前湘南のどこだったか
 「平塚」だったか。駅前に見識のありそうな店
 見れば、立派な清酒専用冷蔵庫に日本酒が
 20本ほど、ずらり。

 全部

 新聞に

 巻いてある



店主に聞けば、冷やしても最近の
吟醸は薄い色の瓶が多いので
紫外線で酒が劣化する。



すばらしい見識。


この見識を、蔵で先取りしている
この姿勢がすばらしいなあ。


よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-12-13 07:11 | 日本の国酒 | Comments(0)

100円の硝子徳利を「素朴角打ち」に持参する

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ








更新がとどこおおりがちなこのブログ。
夜に更新するのは何年振りかか。
今朝は町内会の公園掃除。寒かった。
でも、体を動かすのはいいこと。さらに
地域の役に立つということは気分がいい。
空き缶、ペットボトルが山ほど。
ずいぶん綺麗になった。



■本題■

通うかのようによくゆく「高台の角打ち」
でも、日本酒はコップの量り売りはなく
カップ酒か、箱酒。

カップ酒は、大関の一般的なものと
安い量の多いタイプ。それに
「白鶴〇」と澤の鶴。

紙パックは澤の鶴純米。

いつも飲むのは、寶焼酎ハイボールドライ
持参の氷で割って呑む。

最近は寒いので、器持参で
紙パック酒を移し、レンジを借りてチン。



先日は、いつも同じでは面白くないので
自宅から、三田の道具屋の店頭捨て値
で買った100円の硝子徳利と10円の硝子盃
これを持参で、飲みに行った。



c0061686_20175398.jpg



いつもとすこし違った気分になれる
こうでもしないと、「いつも一緒」、変化がない。
進歩もない。男性にはしんぽがある。
こういうてすだびを楽しむのが
原点の「本格角打ち」。


c0061686_20202961.jpg



アテは、日本酒に合う「レトルト煮いも」
甘くて、上品。角打ちにいることも忘れ
まる割烹にでも、いる・・感じはしない。
するわけもないがね。


c0061686_20225434.jpg



前田のクラッカー、煮いも
両方に並べ分け、食べ比べ。


c0061686_20242886.jpg
c0061686_2025274.jpg




こちらがわが縄文人、向こう側が弥生人
「まあ一杯」「どうれ一杯」
前田のクラッカー喰わんか!
へいありがとう、芋喰いねえ!

縄文人と弥生人の宴会酒ミレーション。

(あることが判明)

平たく丸いののを分け合えば
三角になる




三角は

分かち合いの

記号



まったくとるに足らぬ
たわごとでの
独りのみも
また
楽しからずや!


c0061686_2029518.jpg



渾然一体が
角打ちの正体




よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-12-11 20:30 | 日本の国酒 | Comments(2)

硝子徳利の逸品「金盃」、これで飲む福徳長。

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






昨日は12時40分頃に高台の角打ち。
Iさん夫妻がのちほど店に。体調が
すぐれないようだが、酒はやめられない
とのこと。ロング缶ビール一本。
これ以上は飲まないとのことだ。
タバコは酒以上にやめられないよう。
医者によって、酒もたばこも
「やめろ」「やめなくていい」があるそうな。
まあ、医者の不養生、自ら吸い、飲む
先生はおおむね寛容なのだろう。



■本題■


硝子徳利、一番馴染みのあるのは西天満の
「松浦商店」ここは筋金入りの「金盃」
看板店舗、先代は背中に「金盃」と染め抜いた
法被を毎日着て店に出ていたが・・・・。
最近は隠居されていて、寂しい。

いつだったか、金盃の車内内紛
やめるやめない。よくわからない状態。
まだ、酒自体はあるようだが。

このとき、松浦商店は「きっぱり決別」
と、金盃を倉庫におさまるだけ納め
取引中止。

隠居の先代、きっぱり

「そんなもめるような蔵の酒は置かない」

このあたりの事情は知る由もないが
「飲む日本の心」である神聖な清酒の
魂が腐っているのはやはりいや。
浪速あきんどの鑑のような松浦商店
の心意気に打たれた、その当時。


c0061686_156394.jpg



何んとも美しい「金盃」の硝子徳利
それに硝子盃。

毎回、美しいなあと思う。
ここは伝票なし、現品勘定主義
のため、徳利は勘定までそのまま。

●先日、大酒(日本酒)呑みと
 ここで17本(異常な本数)開けて
 ボーリングのピンの形に、10本
 並べた段階で、大将見かね
 「さげまっさー」、さもありなん。

この酒の中身は、言わずも知れた

 福徳長

 山廃


これが旨いのは、「金盃」の
硝子酒器の影響もあるのかな?

あては、ここでの逸品


c0061686_24215.jpg



大将が、自ら市場で仕入れ、自ら料理。
んかなかの腕の冴え。
肴はすべてうまい。酒を主役に立てる
ほどよい塩梅で、旨い。


旨い結果の証明


c0061686_263564.jpg



硝子に始まり
硝子に終わる




よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-12-10 02:07 | 日本の国酒 | Comments(2)

知らなかった青森の「八甲田」、東山「しまだ酒店」で。

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





安倍総理が、パールハーバーに。
ハワイ観光ではなく、真珠湾犠牲者に
慰霊の。まさに異例の慰霊旅。
オバマさんの広島訪問に応えての
訪問かとも。安倍さんの奥さんの
働きも。反日陣営からも、愛国者からの
反対もさほど出ず、安倍さんの安定政権
なればこそできた。



■本題■

先日神戸角打ち学会の忘年会。会場は
湊川駅北側、東山にある角打ち酒屋

「しまだ酒店」


会長が、訪問してすばらしさを痛感
迷わず忘年会の会場に。
感じのいい若夫婦のお店で、
酒の揃えは抜群、あても素晴らしい、と。

そして、当日のため
選定した、酒のリストは見事!
独特のこだわりあり

(ご参考まで・・選定リスト)


❶真野鶴 1901号 純米無濾過生原酒 or 越淡麗純米吟醸無濾過生原酒
❷こしのはくせつ 純米吟醸 山田錦 or 特別純米 越淡麗
❸八甲田おろし 純米吟醸 華吹雪50
❹木戸泉 初しぼり 本醸造無濾過生原酒 or 白玉香 山廃無濾過 純米生原酒
❺宝山 特別純米 (本日入荷予定が、未だ届かず)
【②のお酒】
❶雪の茅舎 純米吟醸 生酒
❷澤乃井 しぼりたて 純米生原酒
❸一本義 シボリタテ 本醸造生酒
❹富久錦 しぼりたて 純米
❺あさ開 純米新酒 生原酒
❻櫻正宗 薪水 無炭素濾過 吟醸 生原酒(賞味期限が30日しかないお酒)
❼香住鶴 しぼりたて 山廃生酒
❽八重垣 無濾過生原酒しぼりたて


なんと、いいなあ。
ぽっと出の、けったいな人気酒でなく
人口に膾炙された古典的銘酒でそろえる。

店の見識と品格!



c0061686_7201954.jpg



何んと、見事な!こころときめく
品揃えだろうか!

しかも、この会のために

特別に!


●私は一番に飲んだのは以前から好きでたまらない

 八重垣

  派手さも華やかさもないがなんと
  心満たす酒。燗もいい。


●そして初めて出会った

  八甲田

  青森の酒なのだが、はじめて。
  清冽な清水の味わい。八重垣に比べれば
  すこし、物足りない感もあるが
  青森という風土の醸す味わい。


偶然、「八」のつく酒に引かれた。
最高に飲んだ会員は、11銘柄17杯。
研究熱心さに脱帽。


■乾杯酒は、神戸角打ち学会推薦酒である

 「仙介」「琥泉」これはもう極み!

c0061686_728107.jpg



すばらしいお店での
すばらしいお酒

肴も大満足!



 





  ⇒FB「しまだ酒店」検索応援ください!




よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-12-06 07:30 | 日本の国酒 | Comments(2)

富久娘「べっぴんさん」、まさに別嬪,別品!

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




寒くもなく、寒くもない、そんな今日。
昨日は久しぶりに和田岬にある
「灯台のある角打ち」,堂々たる


ピアさんばし


へ出かける。

三菱さんの社員の集会所、まるで。
そのせいか、店内の雰囲気は最高。
「さすが三菱さん」そんな感じ。
JRの和田岬線で行きたかったが
神戸市営地下鉄の湾岸線で



■本題■

ということで、昨夜は神戸で一番神戸らしい
角打ち、ピアさんばしへ。

富久娘 べぴんさん



を飲む会に。神戸角打ち学会会長の音頭で
会員6名が集う。

浪速友あれ、神戸友あり・・・
日本酒通外国人会員も加わり
なんとも、いい雰囲気。

まずは、その新発売の酒をごらんあれ、


c0061686_9564376.jpg



見るからに、別嬪さんの面構え。美しい。
奇を衒わず、本来の日本酒の「心」
を前面に押し出している。好感。

味も、本来の原点的な味わい。

縁起のいい、


金粉


入り。グラスのなかで金の舞い。
こりゃあ、お正月用に最高。


●ここで、蔵のコメントを掲載●

富久娘酒造(神戸市)は、NHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」のタイトル
ロゴ入り銘酒「富久娘 純米 純金箔(きんぱく)入」を数量限定で発売。
米本来の豊かな味わいと金箔の輝きを楽しめる淡麗辛口タイプの純米酒。

容器の肩ラベルと化粧箱には、ドラマの重要なモチーフでもある
「四つ葉のクローバー」をあしらい、清楚(せいそ)で
落ち着きのあるデザインにした。720ミリリットル入り。

希望小売価格は1188円。(2016/11/28-10:59)


その後、何を飲もうか迷ったが
燗酒を.銘柄をきけば

同じ、富久娘

一口飲んで、旨い。最高。あまり
大きい声で言いたくないが、
さっき飲んだ「べっぴんさん」より
個人的にはこちらがすき。

「べっぴんさん」は別嬪で上品
でもこちらの燗酒は
どしり深く、燗あがりする酒質。

みんな、絶賛。でも角打ちの
看板酒にこの酒を置いているのを
私はここしか知らない。

社長が見えたので絶賛すると
大喜び、「おいしいでしょう!」

c0061686_1074624.jpg


そうだ、ここの肴、この燗酒の味に
あっているんだ。さすが、名店!


c0061686_1085484.jpg



c0061686_1092391.jpg



c0061686_1010050.jpg



ここの小鉢はおいしすぎる。
味が濃厚。酒の肴に最高。


続きはのちほど・・・・・

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-12-01 10:11 | 日本の国酒 | Comments(4)

「立ち呑み」あての極みの「立ち飲み」

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







韓国の混迷はどうだ。恐ろしい数の反政府デモ。
野党が頑張るが、逆に「國が大混乱になってもいいのか?」
のブレーキも働くようだ。大統領が一時時代の王朝が
滅ぶように、自殺・死刑・懲罰に追い込まれる。
その繰り返しで真の民主主義への継承・高まりがない。

「憲法」より「民意」。その目的とする国家目標のゴールが
次々動く。「中国」と「アメリカ」を天秤にかけ、
なにかあれば日本を揺する。

はやく、落ち着いた、安定した国になればいいのだが。
反日で観光客を減らし、また、政情不安で
客を減らす。経済も暗雲のいま。大変な国難。
はやくこれを脱して「普通の國」になって欲しいなあ。

今日はあめもよい。

今日は、高台の角打ちも12時オープン
の予定。「角打ちセット」をもって
いそいそ、出かけよう。


■本題■


酒屋の「立ち呑み」のあて、居酒屋と一番違うのは
その量。居酒屋は肴がメインで酒は従。

立ち呑みは、母体が酒屋だけに
酒がメインで肴は従。

(ちなみに、角打ちはさらに肴の比重は小さい)


そんななか。大阪駅前第二ビルの「立ち飲みたよし」
ここの肴は秀逸に過ぎる。みごとである。


「少量」

「安価」

しかも

「美味」



少量で安価は、まああるが、三拍子は
まず、ありま温泉。


■あん肝豆腐



c0061686_810370.jpg


このサイズがたまらない。居酒屋などでは
まあこの3倍から、4倍の量。値段も300円以上
しるだろうが、ここはなんと 120円


c0061686_8103435.jpg


味付けは、なにせ名店「たよし」の料理だけに
いうことなし。しかしまあ、割烹の料理では
ないし、大変おいしいといういうものでもないが
立飲みあてとして 申し分ない。

※あん肝の増量剤として、「つみれ」のような練り物
 を一部混ぜていたが、むしろ好感。営業努力で安価維持。
 ほら、土手焼きの「こんにゃく」増量と同じ。これも浪速の味わい。

■サンマ開き

c0061686_816178.jpg


いつも思うが、普通は一匹出る。でも
あれこれ食べたいときは多過ぎる。一匹で
もう満足してしまう。ところが、ここの半分はいい。


味は、さほどまででもないが、若向けの
オオバコ居酒屋よりは、旨い。


c0061686_8183829.jpg



何も語らずとも、結果が証明。


c0061686_8191912.jpg


余ったレモンを、お供え。ありがとう、さんまさん。
「さんまに、ありがとうね!」

信じられない:100円。


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-11-19 07:48 | 日本の国酒 | Comments(2)

「カボス鰤」「吉野鶏飯」お見事なる酒の会

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






先日の「大分蔵フェス2016」
酒と、肴の概要を書きましたが、書き足らずです。
豊後牛や、神戸角打ち学会推選酒を書きましたが
こんなに、ほかにも、いろいろ。


c0061686_646712.jpg


目玉の豊後牛はもちろん



c0061686_6470100.jpg


「かぼす鰤」
大分と言えば、関アジ、関サバ、ひらめ、豊後フグ
車エビ、などですが・・・

鯵、鰯の干物はぴか一。

そして



まさに新鮮。何度も補充して
最後まで。


c0061686_6492495.jpg


そしてこれも、県内では特に有名な
「吉野の鶏めし」

味の濃い、廃鶏でこさえるので
こりこりうまい。



c0061686_65124.jpg



酒の会とは思いえない、スイーツも。
私には縁がないが、甘党にはたまりませんね。



c0061686_6521559.jpg
c0061686_6524134.jpg




■そして、参加27蔵の自慢の商品が即売!
c0061686_6531844.jpg





◎わが酒の「標準原器」

 西の関

c0061686_6565482.jpg



生まれは大分県佐伯市ですが、両親の出身は国東
子どものころから国東での、法事、慶事
帰っての宴会。子供でも飲まされるそのころ。

ガラスの2合徳利が脳裏に。

西の関の、甘口の酒は子供にも口当たりがいい
その後、この酒は、日本を代表する酒に。


今や、日本酒百花繚乱時代。

だが、時代に流されない真摯で真面目な
この酒が私の原点。
「西の関」をいつも中心座標にして酒を評価する。
まさに

酒の標準原器



 ◎写真は、神戸角打ち学会 渡邉会長の作品をお借りしました
  いつもの私の写真にはない見事さがあります。会長ありがとうございます。



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-10-24 06:53 | 日本の国酒 | Comments(1)