excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 12月 ( 43 )   > この月の画像一覧

◎「角打ち最終」◎


年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ









迷ったすえ、高台の「角打ち」へ行く。
寒風のなか、物好きにもほどがあるが。

たぶん、もうしまっているだろう。
でも、行かざるを得ない。
なにも行くこともないのだろうが、
でも行った。


さあ、どうか。

99パーセント開いていないだろう。
でも来たのだ。

c0061686_2128382.jpg





店に近づく。
開いていないだろう。

この寒風をものかわとせず、
ここまできたのだが。




店の前


なんと、
いままさに、シャッターを閉めた瞬間。
女将さん、正月のシャッターにはる
ポスターを、茶色の「紙ガムテープ」で
貼っている。



c0061686_21363596.jpg



「貼り終え、二言、三言言葉を交わし」
今年のお礼と、来年の「宜しく」を伝え、

高台の、角打ちを去る。



c0061686_2147738.jpg




何か、

心の

満足。








年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2009-12-31 21:39 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(0)

●「電子便所」ベンジャミン、吃驚。フランクリンの見識。参った、お寺に参った。



年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ





いやあ。もう今年もわずか、7時間。感無量。
3時頃、近所のコンビ二で、賞味期限が
今年で切れる「発泡」を、100円で買う。
まあ、ジュースかわりにええなあ。


酒を午前中に飲んで、のどが渇いてまあ、ええなあ。
今日は、天気晴朗なれど、風強し。
さあ、これから、どうしょう。

「高台の角打ち」にyつくべきか。
さもなくば、ここで呑むか。
まあ、まあ、まあ。




■余り好評でない「上海哀愁」漂流■


アメリカの大統領でありながら
「下仁田葱」普及協会の米国参与。
ベンジョミンフランクリンさん。


今回の上海の「公衆便所民」事情に
どう、思われるだろう。


先ずは写真を。

◎じょんじょろりん我慢できず
 飛び込んだ、豫園の便所。
 もう「酔えん」状況。張り裂けそうな感じ。
 安心し

 携帯でパシャ。


 あとで吃驚。写っている画像。


 ハイ、見て


c0061686_1753220.jpg

◎素晴らしい。在室の有無。入って何分かの時間表示
 こういう「有無を言わさぬ徹底」はいいなあ。

◎でも「上海老街」の便所は有料。3角、大便所は仕切りなし
  こういう混在の

  混沌がええ!







懲りませんぞ。流行や、ハイライトはわが哀愁ブログでなくとも
何ぼでもある。自分の役割は「墨守」だ。
こうなければ、世の中、面白みは無くなる。

なあ!






年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ


ひるまんぞ!

10位に、入るんじゃあ!


by tatinomi1 | 2009-12-31 16:45 | 哀愁的上海 | Comments(2)

★乍浦路「拉麺対決」。その結果や、烏賊に、蛸に。



年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ







おお、今日で、今年も終わり。
明日から、新年。信念を持たなくても、持って生きても
万人平等に、


新年は訪れる


年末の、上海「立ち呑み感覚漂流」
なかなか、楽しかった。味わいのあるいい街である。
夕べ、TVで中国の歴史的女性歌手の目からみた
街の変遷をやっていた。


◎記録のために、次々書き込むが、
 こういう「哀愁世界」は、とみに嫌われると見え、
 旅行中の

   
   空白期の14位から、
   日に、3度更新しても、アップしない



 別に「ランクアップ」が目的じゃあないのでいいのだが、
 少し、寂しい気持ちもしないでもない。

 やはり、ブログとは、

 同じ題材、同じ視点、お手軽話題、で
 安心感がないと好まれない。

 ・ブログとは「覗き見」満足メディア。
  ふと覗いて、「重い内容」「綺麗でない内容」
  「自分の生活からかけ離れた内容」
  は、「覗き見満足」の域を超え、その好感度は下がる。
 


 理として、当然!

 犬でも、分かる!


 でも楽しい、内容によって、その、評価がすぐに見えるから。
 「綺麗でない映像世界」(我が得意分野)、「政治話題」は
 極端に嫌悪される。わかっての書き込みなので覚悟のうえ。


■少々、嫌でもお付き合いを■

中国のラーメン。さほど盛り上がってない。
「奇形のように味を極めた」日本のラーメンは

味の精華

マニアや評論家まで多い「ラーメン世界」。
「たくあん評論家」や「おでん評論家」はいない。

■不満「そんなにラーメンは偉いのか?」

私は、ほどほどの、350円くらいの普通の
博多ラーメン、それも、哀愁の店の。がいい。

かって、郷里佐伯にあった


上海ラーメン


が、原点。

◎ラーメンの、薀蓄も、能書きも、批評もする気はないので
  淡々と、事実を記載するに、とどめる。



①新疆・哀愁拉麺


  エキゾチックな、看板の哀愁溢れる小さな店。
  家族経営。テイクアウトメインか?
  外でつくり、中でも食える。

  牛肉拉麺: 75円


c0061686_6173368.jpg

西域のエキゾチック感、好きだ!


c0061686_6183468.jpg

「イスラムの教え」は大切にしよう!


「イスラム習俗 外菜入れる勿れ






美しいまでの「姿勢」の維持。


c0061686_619060.jpg

◎感動随所に

  ①左上の油。取り除かず、哀愁の原点味。
  ②「香菜」の青いえぐ味が、味の「位相」を決める。
  ③左下の、麺での「リング」造形

     偶然の、秀作。


c0061686_6192556.jpg

   はい、5元売り上げー。帳簿につけたよん!食い逃げ、あかんよん!



②大型店・蘇州拉麺

かなりの大型店。チエーン店のようだ。
あれこれ、いろんな料理が出来るよう。
メインは「スープ系」のよう。

オーソドックスに

骨付き牛肉拉麺


一杯:60円
c0061686_6344364.jpg

ここで、注文。金を払い席で待つ。


c0061686_635770.jpg

清潔で、広い。


c0061686_6352799.jpg

一見、おいしそう。

・スープは旨い。
・「スープ」「麺」「骨付き肉」が融和していない。
 あっち向いて「ホイ」の味。




はじめから

勝負は

ついていた。






年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2009-12-31 05:38 | 哀愁的上海 | Comments(3)

▲▽「北国村」最終日。▽▼



年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ









今日は、神戸北の「鹿の子台」にある
イオンのアウトレットモールへ。

まあ、余り乗り気じゃあなかったが、
一度は行って見たいので、
家族について行く。

◎単独行動で、回る。

コーヒー豆専門店らしい店。
「ラム酒」に「チーズ」

おもろい「チーズのたまり漬け」を買う。


■珈琲豆で、発見

 「ハワイ・コナ


珈琲はあまり得意でない私の
最も好きな豆。

でも、でも、200グラム、1800円。ちいと値が張る。
 (高いとは言わない、いいものは、高い)

100グラム、売ってもらえませんか?

だめでした。まあ、そうでしょう。
これだけ、100グラムで売れば、他の300円から、800円
中心の豆まで、100グラムでオーダーがくれば面倒。
きらめました。

■あと、イオンの酒売り場

 
 丹波の「鳳鳴」


心から好きな酒。
同じ丹波の「小鼓」に比べ
ハートの温もりある酒。


もうひとつ。
かっての、ウイスキーのええもん
「バランタイン」、980円。時代はかわったなー。

レッド、ハイニッカのかわりに、買う。

価値観は壊れている


■味だけで、勝負では
 突然、足元を掬われる時代の怖さ。



◎持論、味の分かる人士、2割。
  まあ安物の「バランタイン」980円。

  サントリーが

  「ハイボール」で、今は角瓶だが

  「トリス」最高

と、上手な宣伝を打てば、
「バランタイン」より、売れるだろう。その程度のもの。
ははは!



■最後の「北国村」名残惜しい■


わずか3日通っただけで、心通い、
別れを惜しむ気持ちになる、いい店。

めぐり合わせの「幸せ」を思う。

◎マスコミ本、舌先、金、高額な流行店を
 追わない旅で、

 磁力のように惹かれた店。

 
乍浦路「北国村」


名残惜しい映像、
こんな、感じでした。


c0061686_22401481.jpg

続けて3日通った「北国村」。
何がそんなに魔力的か、と聞かれても、答えようがない。

◎ちょうど、毎週土曜の家の近く
 「高台の角打ち」に行くのと同じ。

女将さんおすすめの、一品。



c0061686_22403769.jpg

これも、おすすめ。
素朴にうまい。

包んでもらい。
飛行場、機内で、味わう。



c0061686_22405938.jpg

◎先日と同じ「白乾」を!と頼めば

女将さん、

「こまいんでええやろ!」

ということで、


可愛く丸い


のを、わざわざ、持ってきてくれた。
強面だが実は優しい。

この「白乾」、初めて飲んだがええ酒。
ハルピン産。実に旨い。



c0061686_22412224.jpg

隣のテーブル、和気藹々。
東北地方のご出身らしき、
素敵な、ご家族。

最後に出た。


骨付き肉


ソフトボールくらいの骨付き肉。

◎子供がどうやって、こんな手ごわい肉を平らげるか
  横目でちらり。

  
感動の展開


①店は、全員の数分の「ビニール手袋」を与えた。
  子供もこれを小さな手に入れ、
  骨をつかむ。

②見たこともない、

  「細いストロー」を全員に

  なんと、これで、太い骨の
  骨髄に差込み、

  骨髄液を、チューチュー、

  参った。


    
    ※奇形のように舌先だけ追う「美食主義」でない、縄文の闇のような
     おおらかな「野生」が、生きている。
     


c0061686_22414364.jpg


  食べのこし、平気。これはちいと、勿体無いなあ。





年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2009-12-30 22:23 | 哀愁的上海 | Comments(4)

●「西施豆腐坊」2度目。上海老街の名店。一度発見できず!



年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ










豫園より味わいと哀愁のある

上海老街


その、入り口門のすぐ右手にある
豆腐料理の名店。
といっても、ごく小さな見落としそうな店。
2007年の正月、家族で上海。
このとき発見。余りの哀愁と濃い雰囲気に
圧倒される。


西施豆腐坊


昨年、ここに行こうと探したが分からず。
あまりの「老街」の町並み整理で
消えたのかとあきらめていた。

今回行く前に、パソコンで見ていると
健在の記事を読む。

・偶然発見した店ながら、伝統の名店であることを
 発見。

こりゃあ、行かない手はない。


見れば、看板の

「豆腐」そのものがうまいそうな



■そこで、豆腐を頼む■

豆腐花

45円。

こんな名店の素敵な「豆腐」がなんと安く
味わえることか。

その、哀愁世界を、ぜひ、ごらんあれ!


c0061686_1595480.jpg

入り口風景。
老街門からすぐ右。


c0061686_15101889.jpg

店内から外を眺める


c0061686_15104988.jpg

注文と、金払いを入ってすぐ左で。


c0061686_15111277.jpg

前の席。残している。



c0061686_15113686.jpg

薬味である。「麺」用のようだ。



c0061686_15115655.jpg

天井が「ほげ」ている。地元のオイさんが来て、あれこれ意見していた。



c0061686_15122121.jpg

「豆腐屋」でビールを飲む常連さん。
ええ感じのおばちやん。

大阪のおばちゃんに近いなあ。名店の常連さん
迫力あり!


これが、あこがれの

豆腐花
c0061686_15124341.jpg

なんとも「優しい」味。
淡々とした「深み」あり。うまい。

「甘い味付け」も選べる。

45円の美食



     
   →

      2007年、自分のブログでの書き込み発見!

              ここをクリック!




年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2009-12-30 14:42 | 哀愁的上海 | Comments(4)

★「中島」「イマナカ」哀愁の歳末風景は、こうだ。



年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ








最愛の十三。わが立ち呑みの原点。
オオバコ超名店、双璧の

「呉羽 中島酒店」

「酒のイマナカ」

呑み収めと、来春の

「立ち呑みの流儀」

出版の報告に。ああ、いい、酒じゃあ。
落ち着くなあ。
一方にないものが、一方にあり
十三の立ち呑みシーンを導く名店中の名店。



・中島では、「富貴」と「いいとも」

・イマナカでは「ようわからんパック芋」


この酒の、味わいは両店の違い
「味」だけでは語れない、この深み。


今日は、さあ。
高台の、

角打ち

に行こうか。
でも、やっているかなあ。まあ、行って見ると
するか。行って分かるのも、
事前に分かるよりいいかなあ。
いいとも、言えんが。
「いいとも」でも、(宮崎雲海酒造の麦」)
呑むか。




◎画像、ご覧ください!

①呉羽・中島編



c0061686_853414.jpg

キープ「日向雲海の麦」
大分出身ながら、麦のこの味はいい。



c0061686_854169.jpg

自家製「ソーダ」



c0061686_8542462.jpg

おでん「厚揚げ」定番の安心感



c0061686_8544567.jpg

この名店の

「堂々たるたたずまい」はどうだ。
美学すらある。







②「酒のイマナカ」編



c0061686_855799.jpg

ホタテ、豆腐ヨウなど、
意欲的な品揃え




c0061686_855408.jpg

中ジョッキで「酎ジョッキ」
これはいいなあ。





c0061686_856553.jpg

なんとも落ち着く風景。



素敵な

十三







年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2009-12-30 08:56 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

■最終十三「中島。イマナカ」ええ味わいじゃあ。



年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ












本年最終、十三呑み。


先ずは「呉羽中島酒店」。

6時前だったのですいていた。
先ず。日本酒の燗。


富貴


この酒、最近なかなか旨い。
昨日もなかなかのいい味。
「輝くような深みに」「すっきり感」が加わり
いうことなし。


マスターに、味をほめれば、
「確かに言うとおり、味が毎年かわるなあ」と。
この富貴。



◎いい味を、変遷している。
  楽しいことだ!


あと、キープの、


「いいとも」


を、自家製ソーダで割ってのむ。
いいもんだあ。



★後から来た、一級立ち呑み士とおぼしきオイさん。
  燗酒と、あろうことか

  「おでんの蒟蒻」

  代金先払い、
  すっと呑み、すっと喰い消えた。
  なかなかの腕前じゃ。



■次に、「酒のイマナカ」

決まっての、紙パック芋の
ソーダ割り。

アルバイトの兄ちゃん、ソーダが分からず
「甘いの」を持ってくる。


アテは

「煮黒豆」

これも立ち呑みでは
渋いアテ

アテを、

「グリンピース」にかえ
さあ、帰路へ。


最終十三、年末十三
さわやかに切り上げる。


ええ、街。


十三





年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2009-12-30 01:59 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

★15円最高の朝食。




宜しくポチリ

人気ブログランキングへ








上海3日目の朝。
6時頃、起きて外灘へ。
宿の近くの工事現場に、食い物売りが。
暗くてよく見えないが、




とわかる。一杯一元、15円。
玄米粥に砂糖を少しかけてある。
それに、高菜漬けのようなのを、

ひょい、ひょい、とかけてくれる。



旨い


宿の朝食は、霞んでしまう。
こんな感動の味が15円。

感動は値段に比例しない


◎環境運動展開中なので、
  発泡スチロールの容器を、差し出すと「いらん!」と
  要らんといわれても困るので、差し出すと

 
 一旦受け取り、後ろにポイ!


※工事の方々、見れば、もう一杯分、ビニール袋に
 入れてもらい、現場へ。朝の一杯を食べ、
 この容器を残しておいて、昼袋から移したべるのだろう。

 オイさん達、がんばれ!




c0061686_12968.jpg








c0061686_1292169.jpg







c0061686_1293777.jpg








c0061686_1295472.jpg










宜しくポチリ

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2009-12-29 12:10 | 哀愁的上海 | Comments(0)

★薬缶燗の紹興酒。「北国村」の酒は落ち着くなあ!





宜しくポチリ

人気ブログランキングへ







昨日は、用事で大阪。
用事のあと、京橋。先ずは、年明けの出版


「立ち呑みの流儀」


表紙レイアウト、文字組の打ち合わせ。
(株)モノリスの大松社長、甲田さんに見せていただく。
題字、挿画は先輩の、今岡忠篤氏の作品。

こりゃあ、内容負けしそうだ。見事な出来上がりに
感動と同時に、息を呑む一瞬。


一月一日の、当ブログで装丁のみご披露
させていただきます。
2月下旬から、限定400部、書店の取り寄せ可能。
税別、1600円です。
高いようですが、こういう自費出版、なんと
半分が出版社・流通経費取り分。売れるほどの持ち出し。
そのあたり、ご理解、ご容赦を!



■本題■


上海2日目。魯迅公園、帰り歩き
哀愁風景を楽しむ。路地奥でおばあさんの「煮卵」売り、
一元を間違え、旧硬貨の一毛を渡す。
なんじゃあ、ちゃうで、これ。いやすいませんなあ。おお、あんさん日本人ね。
楽しく大笑い。ええ、ばっちゃじゃあ。
お詫びに、煮た薄揚げのようなのを買う
これが、大当たり。味は哀愁。
宿で、前夜の、「白乾」で、いただく。うまい。

そのあと、「北国村」へ。4時オープンと聞いていたので
一番客。

強面だが実は優しい女将さんと、若い従業員。
暇の時間、テレビに見とれる。

若い従業員、彼氏に上げるのだろう毛糸の何かを
編んでいる。テレビに見とれ、面白いシーン、
編みかけの毛糸をもったまま、立ち上がり
ぴょンぴょン飛び跳ねる。
久しく見ていない、素朴な、いいシーン。
もう日本では見られない、素朴な風景。

突然、物貰い、店に侵入、跪き、金の無心。

女将、ものすごい剣幕で、圧倒する迫力で
見事に追い返す。

友愛」で受け入れれば、店は滅びる。

何を頼もうか、そうだ簡単


「麻婆豆腐」


あわせるに、


「蒸しレバー」


◎今日は、紹興酒で、

  驚くべき、なんと瓶一本で150円。

  燗をお願いすると、おおいいなあ。

  

立ち呑みの流儀の

薬缶直燗


哀愁風景、ごらんを!




c0061686_817313.jpg




c0061686_8175265.jpg




c0061686_8181525.jpg




c0061686_8183762.jpg




c0061686_818587.jpg

以前東京丸ビルのおしゃれな四川料理の店で
辛さに絶句した記憶。

その倍ほど辛い





宜しくポチリ

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2009-12-29 08:19 | 哀愁的上海 | Comments(5)

■「魯迅記念メタル」、出ない、驚くべき対応とは。




宜しくポチリ

人気ブログランキングへ










上海2日目。これまで3回来たが、虹口には始めて。
ここは、日本人租界のエリア。

◎歌などにもよく出る。

 あの「上海リル」でも、

♪ 夢の四馬路か、虹口の街か・・・・
  と哀調の調べに乗る。


ここの、

魯迅公園にある、


魯迅記念館


帰りに、記念メダル自動販売機を発見。
立派な機械である。

料金は:2元。

こりゃあ安い。買おう。
2元入れたが、出ない。
しょうがなく、もう一元入れるも出ない。


■2階から階下の余生事務員さんを呼ぶ■

出ないむね伝えると
この「おねえさん」意外な行動。





なんと、機械をこぶしで
力任せに叩く。


ポロリ、とメタル。



一元払いすぎを伝えれば、


ポケットから、「ホイ」と取り出し
渡してくれた。


なんとも、

全時代的おおらかさ。
たのしくなったなあ。

こういう感覚、腹の立つより
嬉しくなる。


■苦労して手に入れたメタル■


c0061686_1911545.jpg


家宝にしよう



★魯迅公園の詳細は、ここをクリックして!★

  立ち呑み漂流別館







宜しくポチリ

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2009-12-28 19:03 | 哀愁的上海 | Comments(0)