excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 05月 ( 61 )   > この月の画像一覧

■BAR[CASK]大分・都町。安らぎの酒場!

c0061686_20463181.jpg



先日の大分。
実は、以前。10年以上前だが、JALの機内誌に
「大分・都町に  全国に名をとどろかせたBARがある」
との記事。

これは、行かねば。と行った。

落ち着ける、淡々と渋い味わいの酒場。

「アイラモルト」が自慢らしく
ここで、アイラに「嵌る」。


■静かに語る薀蓄は、嫌味なく
 淡々と「品がいい」。

 一遍の詩のような、薀蓄。








c0061686_20465951.jpg


それから、もう2度ほど行った。

しばらく、10年以上、間隔。



探しに、探し、やっと発見!










c0061686_20475728.jpg



■色白の女性美人バーテンダーと、

 おお、記憶にある、物静かな「品格ある」マスター。


    おすすめの、一杯!

    旨い。渋い!


   美人は、娘さん。納得、納得!




    「水を一滴落とすと、酒の命が花開く」と!

    おお、素晴らしい!




人気blogランキングへクリック宜しく。  

ランキング低下にもかかわりませず、

 なんとか、10位以内、

 大分は府内のサル。ご覧いただけましたか。?


    ご贔屓に感謝申しあげます


   
by tatinomi1 | 2006-05-31 21:05 | 縄文日本の心栄え | Comments(4)

■美しいJRの「ソニック」シリーズ。日豊本線は「ソニック・にちりん」

c0061686_5414432.jpg


超合金モデルのような、
心くすぐる、この勇姿をみよ!

JR九州の自慢列車。



大分から、小倉へ。


c0061686_5421195.jpg


ミッキーマウスにみまごう、可愛い

背もたれ。






c0061686_5424556.jpg


ワンカップ焼酎を置くのにふさわしい

天然木の優しい、酒置き台。

生憎の「茶」。


5合瓶の「西の関」も似合う。






c0061686_5431844.jpg


なんとも、現代的・機能美あふれる

座わって「心地よい「座席」










c0061686_5434771.jpg



木工の「粋」。

美しい!



この列車が、たまらなく、好き!









c0061686_5441665.jpg


鹿児島本線は、「ソニック・つばめ」

日豊本線は「ソニック・にちりん」と呼称していたのに


まとめて「ソニック・かもめ」とよんでいるようだ。







人気blogランキングへクリック宜しく。  

ランキング低下にもかかわりませず、

 なんとか、10位以内、

 大分は府内のサル。ご覧いただけましたか。?


    ご贔屓に感謝申しあげます


   
by tatinomi1 | 2006-05-30 05:46 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

■「木偶(でく)」大分の哀愁。素朴極まりない家庭料理の店。

c0061686_2212112.jpg


歓楽街、都町入り口のところにある名店。
大皿に盛った豊後の郷土料理が旨い。

大分に来た有名人も訪問の形跡。

大分の、大分らしい、を楽しめる。




c0061686_222139.jpg


落ち着ける、風格ある店構え。
少しも「気負わない」ところがいい。

カウンターと4人がけテーブル4つだけの
こじんまりの店。



なにか、昭和30年代の、哀愁。
それも、造られたものでない。


自然のままで。


■ここの「貝汁」。素晴らしい味です。
 仕上げに、いかがですかねえ。


 この日、6人だったので、
 無念、残念、「一般的にステキな」

 かみ風船都町2号店にゆきました。
 大人数は、こちらがいいかもねえ。










c0061686_2224073.jpg


ああ、すっかり気に入った
久住の「千羽鶴」の宣伝街灯。

哀愁、いいなあ。








人気blogランキングへクリック宜しく。  

ランキング低下にもかかわりませず、

 なんとか、10位以内、

 大分は府内のサル。ご覧いただけましたか。?


    ご贔屓に感謝申しあげます


   
by tatinomi1 | 2006-05-29 22:03 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

■「鷹来屋」揃え、大分の見識酒屋、田崎酒店。素晴らしいこだわり。

c0061686_5364212.jpg


昔行ったBAR「カスク」を探す

なかなか見つからない。
JAL機内誌で取り上げられた見識BAR.
いまから15年前。
このBARで「アイラモルト」に嵌る。



■探せども、探せども、見つからない。


かわりに、いい酒屋!








c0061686_5371336.jpg


この連休に、酎州大分さんと行った
緒方町の「鷹木屋」

ここの酒を芯に品揃え。

なんとも、いいなあ。

■一般的な
ありふれた「吟醸」を、これ見よがしに置くのでなく
「店の姿勢」が見える。






c0061686_53884.jpg


焼酎の揃えもなかなかいいなあ。

酎州大分さんの好きな「西の星」もある。






c0061686_5383554.jpg


でも、佐伯の「無敵」はないのが、少し残念!

■「宗麟」は、ここで買いましたよ。







人気blogランキングへクリック宜しく。  

ランキング低下にもかかわりませず、

 なんとか、10位以内、

 大分は府内のサル。ご覧いただけましたか。?


    ご贔屓に感謝申しあげます


   
by tatinomi1 | 2006-05-29 05:47 | 日本の国酒 | Comments(0)

■小鹿田焼の「生猫」、高崎山の「セメン猿」。お笑い豊後!味わい気分!

c0061686_19553369.jpg


大分出身のニュースキャスター
筑紫哲也さんも推薦する民窯「小鹿田(おんた)焼き」

素朴な普段使いの皿などに独特な味わい。
民芸風といえば、もったいないがそんな感じの
風情。

「飛びカンナ仕上げ」という独特の手法を使う。
大分の食材を盛るにふさわしい。

飾りでなく、実用。に向く。




■これは、見事な大皿。






c0061686_1956959.jpg


これは、

見事な「小鹿田焼き」の猫。
床の間の置物にふさわしい。

見事な描写、まるで生きているかのような「たたずまい」。
よく「焼き物」でこれだけの描写ができることか。


天才の技。









c0061686_19563596.jpg


まさに「息をしている」ような感じ。

昼寝の「豊後の猫」がモデルか。
まるで毛の生えているような質感の描写、
どんな手法、釉薬を駆使しているのか。






不思議である。












c0061686_19571828.jpg


大分市中央町。
大分銀行本店近く。

有名な「高崎山」の猿が一匹逃げ出し、ここにいた。
でも、なんだか、ざらざらしたセメントのような肌。

突然変異か、新種の猿だろうか。

追っても、脅しても、逃げない。

「サルものは、追わず」。



c0061686_20112648.jpg


と、その時。

聞きなれぬ音楽が、どこからともなく。



一体どこの音楽。

「ドイツ」いや、ちごうのうや。

なんじゃろうかのう。




おお「サルサ」じゃあ。





「おサルさん

きっと「サルサ」。




人気blogランキングへクリック宜しく。  

ランキング低下にもかかわりませず、

 なんとか、10位以内、

 大分は府内のサル。ご覧いただけましたか。?


    ご贔屓に感謝申しあげます


   
by tatinomi1 | 2006-05-28 19:57 | 路地裏の魔物 | Comments(4)

■豊後王「宗麟」。小手川酒造の「古典味逸品」。豊後の誇り。

c0061686_9535936.jpg


■良く大名で誰を尊敬するか。
  ビジネス世界では、出世に関係する、興味深い話題。

  信長、秀吉、家康。  残念ながら三択。

  年末なら「三拓ロース」、豊後牛のロースも!

  →私は、この3人じゃあなく。
    豊後王「大友宗麟」が好き。
   大名でありながら「哲学的悩み」を引きずった
   ある「弱さ」がたまらない。

   最後は府内、臼杵、津久見に居を移し
   宮崎、日向の美々津あたりに

   「西洋音楽」の響きに魅せられた理想郷。
   「無鹿」の王国を造ろうとした。


   戦のない、絶対平和の「邦」を。

   「無鹿」は「ムジカ」
   「ムジカ」は「ミュージック」。




c0061686_9542345.jpg



■日本の誇る、世界的女流作家、野上弥生子先生の
 実家「小手川酒造」の逸品、

  「原酒宗麟」。

  粘りつくほどの濃醇な味わい。
  まさに古典。時代にあわさない矜持。

  プラスチック薄板、マスコミ、カリスマオタクに無縁。
  吟醸マニア、その手のサイトにも永遠に話題にならない銘酒。

  20年を超えるフアン。

   ◎最近、焼酎舌になたせいか。
    この味は、手ごわい。


  同じブランドの「糖類添加清酒」これのぬる燗の「「輝き」は
  脳裏に「記憶整理、焼きついている」

  その当時、古谷三敏の薀蓄本で
  「臼杵」の酒のこだわり紹介が書かれおり、
  「銘柄伏せ」であったが、この酒とわかる、当時のいい記憶。














c0061686_9543769.jpg


宗麟の「華押」

ザビエルに傾倒。

府内、臼杵にキリスト教に裏打ちされた
ヨーロッパのような理想世界を築こうとした宗麟。

戦に勝っていれば・・・・・

鎖国。維新もなく、
いまと全く違った「日本」がここにあったろう。
首都は「大分」で。












c0061686_955135.jpg


野上弥生子先生の

「限りない郷里、臼杵への賛辞」

■いま小泉さん、教育基本法改定案議論。
 「愛国心」談義。そんなの当然、
 愛国心など、普通のこと。と、思う私。
 
 野上さんのような「故郷への限りない賛辞」からの
 愛国心がいいなあ。


 愛国=小泉内閣の腐れ日本

素朴に「愛国心」絶対!の私も

   小泉内閣の金まみれ腐れ日本を愛せ、では、難しい。
   「美しく」ないから。






 こりゃあ、いかん。
 素朴な感情じゃあない。




人気blogランキングへクリック宜しく。  




    ご贔屓に感謝申しあげます


   
by tatinomi1 | 2006-05-28 09:56 | 日本の国酒 | Comments(4)

■なしか?大分は「なしか」の黄色が目立つなあ。

c0061686_7232613.jpg


OBSの人気番組。夕方なしか。

「なしか」は「何で?、何故?」の意味。

■大分のコピーライターがタウン誌に連載していたものを
 八鹿酒造が「なしか」ブランドの麦焼酎を発売。
 OBS(大分放送)で、夕方なしか、の番組提供となる。
 また。OBSが「夕方なしか」の本を発刊。
 現在7号まで出ている。

 街を歩けば、黄色い「なしか」に「なしか」出会う。



c0061686_7234516.jpg


臼杵は一の井手の麦「ほげほっぽ」の横に鎮座。

黄色は良く目立つなあ。

■八鹿は大分では有名ブランド。
 大分放送では「八鹿の天気予報」が
 大分県民の「目と耳」に焼きついている。





c0061686_724281.jpg


コンビ二の焼酎コーナーも
「なしか」、「なしか」が石鹸。じゃあのうて、席捲。

世間は「なしか」、「なしか」。







c0061686_7241969.jpg


駅の売店、本屋にも

なしか、「なしか本」

大分県民は、なしか「なしか」好きなのである。

「なしか!」



人気blogランキングへクリック宜しく。  




    ご贔屓に感謝申しあげます


   
by tatinomi1 | 2006-05-28 07:24 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

★庚申塔。

更新でけず。

庚申塔、これは。更新の発露。

●大分、小倉、下関。

明日、更新。これこそ、庚申塔。

c0061686_23371812.jpg



画像、沖縄。関係ないなあ。

おおきな、お世話。・・・・・おきな、わ。  「おおせ」のとおり。



人気blogランキングへクリック宜しく。  




    ご贔屓に感謝申しあげます


   
by tatinomi1 | 2006-05-27 23:35 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

■「雪園」奈良の銘酒。ああ、この世の中かr消える。稀少価値の酒蔵。

c0061686_6125774.jpg



      蔵能書き

安川酒造は奈良市の東部山里、ちょうど春日山原始林の東奥手にある田原の里に位置します。
この自然に恵まれた土地で、かの足利義政(14世紀)が愛飲したという中世正暦寺南都諸白酒 (なんともろはくしゅ)を再現した正暦寺献上酒「菩提泉」などがおすすめです。





■「岡室酒店」(直売所じゃあないほう)

  のレギュラー酒。

 日本酒としての「魂・品・芯」のある酒。

 イマ風の批評では、ステージにはあがらない「古典」。

 プレミア、カリスマ。無縁。




  ●伊丹から灘に蔵を移した大手の「桶売り」も。
    この大手の酒より、安く、旨く、重宝。






でも、一点、難点。



    味が「ばらつく」「安定しない」




     「黄色い色つき」になって
     「マスター、ちょっとなあ」


     「こんど社長にゆうとくわ」


     3週間くらいすると

     次のロット。

     「すっきりしすぎ」


     になったり。





          ▲飲食店などでは、難しいじゃろうなあ。

            「雪国」という酒があるが

            まぎらわしい


            「雪園」というのがいい。





 奈良、歴史と伝統の「名蔵」



                  ああ、なんとも、無念、残念。





             ■本当に日本酒の復権、ありや。

               ひょっと、


               「すっきり、飲みやすい、

               平板的な酒のみ、残るのか・・・・








人気blogランキングへクリック宜しく。  




    ご贔屓に感謝申しあげます


   
by tatinomi1 | 2006-05-25 06:23 | 日本の国酒 | Comments(0)

▲「岡室」3。レギュラー酒「雪園」、安川酒造、命運尽きる。ああ、日本酒の真髄に淋しき翳り。

c0061686_2228414.jpg


ひさし鰤の「岡室本家」。直売所じゃあない、本家。
立ち呑みの「我が家」ともいえる、場所。

■淋しい。無念。

 奈良の見識蔵。「安川酒造」
 ここの「雪園」純米酒。

 これが、もう飲めない。


 無念。



 「舌先三寸」に


 席巻されるがゆえに、古式の蔵が崩壊。
 これは、つらい。
 「表面の味」だけ。軽い、日本酒批評
 マスコミ、カリスマ、作務衣オイさん。

 ああ、「地霊酒」崩壊の序章。
 日本の崩壊の前に、地霊酒は滅ぶか。


 そうは、させじ。









c0061686_2229782.jpg



 ■すべて忘れ、我が豊後

  久住の「千羽鶴」

  これは、なんともいいなあ。


 この一瞬。




















    これが、一番、魂に響く。

   プラスチック薄板時代の、時代的濃さ。



人気blogランキングへクリック宜しく。  




    ご贔屓に感謝申しあげます


   
by tatinomi1 | 2006-05-24 22:44 | 日本の国酒 | Comments(2)