excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 05月 ( 48 )   > この月の画像一覧

■久留米。「沖食堂」。ひさし鰤。ええ、店。このラーメン、深い。

ひさし鰤に、グルメの国、久留米。
博多から40分くらいの地理ながら、ラーメンの
「思想:」が違う。

博多「白濁とんこつ」に

幾分、茶系奥行きの濃い味わい。
今日いったんはなあ、
JRの久留米駅。降りて、太鼓のモニュメント
これを通り過ぎ、

歩く。歩く。歩く。

やがて、鳥居。

ここを入り、まさかの、住宅街。



ここにある、


「沖食堂」

おあと、「明日」



さあ! 人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます








素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵



おまけ。

■HP検索、おお。
 涙の出るほど感激。

 沖食堂の歴史、読むに値する。

 素晴らしき世界。


 酒の世界も
 いい加減に
 舌先だけの世界を
 離れねば。
 


 
 地霊酒
by tatinomi1 | 2007-05-31 22:54 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

◎酔っ払い判定。旨い「玉の光 純米吟醸」300ミリリットル飲んだら警告!

訂正:以下内容

450ミリ㍑。





?????????
この前の「楠公祭り」でコレを買う。
まあ、玩具の範疇。と思って買ったものの

・・・・・・・・・

。。。。。。。。。


コップ酒、チュウハイ、ビール
を飲んでも反応しない。

■ああ、そうか。
 「おちゃらけ商品か」

まあ、おもちゃにしても安い。
でも、まてよ。
かなりの時間相当な距離
歩いたので、途中、発散したのか。


昨日


実験




c0061686_6353658.jpg


■準備するもの■

①伏見、純米酒の雄「玉の光 純米吟醸」
②薄手のコップ
③冷酒器具

そして

酔っ払い発見器

さあ、のむぞえ!



c0061686_6354918.jpg


いやあ、旨いなあ。
この酒、本当に旨い。

旨すぎず、ほどほどに旨いのがいい。
もっと旨くできるのに
もう一歩で止める、嗜みがいい。
見識・伝統蔵の泰然自若。


■これは、脱線

◎事の次第。

  100ミリリットル時点:  反応なし

  150ミリリットル時点:  お、0,02パーセント黄色信号

  300ミリリットル時点:  変わらず


ええい、

  大分県佐伯市青山唐変木の会
  限定550本  米焼酎

  「唐変木」

    150ミリリットル、ソーダ割り:おお、0,02パーセント


立派に動いた


感動





さあ! 人気blogランキングへクリック宜しく

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます








素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2007-05-31 06:37 | 路地裏の魔物 | Comments(3)

?酔払発見器。こんなもんで、本当に?まさか?うそー?

c0061686_21345371.jpg


この前の「楠公祭り」
ひさし鰤に「モトコータウン」
JR本町~神戸駅まで繋がる高架下商店街。

元町の入り口付近からしばらくは
お洒落な店や、若者の店。

だんだん、神戸駅に近づくにつれ
「深みと味わい」の店舗へ
だんだん換わり行く面白さ。

丁度中間地点の
「いつもオモロイ」もの満載店舗。


■おお、なんと
 「アルコールチエッカー」

え、1000円しない、インチキやろ。
まあ、おもろい。

買ってみよう。


買い込み、ああ。
その結果は

・・・・・・・


後ほど報告。


でも、胡散臭い
インチキ臭いが
・・・・


まあ、のちほどね。


人気blogランキングへクリック宜しく  

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます





素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位

に、今一歩。真の「日本酒」のために!

14代に負けるな!先代が泣く!

明日香の霊力に深謝


渾身の筆致
珠玉のBLOG!

by tatinomi1 | 2007-05-30 21:44 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

■高架下中華。三ノ宮駅近傍にまた。

c0061686_559560.jpg


関西名物、高架下「立ち呑み」
神戸では、高架下中華が面白い。

以前紹介した
三宮駅近く、大阪よりの
JR高架下の

「薬膳居」

その並びに、叉一軒発見。
この店もいい感じ。


■高架下のよさは
 独特の振動。
 これがなかなか心地よい。

 「立ち呑み」の場合
 独特の哀愁もある。


鉄道フアンには
さらに、魅力か。



◎おお、いま「雷鳴」
雨の予感なりや。


夕べ、紙パック「純米吟醸 玉の光」を飲む。
300ミリリットルが丁度いい。

室温が旨いなあ。


◎旨すぎず丁度いい。
「純米酒の古典であり王道」
最高!





 人気blogランキングへクリック宜しく  

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます





素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位

に、今一歩。真の「日本酒」のために!

14代に負けるな!先代が泣く!

明日香の霊力に深謝


渾身の筆致
珠玉のBLOG!

by tatinomi1 | 2007-05-30 06:07 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

■立ち呑み新兵器!ついに登場。というほど大げさじゃあないが。

酒屋の立ち呑みは、飲酒の「俳句感覚」。
そのアテ、特に「カップ入り」アテなど
独特のものがある。

昨日、岡山。帰りの新幹線まで
30分の余裕、なら。
駅前の「小野酒店」


c0061686_5563876.jpg


小瓶のビール。ラッキョウ。
ラッキョウは「立ち呑み仕様」

おや、このラッキョウ。
爪楊枝がついている。


●雀の舌を切る鋏もあるが
 妻楊枝であけるのが、正統。





c0061686_557269.jpg



なかなか、ここの大将
気が利くなあと、
利いてみれば、

どっこい。

「いいえ、はじめから楊枝がついている」
と。

ああ、本当。コレは面白い。

大阪の立ち呑みでは
見かけない。







c0061686_5572715.jpg


確かに、見れば。
入れ物一杯の
「楊枝つきラッキョウ」

見れば、広島の会社。

雲丹、ニンニク、漬物も
このシリーズあるのだろうか?





c0061686_5574677.jpg


やはり、コップ酒

岡山の地酒「世の花」
あては、丸干し。





c0061686_558759.jpg


段違いのテーブルが
哀愁。






 人気blogランキングへクリック宜しく  

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます





素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位

に、今一歩。真の「日本酒」のために!

14代に負けるな!先代が泣く!

明日香の霊力に深謝


渾身の筆致
珠玉のBLOG!

by tatinomi1 | 2007-05-29 06:09 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

◎その日の「酒房湊川」。シンプルな酒と、アテ。

c0061686_5552849.jpg


感動の祭り。余韻を引きながら
酒房湊川へ。
渋くシンプルな、関東風情の名店。

●熱いので、カンチュウハイ。
 ここは独特。

 「ハイリキ」を
 中ジョッキでくれる。


◎通常、生ビール用のジョッキは
  他の酒には転用しない。

  特に、瓶ビール用には
  絶対使わない。


◎●何故か、見た目以上に入らないから。
  ハイリキで、ほら、ほぼ中ジョッキ満たされる。


酒屋の立ち呑みなどで
空いたジョッキに、瓶ビールのビールを
注ぐのは、ご法度。
店に嫌がられる。

つまり、ジョッキビールの
売れ行きに影響するから。












c0061686_556947.jpg


〆は、宮崎の「明月」ロック
優しい芋。

漬物100円、旨い





 人気blogランキングへクリック宜しく  

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます





素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位

に、今一歩。真の「日本酒」のために!

14代に負けるな!先代が泣く!

明日香の霊力に深謝


渾身の筆致
珠玉のBLOG!

by tatinomi1 | 2007-05-28 06:06 | 立ち呑み名店 | Comments(3)

◎「上海屋」で昼酒。楠公さん祭りの途上

「楠公祭」。湊川神社に向かう地中。
一軒立ち呑みをしたが、
「はらへり」現象。

見れば、ああ、、なかなか味わいのありそうな
街の中華」屋さん。


◎酢豚定食  680円
 紹興酒    300円 (ぬる燗)

■素朴ないい雰囲気。ご夫妻もいい感じ。
 
   ご主人:杭州
   奥さん:上海


c0061686_16294742.jpg

何の気負いもない
淡々たる店構え。

立ち呑み感覚がいいなあ。









c0061686_16302057.jpg


何の気負いもない
淡々たる中華。

こねくり回したり
味の素ぶっかけとは、違う。
哀愁の味わい。


■揚げ餃子が紹興酒のアテに
   嬉しい。



c0061686_16305332.jpg


日本酒の徳利に
猪口というのが、いいなあ。

紹興酒は、甘すぎない
酸味勝ちの
渋い味わい。

ぬる燗を所望。








c0061686_16312114.jpg


喰いながら、
飲みながら

「楠公」さんの
余韻にひたりながら。




 人気blogランキングへクリック宜しく  

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます





素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位

に、今一歩。真の「日本酒」のために!

14代に負けるな!先代が泣く!

明日香の霊力に深謝


渾身の筆致
珠玉のBLOG!

by tatinomi1 | 2007-05-27 16:31 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

■楠正成の威光を偲ぶ。嗚呼、「非理法権天」の旗靡く下に

「青葉繁れる桜井の里の辺りの夕間暮れ・・・・」
有名な「桜井の別れ」の曲。

その名も「楠中学」のブラスバンドを先頭に
800余名の時代絵巻。

10時神戸駅前「湊川神社」を出て
大きく街を廻り、「湊川神社」で休み
3時過ぎに再び湊川神社へ。


見事な祭りであったことか。

改めて「楠公」さんの威徳を偲ぶ次第。
楠公フアンとしては、嬉しいまつり。


後醍醐天皇が隠岐からお戻りを祝い
楠正成が神戸でお迎え
京都へ先導された、一生一代の
晴れ舞台の再現。

実名入り臣下の甲冑騎馬武者およそ
30騎。

なんとも勇ましい。


日本人たるの
誇りの
沸々と沸く祭りである。








c0061686_302253.jpg







c0061686_305458.jpg






c0061686_311844.jpg





c0061686_314638.jpg






c0061686_321863.jpg






c0061686_324918.jpg







 人気blogランキングへクリック宜しく  

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます





素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位

に、今一歩。真の「日本酒」のために!

14代に負けるな!先代が泣く!

明日香の霊力に深謝


渾身の筆致
珠玉のBLOG!

by tatinomi1 | 2007-05-27 03:17 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

■「楠公」祭。とめどない感動。こういう祭りこそ、「日本人の琴線」。

c0061686_19395156.jpg


時の幕府から見れば、
逆賊。「悪党」とまで・・・

日本人
それも「縄文系古日本人」の崇敬を集める。
楠正成。

◎俗なる呼称「楠公さん」
 広く親しまれている。



今日は、650年祭。
わが好きな、神戸新開地に近い
「湊川神社」。

尊王の水戸光圀公も
訪れた、湊川神社。


10時湊川神社を出て
3時に帰る強行軍。


◎素晴らしい感動。
 800名を超える行列。



祇園祭りの「公家風情」でなく
素朴・剛健な武家風情。
ええなあ。


■なかでも圧巻は騎馬武者
 30頭以上の、行列。




そのなかで、なんとも。
足太の「ばんば」の重量感。
北海道の「ばんば競馬」の
哀愁がわかるなあ。







c0061686_1940372.jpg


この足、
神が宿る。

ステキだなあ。

「素朴・無骨」がいいなあ。


◎南朝、後醍醐天皇に殉じた
 楠公さんが
 好きでたまらん。



 人気blogランキングへクリック宜しく  

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます





素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位

に、今一歩。真の「日本酒」のために!

14代に負けるな!先代が泣く!

明日香の霊力に深謝


渾身の筆致
珠玉のBLOG!

by tatinomi1 | 2007-05-26 19:54 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

◎「酒サムライ」。ああ、感涙にむせぶ。

■郷里の誇り、臼杵の伝統・文化蔵「久家本店」
 ここの類無き味わいの「ブログ」。
 この記事で知った。

酒サムライ

やっと長い道のりを経て
美しい本来の日本酒に
向かう、一歩かと。

◎中国や韓国での「反日教育」
 だがある本で、目から鱗。

世界で一番の「反日教育国」は
ほかならぬ「日本」だと。
言い得て妙。


誇りの持てぬ国で
何が「美しい日本」か。




映画では、
日本人の誇りを
見事に見せてくれた
「ラストサムライ」
「硫黄島からの手紙」

外圧ならぬ、日本人でない
「日本人以上に日本人らしい」御仁の達観!


■この「酒サムライ」

 日本人以上に日本酒が好きな世界の名知識に
 本来の日本酒の味を利いてほしいもの。

「ビジネスで仕組まれるプレミア酒」
でない、ほんまもんの酒を見きわめてもらいたい。





◎「酒サムライ」、郷里の伝統・格式蔵
 久家本店の足立様より教わる。

  ちなみに久家は「吟醸部門」銅。おめでとうございます。



最後に、「酒サムライ」の本義、抜粋。
涙の出るごたる、日本精神の発露!



■抜粋■


今、最も日本文化の誇りを忘れているのは、日本人ではないでしょうか。


そして、最も日本酒の誇りを忘れているのも、日本人ではないでしょうか。



日本酒造青年協議会は、日本酒文化の継承者たる酒蔵の若者たちが集い、切磋琢磨する団体です。失われつつある日本酒の誇りをもう一度取り戻すために、日本酒文化の担い手である私たちが、今こそ行動をおこさなければなりません。



私たちは、日本酒を愛し守る「サムライ」として、日本文化と伝承技の結晶である日本酒が世界に誇れる文化である事を、世界にあまねく伝えていこうと決心致しました。



志を同じくする者が「酒サムライ」の輪を世界に広げていかんことを心から願い、ここに「酒サムライ」の結成を宣言致します。

                                    平成17年10月20日




 人気blogランキングへクリック宜しく  

お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます





素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG  クリックを!

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG


日本酒ジャンル1位

に、今一歩。真の「日本酒」のために!

14代に負けるな!先代が泣く!

明日香の霊力に深謝


渾身の筆致
珠玉のBLOG!

by tatinomi1 | 2007-05-26 05:57 | 日本の国酒 | Comments(0)