excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「葉月」で学習。江戸じゃあ「ホッピー」。先ずはの「燗酒」のあとに。





呑むはげみ、書くはげみ、

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく













昨日書き込んだ、東急青物横丁の居酒屋「葉月」
旧東海道の街道沿線。なかなかの店。
でも「マスコミの好む」類には無縁。手付かずの店。

◎昨日書き込んだ「煮込み」
 店に入って前半は、

 典型的な、高い・不味い店かなあ?と感じた瞬間アリ。


それもそのはず。おととい、品川駅前、大きなホテル
前にある居酒屋テナントの、ある「居酒屋」
なかなかいい感じでこの前入ったら、最悪。

頼みもしない「付きだし」
1合7勺徳利で、980円くらいの日本酒
60ミリリットル、480円の、芋
水で煮込んだのかと思う、味のないおでん。

一時間も滞在せず、まあ3000円くらいかと思いきや
おお、6000円を超える。

◎たまたまレシートあり、目を凝らせば

  おお、お見事。

馬鹿高日本酒。1本しか飲んでないのに
2本つけている。

黙っておくのも腹立たしい。おととい回収にゆく。
たまたま、そのとき、「半年以内に回収に行く」旨
新幹線から電話。

わざわざ行ったので、回収の方が高くついたが・・・・

●淋しいことだが、こういう駅前の一等地の店は
  いくら「手を抜いても」繁盛。
  まあ、一度来たらもうこないから「手抜き」しない手はない。
  一面淋しいが、まあ、そんなもの。





     最近の、日本酒、焼酎乙の、居酒屋
      料金設定。

       特に、目に余る。





     この背景にあるのが、「プレミア酒」

  裏六甲、田舎の、我が家近くの「地場コンビ二」でも
    森伊蔵   45000円
    寒梅    18000円

        さらし者になって、半年。


        居酒屋高値誘導に格好

          「日本酒」「乙類」は、
          こんなに高価なものがあるんです。

          暗黙の「信号」を脳裏に焼き付ける!

          どうです、これに、比べれば

          うちの、2合  980円は安い!
          焼酎「芋」   480円は安い!


       の、暗示がかかり、高値誘導を、別に不思議に思わなくなる。







■    ■    ■



     本題


       「葉月」で考えた、ことども・・・



c0061686_631198.jpg


先ずはの「燗酒」
7勺ほどで、480円くらい、東京居酒屋価格。

酒は旨い。燗もいい。初めの1杯、ママさんのお酌つき。



☆頼みもしない「付きだし」は嫌いだが
 まあ、旨いし・・・・・







c0061686_634930.jpg


次に頼んだ、奴。

なかなかいい。

ビールで、喉の渇きをうるおし、

さあ、酒の2合か、60ミリリットルくらいで400円以上の芋にゆくか・






方向転換しょう!

そうだ。
















c0061686_642089.jpg



ホッピーがある。


江戸は、ホッピー。








●◎◎◎大当たり!



     もともとセットも安く、焼酎の量も十分。



あとに感激。


   「注ぎ酒」160円くらい、安い!


     量もおおむね、180ミリリットル。

     こういう、こと。










c0061686_65031.jpg


哀愁の店内。

また、行きたい。

渋い名店!










10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









      
by tatinomi1 | 2008-02-29 06:14 | 日本の国酒 | Comments(0)

「葉月」東急青物横丁の居酒屋の「もつ煮込み」、旨い!のなんの。




呑むはげみ、書くはげみ、

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく










紙パック酒シリーズのあと
「食い物」に。

「喰い物」話題は少ない当ブログ。

なんと
かんと、

イマヌエル・カントおいさんも吃驚
「食い物2連発」






■   ■   ■




昨日は、品川から東急で「青物横丁」
朝4時おき早出。

朝歩きながら「青物横丁」にある
居酒屋「葉月」を眺めながら歩く。

実はこの店、昨年発見
深い「気に入り」。

年が開け、今年の2月16日に訪問。


◎初めは、こりゃああかん
 と思ったが、「ある肴」を頼み

評価激変。




そのアテとは



独特な流儀の

「煮込み」






天にも昇る
圧倒的な

旨さ。


◎詳細、次回!










c0061686_542921.jpg


牛スジの最高に旨い部分を
絶妙に煮込む。
これまでの酒飲み人生で
「最高の煮込み」

独特のスタイルがいい。

「煮えたぎった」のが、蒸気を噴きながら出てくる!







10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









      
by tatinomi1 | 2008-02-28 05:54 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

■昼飯話題、はじめて。「鶴橋」の味わい。



呑むはげみ、書くはげみ、

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく





◎昼飯の話題は、このブログでは
  初めて!


  そのはず、今晩は、何と、休肝日。
  一年ぶりだろうか。

  新聞にも「休刊日」があるのに
  私は「休肝日」がなかったので、休肝日にしました。




凡そ、昼は何を食おうなどとの想いはない。
昼飯は、夜の酒の繋ぎ。

そんななか。この前、昼に鶴橋。
こりゃあ、「駅前饂飩」などで茶を濁すこともなかろう。

駅の周りを見渡せば、おお。
3度ほど、宴会・飲み会で行ったことのある
有名な韓国料理の店があった。


韓国宮廷料理

「白雲台」


◎おお、見れば、旨そう。
 安易に、ここに決める。


料理名は忘れた。
実に旨かった。

こりゃあ(コリア)もう最高
大満足!




本場のホンマもんは旨い!




c0061686_21563086.jpg


なんとも美しいスプーンカバー
名店の美学






c0061686_21571515.jpg


酸味と辛味のある汁物
名前を忘れた。

食べるに従い、旨くなる。








c0061686_2158465.jpg


汁の中身も濃厚。
深みアル味わい。








c0061686_21585410.jpg


最後の一滴まで、旨い。

最後の一滴まで、残せない。









c0061686_21593956.jpg


口直しのガムも

韓国産!






10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









      
by tatinomi1 | 2008-02-26 22:18 | 路地裏の魔物 | Comments(2)

「2合半酒紙パック」と「甘酢団子」、何か相性悪いなあ!

呑むはげみ、書くはげみ、

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく










夕べは、家呑み。
さすがに、家では

「座って呑む」

立ち呑みを愛するのは
なにも額面どおり、
「立って呑む」という行為を愛でているのではない。


紙パック酒シリーズが、
ちょこっと、続いたので、何とはなしに

紙パック、

450ml入り




純米吟醸
「玉の光」



ずーーーと愛飲。
淡々たる深みの中に
「輝ける味わい」を包含
お手ごろ、
純米吟醸の雄。



●アテは、奴や「煮大豆」
  などが、合う。


でも、夕べ三宮駅で

551蓬莱の

「甘酢団子」を買う。



さて、帰って、
大量の大根おろしを作り、


酢と「ポン酢」で味付け
ここに甘酢団子を入れ
ヘルシー肴を演出。



◎どうも、味のミスマッチの予感、




比較的平穏に飲んでいたが
どうも、温度が高い。
バスの床に置いていたので
暖房の熱を拾ったのか。



邪道とは思いつつ

氷で「急冷」



◎いかん

耐えられない「苦味」が涌いてきた

何故?

①急冷のせい
②大量の「酢入りだいこんおろし」のせい
③甘酢団子との相性
④そもそもの、酒の出来



ひとつ、試す。


大分県は佐伯市の
「おかずいりこ」で
先ほどの

常温で飲む


やはり、「苦い」
だが、かなり改善。
まあ、いけるなあ。旨い!でも
いつもと「何かが違う」んだなあ、これが。


⑤自己の体調、舌のぶれかも。




分からない、わからない。
複合要因か。



一ついえるのは
この酒、

昔のような
「枯淡な中の輝く芯」の部分が
欠落して来た感じ、
味の設計をかえたのだろう、

それとも、自分の味の好みが変わったか


疑問!







c0061686_5344356.jpg


初めての「甘酢」と「玉の光」の邂逅






c0061686_5351854.jpg


干物との相性や、如何?





c0061686_5354825.jpg


急冷は邪道!





c0061686_5361236.jpg


551


GO!GO!一致   ほーら、行こう!


10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









      
by tatinomi1 | 2008-02-26 05:56 | 日本の国酒 | Comments(2)

▲岡山紙カップ酒2種。弁当と買い込むの巻き。


呑むはげみ、書くはげみ、

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく











この前の、岡山での仕事。
5時から始まり、8時を廻って終わる。

駅前の酒屋の立ち呑みは8時には閉まっている。

酒屋でない立ち飲みは開いているが
わざわざ行く気も起きない。
●駅のコンビ二を覗けば
 地酒の紙パック「カップ酒」
 駅前の酒屋の立ち呑みで呑む銘柄。


弁当と供に2種買う。








c0061686_552752.jpg


「極聖」
でえれえ、おつかれさん


●今のカップ酒、全国の銘酒のガラスカップだが
 前も述べたが、古くなり酒屋の店頭で「醜態」と
 老ねて黄色くなった無残をさらし、これにのっかた
 名門酒会に入っているような蔵が「味の宣伝」どころか
 マイナスになったこともあったろう。




地産地消のいい例。
しかも「紙パック」なので
無駄も少ない。


新幹線の車内販売の
「大関紙カップ酒」が旨い!





岡山から新神戸まで40分くらいなので
1本しか呑めなかった。




10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









      
by tatinomi1 | 2008-02-25 05:57 | 日本の国酒 | Comments(0)

■雪の日、「ブレンド純米酒」を楽しむ。アテは「スーチカー」。



呑むはげみ、書くはげみ、

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく









夕べから、しんしんと雪。
朝起きればまさに、銀世界。美しい。

早速おきて、深雪を踏む。
なかなか新鮮なる気分であることよ。


さて、こういう朝は「日本酒の燗」に限る。
おお、買い置きはあまり美味しくない
安物パック純米しかない。

■そこで、地場コンビ二で

澤の鶴 「米だけの酒」一合パックを買う。




●それぞれの味わい

 金露  米だけの酒

   ・昔の古典的「剛直酒」の類。悪くはないが
    香りが優れず味も重い。吟醸好みの舐めるようにしか飲まない
    女性や若者には、「忌み嫌われる」味。








 澤の鶴 米だけの酒

   ・純米酒でありながら、純米酒の「輝くような味わい」は皆無
    もともと安物純米酒として造り、すっきり味に化粧。
    本来「ある」はずの、ある部分の味が欠落
    淋しい味わい。





そうだ、澤の鶴70パーセント、
     金露 30パーセント



やってみれば、澤の鶴の

    味の欠落部分を

    金露が補い、まあまあ飲める。



こういう、日本酒のブレンドも面白いなあ。


■でも、やはり亜流。
  日本酒は、どんな安酒でも一応
  造り手の「味の設計」があるので
  これは、お遊び、邪道。



でも、

金露

ひょっと5年くらい寝かせたら
いい古酒に(ほどほど)なるかもしれませんねえ。
もともと、味醂屋さんの酒だから。
味は粗いが「濃い」から。



こうしてみれば、金露「純米」

大手のアルコール・糖分添加酒より
よほどいいかもしれない。
クセがあるのを我慢すれば、


味の「中抜け」の淋しさを
感じなくて済むから。















c0061686_1443566.jpg


美しい雪景色。
山々も雪化粧。





c0061686_14433673.jpg


白世界のなか、轍のみ「黒い線」
ここに、足型をつけ、地場コンビ二へ、急ぐのでありました。





c0061686_1444228.jpg


コンビ二定番、澤の鶴「米だけの酒」

普通に飲むとまあまあ旨いが
「純米酒」と期待して飲むと、裏切られる感じの味わい。







10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









      
by tatinomi1 | 2008-02-24 15:06 | 縄文日本の心栄え | Comments(2)

◎送電線の唸り、寶を呑む幸せ。肴はパンとラーメン!



呑むはげみ、書くはげみ、

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく








きのう、暴風にも似た、悪天候。
それでも、高台の立ち呑みに出かける。

「酒屋の立ち呑み」にどうして、そこまでこだわるか?
こだわるからである。が答え。世のなかシンプルがいい。

旨いアテがあるわけでなし、
旨い酒があるわけでなし
心地よい空間があるわけでなし、


案外答えは

「俳句」
「茶」


にあるのか。


余計なものを排除した世界。


コップと酒の世界!


◎この世界を突き詰めると
 関西の「立ち呑み」より
 九州の「角打ち」が原点かもしれない。





余談は置き。





送電線の唸り



送電線鉄塔の下で、不思議な唸り
強風が送電線をふるわせている



宮沢賢治の世界に
これと似た音があった。






■昨日は、寒風の中
 5人の完全防寒の格好で、揃って毛糸の帽子をかぶり
 ビールを飲んでいる。


飲みすぎないよう、わざと
戸をはずし、寒風吹き込むようにした、店内。
現代の、縄文世界。



カウンターに入れず、
横の小さなスペースで遠慮がちに飲む。



いつもの

パック、レンジチンの「茶碗蒸し」なし。


しょうがなく、練り物「天ぷら」で



燗酒。(不味い銘柄)



そのあと、ミニシーフードカップラーメン。



燗酒のあと




寶焼酎カップと

菓子パン(チーズ味)




昼食と昼酒兼用。

「飲は食を兼ねる」








c0061686_0185031.jpg


唸りアル高圧送電線。6600ボルト?
電磁波障害の危険も指摘されてはいるが。









c0061686_0192817.jpg


先ずは、の

燗酒。












c0061686_020310.jpg


掛売りの伝票の無造作に貼られた
ブラウン管テレビの厚みに哀愁。

松ぼっくり。

いい味わい。
















c0061686_0203575.jpg


美しい「日本の寶


乙類も「プレミア化」に現を抜かしていると
再び「甲類」にお株を奪われ

乙類は九州と「マニア」の飲むものになってしまう。



「寶」・・・・日本の洗練

「三楽」・・・いささかの哀愁の味わい

















c0061686_021985.jpg


これにて、完了!







10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









      
by tatinomi1 | 2008-02-24 00:27 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

■◎「三楽」で「佐伯いりこ」。これじゃあーーーーー。



まず、クリックからはじめていただけませんか?
そんな虫のいい!そういう方は、無視してください

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく














ご愛読に深謝申し上げます!



ちょっと、高台の、酒屋の
立ち呑みに

昼飯(昼酒)


トイレも含め

シッコう猶予ください!
のちほど、かきくけこ。







c0061686_21313872.jpg


おつまみ用の「いりこ」 佐伯で100円、至高の値打ちアリ
旅の友「三楽」。

人生に三楽あり!







■執行猶予にあとの加筆


昼から高台の立ち呑みに。
今日も、オイさん達でいっぱい。
相変わらず、戸ははずされ、吹き抜け。
温かくすれば、酔っ払いのたまり場になるから・・・・。

みんな、厚い綿入れを着込み、マフラーに
帽子で飲んでいるのが、ほほえましい。


ここでも、日本酒は私一人。
なにか淋しい。

酒飲みオイさんも飲まず、若者も飲まない
日本酒・・・・困ったことだ。

今後、日本酒が一部のマニアか
外国輸出用にでもなれば、困ったことになるが・・・。




◎今日は、「茶碗蒸し」がない
 やむなく、天ぷらとらーめん、菓子パンがアテ。


「立ち呑み」の原点を

楽しんだ!




10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









      
by tatinomi1 | 2008-02-23 11:36 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

★冷凍餃子で「大分麦」の朝酒!旨いなあ!



まず、クリックからはじめていただけませんか?
そんな虫のいい!そういう方は、無視してください

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく














先週は土日も仕事だったので、
ひさし鰤の、家での「朝酒」。

今日は、天気があまり良くないなあ。

中国「毒餃子」問題。もう結果はみえているのに
中国の戦術に日本は翻弄。
それはそうだろう、オリンピック終了まで
「日本に側の混入あり」を温存したいだろう。

尊敬できる「礼の国」から
よくもここまで壊れたものか。
歴史文化は大好きだが、こういう今の体制は
当然、嫌悪感。



■この前の南京町「春節祭」

大好きな広記商行の「冷凍水餃子
厚ぼったい皮がなんとも旨い。


酒は焼酎。

大分麦

「安心院蔵」これのソーダ割り。


なんとも、相性がいいなあ。




冷凍水餃子、旨い!





c0061686_88096.jpg







10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









      
by tatinomi1 | 2008-02-23 08:08 | 焼酎大好き | Comments(4)

◎◎「10円氷」の立ち呑み


まず、クリックからはじめていただけませんか?
そんな虫のいい!そういう方は、無視してください

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく










神戸は名店、須方酒店のさらに奥にある
「福徳屋酒店」ここも独特のあじわいある店。

ここで面白いのは。

10円氷

◎焼酎のお湯割りに若干のお金を取る
 みせはあるが、氷の金を取る店は珍しい。

でも、なにか好感。
独特なシステムとして面白い。


おおきな、ころんとした氷。



立ち呑みの醍醐味あり。



■夕べは岡室酒店

   今度の「大阪人」という雑誌に載るそうだ。
   内容はあまり期待できないようだが
   まあ、芽出度い。


岡室酒店、バンザイ!バンザイ!

おばんざい!は京都!






c0061686_634545.jpg

















10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









      
by tatinomi1 | 2008-02-22 06:12 | 立ち呑み名店 | Comments(2)