excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 08月 ( 54 )   > この月の画像一覧

●白波、「芋の古典」。プレミアより、古いんじゃあ。


ああ、地に落ちた、「焼酎の気合」


薩摩の気合は「これ」かなあ.

昔から、なじみの「白波」。

芋の古典、と呼んでもいいのかなあ。




c0061686_212490.jpg

雨月庵に入った8月12日、買った夏みかん





●はっきり、

 大和の文化では
 焼酎は「清酒より」低位。

 インドのカースト。

 それを、あんたが大将。おだて、
 プレミア。そりゃあ。
 踊りあがるなあ。



 いま。伝承「白波」

 プレミア無縁。

 「おはら」から薩摩芋焼酎に入り。「白波」のうまさ。

 「おはら」は、コワいあじだった。

 強い酒だったが、しみじみ、味が懐かしい。

  ◎でも私の原点は、「霧島スナック」、いろいろいわれるが

  「霧島」命は、かわりまっしえん。おお、ワイ。酔うとん。「養豚業」。え。

  30年前のカップ焼酎。いまだ、味の記憶あり。


    はようかえっち、のんじょろりんじゃあけんど。

    ああ、エエ紀文。の。ハンペン。月型ハンペン太。ははは。


    ははは、の、は。

c0061686_2145969.jpg

台風の8月18日、佐伯を発つ日。黄色く熟れた。






  BARの見識も品格もない店が
  単に、コップに焼酎を注ぐだけで、
  3倍以上の価格。こりゃあ、変。


    焼酎文化の崩壊、あら、ほうかい。




  ■またぞろ、「大吟醸酒場」から
   崩壊した、麗しくも清純な吟醸ブームの終焉。


  なんで、こんなに、ワンパターン。

  椀、わん、犬、。

   同じ運命。


   もう、「舌先三寸の味」は、うけない。


     ■ああ、酒気帯び書き込み

       この、ご無礼


       勝手サイト、ご贔屓の感激。


       荒っぽさ、ご容赦を。

       色々。ご贔屓に、感謝、心より。申しあげます。


       酔っ払いのたわごと、
       ご無礼。お許し、アレ!


   
  
クリック、してください★

  人気blogランキングへクリック宜しく




   
by tatinomi1 | 2006-08-31 23:00 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

★〆きり間違い。「常蔵」、ああ、9月末まででした。皆さん、久家さんごめん。

そういうことです。
もう一ヶ月、応募が出来ると、
おおらかな、お許しを!




















今日は新商品のお知らせです。



c0061686_1104547.jpg


一つ目は、麦焼酎「嵐影」(らんえい)。



これは、大分国分㈱さんとのコラボレーションで造られた焼酎です。
この「嵐影」は、大分県産のはだか麦を使用し、常圧蒸留、黒麹で仕込んだものです。
久家本店での蒸留時間は、通常2時間ですが、「嵐影」は4時間です。
また、炭素ろ過を行わず、濾過する際のろ紙も、いつもの1/4程度でしているので、
麦の香りや香ばしい味が存分に引き出されています。

ちなみに名前は、久家本店13代の「常蔵」さんの俳号で「嵐影」からとりました。
これが「嵐影」です。


ラベル・瓶などは社長がデザインしました。
高級感があって、社長のノーブル滲み出ていますねー。












c0061686_1112457.jpg



二つ目は「常蔵 初留垂れ」(つねぞう はなたれ)です。
これは、最初に常蔵を造った時にできたもので、平成12年に製造したものです。
メロンのような、もしくはフレッシュチーズのようないい香りがします。
先日ポルト蔵さんで試飲会をしたときも、大変好評でした。
また、筒箱に入っているので、プレゼントにも良いですよ。
ちなみに、減圧蒸留 常蔵の初留垂れです。




2アイテムの新発売を記念して、「嵐影」25度720mlを5名様、
「常蔵 初留垂れ」42度300mlを5名様にプレゼントします!
応募期間は9月30日までです。
info@ichinoide.co.jpに住所・氏名・電話番号・ご希望の商品・
久家本店や常蔵ファンクラブへのご意見、ご感想をお書き添えの上、
メールを送って下さい。
当選は賞品の発送を持ってかえさせていただきます。


ご応募、お待ちしております。


麦焼酎「嵐影」お問合せ先:大分国分㈱(TEL:097-536-3355)
「常蔵 初留垂れ」お問合せ先:久家本店(TEL:0972-63-8000)


まあ、なんちゅうか。そういうことらしいんで
よろしくおねげえ、もうしあげ、ますだ。ハイ!


●もう一ヶ月、申し込むチャンス!


 こりゃあ、チャンス。


 こげな、うめえ、焼酎は、ねえなあ。


 うめえ、で。










クリック、してください★

  人気blogランキングへクリック宜しく
by tatinomi1 | 2006-08-31 22:19 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

★「小桜」(その2)面白い展開

c0061686_63445100.jpg


竜宮社交街、入り口左にある、居酒屋「小桜」

泡盛を飲み進むにつれ、いい気分。

やがて、ご主人の奥さんがあらわれ。

ご主人。



客の側にまわり、一服。
やがて、三線。
なかなかの腕前。











c0061686_635565.jpg


「オリオンビール」を頼む。
おお、旨い。最高!

なんと、奥さん、

「オリオンビールの歌」たからかに

歌ってくれる。



ああ、いい気分


クリック、してください★

  人気blogランキングへクリック宜しく



   ■常蔵  応募しましたか。

    あたるといいですねえ。
by tatinomi1 | 2006-08-31 06:39 | 命漲る沖縄 | Comments(0)

★本日締め切り。「常蔵」絶品!


本日締め切り。

応募しましたか?


●応募しない、は

一升の損。



c0061686_0541947.jpg


大分麦の伝道師「酎州大分」さんサイトより引用。見事な写真です




雨月宴会チームからのお知らせ。

雨月広報部長の所属する大分県は臼杵市の

歴史と文化と品格ある、ステキな蔵

「久家本店」足立さんからの

吃驚ニュースですぞ。



よーーーく。聞かんとあかんぜよ。
聞き逃すんは一生の不覚。
応募しないのは一升の体たらく。じゃあ。

さあ、当たる、当たる、あたるんじゃあ。

■酒屋、飲食店の皆様、この2銘柄は「枯淡の深み」
 なかなかエエですよ。
 大分県は佐伯市の河野酒店のお墨付きをもらったので
 「味には地震」じゃあのうて「自信」ですよ。


まあ、応募すれば、あたりますよ。運よければ。


  ■   ■   ■   ■


    「常蔵フアンクラブ」BLOGより

    こんなに味わいと哀愁のブログは、日本でも珍しい。




今日は新商品のお知らせです。



c0061686_1104547.jpg


一つ目は、麦焼酎「嵐影」(らんえい)。



これは、大分国分㈱さんとのコラボレーションで造られた焼酎です。
この「嵐影」は、大分県産のはだか麦を使用し、常圧蒸留、黒麹で仕込んだものです。
久家本店での蒸留時間は、通常2時間ですが、「嵐影」は4時間です。
また、炭素ろ過を行わず、濾過する際のろ紙も、いつもの1/4程度でしているので、
麦の香りや香ばしい味が存分に引き出されています。

ちなみに名前は、久家本店13代の「常蔵」さんの俳号で「嵐影」からとりました。
これが「嵐影」です。


ラベル・瓶などは社長がデザインしました。
高級感があって、社長のノーブル滲み出ていますねー。












c0061686_1112457.jpg



二つ目は「常蔵 初留垂れ」(つねぞう はなたれ)です。
これは、最初に常蔵を造った時にできたもので、平成12年に製造したものです。
メロンのような、もしくはフレッシュチーズのようないい香りがします。
先日ポルト蔵さんで試飲会をしたときも、大変好評でした。
また、筒箱に入っているので、プレゼントにも良いですよ。
ちなみに、減圧蒸留 常蔵の初留垂れです。




2アイテムの新発売を記念して、「嵐影」25度720mlを5名様、
「常蔵 初留垂れ」42度300mlを5名様にプレゼントします!
応募期間は9月30日までです。
info@ichinoide.co.jpに住所・氏名・電話番号・ご希望の商品・
久家本店や常蔵ファンクラブへのご意見、ご感想をお書き添えの上、
メールを送って下さい。
当選は賞品の発送を持ってかえさせていただきます。


ご応募、お待ちしております。


麦焼酎「嵐影」お問合せ先:大分国分㈱(TEL:097-536-3355)
「常蔵 初留垂れ」お問合せ先:久家本店(TEL:0972-63-8000)


まあ、なんちゅうか。そういうことらしいんで
よろしくおねげえ、もうしあげ、ますだ。ハイ!






クリック、してください★

  人気blogランキングへクリック宜しく
by tatinomi1 | 2006-08-30 06:40 | 焼酎大好き | Comments(0)

★わが手抜き料理「酎州大分」さんの珠玉写真!

c0061686_024230.jpg


雨月宴会の重鎮。大分麦焼酎の伝道師「酎州大分」さん。
見識や、深し。

この夏の佐伯バラック「雨月庵」宴会の風情
写真や、見事。


●佐伯の鳥レバー。

 安く旨い。値段は70%、味は130%。
 フライパンで、はい。


 簡単アテ。旨い。




 どの焼酎に合う?


 一に「三楽」二に「常蔵」じゃあ。b>



クリック、してください★

  
人気blogランキングへクリック宜しく
by tatinomi1 | 2006-08-30 00:29 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

★レバー。こりゃあ、旨いなあ。食べレバー!

c0061686_655405.jpg


大好きな「鳥レバー」

いつもは、フライパンでいためる。

煮つけは日本酒。フライパンは焼酎。


■湯がいて、薄くスライス。

 岩塩とレモン。こりゃあ、こりゃこりゃ。旨い。

 焼酎に合う。

 特に臼杵の「常蔵}。クリック、してください★

  人気blogランキングへクリック宜しく
by tatinomi1 | 2006-08-29 07:03 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

★(3)岡室の鰯。よう肥えて、ぷりん、と、旨いなあ。

c0061686_558481.jpg


岡室の続き。
バイ貝の前に、先ずはこの鰯の煮つけをいただく。

■なんとも大きく旨い。
 このあと、奴をもらって、のこり汁をかけ

 「鰯奴」


 岩清水八幡にお供えしょうかなあ。クリック、してください★

  人気blogランキングへクリック宜しく
by tatinomi1 | 2006-08-28 06:02 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

★(2)岡室酒店の「赤提灯」。いい味わい、目印。さすが八郎!

c0061686_19585528.jpg


いつのころだったか。岡室酒店に哀愁のある赤提灯が
灯るようになったのは。

繁華街でも、歓楽街でもない。
どちらかと言えば、通りの多い方じゃあない立地。

弟さんの経営する、「飲食店系立ち飲み」の
駅近くの素晴らしい立地にはかなわない。

地の利があまり良くないので、サロン系「酒屋の立ち呑み」にはいいが
やはり新規客も取り込まねば、「客が細る」
という、考えなのか、単なる思い付きなのか真相はわからないが

見事な「赤提灯」。居酒屋に見まごう哀愁。


■思わず、磁力のように吸い込む効能、ありや、なしや。

すくなくとも   酒屋の立ち呑みの  「岡室酒店」
          飲食店系立ち飲み  「岡室酒店直売所」

          の違いがわかるなあ。


c0061686_21135546.jpg



クリック、してください★

  人気blogランキングへクリック宜しく
by tatinomi1 | 2006-08-27 20:06 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

★「ゴーヤー」。こうすると旨い。でも基本は「アバシゴーヤー」にかかるなあ。

c0061686_1525671.jpg


家の近所の、コープこうべの中にある、野菜安売り店舗。

おお、見れば「ずんぐり、むっくり」の沖縄「アバシゴーヤー」が
鎮座。店のものに「良く沖縄のゴーヤ、ありましたなあ」聞けば
他の野菜は詳しいが「きょとん」と何の意味か不明の感じ。

●九州特に、鹿児島、熊本産が多いが
 ひょろ長く、細く、青っぽい緑。

●沖縄のゴーヤは、ずんぐり丸く短い。
 そでぃて、薄いグリーン。
内地で何べん、ゴーヤちゃんプルを作ったことか。

でも何度、挑戦しても駄目。

苦節15年その謎が解けた。
実は簡単だった。




①豆腐が違う。

 縄で縛って持って帰れるくらい固い「島豆腐」に比べ
 内地の豆腐は、水っぽい。いくら水切りしても駄目。

 最近は、「焼き豆腐」で作る。


②ゴーヤが違う

 内地のは九州産。苦い。苦いから火を遠し過ぎ
 どうしても、ゴーヤの煮つけになり。

 色はどす黒く、腰砕けのゴーヤになる。



「島豆腐」と「アバシゴーヤー」があれば、簡単
犬でもおいしいのをつくれる。

■でも「アバシゴーヤー」は、九州産のが100円なら
 400円はするな。安売りは、ない。














c0061686_15253923.jpg


でも、この安売り屋。なんと、こんなに大きいのが100円。
ちいと、古い。

古くなると、前の写真のように「イボが欠落」する。


●薄く刻み、湯を潜らせ、

 「めんつゆ」に味噌をあわせたものをからめ、

 カツオをかけるだけ。



 シンプルに旨い。
 ゴーヤと味噌の相性は、よい。


 おお、苦味なし。



クリック、してください★

  人気blogランキングへクリック宜しく
by tatinomi1 | 2006-08-27 15:43 | 命漲る沖縄 | Comments(0)

★(1)竜宮社交街「小桜」。いい味わいの店。

c0061686_5403062.jpg


いつもいいなあ。と思う、竜宮通り社交街。
「竜宮」「社交」というのがいいなあ。

8月8日。沖縄はお盆。

この日、なにを思ったか、この社交街にある「小桜」。
店に入れば、パソコンで高校野球の進展を見守っている。

客は、会津若松から来た若い男性のカップル、関西から来た若い男女のカップル。
したがって、計5名。













c0061686_5412921.jpg


お、うれしいなあ、
付きだしは「ヘチマの味噌煮」

これは、大好物。

落ち着いた、哀愁のある、味わいのある店。
中年の大将が一人元気に切り盛り。

●テレビの代わりに、ネットパソコン

●氷は、かち割ってある、市販の氷をふんだんに使う。気持ちよい。
 (製氷機の氷でもなく、気泡の入ったこおりでもなく)
●おびただしいポラロイド写真が店内一杯に貼ってある。
 この日も、一枚。


おお、八重山商工、勝った。

大将はじめ、みんな、大喜び。



c0061686_5422969.jpg




大将自慢のパソコン。

いい位置に鎮座まします。

パソコン大明神様ーーーー。



クリック、してください★

  人気blogランキングへクリック宜しく
by tatinomi1 | 2006-08-27 05:43 | 命漲る沖縄 | Comments(0)