excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧

雨月庵雑記③素朴角打ち「長木酒店」の哀愁



呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




雨月庵生活でのオアシスは
地元の酒屋の「角打ち」である。

角打ち客は、2,3人いるかいないか。
そんな寂しい角打ち。

朝7時から、夜8時まで。
いやに早いオープンであることか。
まだ、やってないが、


早朝角打ち

にもチャレンジしてみようかなあ。

◎アテは、

①四角チーズ(関西は三角なのに、こちらはなぜか四角が多い)
②ソーセージ(立ち呑み用の旨いの)
④三角袋入り豆(2袋で30円)


どんなに、逆立ちしても、これしかなi.
まあ、逆に、あれこれ、思わず、
酒のみに集中きる。だから「酒飲み」か?


■28日の角打ち
c0061686_159493.jpg

・面白い瓶の麦あり。聞けば地場「小野富酒造」の作。
 かわった名前。味もユニーク。それより、瓶のユニークさはどうじゃあ。

 長木ご主人。

 「こん焼酎、16度、こんなり飲めるんで。じゃあけど、
  なし、18度にせんかったんじゃろうか。今度社長に
  きいちみる。」

 これだけ、話題になるのはすばらしい!すてきな、300円。


■29日の角打ち
c0061686_28252.jpg

缶ビール、のち「カップ酒」
ほう、こちらでは「月桂冠」。こりゃあいい塩梅。

■30日の角打ち
c0061686_2113820.jpg

これが、シンプルスタイル。
このあと、ビールのもうひとつちいさいのを飲む。

◎長木の主人勘定しながら、何かを発見したように・・・・

 「こん発泡と三角豆で180円。ビールじゃったら、もう一個
  すくねえんで、おんなじ180円。発泡は、やしいのう」


   角打ち 360円

◎昨日は、布団干し。

c0061686_219842.jpg




c0061686_2195939.jpg



◎母校の前を通ると、「公開授業」とやら、入ってみる
 クラスも減り、少人数。丸坊主だったが、いま、自由な雰囲気。
 大きな絵画、書道を、廊下などに、貼ってある。
 「センター試験演習」などというものあり。隔世の感。
 でも、なにか、懐かしい。

 
c0061686_2251981.jpg





呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく
by tatinomi1 | 2009-10-31 02:08 | 佐伯・墓地バラック生活 | Comments(2)

◎「雨月庵雑記②縄文的自炊編。




呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく





基本的に、雨月庵での生活は
自炊を基本としている。

自炊といっても、凝ったものを作るでなく
地場の「命漲る」素朴、安価な
すばらしい食材を生かし
「生」「煮る」「焼く」くらいのこと。

人間の、これまで何千年も営んできた
暮らしの中で、「食」というものを
これほど、

自分がかかわらなくなった時代はないだろう

冷凍食品はあふれ、外食の機会は増え
さらに、「ちゃんとした食」でなく
「菓子」「間食」「サプリメント」
に頼り、飽食の時代といいながら
おかしな食生活が蔓延。

そんななか、昨日、今日はすべて自炊で済ます。

◎まあ、その、

素朴で

貧しい

自炊の実態をごらんください。


■28日昼食

c0061686_2474072.jpg


・チキンラーメンミニ

◎小野富酒造「男の港」30年古酒入り





■28日夕食

c0061686_248487.jpg


・地場産太刀魚煮、なんと一匹75円。新鮮、旨い!
・九州納豆。旨い!
・だいこんおろし。定番。
・汁玉子

◎第3の麦「なしか!」、カボス割


■29日の記録■

・朝、ごみを焼く。先回来庵時にこさえたごみ焼き場で
 火を見るのは、心落ち着く。

・ちゃりでの散策。港から海岸部をまわる。
 「日本丸」の今度着岸する岸壁を見に

・「朝角打ち」おとといに続き2非連続。
 「月桂冠コップ酒」を飲む
・周りの木や草の伐採
・風呂の「蓋」「床マット」買いにホームセンターへ。早速帰って風呂。


いま、真空管式ラジオで
「ラジオ深夜便」を。
音にぬくもりアリ。

南こうせつ、特集である。

まわりは、「無音」の世界。
静かである。




呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく
by tatinomi1 | 2009-10-30 02:50 | 佐伯・墓地バラック生活 | Comments(0)

★雨月庵雑記①到着の日編


呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく





床張替え、風呂ボイラー完成後
初めての、墓地バラック

「雨月庵」

まず、部屋の整理。荷物の置き換え。
それに、掃除。

床は、「赤」「オレンジ」「グリーン」
に色を分けたので、面白い味わいあり。
酒の「アテ」にはならんが。


◎早速、石油ボイラーで風呂を立て入る。
 九州でも屈指の「水道水」

 ミネラルウオーターよりよほど旨い。

 まさに、名水の

 「佐伯名水風呂」


裏の山を眺めての、昼湯もいいもんだ。
家では、風呂嫌いで、風呂は億劫だが
ここでは、楽しい。

■まず、床張替え、ボイラーの概要■

c0061686_731157.jpg

赤い部屋







c0061686_7321258.jpg

同じく赤い部屋






c0061686_7331171.jpg

緑の部屋







c0061686_7341131.jpg

盃、徳利置き場










c0061686_734594.jpg

佐伯バラック墓地

「雨月庵」







呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく
by tatinomi1 | 2009-10-29 07:41 | 佐伯・墓地バラック生活 | Comments(2)

別府上陸。佐伯バラック到着。

呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく







夕べ、6時50分、大阪南港発。
本日、6時40分、別府到着。

別府駅前には、「手湯」がありこれを利用。
「足湯」はあるが、「手湯」ははじめて。

特急を2本のりつぎ、
昼前、佐伯の、バラック

「雨月庵」へ到着

床を張替え、風呂を修理
すこし、おめかし、なったなあ。





c0061686_21385764.jpg

夕べの、酒と弁当





c0061686_21414063.jpg

夕べの関西汽船、食堂



c0061686_21441443.jpg

今朝の、豊後水道風景



呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく
by tatinomi1 | 2009-10-28 21:59 | 佐伯・墓地バラック生活 | Comments(0)

◎船で「雨月庵」へGO!




呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく







おお。先週の「観艦式予行」
、延々8時間の、感動軍事絵巻。

なんか、10月は、船に縁があるなあ。

◎さきほど、弁当と、黒霧島を飲み
 アテのねええ酒飲み。売店で見れば
 「ポッキー」が、大方140キロカロリー。
  豆の部類は、ゆうに、300㌔を超えるものすらあり。


隣の、オイさん組。
ええ、宴会をしているな。
大分のオイさん軍団。
30から、60代まで、まあ、ええ感じじゃあ。


人生の、深みと哀愁の出るのが

「船旅」

酒の酔いが、ゆるりゆれる
この、船で酒は、旨い。

高速バスもいいが

船便
こそ哀愁の極み

いいなあ。この、揺れこそ快感
もう少しは、揺れると、酒が胃に
旨く収まり、ええのだが..




c0061686_2003480.jpg


いま、パンを食うていて、

パンダを想う。

これが


パンダ!




明日、28日から

11月7日まで

大分県佐伯市臼坪7-5の

「雨月庵」で、幽玄なる暮らしじゃあ。

周りは、すべて墓場。

ボチボチゆくか。

墓ばかしく、暮らしを

楽しむんじゃあ!



雨月庵の幽界連絡は、通じておれば・・・・だが

■明かせば   tatinomi@hotmail,com

ははは!じゃあ。のうや。


■tふいに、おとづれる。たった一度、刹那の時間、
 表層的な満足も、そりゃあいい。
 でも、この、関西汽船はえなあ。

 「海洋民族の誇りを感じる」お手伝い。
  関西汽船万歳。京都は、おばんざい。

ひとつ、不満は、


「揺れないこと」

贅沢な意見は、いけんなあ。


海国日本の誇り!
、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく
by tatinomi1 | 2009-10-27 19:42 | 縄文日本の心栄え | Comments(4)

「大根漬け」「白菜漬け」国際角打ちの「和の絶品」。こりゃあいい。




呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)







先日の「観艦式予行」。
前の晩に行った、国際角打ち「ヒデヨシ商店」
チュウハイが名物だが、「漬物もなかなか」

先回の書き込みで、「胡瓜の一本漬け」を
頼んだが、見事な味。

このとき、名店の「漬物」を
持ち帰ることに。

其の晩、宿でひとつ、帰りの夜行バスでひとつ
あとは自宅にもち帰る。


さすが、名店の「アテ」
なかなかに、こなれた、安心感のある漬物。


国際角打ちの

名物が

漬物


というのが、いいなあ。




c0061686_1044597.jpg


まさに見事な漬物。
6個買って帰る。

右のひとつは、食べ残しの
「蛸の酢漬け干物」と「梅」これがまた旨い。


漬物は、後2つ残っている。
いつ、喰おうか?

なあ。






呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)


by tatinomi1 | 2009-10-27 10:37 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(0)

国際角打ちの「漬物」に、横須賀の深みを見た。



呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)








京急「汐入」駅近くの、ヒデヨシ酒店。
「旨く、迫力のアル、チュウハイ」
これは、見事。いい店である。

アテは、蛸の酢漬けとラッキョウを
齧りつつ、飲んだが、漬物が名物と聞く。

「胡瓜の一本漬け」

これを頼む。
アップルチュウハイに、いい相性。

国際的「角打ち」ながら、
「漬物」が売りというのがいいなあ。
c0061686_2294074.jpg


しゃきっと旨く。
すっきり旨い。

これはいいなあ。

一本の浅漬け胡瓜を、小さなナイフで
すいすい、カットして、ホイ。

名店の、無駄の無い、美しい動き。
奇麗に切られた胡瓜は、旨すぎる。





c0061686_22101481.jpg


ええい。
グリンピースの真ん中に「赤い梅」

胡瓜の、グリーンが映えるなあ。

■良く見れば、大根、白菜の、浅漬け
 プラスチックの容器に入って
 100円で売られている。

 お持ち帰り、6個。




呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)


by tatinomi1 | 2009-10-26 22:19 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

横須賀「ヒデヨシ商店」。米国海兵隊員のオアシス。その1.







呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)







昨年秋、ウエブで調べ行った酒屋さん。
横須賀らしく、米兵さんのオアシス。

店の外まで、兵隊さんで溢れる。

巨体の黒人兵が彼女と飲んでいるのも
なんとも、ほほえましい風景。

◎60mlしか焼酎の入ってないチュウハイ、
  ホッピーや
  ハイボールなどは、ここでは、売れない。
  180ミリリットル入りの、濃いホッピーが売り。

 米兵さんは、アップルチュウハイなどがお好みのようだ。

アテは、乾き物中心だが、なんと

漬物

が、名物。

・胡瓜の一本漬け
・白菜漬物
・大根漬物


とても旨い漬物が百円で食えるとは
まさに、オアシス。

実に哀愁あるステキな雰囲気。

※京急横浜中央から、ドブ板通りを抜け、
 京急のガードを抜け、すぐ右。
 駅で言えば、京急汐入駅すぐ。



  



c0061686_6205771.jpg

米兵さんのたむろする
哀愁ある、独特の世界。






c0061686_6221768.jpg


祈念のサイン入り、「ドル紙幣」や
自衛隊艦艇カレンダーが、横須賀らしい。
哀愁があるなあ。


c0061686_6225293.jpg


量りもせず、ドボドボ入れてくれる気前のよさが人気か。
雀の涙ほどの焼酎で350円、などでは、焼き討ちにあいそう。

「気合」が旨さ







c0061686_6231663.jpg


たまたま頼んだ「蛸の酢漬け」
この量も半端じゃあない。
「安い」「旨い」「多い」

関西にも無い名店である。
全国に誇れる名店である。

c0061686_6235482.jpg


なぜか、米兵さんがお好きな、アップルチュウハイ。
これも、なかなか旨い。

◎色に合わせ、「グリンピース」「梅干」を頼む。

■米兵さんは、アテをあまり食べない。
 カップも、米兵さんには透明な「プラコップ」で提供。
 何とも「利に適い、合理的」である。

※漬物編はのちほど・・・・









呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)


by tatinomi1 | 2009-10-26 06:33 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

◎マクワの名残「ハネデューメロン」。メリケンマクワの味は烏賊に、蛸に。







呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)






夕べは、とある御宅にお呼ばれ。
大分マクワ会の、日本酒好きメンバーと、いそいそ、磯自慢。
じゃあなく、出向く。

セキュリティ完璧な、高級マンション。

ステキなメンバー3人と、マクワ会メンバー2人
「最高に美形猫」と、6人の宴会。

知性とセンス、おもてなしの心満載の
夢のように「美味しく心満たす」宴。

■大阪城を眼下に見下ろす最高の夜景。
 別に、火の用心の「夜警」に出るわけではないが。

ビール、日本酒(和歌山、熊本)、ワインと
酒は進み、宴も進む。ええなあ、この、宴。
「心満たす酒」とは、こういうこと。と
まさに、見事な展開。

◎このまま「お店」を開けば
  見事な店になるだろうなあ。
  「センス、品格、心栄え、味、味わい」すべて満たす。


料理の写真もすべて(後半は、逃したが)撮ったが、
見事な味わいを写す技量が無いので、
料理に無礼になるので、掲出取りやめ。


■そこで■

ここで、9月27日当ブログに書き込んだ
「アメリカまくわ」の続きを見て見よう。

実は、先月27日に、初めて買ったこの巨大マクワ。
熟れるのを待っていた。
夕べ「大分マクワ会」からの持ち込み。
丁度、本物メロンを頂いたあと、いよいよのデビュー。

「全く不味い予感も!」

さても・・

c0061686_20533086.jpg

巨大な、メリケンまくわ。
西瓜をきるように、大変。




c0061686_20541550.jpg


高密度に、張り詰めた実。
甘い香り。




c0061686_20545786.jpg


みずみずしい果肉。
甘さ極みなし。




c0061686_20554560.jpg

買ってすぐ食べず、半月以上
寝かしてよかった。

「メロンより旨い」との声も。
この値段では、驚異的旨さ。

※でも「マクワの哀愁」は無い!







呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)


by tatinomi1 | 2009-10-25 20:32 | マクワ人生 | Comments(0)

■乗艦した「はたかぜ」。艦影のステキな軍艦らしい姿がいいなあ。






呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)






一昨日の、感動の海上軍事絵巻相模湾上での「自衛隊観艦式予行」

見事なる感動を与えてくれました。
予算、規模、人員で、中国に追い越されてはいるが、
この、見事なる「運用」を目の当たりにすれば、
どっこい、負けたモンじゃあないと実感。
一糸乱れぬ、艦艇、潜水艦、航空機の、大式典予行。
「帝国海軍の末裔」の血を受け継いでいる。

■乗艦したのは、護衛艦「はたかぜ」
 新鋭艦ではないが、特徴アル武器を搭載している。

先ずは、

「ターターロケット」

航空機、艦艇、いずれも攻撃できるよう
付け替え式の発射台をもち、
高速で、ロケットの装着が出来る
優美なロケットが特徴。


c0061686_1254115.jpg


ちなみに、このロケットはダミー弾
同型艦の「さわかぜ」はターターが後方についている。

次に

「5インチ砲」

汎用護衛艦では、大型の部類で
形も良く、砲塔に隊員が入るタイプ。
砲塔が、一段高い砲台に乗せられており
これがまた、美しい。

後ろにも、もう一門あるタイプで。
これが、美しさの大きな要因。

ヘリ格納庫の箱、
イージスのステルス形状、
の護衛艦にない、旧来の「軍艦らしい軍艦」

姫路城を毎日眺めて育つと凛々しく育つように
こういう美しい艦影を見て勤務すると
「美しくも勇ましい」艦艇乗りになるんだろうなあ。
以前、オタクと呼ばれた石破大臣が
「護衛艦は美しいのがいい」と書かれてある
本を読んだことがある。
なるほど、納得である。

c0061686_1221994.jpg


祝砲でこの砲門が火を噴いたが
耳栓をしていても、天地をゆるがす轟音。
今回の観艦式予行で最も大きな体験。

書くことが多すぎ、僅かしか触れることが出来ない。
ゆっくり、全容はのちほど。

・立ち呑みファンの方、軍事ブログでもないのに
 一方的書き込み、お許しください。すぐ、立ち呑みに戻りますので。






c0061686_12373834.jpg


堂々の、観閲艦隊、観閲付属艦隊

前方が、付属艦隊

先頭は、潜水艦救援艦「ちはや」(潜水艦の救援母艦、深海潜水艇積載)
      続くは試験艦「あすか」(レーダーやソナーの開発実証艦)

後方が、観閲艦隊

先頭は、観閲艦「くらま」、護衛艦「こんごう」






c0061686_1238327.jpg



受閲艦隊、「さわかぜ」「ひゅうが」の勇姿。
どちらも美しい!







c0061686_12391625.jpg


おお、堂々の艦艇。








c0061686_12393738.jpg


ステルス設計ながら、イージスの「軍艦らしからぬ艦影」
でなく、

「日本的美学」

で設計されている。これこそが
「日本の艦艇」の美学!








c0061686_1240299.jpg

最新鋭潜水艦「そうりゅう」も参加しているが
この潜水艦は、どれか不明である。


■本日、観艦式本番。

 鳩山さんじゃあ、なにか、気抜けのする感じ。
 小泉さんや安倍さんとは違う。場違い感。
 「鳩が豆鉄砲を喰らった」ような貌で望むのかなあ。
 ※今後来るだろう、「小沢社会主義的独裁国家」の
  懐柔役「鳩仮面」さんの、観艦式デビューだ!
気持ちの悪い「友愛顔」で望むのかなあ。

→ 鳩山さん欠席、吐き気のする菅さん出席だったようだ。



呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)


by tatinomi1 | 2009-10-25 12:30 | 廣瀬中佐の心栄え | Comments(0)