excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

我が渾身のHP[立ち呑みの流儀」やっとこささっさ。更新。純粋に、よんじょくれ。

c0061686_1113041.jpg

こん写真は、博多ん、駅前「山笠」。夜、阪神、勝つ。


   ■●▲渾身サイト「立ち呑みの流儀」よろしく。



なんか、最近、ランキング傾向、かわったなあ。変わったよ。




●おお、人気のブログランキングとやら、
     あるんで、なにもイワン。

     クリック、よろしゅうにな。


       人気blogランキングへ
by tatinomi1 | 2005-09-30 01:17 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

稲荷市場「中畑商店」のホルモンには、神戸の哀愁がしみこむの巻。

c0061686_64252.jpg


海苔巻きお好み焼き「ひかり」のすぐそば。ホルモンの「中畑商店」。小さな店だが、大阪風でない独特の「あっさり味ホルモン」。右の油をこてで掬いその上にホルモン串を置き、見事なコテ捌きで焼き上げる。

●小さな、小さな、哀愁の店。




c0061686_642013.jpg


同行の岩田さん。関西の味は「コテ捌きじゃなー」と、えらく実感。コチン、カチンと鉄板とコテの発する「音」が、心地いいなあ。

●かしこまって飲む高級店もいいが、こういう「全人格さらけだし」の店は、縄文の心を彷彿させてくれる。「哲学的」な味わいといっても過言でない。



c0061686_643778.jpg


地域通貨と三浦梅園の研究家、岩田さんもすっかり、お気に入り。




c0061686_651966.jpg

■ビリケンさん■
大阪は新世界、通天閣のビリケンさんとの感じだが、どっこいここ、神戸の稲荷にも立派なビリカンさん。

この稲荷。かなり大きい。この地はかなり「力のあった」ちいきなのだろう。




●人気ブログランキング、クリックよろしく。


      人気blogランキングへ
by tatinomi1 | 2005-09-28 06:20 | 立ち呑み名店 | Comments(7)

アルミタンポに人格。阿倍野名店「上杉酒店」。いま、減るばかりの「日本酒飲み」。立ち呑みの基本はコレ。

c0061686_64267.jpg


何十年使い込まれた、アルミタンポ。コレでのむとナショナルブランドのそれなりの酒も美味しくなるのが、不思議。

●6人の客。酒はわたしひとり。みーんな。ビール。ああ、寂しい。もっと日本酒を、もっと「燗酒」を飲もう!呑もう!



c0061686_65768.jpg

右奥にタンポが鎮座。使われることが少なく、残念。

●いかにも「通」のアテ。燻し吟のような酒徒が集う。「浪速のサロン」。この日は「じゃこおろし」「うめぼし」で一杯。ああ、満足のいい風情。浪速の風情。

たまらんなあ!



■浪速友あれ、クリック、クイック!

     人気ブログランキング

      人気blogランキングへ
by tatinomi1 | 2005-09-27 06:14 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

余興。アサヒビール「酵母シリーズ」で秋遊び。本当にアサヒは、楽しませてくれますねえ。

c0061686_21461637.jpg


アサヒビールの面白いところは、限りないチャレンジ精神。この姿勢はいいなあ。夕べ近所ののコンビ二で面白いビール発見。酵母がラベルになっているビール。昨日は2本。重かったので2本にとどめた。全部で4本。

もてるなら4本下げて帰りたかった。なにせ、重いので。






c0061686_21463632.jpg


それもそのはず。350ミリリトルならいいのに・・・・・・大きい、重い。かさばる。

なんと、1800ミリリットル缶。こりゃあ、冒険、大きすぎ。比較のパイナップルと蜜柑と大きさを比べてほしい。


×すいません。嘘です。350ミリリットル缶。
 愛嬌、愛嬌。





c0061686_21465525.jpg

清酒の利き酒の要領で、同条件にするため冷蔵庫で半日冷蔵。同じコップをそろえる。先ず味わい、味の特徴を記憶。ブラインドテスト。

●さあ、どうじゃあ。

  だめ、2銘柄間違う。ビールはやはり「味」でなく「のど」でのんでいるんだなあ。
  やはり、日本人には「たかだか100年」しか、いやもっと短い、
  味わい。難しいなあ。

  ビールを「利く」という文化がない。
  何でもいい、味を埒外にした「日本の」ビール文化
  への、健気な提案かなあ。面白いなあ、この商品!アサヒバンザイ!

  身についてない味は、判別能力に限界。
  
  残念な結果。





●人気ブログランキング

      ビールの泡ときえぬうち、クイック、クリック

      アサヒのあがるまえに、ヨロシク、


       人気blogランキングへ
by tatinomi1 | 2005-09-25 22:05 | 路地裏の魔物 | Comments(3)

おもろ沖縄。PRT,5.「安宿看板」「獅子専門店」「石敢當獅子」「骨壷専門店」「ゆいレール」


■双子のサイト「立ち呑み漂流(その弐)■

   沖縄話題、「焼物の里壷屋」「泡瀬の亀甲墓」
   こちらもご覧ください。




c0061686_1316083.jpg


再びの安宿看板。国際通り周辺を気をつけて歩けば、800円から2000円の安宿看板がずらり。不思議に「哀愁」「みじめさ」が微塵もない。本音アイランド沖縄。背伸びや,かっこつけこそがはずかしい行為。

「身の丈暮らし」、が基本の基本。


◎この看板、センスいいなあーー。ゴーャのディフオルメがおもろい。矢印をかねているし、何か少しエッチな感じもしないではない。

南国的センス。ハワイに通じるものがあるなあ。






c0061686_1317174.jpg


壷屋、焼物(やちむん)の町にあるシーサー専門店。観光用のものに比べいささか味わいが深い。深い分だけ値段もいい。

表情豊かで、なんとも可愛い。最近の新作は目を見張るほど素晴らしい作品を生んでいる。住宅の魔よけ用にも、新作を鎮座させる家庭すらある。

これは、装飾・お土産用。









c0061686_13173539.jpg


可愛いシーサーと石敢當(T字路のどんづまりに置く魔よけ)の融合じゃろうかなー。初めてみた。これは実際においてあるところ見たことないなー。T字路どんづまりの家はこれを置けばひとつですむのだろうか。

●いや、単にシーさーの足元に「石敢當」を置いただけが正解だろうなあ。








c0061686_1318778.jpg


ここはなんと「骨壷専門店」。内地の焼き物の里でも、円柱形の骨壷をオーダー生産してくれるところがあるようだが、これはいかにも沖縄的骨壷。

ずいぶん大きいが、沖縄の「亀甲墓」の納骨スペースは広いので、多少大きくてもいいんだろう。







c0061686_13193019.jpg

コンパクトで可愛い沖縄モノレール。名づけて「ゆいレール」。完成前は、あんなん誰も乗らん、無駄。とさんざん。でも完成後は結構「よかった」話。

開通当時は、「どうやって切符を買うのか」「どうやって乗り込むのか」「降りるときは手をあげるのか」などの、乗り方・降り方ノウハウブックまで配ってくれた。

●一番喜んだのは地元。なにしろ戦後鉄道はなかったのだから。小学校の遠足や老人会の遠出に利用。

「ああ、ゆいレールから見た、那覇はきれいサァ」

確かに、これまで見ることの出来なかった、那覇の美しい風景が「ゆいレール」から眺められる幸せ。

■仲秋の名月をゆいレールから眺めよう、なんてイベントも。
 ゆっくり可憐にはしりまわるゆいレールをみんなで可愛がろう。



●さあ、ゆいレールに乗る前に
      人気ブログランキング、クイック、クリック!

        人気blogランキングへ

        おおきに、おきなわ!
by tatinomi1 | 2005-09-25 13:44 | 命漲る沖縄 | Comments(0)

魔法の「お好み巻き寿司」。ダイエーの中内さんも愛した「路地裏の珠玉の名店」。新開地奥の「ひかり」。

c0061686_3344595.jpg


この前、いつも行っていた新開地海側「稲荷商店街」のなかにあった、お好み「ひかり」。b>同行の士に。おおこれが有名な店。と、教えられる。ここの名物は「お好み巻き寿司」。

焼き上げたお好み焼きを、手品でも見るかの早業で「巻き寿司」に変えてしまう。まさに神業とも思える、早業。

●奥に控えている方が、有名な「小林あや子」おばあちゃん。優しい顔。


  神戸B級グルメの権威、先日出版もされたM.SHIBATAさんのサイト
  より引用。ご覧ください。 →  お好み焼き「ひかり」


c0061686_3344815.jpg


この日は大分から地域通貨、三浦梅園研究家の岩田さんを案内。ここに入る前、お隣さんの味わいホルモン「中畑商店」で先ず一杯。

■先ず、丁寧にお好みを焼き上げる。横に広げた海苔の上にこのお好みを電光石火の早業で置く。次に、コテで何箇所かを、切るようにとんとんトン、と叩く。これがポイントなのだろう。

あとは、海苔巻きの要領で、巻きあげる。







c0061686_3352147.jpg


巻いた「お好み海苔巻き」は、専用のまな板にヒョイと置き。良く切れる包丁でさくーり、さくーり。と切る。この専用まな板、年季が入り、真ん中がへこんでいる。







c0061686_335444.jpg


鉄板に置かれた「巻き寿司」をコテで皿にとって食べる。

▲最初入った時、鉄板に巻き寿司を置いて、皿に取った「巻き寿司」を食べている姿を見て卒倒しそうなショックを覚えた。

●見てくれだけでなく、味わい最高。関西ならではの「応用をかませた味の冒険」。ここに比べ若者好みの「創作料理」なんて、応用の程度が低い。

◎一番の驚きは、これだけの手間をかけて作っているに、かかわらず400円という、驚きの値段。名店の名価格。この店がどっかの、ビルにでも移れば1200円でも、行列が出来るくらい。







c0061686_336839.jpg


この前鬼籍に入られたダイエーの中内さんもお客さん。中内さん、こんなわかりにくい「路地の奥の奥」まで来られるとはなかなかの粋人。







c0061686_3362820.jpg


なくなって、テレビで見た中内さんの揮毫。なんと、この名店に飾ってありました。狭い・暗い店ですのであまり目だたず、4度目にやっと目にいりました。本当に「ネアカ」の明るい、力漲る筆致ですねえ。






c0061686_3364889.jpg


関西で高名な切り絵作家の作品も。なかなかいい、風情ですねえ。







c0061686_3371377.jpg


おや、おや。何と「イチロー選手」まで。まさに路地裏・場末の「珠玉の名店」ですねえ。






c0061686_3373257.jpg

とどめは、「小林あや子」おばあちゃんの写真。この店の人気の秘密はこのおばあちゃんにあるようだ。




◎「ひかり輝く」サイトになるよう、
    人気ブログランキング、クリック、巻き寿司!


      人気blogランキングへ
by tatinomi1 | 2005-09-25 04:15 | 路地裏の魔物 | Comments(5)

おもろ沖縄。PART4。「ずんぐりゴーヤー」「発熱雑貨」「ペンキ綺麗」「空中植物」「高級安宿」

c0061686_16591834.jpg


内地での細いゴーヤーは、100円くらいが相場。50円の安売りもあったり。本場沖縄ではもっと安いかと思うが、どっこい、イカの金玉。

ずんぐりタイプが「苦くなく」高級。これは、結構高い。この安いスーパーでも、このずんぐりゴーヤーは一本400円以上。沖縄はゴーヤーにはこだわるのよ。

■沖縄のゴーヤチャンプルが苦くないのは、この高級ゴーヤーを使うから。苦くないので軽く炒めればいいので「しゃきっと」している。料理は食材ですねえ。









c0061686_16594827.jpg


牧志市場の奥、味わいのエリアにある「発熱雑貨店」。ここにはいると熱を出して寝込むことになる。という話は聞いていない。4ヶ月に2度。天下の副将軍水戸光圀公がおしのびで、「越中ふんどし」を買いに来られる。という話も、最近、話題にならないなあ。










c0061686_1704259.jpg


おお。綺麗にペンキでおめかしの店じゃあのう。ダイビングショップ、のようだ。ほんわりのどかでエエ感じやなあ。街の味わい。やなあ。











c0061686_1711371.jpg


空気中の水分を勝手に吸うて大きくなる「エアープランッ」ゆうんがあるがのう。その類じゃろうか。根は壁面に張り付いているだけで地面に届いていない。

かべを伝う水分を吸うんじゃろうなあ。不思議な植物よ、なあ。












c0061686_1743951.jpg

高級安宿。つまり「リゾートホテルを意識している」ということらしい。それでリゾート感覚を意識しているので、リゾートホテルの感じがして、しかも「個室」で2000円。

安いか、高いかは、行って見ないとわからない。

立派なソフアーがひとつ。待合室に鎮座。の予感。

エエ感じの看板!



●人気ブログランキング。クリックよろしく。
      秋らしゅうなりましたのうや。
      燗酒が恋しくなるの、候。でんなあ!


       人気blogランキングへ
by tatinomi1 | 2005-09-24 17:07 | 命漲る沖縄 | Comments(2)

おもろ沖縄。PART.3。「松風煎餅」「2升5合瓶」「島豆腐」ほか。

c0061686_5153744.jpg


女性の腕輪になりそうに美しい「松風せんべい」。沖縄の松は琉球松。沖縄の人も松好み。縁起がいいのだろうなあ。

この煎餅、綺麗過ぎて食べるに惜しいので買ったことはない。恐らく「お供え」用なのだろう。今度思い切って買ってみよう。







c0061686_516062.jpg


これ、写真じゃあわかりませんが、巨大瓶なのです。そのはず8000円以上の値段。プレミア焼酎のほとんどない泡盛。そのはず、コレ、

「2升5合瓶」

内地で「当選祝い」とかの、大瓶、アレですよアレ。
つまり、お祝い用。

やはり聞けば、2升5合→「枡枡 半升」のげんかつぎ。内地からの伝播ネタ。








c0061686_5163442.jpg


沖縄の豆腐は「いかにも豆腐らしい」。京都の湯豆腐用の滑らかな食感でなく。ごわごわ、ごつごつ。これが旨いんだなー。煮付けても、壊れない。崩れない。

「ゆし豆腐」もいいですねえ。半分固まった「半熟卵」のような豆腐。
これも、味が濃く、旨い。







c0061686_517514.jpg


おおきな「島豆腐」。木綿豆腐のもっともっと硬い。縄で縛ってもって帰っても、カタチが崩れないくらい。

沖縄から帰って「ゴーやチャンプル」を試すが、何度やっても失敗。かんたんな原因。水っぽい内地の豆腐では基本的に「美味しいゴーやチャンプル」は無理。島豆腐があれば、簡単、かんたん。犬でも作れるくらい。

■やむなく、島豆腐が手にいらないので「焼き豆腐」でつくる。これなら失敗なしよ。


●人気風呂具ランキング、風呂に入る前に
   クリック、ヨロシク沖縄

     人気blogランキングへ
by tatinomi1 | 2005-09-24 05:19 | 命漲る沖縄 | Comments(0)

カジマヤー、トーカチ。おじい、おばあ、元気の源よ。この島の優しさの原点は、年寄り大切にあるサー。

c0061686_19442988.jpg


コザ、今の沖縄市の商店街。なんで陶器屋に風車なんじゃあろう。よく、寄ってみれば「カジマヤー」のお祝いの風車。

97歳の長寿祝い。旧暦の9月7日に行うのだとか。なるほど、ホテルなどで「カジマヤー」の看板。お祝い看板が目立つ。家族・親族・地域で、みーーーんなで祝う。

カジマヤー(風車)で祝う、本当にこころのこもった、やさしいお祭り。

沖縄長寿の原点は、高齢者敬意。


●一方、「トーカチ」は内地の米寿。旧暦8月8日に祝う。



c0061686_19454639.jpg


ああ、寂しい。日本で一番渋い居酒屋だった「むつみ園」。沖縄の文人山城善光先生のお店。廃業して一年以上。奥様の初枝おばあがきりもりしていた懐かしい記憶。

いまでは、主なき店を守るシーサー。なんとも鬼気迫る貌よ。


c0061686_19463588.jpg


墨痕鮮やかな看板。人品骨格のいい山城善光の真骨頂!
こういう「品格・品性」をドブに投げ捨てた日本人。汚れた風景ばかり目にするのも当然。



c0061686_1947870.jpg


客におもねず、首里士族の心栄え商法。この店には「キジムナー」が棲みついていたのに、どうなったんじゃろなー。

首里に住む、おばあは元気じゃろか?



c0061686_19474051.jpg

おお、ぼわーんとした、沖縄癒し風景。沖縄市近郊の新興港町のスナップ。



●更新の励みになるんで、
     人気ブログランキング
     クリック、ヨロシク、沖縄。 なに、クリックめんどくさい。
     はい、よござんす。おきなおせわ(沖縄読み込みしゃれ)でんなー

     人気blogランキングへ
by tatinomi1 | 2005-09-23 19:49 | 命漲る沖縄 | Comments(2)

おもろ沖縄PART.2。「カンカラ三線」「はぶ酒」「一石甕」「ホテルめおと」ほか。楽しい、沖縄。

c0061686_12402145.jpg


なんじゃしらん。味わいサイトが軒並みダウン。上位は商売ブログ。しょうねえなあ。スポンサーあってのブログじゃけん。

戦後、三線の不足期。「島歌・琉球」の音楽好きDNAが滾り、空き缶で「三線」。こういう沖縄のこだわり世界は、大和にはない。


















c0061686_1241091.jpg


見事なハブ酒、本場は「流行のハブ空港に売っとる」なんちゅうて。



ワイは昼酒に酔うちょろりん。


「親爺ギャグ」のええかげんにせい、せんかーーー。の合唱にも負けんは。ワイの勝手やのう。

このハブ酒。見事。稀少価値。牙むく姿勢がいい。



















c0061686_12412432.jpg


「忠孝」。新参蔵ながら素晴らしい泡盛。大フアンですよ。「忠孝」さん。儒教の影響の少ない沖縄で「忠孝」とは珍しい。なあ。

この泡盛。味は最高。センスがいい。この容器はステキすぎる、なーーーー。

ワイはほかに「瑞穂」「まさひろ」「時雨」「春雨」「松藤」

●ああ、それと本島の「久米仙」がでえすきだーーーーーー。久米島のも旨いがなあ。


















c0061686_12414398.jpg


なんと、嬉しや「一石甕」。こんなん、家にあったら安心できるがのう。それは夢、また夢のものがたりじゃのう。沖縄は「表面にこだわらない」「本音」の島。


いまの、飲酒シーン。「癒されるどころかストレスがたまる」

■銘柄これみよがし並べ居酒屋。バイキング昼飯、百均、
 猫追い「ペットボトル並べ」のいやらしさ。

 一時期何故かわからなかった

  江戸「灘一銘柄のみ燗酒居酒屋」。やはりこれが究極。
  気が散らず飲める。コレクター酒は自宅の深夜で
  ほくそ笑んで飲む!

「商魂をカムフラージュして、こだわりとして売り込む店」が多い。
本来の「酒場」の本義と乖離する度合いの


年々広がることよ。
まあ、みんなこんな店がすきなんじゃあからええんじゃがなあ。














c0061686_12422351.jpg

おお、泊の町並み。「不倫カップル」もここで「擬似めおと」なんじゃろか。

おおらかよのう。沖縄。ステキじゃのう沖縄。


■包装紙じゃなく中身にこだわる沖縄。
 元気の原点はここ。

 あまりにも表面。つまり大分弁で「がわ」ばかり志向する大和。
 どんどん自然のおおらかさ、縄文の心栄えから遠ざかる。


   ハハハ、ええじゃあないの。みんな、そっちが「好き」なんじゃあけえ。







●おお、昼酒の魔力はイカばかりか、はたまたタコばかりか。
   いや、「上皿天秤ばかり」じゃろうかのうや。

   よっぱらいの昼酒のお相手しちくれち、嬉しいのうや。
   3Q.

   クリックも栗喰う前に、ヨロシク哀愁!


    人気blogランキングへ
by tatinomi1 | 2005-09-23 12:46 | 命漲る沖縄 | Comments(1)