excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

そうだ!カレーで立ち呑み。土曜、高台の立ち呑みで。

10位復帰、ご支援


呑むはげみ、書くはげみ、

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく













恒例、土曜日。
神戸電鉄「山の街」にある、高台の立ち呑み。

■浪花の立ち呑み、というより
 九州の「角打ち」に近い。


煮炊きしたアテがないかわりに
酒は、店頭売りと同額。

近所の高齢化した市営住宅の
酒好きオイさんのオアシス。

さてこの日、


いつもある「茶碗蒸し」がない、
そこで、天ぷらを頼む。
この店の優しいのは、

切って、温めてくれる。
これは、九州の角打ちでも、そこまで
してくれる店は少ない。

c0061686_5521953.jpg



■さて、この日、
 カップ麺を頼んだが。何か物たりない。

ふと、前を見れば、
おお、レトルトカレー
コップ酒の前にあるということは・・・・・・

c0061686_553649.jpg




◎そうだ、アテにしよう。




◎ご飯もほしいなあ。
 でも、

 おお、パンがある。



c0061686_5534381.jpg


酒は、この、応用問題にあわせ
寶焼酎」と決める。

相性や、よし。







また10位転落!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









  
by tatinomi1 | 2008-03-31 05:55 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

■料理披露。恥ずかしながらのHAKUDOUなり。縄文的雑料理!

呑むはげみ、書くはげみ、

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく







鶏が好きである。特に地鶏の硬い老鶏。
昔の鶏飯は、噛み切れないように「こりこり」。
今のブロイラーの鶏飯にはこの味わいなし。

◎でも、この前書き込んだが
熊本駅構内の、鶏弁当専門店で
見事に旨い「鶏飯」に出遭う。

鶏南蛮弁当。

・鶏飯
・鶏南蛮
・鶏煮つけ

全て鶏の

「色とりどり」 全て旨い
完璧なる弁当!


これが500円くらい。
お手軽コンビ二弁当価格で味わえる幸せ。
地方の「食」シーンは、きわめて鮮烈しかも、味わい深い。

肥後、見事也!






さて、昨日。
高台の酒屋で、昼飯と昼酒を兼ねる。
高齢化した市営住宅の高齢オイさんのたまり場。
一人の高齢オイさん、暴言で店の皆に弾かれ
店の外で淋しく飲んでいる。
我が将来にならぬよう、心しよう。

酒場の原風景

そこそこ奇麗で旨い今の居酒屋にはもうない。
荒れた戦後の「酒風景」を引きずるのは
お洒落な「立ち呑み」でもなく、
こういう「角打ち系」立ち呑み。
酒を飲むという、上澄みがある。
究極の整理の帰結。


これは、のちほど。



今日は、わが

料理とやら、を

披露。





鶏嫌い、
雑な料理嫌い、
の人士は。
ご覧にならないほうが、いい、。、、、。


◎いまここの「酒ドリンク」ジャンルは
最近、ビール好き若奥様の
夕食ご紹介サイトが席捲。
素晴らしく「愛情と手間」の素晴らしい料理の、数々。

恥を忍び、耐えがたきに耐え
披露!ご容赦。




■■■ガラスープ煮込み野菜■■■

造り方

①ガラ2羽分、手で首をちぎり
 胸の部分を力を込め「気合・勢い」で3つか4つにへし折る。

①水から鳥を入れ、煮立たせ、煮立ったら適当に
 アクと油をとり、弱火で、2時間ほど煮込む。

③この時点で火を止め、ガラを取り出し
 骨につく身を喰らう。塩をつけると旨い。
 (野趣あふれる縄文形料理なので寶焼酎などがいい)

④スープだけのなかに、醤油を適当に流し込み
 大根をささがきに、キャベツを適当に切って入れる。

⑤1時間ほど煮込めば完成!

ヘルシー

この上なし!


秘訣・秘伝

 ・地鶏の高級ガラを買うこと。
  高級な鶏ガラと言っても安いもの。

  このガラ70円。(一応高級部類)
  通常ガラ30円。

  700円と300円の差は大きいが
  桁が下がると問題じゃあない!

  100パーセントガラによって深みが違う。

  真実。ですよ。

簡単でしょう、
犬でも出来そうな、簡単さ!


(愛犬家の皆様誤解なきよう、犬ガラスープの意にあらず!)


■美味しそうな(?)写真披露



c0061686_654753.jpg


いいガラが買えた。良く洗い、
へし折ってパーツをこまくする。






c0061686_6545297.jpg


一度ガラを引き上げ
付いている身を喰らう。

塩で喰らうと野趣あり。





「軍鶏の生涯」

「縄文松子の生き様」

など、野趣あふれるビデオでも見ながら喰らうと旨い!




ブロイラーのガラは、身が多い。

・鳥を捌く作業者の腕が年々低下
 どんどん、取り落とす「身」が多くなる傾向。

・でもスープがメインで、身は余禄。
 地鶏ガラは、身が少ない。
 作業者の腕がいいのが理由だろう。









c0061686_6552837.jpg


引き上げたガラに野菜を刻み込む。

■写真は


  キャベツ製「落とし蓋」
    調理補助具:実用新案 出願No,12582008-1

       現在出願中






c0061686_656972.jpg



ああ、いい、   おおーーーー。

縄文の   野生が

滾る料理。でけたんじゃあー。





また10位転落!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









  
by tatinomi1 | 2008-03-30 06:56 | 縄文日本の心栄え | Comments(2)

甘栗で飲む列車酒。■立ち呑みアテの定番②




呑むはげみ、書くはげみ、

人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく







列車での飲酒も楽しみのひとつ。

飛行機より新幹線
新幹線より在来線
在来線より船舶

この順に酒は旨い。


■各地の駅弁で飲むのもいいが
たわいもないアテで呑むのも
叉これ一興。




「いか」「まめ」などの定番アテもいいが
意外といいのが

甘栗


駅売店の、120円くらいの
はじめから剥いているのがいい。



◎なぜいいか最近判明。


「いか」や「まめ」は長じてよりの飲酒習慣の
付帯ぶつとしての

「いかにも」のアテ。

   ※ あえてここで

     「まめにも」のアテとはいわない。(親爺ギャグの顰蹙回避)



それに対し、

「甘栗」は、小学校の頃からの遠出遠足物見遊山の
うきうき気分が掻き立てられ、
楽しさが2倍、3倍、4倍、5倍、6倍、7倍と


膨らし粉を入れた「メリケン粉」のように
膨らんでくる。


俳句の季語に似たり




さらにいいのは、

「ビール」
「チュウハイ」
「カップ酒」
「ウイスキー」
「ワイン」



不思議に、全方位ゆける。


ほどよい、ほんのりの
朝塩甘さ、
適当なしっとり感
さくっとした噛み心地が

その理由か。




c0061686_0254732.jpg


どんな温度でも、汚れが良く落ちる
「全温度チアー」という洗剤あり。


さしずめ、
甘栗は

アテの
全温度チアー



「さしづめ」はいいが
「すしづめ」は困る。





10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









  
by tatinomi1 | 2008-03-30 00:44 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

「カラムーチョな夜は更けて」■岡室酒店での良く喰うアテ①

櫻のシーズン到来


呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく



夕べも、岡室酒店。
昨夜は、日本酒、カンチュウハイ、
ウイスキーが飲みたくなり、
「角の中瓶」をキープ。
炭酸で割って飲む。





大阪は京橋。立ち呑み名店、岡室酒店(直売所でないほう)
だいたい、先ずはの「日本酒燗酒」から、終盤、
寶カンチュウハイ・プレーンレモンを呑むころ、
決まって頼むのは。

べッサメムーチョ、

カラムーチョ


何か、ラテン系の明るいノリになり
周りまで踊りだす不思議な、アテ。


◎ラテンの地霊を、うっすら醸す
 ええ、アテ。

九州の、「角打ち学会」会員に評価されそうだ。










c0061686_7101693.jpg


踊るような足取りで、カワキモノの
盛ってある籠の近くで、

「カラムーチョ」といえば、近くにいる常連さんが
これまた、

踊りながら取ってくれる。



■単なる、
アテを超越した、
立ち呑みアテ。




立ち呑み文化の
面白さを、思う。











c0061686_7104831.jpg


なにか、元気になる
派手な袋。

明るくなるなあ、いいなあ。


カラムーチョ。


酔っ払って、
客に

カラームーチョは駄目ョ!









c0061686_7112049.jpg


微妙にピーナツが混在
これが、アクセント。


ピーナツをあとに残すと

ウイスキーが
欲しくなるなあ。










10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









  
by tatinomi1 | 2008-03-29 07:28 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

◎Kobe standing bar マップ版  参上!





呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく









春らしくなりました。
爽やかな、風のような、立ち呑みが楽しめる時節になりました。

■素晴らしいお知らせです■

神戸スタンディングバー主宰の慕撫さんが
神戸立ち呑みマップを完成させ
それが利用できるようになりました。

まさに、快挙!




HP開設時より、驚愕と尊敬の念あり。
酒屋の立ち呑みにこだわる姿勢に共感。
慕撫さんほどのこだわりのあるHPは
きわめて珍しい。

恐らく、関西では「こだわり」最右翼



■最近崇拝している
九州の「角打ち学会」に対応できるサイトは

関西では、慕撫さんサイト!あり。






◎その慕撫さん、当サイトに
  嬉しい書き込みいただきました。


「立ち飲み」「立ち呑み」境界線論です


    ★    ★    ★

慕撫さん談
椅子の有り無しは関係アリマセン。
当方の「Kobe Standing Bar」マップ版には、「立ち呑み」というからには酒小売店系しか載せていません。たとえ椅子があろうとなかろうと。裏を返せば、椅子があっても酒小売店であれば掲載させていただいています^^!酒小売店でありながら店頭での飲食を許容し続ける、様々な客の要望に答えてきた、その結果としての、今の姿、に、共感します^^!





   ★    ★    ★



神戸立ち呑みの
世界に誇る「文化」



椅子あり立ち呑み







10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









   
by tatinomi1 | 2008-03-27 06:00 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

「赤霧島」より偉い「金霧島」。吉田寛さんに教わるの巻。








呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく


















今日はおとなしく、立ち呑みをせず帰宅。(神戸市北区)
蓬莱の甘酢団子を買って帰る。この酸味がいいなあ。
250円の至福の味わい。安直だが、旨い!これが。

■今日の朝、大阪駅から京橋まで歩くが、天満のあたりの
桜は、2分咲きくらいだろうか。およそ、関西での花見は
この次の、土日くらいだろうか。




●先日、サントリーの「アワーズ」チュウハイを飲む。
以前、発泡酒のアワーズを飲んだが、さっぱり。
この、チュウハイアワーズも、甘すぎ、砂糖ジュースの甘さ。

惜しいなあ。

でも、


ビールは泡が命、だから、ビールアワーズは常道。


でも


チュウハイは本来、炭酸水の小さな気泡。
泡はない。

サントリーの「面白さ」「勢い」で作ったのだろうがこれは、邪道、亜流。
これきり飲みたくない。


◎◎サントリーのカンチュウハイ

ドライ、

こそ秀逸。安価で旨い。
カンチュウハイ界の大吟醸「寶カンチュウハイプレーンレモン」を
至高の天井とすれば、安価でこの大吟の
志のある。「サントリー ドライ」はいいなあ。





■■■本題■■■


近所の地場コンビ二、この前までは、
「お客さん、いつも買ってくれるのでやすくしときます」
ということで、5合瓶 1300円ほどで分けてもらえた。

最近、鎮座ましますも、2900円では、要らない。


なぜなら、普通の霧島(黒でない方)の

3倍の値打ちは、どう

逆立ちしても、無い!

酒断ちしても、無い!




◎そんな、こんな。で・・・・・・・


この前の、大分の
国宝級「角打ち」

御手洗酒店



ここで、大分放送の超人気ラジオ番組

「夕方なしか!」で有名

吉田寛さんに、見せていただき


「一口いただいた」



金霧島


c0061686_20425383.jpg


プレミア価格でなく、5000円くらいの焼酎のようだ。



焼酎は


金から霧まで、(ピンからキリまで)

金霧島、バンザイ!


■これ、朝鮮人参いり、薬用焼酎のようだ。










10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









   
by tatinomi1 | 2008-03-26 20:42 | 焼酎大好き | Comments(4)

西九条「朝生酒店」。駅近くの哀愁ある店。


呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく











昨日の大阪環状線、「西九条」
駅すぐ前の、「朝生酒店」。
店に入ったのが、8時であり、間に合わず、

酒の代わりに「涙を飲む」。


c0061686_615885.jpg


・その代わりに探し当てた、ステキな店。
こちらも、なかなかステキである。

※芝田さんに教えてもらい思いだす
 「こばやし」でした。



c0061686_63963.jpg


■もう一軒、すぐ近くにコンビ二酒屋の脇に
 立ち呑みコーナーを設けているユニークな店が
 あったが閉まっていた。


廃業したとの話しもきいたが。
たまたましまっていたのか、
本当に廃業か、気になる。



哀愁ある店ということではないが
あっけらかんとした風情は、いかにも
いい味を出していたので、気になるなあ。
もう一度、行ってみたい心境、ウイグル地区。




★櫻のシーズンですねえ。
 
     久しぶりに一句


開花日に櫻正宗ぬる燗で

     酔墨













10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









   
by tatinomi1 | 2008-03-26 06:00 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

弁天町の「櫻正宗」、大阪人に載った店に偶然入る。


呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく












夕べちょっと大阪港まで行ったので、
立ち呑みを探す。

大阪港、天保山に行く道すがら
いい感じの「立ち呑み」予感の店あり。
帰りに寄れば、残念「米屋さんメインの酒屋」

そういえば、2年前、ふじ丸イベントの時も
同じように間違い、行って無念を。

●そうだ、西九条に行こう。

先ず、駅前の「哀愁の酒屋の立ち呑み」に
おお、いい感じ。

「すいません、閉店間近ですので」

8時廻っていたのでなるほど。

もう一軒、通りの向こうの
「コンビ二酒屋風立ち呑みコーナーあり」店に
おお、こちらも、休み。





立ち呑みはあきらめ、居酒屋を探す。


■駅に帰る途中、わき道に
なかなか、いい居酒屋あり。

入れば、立ち飲み居酒屋。
椅子なし。

なんともいい風情。
感じのいいご夫婦が親切に応対。


味わいのある店内。
ステキである。



と、お客と主人が雑誌で会話。


あと見せてもらえば、



岡室酒店(直売所でない)が
載った「大阪人」
今回「立ち飲み」と「立ち呑み」の区分が
幾分明快になって好感の雑誌。でも
愛すべき「岡室酒店」紹介があまり好きでなく
買いはしなかった。


ここのご主人!


「この本を見てこられたのですか?」

「いいえ」

雑誌の特集を見ていそいそ出向く趣味は
残念ながらありません。


・雑誌を見れば、特集の巻頭を多数の写真で飾る
「立ち呑み」名店として扱われている。
なかなか、いい写真である。
聞けば、立ち飲み三銃士さんという方が良くお見えに
なる店で、会員同士のイベントもあるらしい。


アテも充実。
店内も味わい
ご夫妻感じがいい。


「椅子があれば、さらに味わいのでる」
店だと思うが。











c0061686_5373237.jpg


灘の銘酒、櫻正宗。
この酒を置くのは、名店。

一合320円は、立ち飲み価格。



c0061686_5382620.jpg


実に、味付けの絶妙な
アラ煮。

名店のアテ。





c0061686_5385755.jpg


味わいのある、店内。
「立ち呑み」というより

「居酒屋」名店の風情アリ。

素晴らしい!





10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









     
by tatinomi1 | 2008-03-25 05:58 | 日本の国酒 | Comments(8)

江田島銘醸のたたずまい。軍用酒のふるさと。


呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく














軍艦に積み込む酒は、呉の「千福」が有名ですが、
江田島、旧海軍兵学校近くにある

江田島銘醸の酒も見事な味わい。

昨年訊ねたが、蔵見学は出来なかった。
先週、蔵の中まで見学することが出来た。


●間口の狭いたたずまいだが、
 一歩いるや、吃驚。

奥深く、広い蔵。




ここも、飛鳥の「脇元酒造」のように
社長が杜氏を兼ねる。


名峰「古鷹山」からの名水で
醸すこの蔵の酒は、
しっかりした造りで、
実に旨い。


江田島の凛たる風土の
味わいである。








c0061686_5384625.jpg


こも被り。
勇ましく美しいラベル。





c0061686_5393255.jpg


素朴な、蔵の内部。
真面目な蔵の味わいが、酒に現われる。





c0061686_5401570.jpg


このなかに、美味しいお酒が
出番を待っているんだなあ。









10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









      
by tatinomi1 | 2008-03-24 05:50 | 日本の国酒 | Comments(2)

芝田さん「神戸立ち呑み文化研究会」立ち上げ


呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ
 上のを、ぽちり、クリック宜しく







九州で盛んな「角打ち文化研究会」
関西の立ち呑みの「元祖」というか
「原点」である角打ち研究。

●大分の「御手洗酒店」に出会うにおよび
 角打ちの「深遠」なるを、思い知る。


関西の「立ち呑み」もどげんかせにゃあ!
のまさに核となる


神戸立ち呑み文化研究会


が、ついに立ち上がった。




数多くの出版もものにされている
芝田さん主宰




c0061686_16121693.gif




これは楽しみ。

早速、入会させていただく。

■神戸の立ち呑み紹介の先駆的HP
 「慕撫」さんのデーターベースも
 統合され、素晴らしいカタチでスタート。



これは、目が離せない。


九州の


角打ち文化研究会との
交流も、楽しみ!





10位復帰!。ビール好き若奥様強し!。 

人気blogランキングへ
 クリック宜しく


お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵









      
by tatinomi1 | 2008-03-23 16:09 | 立ち呑み名店 | Comments(1)