excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 01月 ( 50 )   > この月の画像一覧

「湯たんぽ」ええなあ。こういう味わいの世界が、ええ。冬のアイスの話。

TVとやらを、見るともなく、眺める。

腐れ首相、「女系天皇」まで言及するか。

心腐る。

◎このあたりは、こういう話題は不愉快じゃろう。
でん、ワイは、「縄文」命。


■ははは、のハ。


 関西じゃろか。551の「蓬莱」の濃厚なCM。
 面白い。


      ややこしい話は、ここじゃあ、法度。
      「蓬莱」談義なら、許されようぞ。


             ★     






蓬莱、良くテレビコマーシャル。ここの商品で一番好きなのは「甘酢団子」。肉団子の甘酢風味味付け。200円で7個ほど入っているのはなんとも満足感。酸味の利いた甘辛い味は「カンチュウハイ」にぴったり。夏の好み、風物。でも年中味わえる。
● さらに旨いのが「アイスキャンデー」。6種類ほどあり、これもいい。立ち呑み帰りに愛嬌で買ったり。でも、これが「硬いのなんの」。50トンプレスでも潰れない鋼鉄のようだ。要はその場で食おうとしても、歯が立たない。(姉歯さんなら立つかもね)。ちと困るんじゃあなあ、ほんのこつ。

止む終えず、持って帰り家で食う。この前。30分かけて持って帰ったが、ほら、ほら、まだ固さが残り、丁度イイ感じ。

この「アイスキャンデー」持ち帰り専用ということかも。








人気blogランキングへ現在8位上昇中! おお。 応援宜しく。神戸立ち呑みの威力!
ポチット、クリック! お願いします
by tatinomi1 | 2006-01-30 22:46 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

※さて、ここは。どこ。南京町帰りの立ち呑み!

c0061686_2224147.jpg

一見見れば、なんとも渋い。さあ、ここは?

次回に。眠い。

お許しを!





人気blogランキングへ現在8位上昇中! おお。 応援宜しく。神戸立ち呑みの威力!
ポチット、クリック! お願いします。
by tatinomi1 | 2006-01-29 22:25 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

旧正月「春節祭」南京町。残念、「赤松酒店」営業時間には間に合わず。原色の風景は、また、エエなあ。

おお、今日は神戸南京町の春節祭。

夕べからのイベント開始。渋い日本の美学もいいが、原色の中国絵巻も悪くはない。
いや、好きだ。

■なんだか、いつもは休みの「赤松酒店」が開いている予感。2時半頃行けば、おお、あいている。でも、まあ、と腹ごしらえ。これが、甘かった。

行けば、閉店。ああ、・・・・



   ◎NHKのニュース、「春節祭」のフレーズにふと見れば、
    なーんだ。横浜中華街。

    むこうの魅力は、爆竹。

c0061686_20435783.jpg


美しい「大丸」。ショウウインドーに「南京町春節祭」の展示。

イイ感じ、やなあ。



c0061686_20452393.jpg


大丸から通りをはさんだ、向こうに。
「布袋さん」。巨大!



c0061686_20463153.jpg


この門を入れば、南京町。震災の後だったかなあ



c0061686_2047335.jpg


「タンフアンチェ」の2階より、中国偉人行列を眺める。





c0061686_20472629.jpg


おお、原色の世界。

紹興酒に味わいが、深まる。




c0061686_2048143.jpg




昨日から、神戸南京町の春節祭。12時からのパレードには間に合わず。おお、なんと「赤松酒店」が開いている、いつもは休みなのに。春節祭にあわせ、営業か?

■でも、腹減り衛門。

 赤松さん近くの「中華バーガー」名店へ。このみせの「クワパオ」は、我が好み。なんとも旨い。でも、何故か、ブレイクしないんじゃあなあ。ホンマに旨いもんは、好みがきついのかなあ。

 2階にあがり、あれこれ所望。旨い。

●「白乾」がないので、やむを得ず、「紹興酒」。

 おお、可愛い硝子の徳利で。いい、「燗」の具合。
 砂糖がついてこないのがいい。
 あれは、邪道。


 パンフを見れば、別売で「乾燥甘梅」がある。これを入れるなら許される。





 ■紹興酒に砂糖。

  立ち呑み「ポテトサラダ」にソースかけ。の感覚だろう。
  邪道だが、好きな人は、勝手にどうぞ。




  ◎おお、ここの紹興酒は、奄美大島じゃあなく
   甘み少な目。酸味の利いた、「紹興酒」好きの呑み助向き。


   おおらかな、エエ店。


      写真解説は、のちほど。次回!


c0061686_20483626.jpg


◎酸味の利いた、良く発酵されつくした、甘みの少ない、「呑み助」向けの紹興酒。





c0061686_2049022.jpg


紹興酒には、「ピータン」が、あうなあ。阿吽の呼吸で、アウンじゃーーーー。


人気blogランキングへ現在8位上昇中! おお。 応援宜しく。神戸立ち呑みの威力!
ポチット、クリック! お願いします。
by tatinomi1 | 2006-01-29 21:05 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

標高200メートルの立ち呑み。神鉄「山の街」駅近く「中西酒店」。近所のオイさんの楽しいオアシス。

c0061686_7482643.jpg


新開地を基点に、三田、有馬、三木方面まで繋ぐ、私鉄。

標高差350メートル以上ある、まるで登山鉄道。
保線費用がかかるのか、客が少ないので運賃は高い。

■近所のオイさんたちの、オアシス。


c0061686_7484684.jpg

アテは簡単なものしかない。

■寒風に吹きさらされたので、当然ながら、

   ●熱燗   「鶴正宗」  濃醇な味わい、
          
            コップ1杯で2杯分くらいの、迫力!

            飲食店より、家庭向き。


   ●アテ    「茶碗蒸し」  既製品のレンジチンだが、旨い。

           「立ち呑み、にんにくパック」


      ※帰りに「立ち呑みパック」2つ込みで 540円。





人気blogランキングへ現在8位上昇中! おお。 応援宜しく。神戸立ち呑みの威力!
ポチット、クリック! お願いします。
by tatinomi1 | 2006-01-29 08:01 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

■「世界長」新開地店。灘の銘酒世界長は銘柄のみ残る。でも「看板立ち呑み」のほうが健在。


さっき帰ってきた。山の上の病院に見舞い。歩いて一時間の距離だが、途中に「山中味わい酒屋の立ち呑み」あり。どちらも、寄る。

一軒15分見当だが、足取りも重くなる(気分は逆にハイ、ですよ、はい)。

2時間をかけ、標高300メートルの病院から、標高200メートルの我が家に帰着。ああ、寒かった。途中のガソリンが、効いたなあ。


■ああ、世界長、

立ち呑みで、お世話になる灘の銘柄、看板酒場。

 「福徳長」とともに、コップ酒に似合う銘柄。







c0061686_19153663.jpg


大阪の立ち呑みでは「ポテトサラダ」が主流。通はこれに「ソースかけ」。
この日は、あっさりのマカロニ。

どちらかといえば、辛口の酒にはコレが似合う。




c0061686_19155964.jpg


この日のおかず。なかなか、色とりどり、おいしそうなのが並ぶ。アテの「渋さ」は大阪に負けるが、独特の「神戸スタイル」が、ある。


c0061686_19162391.jpg


新開地は昔、日本を代表する歓楽街であったそうな。日本映画のメッカとしての金字塔。それなりの「こだわり」と「見識」の町。

どこか、おおらかな、関西の味わいがある。



c0061686_19165672.jpg


再びの、肴。



c0061686_19172981.jpg

実にシンプルで、無駄のないデザイン。

名店の誇りと矜持が感じられる。

「本来立ち呑みはシンプル」であるべき。
引き算の、美学。




人気blogランキングへ現在9位上昇中!  応援宜しく。神戸立ち呑みの威力!
ポチット、クリック! お願いします。
by tatinomi1 | 2006-01-28 19:29 | 立ち呑み名店 | Comments(1)

★世界長新開地店「ラウンドフォルムカウンター」。なかなか乙な風景。

c0061686_14205649.jpg

神戸のめし屋、総なめ。出版までしたMSHIBATAさん、推薦の立ち呑み。

詳細は、のちほど。


人気blogランキングへ現在9位上昇中!  応援宜しく。神戸立ち呑みの威力!
ポチット、クリック! お願いします。
by tatinomi1 | 2006-01-28 14:21 | 立ち呑み名店 | Comments(10)

「須方酒店」、お手洗いをお借りするの巻き。なんと、一度外に出る。

「すぐ横に快適なトイレがある」。それが日常の世界。

酒屋の立ち呑みでは、そうもゆかない。客用のトイレを持つ店は、飲食店系「立ち飲み」にしか求めようもない。








c0061686_633623.jpg


ご主人に「お手洗いをお借りできますか」といえば、快く「店外ですが」と自ら店外に案内してくれる。お隣の倉庫のようだ。細い通路の奥に、昔ながらの「トイレ」でなく「便所」が。なんともすがすがしい。

●こういう「物語性ある浪漫」が「酒屋の立ち呑み」の醍醐味。







c0061686_6284990.jpg


トイレから帰ってくれば、ご主人。立ち呑みカウンターでパソコンの修理。
なんだか学者の風格。

この店の「景色のいい」のも、このご主人の「人品骨格」のよさ。








■女性従業員の対応が良く、まあまあイイ感じだった「東横イン」。何たる偽装。ここまで地に落ちたか。女性従業員の対応のよさに比べ、社長の「ペテン金亡者」。

TVで、毎日、毎日。見たくもない、詐欺師、ペテン師、売国奴、エロ男、政治ゴロ。

こんななかの清涼剤。須方酒店。


「静かな、透明な、しもたや風情」がゆうらり、漂う。









c0061686_629429.jpg


シンプルで、「なにもたさない、なにもひかない」美学。

満たされた世界。






c0061686_630639.jpg


こういう店では、こういう「渋い肴」が似合う。

■立ち呑みコップ(200ミリリットル)には灘の銘酒

 神戸の地酒「大黒正宗」。
ええ、味わい。

 潰えた「大吟醸ブーム」。日本酒の低迷、

 こういう「立ち呑みオイさん」の酒を馬鹿にした過程あり。








c0061686_6303059.jpg


昭和の名残「水屋」。冷蔵庫のないころ、網を張った戸棚に煮物などをいれて保存していた。

なんだか、この店、昭和懐古の感あり。




人気blogランキングへ現在9位上昇中!  応援宜しく。神戸立ち呑みの威力!
ポチット、クリック! お願いします。
by tatinomi1 | 2006-01-28 06:52 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

「須方酒店」、凛たるたたずまい。

「渋い」とは、こういう店のこと。ままごと「立ち飲み」跋扈は世の流行。

日本酒文化の「一亜流」である「立ち呑み」、守らねば。


●神戸「立ち呑み」の根幹。モダン寺脇という「立地」が「リッチ」
 神戸立ち呑みの見識サイト「慕撫さん」も絶賛。

さきほど細川前首相の「テレビ」。政治手腕を不問にすれば・・・・・
人間の品性というものでは、雲泥。ああ、哀しい日本。腐れ日本。

「詐欺師のようなんしか、首相になれない」
そんな時代が哀しいなあ



■東横イン、なかなか、「アメニティ」面じゃあ満足だったが。もう泊まらんわ。
  「快適をたてに儲ける」欺瞞の宿。浅はかじゃあ。
  ワイも「勧め」で泊まったが、満足、満足、じゃったのに
  社長のコメントで、失望。。。アカン!

   小泉チルドレン、世の中、小泉チルドレン。

   ははは、お粗末じゃあ!


     なんで、こんな、おかしな、よのなかに、なったんじゃろか。










c0061686_2243090.jpg


黒澤映画に出そうな、ええ味わい。この感覚、たまらんなあ。20代のころ発見して、いたく「ほろり」の優しさ。ええなあ。




c0061686_2251812.jpg



さつま揚げにコップ酒。

なんとも渋い「王道」

※薩摩揚げとあるが、「宇和島じゃこ天」の感じ。


c0061686_2261470.jpg


店の前の、おお、なんともエエ味わいのあることよ。





c0061686_2271765.jpg

「おお、ええなあ」





人気blogランキングへ現在10位。
ポチット、クリック! お願いします。

   
by tatinomi1 | 2006-01-27 22:09 | 立ち呑み名店 | Comments(3)

モダン寺並び「須方酒店」。神戸立ち呑みシリーズ続報!


15年ぶりだろうか。名店は健在。

素晴らしい「たたずまい」。


解説は次回!




c0061686_6255767.jpg

by tatinomi1 | 2006-01-27 06:28 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

■またの「山下酒店」。おっさんのオアシスにはもったいない、味わい。漂う。



いかにも、可愛い、愛すべき「立ち呑み」。奥様が人形好き。自ら人形造りと、味わいの店構え。なにか、「ふわっとした漂白の軽さ」。上質のセンス良き見識。

「粉飾・厚塗り」擬似アメニティ店舗の跋扈するなかで、

菫のように「可憐」なる、名店。





c0061686_2225266.jpg





c0061686_2225512.jpg





c0061686_22262636.jpg







c0061686_22271287.jpg






人気blogランキングへ現在10位。
ポチット、クリック! お願いします。


笑おう、ははは、のは。

「楽しいから笑うのではない」

「笑うから楽しい」


★自民党は好きだが

 小泉、竹中、竹部、最低!

 恥じらいちゅうもんがあるんか。




人気blogランキングへ現在9位。
ポチット、クリック! お願いします。
by tatinomi1 | 2006-01-26 22:35 | 路地裏の魔物 | Comments(0)