excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

■臼杵産「巨大かぼす」。おお、見よ!蜜柑より大きいこの勇姿を!



呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ


 ◎無念、10位転落

 上のを、ぽちり、クリック宜しく
●ご支援クリックを





この前、阪急デパートであった
大分県臼杵市の
久家本店
試飲即売会。

久家本店から赤嶺営業部長来阪。

喜んで出かけ、新作の
「臼杵産紅芋仕込み」

常蔵・芋 を購入。

見事に「ふくらみあり、優しい」味わい。
どちらかといえば剛直な鹿児島の芋、
お隣宮崎の芋は「優しく旨い」。
そのお隣、大分の芋は
「もう少し優しく旨い」




■このとき、貰ったのが
 見たことも、食べたことも、齧ったこともない

見事な、カボス。


大きい

キレイ


どうみても、最高級のカボス。



まあ、ごらんください!(隣の蜜柑が小さく見える!)


c0061686_557687.jpg


左カボス
右みかん












人気blogランキングへ
 クリック宜しく




お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます












お見事、
酒ブログ
10位

素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2008-09-30 05:57 | 九州:至高の角打ち | Comments(3)

■演劇と布教。「迫り来る不況の槌音を前に!」。扇町公園の昼下がり。



呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ


 ◎無念、10位転落

 上のを、ぽちり、クリック宜しく
●ご支援クリックを









すいません。
かきこむはず。ちいと、眠くなり申した。

写真まで準備したが。

朝に回します。




●今夜は、天満の立ち飲み屋
 「大安」へ、はじめて行って見る。
 珍しく、自分の感性では分からなかった
 店。どこかのHPかブログで発見。
 寄ってみた。

 まあ、まあ、いい店。
 こだわりの店。



■先週金曜、天満立ち呑み愛好会?
 で天満駅近く「立呑  さざん家」

 なかなか、ええなあ。


今度、カキクケコ。






c0061686_20484819.jpg

映像もいいが、やはり「生身」の演劇はいい。
藝術の「縄文」系じゃあ。

関西では「維新派」がいいなあ。







c0061686_20491378.jpg

無教会主義のグループか。
韓国の牧師さん?。
みんな真剣に聞いている。素朴なほうの天主教じゃあ。













人気blogランキングへ
 クリック宜しく




お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます












お見事、
酒ブログ
10位

素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2008-09-29 21:12 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

▲埃ある「天草四郎」。6年ものデッドストックを、高台の立ち呑みGET!続(その弐)



呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ


 ◎無念、10位転落

 上のを、ぽちり、クリック宜しく
●ご支援クリックを






昨日の、ひさし鯵、いやひさし鯖、じゃあなく、
ひさし鰤の、高台角打ち。
老練な角打ち士に混じり、グイ。

あてを「云々するようでは」一級角打ち士にはなれない。


立ち呑みは極めたが
角打ちでは、まだまだ。修行が足りない。
アテ、の固執が、ふっ切れない。



今はなき、呑吐ダム近くの
新田酒店

ここの、一級角打ち士、新田大工棟梁は
毎晩仕事帰りにここで、角打ち。

酒は、

毎晩、ワンカップ大関3本


アテは

ショートホープ。(つまり肴は食わない)


しかも、特別席の
椅子アリ。





新田酒店の角打ちコアさにひけをとらない
ここ、高台の角打ち


昨日、意を決し、ある焼酎を買った。
ある焼酎とは、これだ。
ない焼酎は、知らない。


その名は


天草四郎



天草産。正確にいえば
熊本の老舗清酒メーカー

瑞鷹
の手になる麦焼酎。

●パック詰め記号を見れば、おお
 6年前。

この店に通い始め、ずっと、目に入って
気になっていた焼酎紙パック。

周りの清酒は、次々入れ替わるのに
これのみ、ずっと目の前の棚に鎮座。


ごくろうさん!

と昨日、引き取ることに決めた。
ここの、おかみさんも、名残を惜しむかのように

誇り高き、埃を
丁寧に拭いてくれた。


まだあるよ!
取り出してきたのは

「秩父 ゆず酒」

飲んでみれば、アルコール分6度くらい。
10年以上たって、じんわり、アルコールが
抜けたんだろう。
見れば、12度。


隣の「角打ちオイさん」は、
「こんな甘いのは興味ない」でチョン。


c0061686_21165297.jpg


結局、この、デッドストック2本
1000円で分けてもらう。
なにか、可愛い猫の子でも
引き取る気分。

味わいの、角打ちならでは。






人気blogランキングへ
 クリック宜しく




お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます












お見事、
酒ブログ
10位

素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2008-09-28 20:45 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(0)

●「高台角打ち」ひさし鰤に行く。の巻(その壱)基本部分。



呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ


 ◎無念、10位転落

 上のを、ぽちり、クリック宜しく
●ご支援クリックを






暫く行けてなかった、近所の「高台角打ち」
先週の、旗日にも行ったが、休みであった。

昨日は、久しぶりに、いそいそ出かける。

いる、いる。いつもの顔ぶれ。
「酒好きオイさん達」
高齢化の進む市営住宅の中にあるので
ここの常連さんも、かなり高齢化。
なぜか九州出身が多いので。
飯塚・直方あたりの角打ちで呑んでいるような錯覚。

※通いだして、6年目にしてやっと
 角打ち客のはしくれとなる。




■「クラシックフアンが見下げて演歌を遊ぶ」
 気分の、物見遊山客厳禁の店である。



さあ、何を飲もう。


迷えば、ワンカップしかない。
「ワンカップ大関」これ。

アテは、さての、試案橋


いそいそ、来たんで

磯自慢




じゃあなく、戦艦ミズーリ号じゃあなく


鯖の、水煮




「ワンカップ大関」

「鯖の水煮」

枯淡角打ちメニュー、なりや?



c0061686_7363972.jpg





◎これから、何を飲もうか◎

カンチュウハイ、ビール、「宝焼酎ワンカップ」

お、そのとき、配達荷物。中には
「澤の鶴、純米酒紙パック1合」

決めた!

これに!


先ほどの、ワンカップの瓶に写し
「レンジチン」の燗を頼もう。


「これ、頂戴!」

おかみさんの思わぬ発言。

佳選ですけど、いいですか?」の発言。


表示は「純米酒」だが

普通酒より、不味いけどいいの?
ということだ。




封を切って、カップに移し、レンジチンをお願いする。
c0061686_7511567.jpg


確かに、不味い!
普通酒のワンカップ「大関」のほうが
純米酒の紙パック「澤の鶴」より旨い。

●だが、沢の鶴の「純米酒」
 値段が安い。確か150円を割っている。
 大関と比べては、不味いが。値段相応

 むしろ、中身以上にイメージを膨らませる
 「純米酒」表示が逆効果

   「ほどほどの酒を安価に供給」するのが
   ナショナルブランドの役目。


   ■でも、これを支えていた「大量飲酒オイさん」が飲まなくなれば
    危機。熊本の「美少年」のようなことが、今後、手を換え品を換え
    白日に晒されるだろうなあ。

    日本は「国難」

    酒造業は「国酒難」



      何とか、脱さねば!

◎マスコミ、したり顔の評論家などの意見でなく
       自分の「舌」に自信をもとう!


■改めて、表示に惑わされてはいけない、ことを痛感

簡単なことだ。

どんなに「腐れ米」を使っても、米だけなら      純米酒
どんな「ボロ米」で作っても精米度合い・造り方で  大吟醸

酒造り、マジック!





人気blogランキングへ
 クリック宜しく




お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます












お見事、
酒ブログ
10位

素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2008-09-28 07:34 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(0)

■「受け皿つき」ラーメン鉢のラーメン。熊本は、武蔵塚にて。




呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ


 ◎無念、10位転落

 上のを、ぽちり、クリック宜しく
●ご支援クリックを








コップ酒に受け皿。たまにある。
徳利にはかま。いいコンビ。

◎角打ち「もどき」の店で、枡のなかに小ぶりの
 グラスを入れ、幾分こぼれさせる店アリ。
 演出としてはいいが、なら
 大き目のコップで出せばいい。

昔は、盃の下に「盃台」を
敷いていたようだが。

 グラスを入れる枡は、
 薄っぺらな居酒屋などで、良く見かける。


ところが

ところが、

である。




熊本は、熊本駅から5つ目くらいだったか。
確か、豊肥線だったと思うが

「武蔵塚」

ここからまた、少し行ったところの
「詫間」にある、ラーメン屋でのこと。


あっさりスープなのに味の深い
いいラーメン。
小さな個人店舗。

こんな、ラーメン。

c0061686_9171161.jpg



美味しいなあ。

c0061686_9173581.jpg



良く見れば
ラーメン鉢は





c0061686_918712.jpg


袴をはいている。










人気blogランキングへ
 クリック宜しく




お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます












お見事、
酒ブログ
10位

素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2008-09-27 09:15 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

●▲100円拾う。嬉しい、の巻。




呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ


 ◎無念、10位転落

 上のを、ぽちり、クリック宜しく
●ご支援クリックを









昨日、帰りに乗ったバス。三ノ宮駅から
トンネルで六甲山を通り抜けるコース。凡そ20分。

途中、トンネルを抜けるか抜けないかの
微妙な境界のころ、

足にコツン

何かぶつかる。




カブトムシなどの
甲虫がぶつかったのか。

傘の先でも触れたのか?




■トンネルを抜ける頃、足元を見れば
 橋元知事(あしもと知事)が転がっている

 わけはない。

何か、マアルイ物が。
良く見れば、お金。
拾ってみれば、

おお、

100円



恐らく誰か、お金を落とし
ころころ、勢いついて
転がって来て、私の靴に

コン」と当たったのだろう。




単に落ちているのを
拾ったのではなく

拾って欲しいと
向こうから、私の足に向かって
わざわざ、転がって来てくれた


これも、なにかの、ご縁じゃあなく、

百縁。




あまりの嬉しさに、

このお金で、


カンチュウハイを買った。


c0061686_633399.jpg



お、信号も「


ススメ、じゃあ。

c0061686_64229.jpg


縁起がいいなあ。






人気blogランキングへ
 クリック宜しく




お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2008-09-26 06:00 | 路地裏の魔物 | Comments(2)

■熊本「なん帖」。優しい立ち飲みの心栄え。ほろり、感動。




呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ


 ◎無念、10位転落

 上のを、ぽちり、クリック宜しく
●ご支援クリックを








この前行った熊本。帰りの電車まで若干の時間。
バスセンター近くの、味わいの「立ち飲み」

「なん帖」

さくっと引っ掛け帰ろうと壁を見れば
不思議な貼り紙。


なに、これ。


ママさんに聞けば。
大学生のアルバイトが、店をやめるので
「卒業式」をしてあげようとのはからい。





いいなあ。送別会でなく

「卒業式」

店の常連さんも混じっての・・・・



c0061686_616769.jpg


こういう、味わい。

ほろりとくるなあ。



c0061686_6165353.jpg













人気blogランキングへ
 クリック宜しく




お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2008-09-25 06:17 | 縄文日本の心栄え | Comments(3)

屋台風立ち飲み「権兵衛」。天5のあたり。夜の街のオアシス。




呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ


 ◎無念、10位転落

 上のを、ぽちり、クリック宜しく
●ご支援クリックを





2ヶ月ほど前から、気になって、気になって。
夜何度か前を通ったが、回りにいっぱい。入れない。

この店、店外に「屋台状の台」を出し
この周りに客をあしらい、酒とおでんを出す。

丁度、屋台と店舗の中間。
このタイプの店は、どこも
なかなか「哀愁」があり、味わいがある。
関西でも、関東でも、あり、
多くの店に行った経験アリ。
この店も、行く前から、いい店の予感。



■先週、或る日、この店に。
 7時を廻ったころだったろうか。すでに満員。
 おおきな造りつけの、おでん鍋を囲むように
 客が立つ。




暫く、店の周りを徘徊。
15分ほどで、客の仲間入り。
全部で7人くらい。

そのうち、5人くらいは会社の仲間で常連のよう。
傍若無人の会話。コアなきゃくなのだろう。
なにか、居づらい雰囲気。


新世界やなどでの、この手の店は
大概「一人客」なので、静かに淡々と飲めるが・・・
あまり、この店。いい雰囲気ではない。



◎酒は、ナショナルブランドの普通酒を
 「利き猪口」で提供される。
 これは、コップのほうが、量も多く飲みやすいが。

 まあ、こだわりのひとつか。




c0061686_21311560.jpg


なんとなく気になる「哀愁」あり。
でも、プラスチック薄板的
あっさり感も見て取れる。






c0061686_21314389.jpg


やっと、念願の客となる。
でも、なにか、物足りない。

重層の深みが不足か。
でも、素晴らしい店である。







c0061686_21322570.jpg


ドテ焼きより、「おでん」のほうが
この店の売りだろう。

客が店を作るというが
「考えさせられる」なあ。




今日は、いい天気の
いい「一日」であった。









人気blogランキングへ
 クリック宜しく




お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2008-09-23 21:29 | 路地裏の魔物 | Comments(4)

まさに秋である。




呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ


 ◎無念、10位転落

 上のを、ぽちり、クリック宜しく
●ご支援クリックを







c0061686_8272163.jpg


※天5中崎商店街、立ち呑み名店「稲田酒店」の看板酒
        呑めば「上機嫌」じゃーーーー。






朝、4時に起き、早朝の朝を堪能。
2度寝と決め込み、さきほど起きたのは7時。

自民総裁選。麻生さん圧勝。





  ドンであれ満面の笑み秋の雲

                  酔墨


  

  




「あ、そう」

「あ、そうなの」が実感。



いろいろあるが、まあ、こういう国難の時期には
ああいう明るい方がいいのでは。




個人的には、国家観の明快な石破さん
経済通の与謝野さんを押すが、この混迷期の
看板大親分にはちいと、早い。

■麻生さん、久しぶりの、「地方のボス」の
 胡散臭さを引きずる、まさに「自民党らしい」極めつけ。

民主の小沢さん、一時いいなあ、一度総理もいいかと
思った時期も合ったが、最近元気がない、覇気がまったくない。
「ばね入り首振り人形」のようだ。ある面残念。
これでは、

まかり間違って民主党が、政権をとっても
野党となった自民から叩き潰されそう。
この党は、左から右までごじゃごじゃ。
「死んだような小沢さん」の重石がなければ
空中分解する、危うさがある。


一度、やらせてみようか

の声があるが、最高の「国政の舞台」で
こんな悠長なことがいえるか。
ますますこの国が「劣等国」に突っ走る。
突っ張らせている「ある集団」を見極めねば。


◎容姿で大変に損をしている石破さん
 言い得て妙の発言

 民主党には

国家観がない

 あわせ

世界観もない。



  この辺を示さねば、真の「自民に代わり得る」
  政党になれない。



ばら撒きの、子供だましでの政権。
「国家が滅んでは」元も子もない。











人気blogランキングへ
 クリック宜しく




お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2008-09-23 08:20 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

◎幼児用「煙草」。昔からあったなあ。おや、中身が変った。




呑むはげみ、書くはげみ、


人気blogランキングへ


 ◎無念、10位転落

 上のを、ぽちり、クリック宜しく
●ご支援クリックを










これほどのロングセラーがあるだろうか。
「駄菓子の範疇」ではあるものの、
煙草を模したこの駄菓子は、一味違う。

幼稚園の頃、母方の祖父に貰った記憶が
明快に残っている。


■大人の「煙草習慣」を模したこの菓子
 いまなら、喫煙習慣の助長などと
 大変なパッシングをうけるのではなかろうか。

関西に住むようになり、
阪急神埼川駅近くにこれを生産する

オリオン製菓


があるのを知る。



先日、この菓子と

「カルミン」を発見。
カルミンも往年のロングセラー。





c0061686_546748.jpg


■ココアシガレット   オリオン製菓

■カルミン        明治製菓


飾らない美学あり








c0061686_5465899.jpg


ココアシガレットの中身。



旧製品は、本当の煙草のように
白い外側のなかに、茶色い刻み煙草葉の包まれている
ことを模す、手の込んだものであった。


今の商品は、
全く「煙草」をイメージさせない
型抜きの、のっぺらぼう



・大人のまねをして
 「煙草をふかすまね」をする


楽しみがあった。


遠い日の

甘い記憶である。





これでは、煙草をすう真似はできない。

いや、出来ないようにしたのだろう。








人気blogランキングへ
 クリック宜しく




お読みいただいてありがとうございます。
これからも立ち呑み漂流、宜しくお願い申しあげます






素朴で真摯な「日本一小さな酒蔵」の日常日記   

 →右近橘」BLOG 

「地霊の酒」復権友の会推薦BLOG



明日香の霊力の蔵

by tatinomi1 | 2008-09-22 05:54 | 路地裏の魔物 | Comments(2)