excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

正月酒は「虹の宴」理由はこう。ハハハ、信念。

c0061686_16393083.jpg


いろいろ飲んだ、この一年。
一念で選んだ、正月の酒はこれ、

コープ神戸、「虹の宴」。

灘の至高蔵、木村酒造さんの作品
コープ神戸の酒の見識とこだわり、見事。

◎すなわち、コープ神戸のオリジナルブランド
 「虹の宴」、造るは「「瀧鯉」の木村酒造。
 震災で大きな被害を受けながらも奇跡の
 復活。かわらぬ味を保つ、灘、というより


神戸の地酒

 この辺の姿勢がいい。
 木造の古い蔵で、真摯な造りで
 多くのフアン。

あの震災。周りの蔵は、四季醸造
エアコン入り、ベルトコンベアの
酒工場。鉄筋なるがゆえ、被害少なし。

◎だが、古風な造りにこだわるこの蔵
 壊滅的被害。震災後、気になり
 周辺を訪れたが、特に広大な敷地の木村酒造の
 あまりの被害に吃驚。

でも、この蔵、よほど近隣に愛されていたと見え
なんと、自前の風呂を近隣に提供する
貼り紙をみて、


美しい味の酒を造る蔵の
見事な心栄え」を見た。


それ以来、たまらないフアン


いつだったか
「日本吟醸酒協会」の試飲会で
この蔵の方とお話。見事な人士。
こういう酒を飲みたい。

酒は「」でなく「」で飲みたい
が、このとき以来の身上




いまをときめく「プレミア酒」蔵の
捨て去った「静かな信念」を
愛でて、呑みたいなあ。





1670円で買える、

見事な「日本酒」。

今年の終わりに、見識と矜持の

「木村酒造」さん「コープ神戸」さんに心より

感謝申し上げます




10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG勤労感謝(更新) 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2007-12-31 16:58 | 日本の国酒 | Comments(0)

「霊山」「菊の城」品格の肥後銘酒を想う

年末に「想うことあり」。
肥後の銘酒、弐銘柄。

「香露」「美少年」「通潤」は置き
古風な香りの漂う品格の銘酒。
連綿たる、「誇り高い日本酒」の命を守る蔵。

いまテレビとやらで
日本映画
「武士の一分」を見ながら
日本人の琴線に触れる
この二銘柄を想う。
この二千零七年の参拾日に。

●我が大切な「地霊の酒」の模範


「あーーら、フルーティね」など
片付けるには無礼にあたる酒。
「舌先の評価」など及びもつかない。






その壱:「菊の城」菊池一族の気品を現代に伝える
     類希なる銘酒。味には触れない。



c0061686_23104367.jpg










その弐:「霊山」阿蘇一族の霊性を今に伝える
     類希なる銘酒。ぬる燗で気品薫る。


c0061686_23132498.jpg










吟醸酒場などでの「つまみ呑み」酒でなく、禊のあとの「ご神酒」の
気持ちで飲むにこそ、ふさわしい。


c0061686_23135368.jpg







10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG勤労感謝(更新) 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2007-12-30 23:16 | 日本の国酒 | Comments(0)

「神戸ハイボール」AZABU BARでいっぺえやる、の巻。

やれ、昨日は、土曜日恒例の
「高台の酒屋」での昼酒&立ち呑みでなく

●裏六甲、呑吐ダム近くにある
 本格印度料理屋にゆく。

 日本最古の民家「箱木千年家」近く。
 この辺は、ハイキングコースでもある。

 こんな奥にあるなかなかの店。
 厨房は皆インド人。不思議な光景、
 味は本格。遠くから車で来る。

ここの情報はこの次。




さて、夜は、「鍋で燗酒」と思ったが
家族4人で三宮の、お洒落な店。
ああ、燗酒でなく、ワイン。

まあいいか。旨ければ。


おお、料理もワインも旨い。





さて、そのあと。



■酒屋の立ち呑みは、もう開いてない。
 そうだ、ソーダ。ウイルキンソンさん。
 スタンディングがある。

一目散、東門筋の

AZABU BAR


お、お、お、

神戸ハイボール」がある。



早速頼む。


あの、朝日ビル地下にあった伝説の名店
コウベハイボール」の懐かしさが。

息子と同じハイボール。700円。



・キンキンに冷やした(冷凍庫)角をトロリおおぶりグラスへ
・普通に冷やした、ウイルキンソンソーダ、はじめゆっくり
・三分の一ほどのところで一気に瓶を立て急激に注ぐ
・まるまる一本
・「レモン皮」の鼻薬、添加


  ※コウベハイボール流儀、氷なし


どうじゃあ、

「旨い」「ええ」「いける!」


朝日会館の「コウベハイボール」と違うのは

  ①ウイスキーが角(朝日会館はベースの白)
  ②ウイスキーの冷やし方
  ③量(こちらが多い)


まあ、こちらはこちらの「現代風


◎◎◎

 何か少し物足りない。
 なんじゃら、ホイ。

ソーダ、ウイルキンソンさん。

  「名物ピクルス」

カレー味のピクルスがオマケにつき
爪楊枝で喰うた、あの味わい。

あの


哀愁がない。



何かこの、空洞感を埋めねば、



ソーダ、ウイルキンソンさん。



アイラモルトじゃあ、


「ボウモア 12年」

たまらん。
出る前、「イソジンうがい薬」で
おくち、くちゅくちゅ、モンダミン。
これで、帰って

うがいせんでええなあ。





お、

「余市」
「宮城峡」
ニッカが仲良く・・・・



余市」頂戴。

c0061686_7335828.jpg










ああ、至福。



今日は、

違った

日課だったので










c0061686_7343569.jpg


愛して止まない

ニッカ」で〆た。



   ★ここでHAKUDOU「ニカッ」と笑う、筋書き。





10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG勤労感謝(更新) 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2007-12-30 07:31 | 路地裏の魔物 | Comments(6)

★賀状の「俳句」を練るの巻。朝酒控えて・・・・

もういくつ、寝ると、お正月。
お正月には酒呑んで、
ごろごろころげて遊びましょ!


■悠長なこと、言うておれんように
 なりました。年賀状まだ。

今朝は、4時に起き、賀状の準備。
ええい、ついでに野菜の煮込みを作ることに。

先週の大根煮つけの汁に水を足し
そのなかに、埼玉の叔父が家庭菜園で
作った野菜を送ってくれたので

人参、里芋、唐芋を煮る


●おや、唐芋、洗うと紫

  おお、「紫芋



煮てみれば、これが、まあ、旨い。

c0061686_8501382.jpg











さて、我が「賀状の流儀

中心に俳句を据え、俳句に因む
よしなしごとを書き綴る方式。




その、俳句作りに難儀。
やっと完成。


ここに、ご披露。



全て書いた賀状は、
このブログ、元旦に、ご披露
させていただきます。




■   ■   ■



歳神様まあ呑めやのう燗酒を 


          酔墨














10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG勤労感謝(更新) 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵





●ひさし鰤更新

 

脇元酒造 

飛鳥地霊蔵


    更新   !
by tatinomi1 | 2007-12-29 07:17 | 日本の国酒 | Comments(3)

奇を衒うと「味は死ぬ」。いい例!

★誤りお許しください。

  青い寒梅

  青い「14代」の

  誤りでした。

  「至高の寒梅乙」様

  ご無礼の限り

  お許しください。

  いい気分で呑んで

  間違いましたんで。




c0061686_2255227.jpg


素晴らしき「公園前世界長」
久しぶりの焼酎饗宴にうっとり。

後半、「キラメキ系」

●兼八の森

●寒梅の青い瓶

寒梅の青い瓶、
全く味の記憶が残らない。


あれだけ「乙」が抜きん出ているのに。


地霊の蔵が、「世界市民」の味わいを
模索しはじめたか。
まあ、えけんどのう。



でも「乙焼酎」は、我が豊後の
麦もかなわんなあ。




どうぞ、お洒落系「焼酎バー」系
青い瓶に行って
「お洒落焼酎」になって
欲しいなあ。

「乙」が理解されたら、怖い!






10位転落!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG蒸(更新) 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵





●ひさし鰤更新

 

脇元酒造 

飛鳥地霊蔵


    更新   !

    嬉しいなあ!


  

 がんばれ社長

by tatinomi1 | 2007-12-26 23:02 | 焼酎大好き | Comments(0)

「公園前世界長」で兼八を呑む、色々呑む。旨い、みんな!

c0061686_642611.jpg


先週の「公園前世界長」。
いろんな焼酎を飲む。

萬年

喜納屋

天下無敵

越の寒梅  焼酎

兼八

寒梅の青い瓶



◎なかでも兼八は
 佐伯バラック、雨月宴会で
 酎州大分さんが持ち込んだ「原酒」の
 味にびっくり。


今回は森バージョンを呑む
この前と同じ味。


プレミアは注文しない主義だが
ここ

「公園前世界長」では

すんなりのめる。





■越の寒梅焼酎の
 ブルーで奇麗な瓶のも飲んだ。
 でも「乙焼酎」が旨い。


一緒に行ったコップ仲間


一位は  寒梅乙焼酎

二位は  喜納屋       の評価であった。





10位転落!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG蒸(更新) 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2007-12-26 06:13 | 立ち呑み名店 | Comments(6)

「酒屋で昼飯」。高台の酒屋立ち呑みに「昼酒、昼飯」に出かけるの巻。

c0061686_20215741.jpg


昼、いつもの「高台の酒屋」へ、酒と昼飯に
ここは、アテは乾き物のみ、
でも、「カップラーメン」「茶碗蒸し」あり。

◎今日は、「海老茶碗蒸し」
 パックレトルトだが、どっこい旨い。

酒は

灘の

檜大樹


濃い味だが、表示は辛口
能書きなど、どうでもいいが。














c0061686_2022493.jpg


温め、皿に移して
スプーンまで添えてくれ、

お代は、店売り価格のみ。

この辺が


「浪速立ち呑み」のいいところ。
















c0061686_20233696.jpg


いつもの定番、
カレーカップ麺、ミニ。

これには、

「タカラカンチューハイプレーンレモン」が似合う。


インスタントお手軽の

「王道、最高峰」



旨い!







c0061686_20565655.jpg


夜は、コップ酒はスパークリング。椅子ありに。

静かな夜。












10位転落!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG蒸(更新) 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2007-12-24 20:29 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

「燗酒」其の筋の命により!公園前世界長で「世界長」を呑むの巻。

其の筋の命により「燗酒」のあと
立ちしょんべんはしない、

ここで、

誓う!



c0061686_754874.jpg












昨日は、コップ仲間(会社の友人)が新年3日から
ドイツに転勤ということで、引越しの合間に
呼び出し、新開地湊川公園の「公園前世界長」へ。

◎ここの「焼酎揃え」はマスターの見事な見識と
 努力。圧倒される選定眼、プレミア価格ではなく
 「立ち呑み価格」で飲ませてもらえる嬉しいおまけつき。

 酒屋の立ち呑みでも、この値段で出している店は
 恐らくないだろう。

■そうや、こうや、膏薬貼った、トムソーヤ。
  で、ついつい、

  「立ち呑みの流儀」たる

先ずの燗酒


を忘れ、つい、焼酎、それも
郷里の焼酎に、突っ走る。





いけない



いけない。



◎◎◎店に入る前から、
     「鹿と心に決め


     「鹿の丸焼き


        ×
   
      もとい!


◎◎◎店に入る前から
     「しかと、心に決め


     「燗酒



おお、出ました。世界長。











c0061686_764224.jpg


以前、別の「世界長」で「世界長」を呑み
味に難点を感じた経緯。しばらく避けていた。

公園前世界長」の「世界長」は最高!

・もともと「世界長」の旨いロットに当たったか
酒の管理の問題か?(公園前の酒の管理は定評あり)











c0061686_771697.jpg


マカロニサラダ」と注文すると、

いや

マカロニグラタン」だと。

「温めますよ」

酒は燗、アテは冷

主義の、ワイも

「お願いします」



おお、見事!
さすが公園前!




10位転落!。酒好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG蒸(更新) 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2007-12-24 07:17 | 立ち呑み名店 | Comments(4)

「なんきん」で朝酒。「公園前世界長」の作品にうっとり!

昨日の、神戸湊川新開地にある名店
公園前世界長」。

ここへゆく一番の楽しみは

なんきん

マスターの弟さんが「なんきん命」
こだわりの南京は料理というより
「ひとつの作品」というにふさわしい。

■自分でも南京、煮たことがあるが、
 難しい。きわめて、難しい。

この日の南京。見た目に見事。
透明に輝く姿は

神々しくもあり
「この世のもの」とも思えない
神がかり的香気と光輝を
オーラのように放つ!



焼酎の逸品
「寒梅焼酎」を、南京のアテに
食せば、・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・旨い


この世のものと思えない味わい。




日本中の居酒屋

割烹

ここの「酒のアテ、南京」

おそらく、この味を抜けることは
ないだろう。




あまりの旨さに
持ち帰り。
無理をお願いし、
帰路。





◎◎◎

そして、雨もよいの今朝、
この「作品」に対峙。




c0061686_7381818.jpg


南京のアテは。
どの酒も勝ち目がないので

「菊正宗・ピン」味が平板なので
愛媛の銘酒、

「山丹正宗・初搾」を鼻薬として添加。

おお、山丹の味に変わる。


c0061686_7385824.jpg


作品「公園前南京」の肴に
山丹菊正宗ピン

おお、この

「公園前南京」の味の輝くことよ。




もって帰って、一晩置いても
味は変わらない


磐石の見識。



◎◎◎

 そうだ、大分の至高の「角打ち」
 これにまともに対峙できるのは、

 「公園前世界長」の、
 最終発展形たる、「味覚の饗宴」




出掛けにマスター、


うちは、「立ち呑み」でなく
角打ち発展形」だと。

含蓄ある言葉。




10位復帰。おかげさまです。感謝です!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG蒸(更新) 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2007-12-23 07:39 | 縄文日本の心栄え | Comments(2)

●「公園前世界長」。ここの魅力こそが「九州角打ち」に対峙できる。

三連休初日。神戸スタンディングバーHP
慕撫さんの情報で、新開地

「直井商店」廃業の情報を得る。
早速、出かける。新開地の酒屋立ち呑み名店。
行けば皆、名残惜しそうに飲んでいる。
この店には、これまで一桁しか行っていないが
客の結束の深い、地縁の立ち呑み。
これぞ、「立ち呑み」の原点と。




c0061686_6504642.jpg


※「慕撫さん」HPより借用画像です。











●今日は、チュウハイと鰯天。
 素晴らしき味わい。

帰り際に、店で使っていた
こぶりの50mlグラスを2ついただく。

そうだ、年内もう一度こよう。


■店内をしつらえるのに当時1000万円かけた
 というだけの味わい。特に、カウンターは
 「モダン、ハイカラ」良く見れば、素晴らしい造作。


年内で「歴史的景観」の立ち呑みの
消え入る淋しさはどうだ。






◎◎そうだ「公園前世界長」だ。

先日、コメントをいただいた「公園前世界長」マスター。
そうだ。寄ってみよう。こころはやる、どうどう、どう。

おお、流石は名だたる「名店の誉れ」店は満員。
立錐の余地、若干あり。名店の賑わいは嬉しい。


①先ずはこの名店に敬意

  マスターの弟さんの「会心の名作」、「南京煮物」
  郷里国東は安岐町の至高の麦


   「喜納屋」



   旨いあてに旨い焼酎。
   この組み合わせは、日本最高峰!
   まず、全国で「この店」しか食せない飲めない、組み合わせ。
   絶妙の取り合わせである。



②寒梅焼酎

   お隣の、いかにも酒の好きそうな、
   感じのいいグループが清酒「越の寒梅」を注文


   おお、見れば、「寒梅焼酎」あり。
   5合瓶で通常売価4000円以上らしい。
   ここ「公園前世界長」はプレミア価格の
   「飲食店価格」でなく、あくまで「酒屋の立ち呑み」価格
   でないと、とんでもない価格になる。


   味は・・・

     清酒の最高峰の焼酎だけあり
     「芋」などの泡沫のごときプレミア焼酎を
     吹き飛ばすが如き・・・見事な味わい。
     焼酎の「ジャンル」を超える味わい。



③十四代焼酎



    素晴らしい味わい。今絶好調の清酒。
    ある原因から、ここの清酒は呑まなくなった。

    でも、気になる。呑んでみる。

    おお、すっきり旨い。いかにも「今風」に
    あわせた味わい。東京あたりの高級店に会うだろう。
    素晴らしい出来と、すっきりした味わい。

    「地霊」からはなれた洗練のすっきり味。



④佐伯の「無敵」


    おお、呑みなれた味わい。
    郷里の「地霊」の味わい。


    ■アテは、「スパゲティ」「蓮根」をいただく
      渾身の「南京」に劣らぬ味わい。




◎◎◎◎

   大分の「角打ち」の文化性、地域密着性に
   圧倒され、「浪速の立ち呑み」の
   何たるか、を再認識するいま

   この「九州角打ち」の奥深さに対峙できる
   突出店は、ここ

   新開地、湊川公園南東にある
   「公園前世界長」。

   その理由は、のちほど・・・・。



※都合4銘柄呑んだが、

         「舌先」では、  寒梅

         「味わい」では  納喜屋

         立ち呑みでは  無敵

         ですねえ。



◎◎◎




10位復帰。おかげさまです。感謝です!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG蒸(更新) 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2007-12-22 22:11 | 立ち呑み名店 | Comments(2)