excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:日本の国酒( 464 )

         ■謹賀乾杯■

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







c0061686_22465316.jpg






2016年あけましておめでとうございます!

乾杯は「國酒」でと、まいりましょう。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2016-01-02 22:47 | 日本の国酒 | Comments(2)

大分の地酒と本格焼酎を楽しむ会in大阪

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







中国の勝手に埋めて「おれの領土」といいはる
中国。米国が軍艦を航行させて、これをけん制。

今朝のニュース。奈良の鹿が凶暴化。
噛みつく事件が。その原因が外人の
「鹿せんべい」の餌やり。じらして
なかなか与えないので、鹿が怒って
噛みつく。

なんと、その噛まれる事故の
大半が中国人。

金を掴むと威張りだす人種は日本にも
いるが、国を挙げて、威張りだす
中国人は世界の嫌われ者になるのかな。


■本題■


c0061686_774759.jpg



昨夜、シェラトン都ホテルで開催。おおいたの酒と料理の見事な饗宴参加蔵元26社。
「豊後牛」「関アジ」も食べられる贅沢なイベント。


c0061686_792293.jpg


神戸角打ち学会からは8名参加。ボランティアで受付を。
学会の推薦する、八鹿酒造、久家本店、小松酒造、久保酒造、西の関酒造などが参加。
すばらしい会合に心まで酔ってしまう。大分の酒と食材は素晴らしいことを改めて、
実感。こんな素敵な県はないなあ。



c0061686_79037.jpg



立派な輝くような会場
参加は3百人はゆうに超える大盛会。


c0061686_711250.jpg



豊後牛も


c0061686_7113794.jpg



そして、関アジも



c0061686_7122137.jpg



なかでも異彩を放っていたのが
臼杵の久家本店。

減圧麦「常蔵」をウスキカボスのスライス
で飲む・・・

 「ウスキボウル」



歴史ある伝統蔵の
飲み方提案。


c0061686_71961.jpg


そんなこんなの、見事な会合でした。



c0061686_7155492.jpg

by tatinomi1 | 2015-10-28 07:16 | 日本の国酒 | Comments(2)

酒に電池が貼りついていた?

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ



何やら、あすあさっては強風が。
台風並みの低気圧だそうな。

最近は台風の過ぎ去ったあとの前線
の影響で堤防が決壊したり・・

おまけのほうが被害が大きいこともあり
油断はできませんね。

中国では、連続爆発。相当な
被害だろう。報道発表の
10倍程度の被害はあったのだろう。



■本題■




先日、パック酒を見ていると不思議な光景。
なんと、パック酒の上に電池が。
「おかき」「のり」などはこれまであったが、
「電池」は見たことも、聞いたこともない。
もちろん、飲んだこともない。

余りに意外すぎ。単一に考えてもわからない。
単二洒落なのか?、単三ならウイスキーの
景品だ。

見れば、富士通の電池。在庫処分したのか?
電池??、エンパワーメント?名瀬、奄美?
なにか月桂冠さん・・・・・・・・・・・・

「天地神明」に誓う思いでもあるの?



●そうだ、電池が欲しくて買ったんではない。
「月」をみて、「月桂冠」を買ったら、ついていた。



c0061686_713270.jpg



c0061686_7133948.jpg



まあ、どういう思いであれ、「味付け海苔」2枚より
ありがたいなあ。


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-10-01 07:15 | 日本の国酒 | Comments(2)

kaku.uchi

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






さわやかな秋晴れ、しかもからりと
湿気のない。気分がいい。
でも、水害被害にあわれたお方には
たいへんな生活の困窮が。
「コンクリートから人へ」などとの
防災・治水・砂防をおろそかにした
つけが、おくれてやってきた。

安保法制もおなじ、なにかあってから
では、遅い。こころして考えて
おかないと、大変なことになるなあ。


■本題■

長野で「角打ち」を検索。お、一軒。
本来の角打ちではないようだが、まあ。

行ってみれば、たいへんおしゃれな店。


長野といえば



大雪渓

信濃鶴




どちらも飲みたく、期待して行く。

でも・・・

でも・・・


c0061686_7311337.jpg



かなりマニアックな品揃え



c0061686_7321376.jpg



店主も若い。お客さんも若い。
実に素敵な雰囲気なお店。

器もおしゃれ、ワイングラスで
日本酒。


c0061686_7383141.jpg


本来こういう流儀は嫌いだが
この店は、いい。


●どうやら、酒屋の経営のようだ。


c0061686_7352129.jpg



海のない長野なのだが、
これは、うまい。


いい店である。







宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-09-14 07:36 | 日本の国酒 | Comments(4)

おや、はじめての「梅焼き」

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




つゆがあけたのに雨、雨。
まあこの時期の天気はかわりやすく
わかりにくい。

さあ、今日は三田市に出かける。
終わっての角打ちができるか。
それが、問題。

昨夜は、大阪駅前第三ビル
地下から大阪駅に向かう道
にある「七津屋」に入ろうとするが
満員で、入れず。

やむなく、泉の広場近くの
2号店に。こちらも満員。
でも入れた。



■本題■

先日の、天五中崎商店街にある
銘酒角打ち「稲田酒店」

おおいに楽しみ、

〆の肴に

大阪天満宮名物


「梅焼きおでん」


人生で、初めての
変わった形でのおでまし。


c0061686_658243.jpg



親切にカットしていただきましたが、
やはり梅焼きは
原型がいいなあ。



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-07-23 06:59 | 日本の国酒 | Comments(2)

「店でよい器」「家でよい器」面白比較

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






けさも、朝早くから鶯がさえずっている。
聞き覚えのある鳴き声。あ、あの鶯。
でも姿は見たことは無い。

囀りだけの、鶯との交流。
一日家にいると、10羽くらいの
鶯の囀りを聞くことになる。

遠くに、近くに、囀りの遠近。
街中では、こうはゆかない・
裏六甲に住むがゆえに。


■本題■

高台の角打ちに、日本酒を飲む器を
いつも持参。はじめは、利き猪口の
大きいのを持参していたが重いので
愛用のすこし華奢なのを持参。

これが、意外な事実を発見する
ことになろうとは・・・・


c0061686_6321859.jpg



あきらかに、左の器は入る量が少ない。
高台の角打ちでは、一升瓶の量り売り
はなく、皆さんカップ酒。

大関の180ミリ
大関の増量カップ
澤の鶴カップ
白鶴○

でも、カップがもったいないので
澤の鶴だったかの「箱酒」
180ミリ、150円。(角打ちも同じ値段)


●左の一見華奢な器、おそらく
 一合入らないので持参しなかった。



実証



両方の器に160ミリリットルの
酒を入れてみる。


c0061686_6391482.jpg


楽に一合入りそうだが、表面張力で
すこし、こぼれる。



c0061686_6402789.jpg



見た目でかなり小ぶり、しかも華奢
なんと、こぼれず、余裕すらみせる。



器は見かけによらぬもの

  ※昔、器まゆみさんが、入浴タイムスに寄稿した記事は読んでない。


なにか、たくさん入っていると錯覚する
ビールジョッキに似ているな。



■店が右を使えば、酒の盛がいいいいと好感

■うるさい嫁の家で左をつかえば余計飲める



逆は禁物。
器にも役割あり!






宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-06-10 06:47 | 日本の国酒 | Comments(2)

神戸祭り「菊正宗」に酔う

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





大阪都構想、住民投票結果
僅差で反対票が上回る。
橋下さんの、無念の顔、顔。

これまでの利権を失いたくない
70歳以上の高齢舎が猛反発

20代、30代の若者は
逆に、賛成して未来に期待。

◎若者が選挙に行かない構図
 若い方には、可愛そうな結果
 となる。が、選挙の結果なので
 これが、民意。



■本題■


昨日は、神戸祭り。いそいそ出かける。
テントブースから、「おっさん商店街」へ


c0061686_6363748.jpg


灘の酒のコーナー。いつも立ち寄るが
いつも地味。まあそれでも彩り。
時間があわないので、あきらめる。

◎お「琥泉」これは好感、ええな。


先を急げば、「菊正宗」さすが
地味なブースでなく、自前。

「樽酒」「すだち酒」を無料
振る舞い。さすが大手。


c0061686_6404287.jpg


「スダチアルコール飲料」を
購入。JAZZイベント会場へ。

c0061686_643046.jpg
c0061686_6433441.jpg
c0061686_6435414.jpg



このあと、南京町「赤松酒店」へ!


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-05-18 06:40 | 日本の国酒 | Comments(2)

ソラマメにビール、へしこに燗酒

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




台風一過。今朝は東北地方の地震。
台風はたいした被害無し。おかげの
水の恵もあるのかもしれない。

きょうは、いい天気のうえ、暑くなる
との噂も、天気予報で。

■本題■


やはり酒とアテには、絶妙なる
相性がある。あるから楽しい、面白い。


昨夜は、久しぶりの「椅子あり飲酒」

古典的哀愁の店。



この時期の、酒徒の心うきうきは
「そらまめ」、このそらまめの
美しいこと。


c0061686_743751.jpg


だが意外。はちきれんばかりに美しいが
皮が硬い。皮ごと食べる私の
流儀にはちいと。そして塩分が
大杉栄。

酒屋の立ち呑みの
そらまめを食べなれている私には
すこし、違和感。


◎これは、ビールに相性よし



そして、


「鯖へしこ」


福井県あたりを探がすと案外
「佐場へし子」さんという名前も
3人くらいいるかもしれないが、
人名に関する話ではない。


鯖の糠漬け


c0061686_712696.jpg



なかなかの逸品。
酒は、白鶴2合徳利、燗酒。
やはり冷やした吟醸などより
普通の燗酒がいい。


酒とアテ

アテと酒


相性を楽しみなが飲むのに
今が一番いい季節。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-05-13 07:14 | 日本の国酒 | Comments(1)

八重桜に合う酒器は?

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






今日もいい天気。ドローンのテロが話題に。
危機管理の甘さをし指摘されている。
忍者のように「ドロン」すれば、逃げ足勝負。
今後、規制されるだろうな。

昨日は、高台の角打ち。昨日は
SAさん。SKさんにあえた。いい時間。
なんとも長閑な歓談。ここでしか出来ない。


角打ちのあと、再び「八重桜」での花見
を試みるに、やはり違和感。
やはり花見は「八重桜」に限る。


■本題■


先日の、公園での「八重花見」さて
八重には、どんな器があうのだろうか?

てしさびに、いろいろ試してみた。


c0061686_91323.jpg



オーソドックスな、徳利と盃
なにか、そぐわない。


c0061686_954578.jpg



八重を浮かべた、錫の大き目の盃
なにか、八重では物足りない。

というか、「重い」


c0061686_971310.jpg


これでどうかな。
「利き猪口」なんだかこれも違う。



◎これか?ぼってりした
 陶器のぐい飲み。



c0061686_992895.jpg




なるほど。これがいい!




c0061686_9101086.jpg



方向が見えたので、ゆっくりこれで。



c0061686_9105599.jpg



◎やはり、ぼってりした八重には
 ぼってりした陶器のぐい飲み。

 相性というものか。



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-04-26 08:08 | 日本の国酒 | Comments(2)

大疑問:「なぜ八重桜での花見をしないか?」

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





昨日はいい天気。天気に心揺り動かされ
高台の角打ちに行く前に、近所の
公園で、初めての「八重桜花見」

◎裏六甲の、このあたりは標高が
 高く、平地より1週間以上桜が遅い。
 八重ならもっと遅く、昨日は
 散りはてる一歩前。
 充分に、花見が出来た。



■本題■


以前から謎であったこと

「なぜ八重桜で花見をしないか?」

関西で言えば、大阪城西の丸庭園の
見事な桜の終わるころ、
造幣局の通り抜け。

「八重はござを敷いて酒をのむものに非ず」

◎つまり、歩いて眺めるだけのもの

皆が春を待ち望み、花見で祝うには
少し、ほんの少し、ピントはずれ。
同じく、「染井吉野」より早い
避寒桜、山桜も花見には向かない。

※花見、あくまでの「酒のある花見」に話を
 限定しておきます。お茶と牡丹餅なら、どの花でも可能
 ですから。

考察①


 八重桜の特性によるもの

・日本人の心栄えとして、潔く散りはてる櫻への愛着
 葉の出る前に、見事に花だけが咲き誇り、一瞬に散る潔さ
・「日本精神の涵養」たる花見で、結束を固めようとする
 組織、集団が、櫻の木の下で集うのに「染井吉野」は好都合
・映画などでも、国家に殉ずる若き隊員が櫻の一枝を
 抱いて出撃。ぼってりした散り際の悪い八重は不適
 こういう、映画小説などの影響

考察②

 農耕民族としての「染井吉野」

・天気予報が高精度になり、正確に全国開花予想すら
 発令される時代になった。
 染井吉野が誕生した、明治期や、それ以前は
 「天気予報」もなく。各人個別に予想。
・農耕で一番大切なのは、苗代から田植えの時期。
 「水利」まで予想し、台風にあわない刈り取り時期を
 全て、自分でないし、部落で村で決め行う。
・その天気を「科学的に占う(言い方はおかしいが)
 天気予報機材こそが、田んぼの近くに植えられた桜
 (他の周り、住居のまわりに櫻を植えるのはこのため、
 家ごと田ごとの天気百葉箱が櫻。北海道は稲作が
 盛んでなかったから、櫻もあまり植えられてない)
・その春に咲くまでの一年間の「日照、気温、水利」
 の全履歴がその櫻の開花時期に反映される。
 さらに、咲いてからの同じく「日照、気温、水利」
 により、花の持ち、散り方で、開花後の
 一ヶ月先くらいの天気が予測できる。
 すなわち、苗代、田植え時期の決定。
 (今でこそ、飲めや歌えの茣蓙しいてホイ、
  おそらく明治それ以前は、農村では
  花見は農作業の一環だったろうと想像する)


考察③

八重桜の咲く場所に関する要因

・染井吉野は、東京の産。どうやら、埼玉県の苗問屋が
 青森に大量に出荷し、今度は青森から全国に
 広がったという説。時の、明治政府が各地の
 城を壊したあとに「染井吉野」を植えることを奨励
 したようだ。政府の後押しもあり、全国に
 「染井吉野」の大規模な植栽が広まり、
 所謂、「茣蓙敷いて飲めや歌え」のステージが
 全国に出来上がった。
 ・一方八重桜は、染井吉野の陰に隠れ
 造幣局の通り抜けのように、マニアックな植栽にとどまる。


考察④

染井吉野は単一性、八重は多様性

・染井吉野は、明治新政府が「日本を一本に纏める」
 ために作った国策櫻と言ってもいいすぎでない。
 一方、八重桜は多様性を楽しむもの。
・造幣局の通り抜けでも、数限りない品種の
 オンパレ。毎年新種が出るとか(詳細は不明)



だいたいこれまでが
その理由だった



が・・・・

先週の、高台の角うちでのこと。
常連のYさん。山歩き、山菜採りの達人。

このお方に質問

「どうして、八重桜で花見をせんのやろか」

瞬間、Yさん。


「時期の、もんやがな!」


一瞬、これまでのもやもやが氷解。
①~④では、もう一つもやもや感
があったが・・・・

「これだ!」

一言で言えば


日本人としての同質性の確認たるの「花見」



単一民族(異論はあろうが)、としての
共生、共感、共有の維持。
これを確かめ合う花見。

◎咲き誇る時期は各地異なるが
  その地ごとに、櫻咲く日本を寿ぐ「花見」
  同じ時期に同じ花愛でるには



 染井吉野



 アメリカ世、中国世、でない
 日本世の証。


  ◎最後に卑近な例で〆るが

   もし、山桜から八重桜まで「花見」の範疇に入れれば、
   こういうことになる。

   年末のある会社の忘年会でのこと

   「来年は会社で花見をする、各自日程をあけておくように」

   ◎染井吉野なら容易に花見時期が予想できるが  
    山桜から、八重まで含めると、2ヶ月以上の幅がでる!




   
c0061686_635389.jpg





c0061686_636455.jpg





c0061686_6362654.jpg




一人花見は、八重でもいいが・・・。
でも、なにか違和感あり。
やはり染井吉野。






宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-04-25 06:19 | 日本の国酒 | Comments(0)