excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:日本の国酒( 468 )

「大分蔵フェ酒2016」大好評にて終わる!

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






大分県酒造組合主催で行われた
県産酒と、「豊の國」の食をアピールする一大イベント。
今回で2回目。初回に比べ格段の内容で大好評。
これほどの、大盤振る舞いの会は、空前絶後だろう。

■食材日本一(おいしんぼの雁屋さんの説)
 そして、独特の麴文化、麦焼酎生産量世界一。

海山の深く恵みあふれる風土の醸す
清酒、本格焼酎。麦だけでなく、芋、米焼酎。
九州の中で、これほど多様で、深みのある酒を
醸す県は、ほかに見当たるだろうか、いや
見当たらない。
{宮崎は、焼酎の幅は広いがいかんせん日本酒が狭い)

何んと、県内から

27蔵


が参加。

特徴的なのが、

清酒・焼酎併醸蔵



これこそが、大分県の酒造業界の特徴。
酒も焼酎も、地元のおいさん達に愛されている。
そういう深い酒文化に裏打ちされている。



素晴らしい県の
すばらしいイベント!




c0061686_654134.jpg



神戸角打ち学会からは、受付け支援。
会長以下、大分県出身者を中心に
11人のチームで、320人を超える
参加者の受付業務を
担当させていただきました。

大好きな故郷のために少しでも
役立てると思えば
うれしくてたまりません。


c0061686_6573759.jpg



酒はまた、料理に関しては「最高」の内容。
しかも、量もたっぷり。最後までいっぱい。


こころに沁みる


見事な会合でした!


出展、ご関係の蔵関係者の
皆さま、お疲れ様でした。


神戸角打ち学会は


大分県産酒に

声援を送り続けます!






宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-10-19 07:00 | 日本の国酒 | Comments(5)

岡室で発見「 五神   」これは見事

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







陛下が、生前退位の意向を示されている、ご様子。
80歳をこえての、ご公務は察してあまりある
激務だと思われます。
難しいことがいろいろあるでしょうが
ご意思の尊重されることを祈るばかりです。

東京では、都知事選。後出しじゃんけんの
ずるい展開。

これから、まず起こる「首都直下地震」
無策のマスコミ爺さん、あわてて
「ガンの撲滅」とんちんかん。

わたしが都民なら、自分の命を守るため
小池さんに迷わず投票するなあ。
やんちゃな男前、小池さん!



■本題■


先日の「岡室酒店」酎ハイ三トリオを
味わったが、見たことも、聞いたことも、
食べたこともない酒


c0061686_6473591.jpg



五神


マスターに聞けば、かなりまえ
廃業した奈良の歴史ある蔵
安川酒造にいたかたが醸している酒。


安川酒造は、


菩提酛


の古代酒を得意とし、以前岡室で
「僧房酒」だったか、とろり濃厚
な酒を売っていた。


もともとの銘柄は


雪園


有名な「雪国」ではありません。
昔、十三にこの酒を看板酒にする
いい感じの居酒屋があり、
岡室で、「雪園」を飲んで、何か違う。
よく見れば、「雪園」


剛直で濃醇な味わい、当時
「剣菱」に桶売りをしていて、
剣菱の味に近かった。
蔵見学の折、社長から

「剣菱さんはこだわりがあり
 いい材料をふんだんに使ってくれ、と言ってくれる「と

はっきり言って、「剣菱」より「雪園」の
ほうがおいしかったなあ。


そんなこんなの今は亡き
安川酒造の「心根」の宿る名酒。


どこもここも、一般受けの酒ばかり
おいて、人気をかっさらうが
こういう「売りにくい」酒を販売するのも
真の酒文化。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-07-14 06:58 | 日本の国酒 | Comments(2)

錫の盃で「富士の雪」

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




英国のEU離脱が大騒ぎ。
まあ大変な選択をしたものだ。
した以上は、逃げ回らず
粛々と、離脱するしかないのかな。

昨日、大阪の選挙ポスター
「支持政党なし」という政党あり
驚き。政治は洒落じゃあないのだが。

洒落好きの大阪人も
こういうのは好まないでしょうがね。


■本題■


先日久しぶりに、西天満のH屋酒店。
120パーセント常連のサロン角打ち。
端のほうで静かに飲む。

ここには、いまだ謎の
解けない、和歌山は世界一統の



「富士の雪」


が飲める店。
ココでしか飲めない。


c0061686_7151787.jpg



世界一統の一合空き瓶にいれ
ぬるかん。ああ、おいしい。

この日は



錫の盃



少し焼きすぎ、でも旨い。
レモンだけで食べる

c0061686_717554.jpg




おかみさん「やわすぎやけどいい?」
「もちろん」

チーズを、おろし金で。
こりゃあ、いい。
c0061686_7172713.jpg


謎の酒、「富士の雪」は旨い!



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-06-29 07:20 | 日本の国酒 | Comments(0)

ピアさんばし「百黙」を飲む会。

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






梅雨の合間の、いい天気。夕方からは
雨とも。まあつゆ時期だから。
でも九州の被災地ではどうぞ
あまり大雨の降らないように。

ニュースはユーロへの憂慮の
話ばかり。大阪都構想と
同じで、高齢者が離脱反対。

高齢者と若者の意見の隔たり。

沖縄での軍属酒気帯び。
行き過ぎた糾弾はかえって
ストレスを強めることはないか。
問題を多く起こしたほうが
基地排除にはいいのだろうが。


■本題■


先日24日、神戸は和田岬にある
「灯台」のある大型角打ち

ピアさんばし

c0061686_6382535.jpg


で神戸角打ち学会の「百黙」を飲む会。
一般オープンイベントではなく

角打ちの日(7月11日)

幹部打ち合わせ、限定15人。

◎ちなみに「百黙」は菊正宗が
 130年ぶりに発売する貴種。


c0061686_6392917.jpg



さんばしさんの能書き


c0061686_6535573.jpg



さあ準備完了!


c0061686_6415264.jpg



そして「神戸角打ち学会流儀」
の乾杯方式で、スタート



c0061686_641194.jpg





c0061686_6434314.jpg




さてこの日は、伊勢志摩サミットで
供されたビールと、日本酒も。


c0061686_6451818.jpg



◎そして、7月11日の角打ちの日について
 どうするか、の話し合い。
 今年は平日なので貸し切りイベントは
 実施しない。各自馴染みの角打ちを
 まわり。7時11分に
 ①十三呉羽中島②南京町赤松酒店
 で祝おうと。


c0061686_648113.jpg


ピアさんばしさん自作の
「角打ちムック本」紹介ポスター。


c0061686_6543370.jpg


その日、寶酒造様より特別限定で
いただいた、角打ちの日ポスター
ぴあさんばしさんに貼っていただく!

◎皆さま「角打ちハイボール」である
 寶焼酎ハイボール「ドライ」、おおい呑みましょう!



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-06-27 06:49 | 日本の国酒 | Comments(2)

跨線橋下「イバタ」で、八重垣!

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







これから、暑くなりそう。沖縄も
梅雨明けまじかなのだろうか。

舛添さん、いよいよ追い込まれ
辞任に追い込まれそう。
これほど往生際の悪い人間
そうおめにかかれない。
どこか普通の思考回路でない
壊れている面がある。
「恥」の概念が微塵もない。


■本題■


先日、ひさしぶりに十三「イバタ」へ
呉羽中島、酒のイマナカ、そしてここ
「十三立ち呑み三名店」

はじめ女人禁制のみせだったが
いまは、禁制はとれている。


転職した、仕事仲間と暖簾。
日本酒好きなのでいきなり
日本酒。


「ひやでいいですね?」

女将さん。

「はい!お願いします」

「山田錦の酒と、八重垣です!」


組合200mlコップに並々。
私が、八重垣をいただく。


c0061686_648597.jpg



アテは缶詰。酒がおいしい。
やはり「八重垣」は格別。

銘柄指定なし、で、これが出るとは
嬉しすぎ。

このあと、酎ハイの大吟醸
「タカラカンチュウハイレモン」
を飲んで、もう一杯「八重垣」
何倍飲んでも味が変わらず旨い

天下の名酒

天下の名店

十三の雄、姫路の雄。


さて、このあとは?



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-06-15 06:52 | 日本の国酒 | Comments(2)

純米酒専門店「福幸」広島

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





金、土、日と広島で仕事。
広島角打ち学会事務局長に
案内されて、中区宝町におある
純米酒専門店「福幸」へ。
お店の中で立ち呑みができる。

純米酒酒の揃えは圧巻。
中国地方の銘柄を中心に
色濃くマニアックに、そして
幅広く。

目移りするほど。


でも立ち呑み出来るのは
封を切られている一升瓶のみ。


酒屋としての、純米酒販売が
メインなので当然。
「角打ち」メインの店ではない。


◎広島駅前には「角打ち 福本屋」
◎八丁堀には 「日本酒専門 醸」

こちらは、飲ませることが本義で
あるようだ。



さて何を?


思わず目にいった酒は、好きな出雲の


「天穏」


c0061686_7435640.jpg



見事に濃密な、そして潔い味わい。
出雲で飲む普通酒の燗酒にはない
高雅な味わい。

うん、こりゃあ、ええ。


そうこうしていると、
広島角打ち学会の重鎮H氏登場


「店長、なにかいい夏酒は?」


店長が取り出したのは、
神戸角打ち学会渡邉会長のイチオシ

大分は宇佐の



「豊潤」



H氏お見えの前に、感じのいい
お若い女性店長と豊潤の話で
大いに盛り上がっていた直後
いいタイミング!


c0061686_7495381.jpg



これまた、すばらしい酒質・味わい
出雲の酒に比べいくらかすっきり。
これ方、品のいい味わい。
濃い味ながら、飲みやすい。
出雲酒ほどの、濃厚さはない。



広島角打ち学会の事務局長
水を所望すれば、なんと

「大ぶりな盃」

で、出てきた。


c0061686_7533879.jpg








アテは、玉ねぎの乾燥スナック
おいしかったなあ。


c0061686_7553111.jpg



自著「立ち呑みの流儀」を店長にプレゼント
そして「角打ち学会連合会」の
角打ちの日のポスターを貼らせていただく。
すぐに貼っていただく。


c0061686_7573437.jpg



さて、尋常ではない揃えの名店
奥深き、味わいあり。


c0061686_759062.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-05-22 07:59 | 日本の国酒 | Comments(4)

神戸まつり「灘酒コーナー」

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






けさの、読売テレビ「すまたん」辛坊さん
大阪西天満の「もうあかん」の靴屋
お気に入りの話題で、よくニュースに。

今朝さきほど、この店の「今」を。
産経新聞の記事より、引用していた。

話によれば、ネットショップを開設。
靴屋さんご本人ではなくサポーターの
代表者の方の奥さんが仕切っていると。

やはり、予想は的中。
主に、「シークレットシューズ」を
売ってゆくようです。

シューズショップ「もうあかん」
だそうですが、まだ検索しても
でません。




■本題■


15日は神戸まつり。パレードの前に出店を
見て回る。何時も立ち寄る「灘酒のコーナー」
ことしもあった。

以前は時間を決めての無料試飲
今年は、銘柄が選べない
有料試飲。試飲用の小さいコップで100円。

c0061686_6374429.jpg



大賑わいの出店



c0061686_6382219.jpg



さっぱり人気のないコーナー
無料試飲の時は黒山だったのだが。




c0061686_6394882.jpg




商品も、すかすか、まばら。

試飲コップ一杯100円。
銘柄は選べない・・・・・・
苦手な「櫻正宗」。
神戸角打ち学会推薦酒の「仙介」「大黒正宗」
飲みたいが、あてがいぶちの「櫻正宗」のみ
手間をかけず、ブースを出すだけに意義。
何のためにブースを出すの?が見えない。

これでは、客はまず寄り付かない。

まあ、いつものごとくコーナー
を出すだけが目的。そこそこ開いていればいい。
灘全体のイベントのむつかしさが潜む。
膨大な販促予算をもつ大手蔵
小規模ながら伝統の味を守る蔵。
こちらには販促費をねん出する余裕なし。
一緒にやろうということが本来無理。

そんななかで、よくできたなあ。
そう思うのが正しいのだろう。


昨年だったか?大関は別のところで
単独で、大掛かりな見事なブースを
展開していた。

灘酒がんばれ!




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-05-17 06:45 | 日本の国酒 | Comments(2)

花見のシーズンにあえて「御神酒」の話題

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







関西の桜も、今週の土日くらいで終わりかな。
夙川、大川、花博、近所、花見を楽しむ。
今日も、造幣局の対岸で花見を行う。
咲いているうちが「花」。桜を楽しまねば。


さて、この時事にあえて御神酒の話。


というのも、神戸角打ち学会の
夙川花見で、渡邉会長が持参された酒に
「心まで酔う」。


■渡邉会長の、FBから引用させていただきます


『御神酒 尺間嶽』 (ぶんご銘醸・大分県佐伯市直川)
佐伯角打ち学会長の尺間嶽酒店さんでいただきました。
【尺間神社(しゃくまじんじゃ) 尺間さま・釈魔大権現】
標高645mの尺間山山頂にある神社。
神社へは、100段または400段の石段を登る2つのルートがある。
霊峰尺間神社は、釈魔大権現と言われ、「しゃくま」とは
魔を釈(と)く、魔をはらう、けがれを祓う意味の釈魔が由来。

大分観光100選 第3位。




c0061686_7285950.jpg



尺間嶽のある佐伯市の、神棚にはたいがい
この酒がそのままお供えされている。

子供の頃、神様のおさがりを飲んだ
その時の味と同じ。

素朴で、剛直な、いかにも日本酒らしい
味わい。神様に供えられるので
場合によっては半年ほど神棚に

「へたれない」


系統でいえば、軍用酒の「千福」に似ている
こちらも赤道を超えても「へたれない」
しっかりした造り。


清酒ブローカーがプロディユースした
今風の「馬子にも衣裳酒」にない
懐かしい、古来の日本酒の風格。
でも、一般的には敬遠される味だろうなあ。



◎神棚に備える前に飲もうとすれば
 その独特な栓が固く閉じ、
 容易には回栓できないようになっている・・


 そうだ

 御神酒


 なんだ!



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-04-06 07:35 | 日本の国酒 | Comments(2)

なぜか花見は「人生に似たり」一人花見で想う

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







録画してあった「唐山大地震」を見ている。
なかなか迫力もありリアルな魅力ある映画。
中国映画の渋い魅力が潜んでいるなあ。

今日は雨の模様。花見はできないなあ。
週末も天気は良くないようで、大阪の
花見は、水曜までくらいが花なのだろう。

でも、この浦六甲エリアは、さらに
一週間花はもつなあ。



■本題■

昨日は、近所の公園にシートと
入れ子式の「箱膳」を持参。

三田で買った「硝子徳利」「硝子盃」
魔法瓶に入れた日本酒2合半、容器の日本酒
1合半

あては、「海老かきあげ」「缶詰」「ミートボール」
「ゴボウテン」「レーズン」など、ありあわせ。

桜はまだ一分咲。このあたりは標高が
高いので大阪などより一週間ほど遅い。

場所を定め、シートを敷いてスタート


c0061686_419151.jpg


桜の花は、まだまだ。


c0061686_42018100.jpg



入れ子の箱膳を3つ。そこに酒や料理を
豊かではないが、一応の賑わい



c0061686_421478.jpg



三田で買った、ガラス酒器を持参。
昭和の香りのする、安物。
30年~40年の雑器。
哀愁がなんともいいなあ。


c0061686_4235827.jpg



今回は、「かき揚げ」で飲むが主眼
野菜のかきあげが手に入らず、仕方なしの
「海老かきあげ」。

立ち飲みの流儀に準拠し
「小さな皿に大きく盛る」


c0061686_4261340.jpg



あても、缶詰だけになり
箱膳も2膳に縮小。



c0061686_4273879.jpg



缶詰の下に敷く皿も不要。
さらに、徳利、盃も不要

酒はコップ代わりの容器で



c0061686_4292073.jpg



缶詰の素朴な肴もおわり

「コップ酒」

のみとなりゆく。


c0061686_4311477.jpg



やがて「膳」も不要に。

そして、「コップすら消え」

もとの大地に戻る




嗚呼

花見、

人生に

似たり





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-04-01 04:33 | 日本の国酒 | Comments(4)

花はなくとも「花見は花見」みごとなる宴

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






きのうは、まあまあ暖かかったが、花冷え。
そんななか、神戸角打ち学会は27日に
花見を 行う。場所はいつもの夙川公園。


■朝の9時半には、夙川着。

会員の近所の方にお手伝いいただき
会場を設営。


c0061686_4542590.jpg



花の咲いていない分、「花見の様式美」でカバー
そのために、紅白幕で雰囲気を演出。


c0061686_4555265.jpg



11時から、おごそかに、はれやかに開幕。
各自、自慢の酒を持ち寄る。
「國酒」を愛する会だけに見事に
マニアックな酒がそろう。


c0061686_4573643.jpg



入れ子式の「箱膳」を持参したので
いい感じの、雰囲気に。

各自持参の肴も、みなで分け合う。

「分かち合いの心が角打ちの真髄」



c0061686_4595997.jpg



八鹿酒造の珍しい「ヨーグルト酒」
尺間神社の御神酒「尺間嶽」

垂涎の「鍋島」など、そうそうたる
酒と焼酎、ワインなど。


c0061686_53676.jpg



雨が来るという噂もあり、少し早めに
きりあげる。でも、存分に宴を。


c0061686_54147.jpg




■今回の花見の進化・工夫■


毎年花見技術の向上をはかっていますが、今年の
新規導入したポイントをご紹介します。


c0061686_522955.jpg



①100ミリの「カップ酒」をコップかわりに活用

 いつもですが、大きな紙コップは倒してこぼす
 そして、気分が大きくなり、どぼどぼ。
 飲み残し。

 高価な酒の集まる、神戸角打ち学会では今回
 小さなカップ酒を、紙コップ代わりに。

 コップに使う前、中身をまず飲む、
 これをコップにすれば

 「こぼさない」「いれすぎない」

 もちろん、プラコップ(紙コップは使わない)も
 ビール用に持参


②五寸釘、波板用ワッシャーを活用


 毎回、石を拾って置いたり、割り箸をけづって
 「ペグ」代わりにするが、シートがしわに。
 そこで、トンカチも持参、フラットなシート
 で居住性アップ。


③プラスチックの弁当容器の活用


 紙皿も、風で飛ばされたり、埃が入ったり
 そこで、弁当屋の弁当が入っている容器を
 活用。

 各人の肴が、回ってくるが、まだ来ていない
 ひとに、これに入れて確保も可能。


④色画用紙の活用

 ランチマットの代わりに、色とりどりの
 色画用紙を活用。箱膳と組み合わせ
 優雅な花見を演出


どうぞ、ご参考に!





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-03-31 05:16 | 日本の国酒 | Comments(2)