excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 02月 ( 41 )   > この月の画像一覧

■コンビ二、カップ酒の快楽

ああ、酒飲んで楽し、浮世かな。
帰りに、コンビにで「カップ酒」

おお、見れば、電子レンジ。
各自が勝手に弁当を温める配慮。

駅中コンビ二の配慮。

●さて、弁当「小」でチン。
 ちと、ぬるい。

旨い純米ならいいが、
一般的カップではちとぬるい。

弁当「中」がいいですよ。


■     ■     ■


   カップ酒亜流なればの智慧のあり

        酔墨


   流行か地場のカップさらし首


        酔墨



         わがまわり、地場の銘酒が大手卸に騙され痛手とか。
         苦情を聞きましたなあ。
         好きな銘柄が黄色く変質、救うべく飲んだなあ。
         でもわが「心底ほれている酒」は
         カップ酒は造っていても、
         安易な流れには、乗らん。
         素朴な酒屋の立ち呑み。
         ここの視点は、珠玉じゃあ。




c0061686_22203950.jpg


☆10位転落、一度這い上がり5位まで行ったものの再び11位です。

  人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます








素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位
明日香の霊力に深謝

by tatinomi1 | 2007-02-28 22:03 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

■「ポテサラソース」、浪速立ち呑み道の奇策、濃醇アテ。

世に「ポテトサラダ」というものあり。これを酒飲み、好む。
味わいはレストランにあり、は違う。本当に旨いは
なんと「立ち呑み」にあり。

「おかずポテサラ」でなく「肴ポテサラ」
どう違うのか。

c0061686_22135870.jpg


●やたらクリームのように木目細かい。
 (惣菜屋のお手盛り材料使用が効奏か)
●マヨネーズ少な目、素朴味
●甘さ控えめ(奄美大しまった)じゃあない)

これに合うのは、濃醇な安酒。
京橋の「七津屋」、

飲食店系「立ち飲み」名店。
岡室酒店直売所(岡室酒店じゃあない)の隣

ここの「ポテサラ」最高!

●頼むと添えてソースも一緒に出てくる。
 いままで、一度もかけたことはなかった
 今日、始めて、この「伝統であり邪道でもある」
 

  ポテサラソースかけを実行。

  ああ、書きつかれ。
  
  続きは明日ASU!





☆10位転落、一度這い上がり5位まで行ったものの再び11位です。

  人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます








素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位
明日香の霊力に深謝

by tatinomi1 | 2007-02-27 22:06 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

■見よ「里芋親」。縄文の記憶が甦る。嗚呼、古代風味!

c0061686_5594445.jpg


佐伯でのバラック自炊。
地場スーパーで地場の「里芋」を買う。

皮むきが面倒なので
「里芋の親」を買う。






c0061686_601368.jpg


ほーら。
こんなに大きい。
ドラ猫の顔より大きい。

見事な親。






c0061686_605165.jpg


ずるっと、皮むき
手がぬるぬる。

おお、おいしそう。







c0061686_61282.jpg


豚肉と煮付ける。
十分煮る。
とろんと、柔らかい。
地場の芋、地場の肉、これを地場の「最高の水」で煮込む。
醤油も地場。


◎◎勿論、酒は「西の関」ぬる燗。


ああ、旨い。

里芋の親は「独特の香りと味わい」
縄文の記憶。





☆10位転落、一度這い上がり5位まで行ったものの再び11位です。

  人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます








素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位
明日香の霊力に深謝

by tatinomi1 | 2007-02-27 06:17 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

■刺身鰯で唐人干しをこさえた。

c0061686_6142839.jpg


所用で佐伯。バラックに寄る。
スーパーで、旨そうな小鰯。

手裂きで刺身にして、西の関の燗酒で一杯。

ああ、旨い。






c0061686_6144843.jpg


残りを「目刺し」にして唐人干しつくり
一晩で、こんなに「干からびた」

持って帰って食べよう。
郷里の味わい。




☆10位転落、一度這い上がり5位まで行ったものの再び11位です。

  人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます








素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位
明日香の霊力に深謝

by tatinomi1 | 2007-02-26 06:19 | 縄文日本の心栄え | Comments(2)

◎長閑なる日。まるで春。なにか「変な気分」になりそうな天候ですねえ。

せっかく10位以内にもぐりこんだのに。
出張なにやらで、カキクケコできなかったので、
きっちり、10位転落人生。ははは、・・・・。

大阪は京橋。我が「立ち呑み酒屋のホームべース」
岡室酒店(直売所は駅近く)の経営する
ラーメン屋さんが、京橋駅前にあるんですよ。

◎ちょうど、有名な「グランシャトー」の
真向かいくらいかなあ。

■以前の店名は「天理サイガラーメン」
 なぜか岡室の経営となった。

 なかなか味よし。






c0061686_1734882.jpg


国道沿いの

「岡室酒店」フアン

駅近く

「直売所」フアン

のみなさん。行きましょう。岡室ラーメンに。



c0061686_1745452.jpg


ちなみに、腹がはって「ラーメンはどうも」の御仁。
向かいの

「ゑびす」饂飩へ。
ここの「細梅うどん」は隠れた逸品。


のん兵衛の見方。

これを喰うと、人生の「見方が変わる」かも。



■    ■    ■


  ゑびすなる麺細き店のあり

        酔墨


  細麺を選びし故なる梅風情

        酔墨







☆10位転落、一度這い上がり5位まで行ったものの再び11位です。

  人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます








素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位
明日香の霊力に深謝

by tatinomi1 | 2007-02-25 17:19 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

■「電博堂」。姫路城近くの情報NPO.関西なら「電博大堂」のほうが・・・・

c0061686_6104339.jpg


コノ前の、姫路「木造6階建て建築見学」。
そのとき、紫の上品な暖簾。

見れば「電博堂」。情報提供NPO。
なかなか良く考えたというか、安易と言おうか。
でも「言いえて妙」のいいネーミング。


電ー電通
博ー博報堂


なら(奈良)、関西地場の会社の

大ー大広

を交え「電博大堂」がいいのでは、と思ったが
やっぱり、「長すぎる」「お笑い系に化ける」

やはり、これだなあ。





☆10位転落、一度這い上がり5位まで行ったものの再び11位です。

  人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます








素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位
明日香の霊力に深謝





  ■     ■     ■


代理店すべての仕事の通過点

     酔墨



       今日は川柳じゃーー




  ■     ■     ■
by tatinomi1 | 2007-02-23 06:17 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

■BAR,立ち呑みのあとに。ここは魔屈のわかりにくさ。でも中はパラダイス。

c0061686_205401.jpg


以前から気になっていた飲み屋。
間口半間。中はなんだかわからず。

この日、酔狂にも、ここの客となる。
カウンターだけの、狭い店かと思いきや。
どっこい、中二階のある店。

◎お世辞にも、綺麗、お洒落とは
 口が裂けてもいえない。でも
 魅力のBAR.









c0061686_20543959.jpg


レトロ。なんだか、赤木圭一郎かそのあたりが
似合う。いや、違う。結構現代の流れ。
マスターはなかなか奥深い。

おくの、テーブル席には、若い女性2人。
こういう渋い店を好む若い女性もいるんだあ。


■    ■    ■

  
 ネオン管切れたる闇の不可思議光
     
              酔墨




■    ■    ■

c0061686_2055351.jpg


「アメニティ」「清潔」の時流でない。
したがって、ネオンは、ついてない。

ああ「ついてない」の逆。「ついてるなあ」

この店は、いい。





☆10位転落、一度這い上がり5位まで行ったものの再び11位です。

  人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます








素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位
明日香の霊力に深謝

by tatinomi1 | 2007-02-22 20:56 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

■暖冬、危険なる兆し。縄文の心で見れば。


いまアメリカ「前ゴア副大統領」の環境への
取り組みが話題。映画など。まだ見ていないが、
警鐘。

戦争に熱心な現大統領。京都議定書も反故に。

でも、ゴアさん一昔前は「情報ハイウエイ」で
名をとどろかせIT推進の旗頭。が、
今逆転。環境。
なにか「心のうち」にあったよう。身内の不幸か
なにかで、目覚めたようだ。

■「地球を愛する」このフレーズの氾濫。
  心にも無いポーズ。
  金儲けの裏返しの「美辞麗句」
  これに、怒った地球。

  これから始まる「反乱」怖いものがある。

  ◎日本では大型台風、竜巻。
   アメリカはハリケーン。
   大地震。

  海面上昇の前に、もっと身近に危険が迫る。
  自分の身に及ばないと思っているが、どっこい。


  それより怖いことがる。
  

   ◎◎◎熱帯性「伝染病」の蔓延◎◎◎    マラリア、猩紅熱、デング熱 などが
    やがて日本の平地まで迫るかも。

昔、縄文のころ。平地でなく高地に住んだのは
蚊など伝染病の危険を避ける目的もあったようだ。

ひょっとして、アメリカのこれから向こう100年の
真の「敵、脅威」は
「イスラム過激派テロ」
「爆弾」「細菌兵器」でなく

「地球の反撃かもしれない」

◎対テロ、は軍事景気高揚に利用できる節もあり
きのうTVで「兵器博覧会」のようなものが紹介され、
戦争ビジネスの実態、怖さを見せていた。
まあ、今の世には
やむおえないビジネスかもしれないが・・・。

◎真の敵「環境破壊」に本気で取り組めば
アメリカは「軍事ビジネス」以上の
儲けがあるかもしれず。
世界から喝采を浴び、人類のためになるのに。
どうして、利権団体が離れないからかなあ。
残念!


     ■     ■     ■



縄文の爽やかな風なつかしく

             
        酔墨


     ■     ■     ■
c0061686_721370.jpg


新開地「稲荷商店街」近く、不思議な店。




☆10位転落、一度這い上がり5位まで行ったものの再び11位です。

  人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます








素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位
明日香の霊力に深謝

by tatinomi1 | 2007-02-22 07:13 | 縄文日本の心栄え | Comments(2)

◎「右近橘」しぼりたて原酒の素朴な濃醇、アテは「五目豆」。ああ、明日香!

昨日は、三宮界隈の立ち呑み。
久しく行ってなかった、酒屋でない「立ち飲み」。
白雪「正一合燗酒」と「たこ焼き」これで一杯。
なかなかの味わい。

■常々、コノ近くに「不可思議なるBAR」がある。
 なにか、入りにくい雰囲気。一種独特の妖気のようなものがある店。

 半間ほどのドア。
 中は見えない。

 おお、入れば、天井の高い、結構広い、中二階まである店構え。
 
 昔、京都は三条河原町あたりに
 「コニーアイランド」という、喫茶の黒光りするような
 懐かしさの漂う名店あり。
 ここは2階の店舗だったが、中2階があり不思議な魔力あり。


 その頃、2条京阪の琵琶湖方面の路面電車で
 都ホテルに着く前くらいの左に、

 ■ 「CARCO 1920」とういう喫茶店の伝説的名店あり。

    そこの計算しつくされた美学ではなく、
    ボワンとしたおおらかな味わいがここ「コニーアイランド」あった。


この神戸のBAR、不可思議なる魔力あり。
俗に言う「おしゃれ」でも「こだわり」でもない。
でも、最高の魔力がある。
万人受けは絶対無い、はまれば魅力の店。

   一切、紹介・マスコミ無縁とのこと。
   明かしてくれるな、との意思。


■わが愛してやまぬ。明日香村の珠玉のような蔵
  脇元酒造。素朴な芯のある名丹波杜氏が昨年亡くなり
  困った社長。

  おやっさんの代わりはない。「私がおやっさんの味を墨守」と意気込む。


  帰りに、近くの地場コンビ二。
  納豆を買いに寄れば、なんと「こんな零細店」に
  森伊蔵。42000円。

  ◎淋しいなあ、こういう、文化。
    まあ、しゃあない。買う人がいるから、いじゃあないの。


■   ■   ■



      
魂の塊コップに持ち揺れる

              酔墨




     ■   ■   ■


それにしても、「右近橘」は日本の宝。
c0061686_2223459.jpg





☆10位転落、一度這い上がり5位まで行ったものの再び11位です。

  人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます








素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位
明日香の霊力に深謝

by tatinomi1 | 2007-02-21 22:29 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

■春節に思う

昨日は、日本で言う「旧正月」。
西洋の暦でない、天地運行自然の暦。

●なんで西暦で、これから寒を迎えるに「「迎春」なのか。
 旧正月で始めてわかる。農耕の暦にはこちらが合うのか。


 太陰暦の「迎春」。
 昨日が元旦なら、この春らしさ、良く意味がわかる。
 自然の歳時と暦の不一致。

 全く季節感も何もかにも、なくし、
 季節感も風土の縛りも捨て、「アメニティ」至上の現在。
 なにか「旧態以前の遺物」のような「太陰暦」に思いを馳せる。


 ■   ■   ■

  旧暦に古きインクの残滓嗅ぐ

          酔墨



       以前の「浪速の立ち呑み日記」。
       文字ばかりのBLOGの前身サイトがあり
       喜んで書き込んでいた。文字だけの、一週間に一遍の
       書き込みでも、結構読んでくださるフアンの方がいました。
       無料サイト、突然、ハイさらば。
       読んでくださっていた、方。すいませんでした。


写真の安易に、かまけず。
文字の「力」を確信。がんばります。
宜しくお願いします。

    とりあえず、10位以内に復帰します。
    ●◎●  お手伝い宜しく、お願いします。




       ■   ■  ■


         BLOGてふ見慣れぬ風呂具婆笑う

                   酔墨



c0061686_003149.jpg
               

  即興俳句、復活!




☆10位転落、一度這い上がり5位まで行ったものの再び11位です。

  人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます








素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位
明日香の霊力に深謝

by tatinomi1 | 2007-02-19 23:17 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)