excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧

ホスト猫「りょう君」に新年の挨拶、無事終わる!


応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ





昨日、神戸角打ち学会主宰ご夫妻とPAPAさんと
立ち呑みツアーを実施。

その途中、今回の本命の
「盛進商行」。

先日新年のご挨拶に伺い、
店長、女将さん、常連さんにも
挨拶できたが、

猫のりょう君

にご挨拶できてなかった
そこで、8時前くらいだったか
すばらしき店「盛進商行」へ。


なんと、がらがら。こんなのは初めて。
坂下店長に聞けば、簡単。


「寒いからこないの」

見事な割り切り。
女将さんは寒く上で寝ているらしい。

そうこうしていると

りょう君のおでまし。いつもは女将さんの
親衛隊長で、女将さんの露払いだが
このときは、単独。


◎写真酒さんが嫌がる、ズボンのすそに
  すりより、お愛想をふりまくサービス。

でも猫は気まぐれ、テーブルの上に
ごろりと横になる


c0061686_14375566.jpg




テーぶブルの下に石油ストーブ
ねこは賢い。
「ネコむ」には理由あり



c0061686_14385282.jpg


アテも今日は充実



c0061686_14395485.jpg



角のポケット瓶で
すばらしい酒の
本流を楽しむ




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2011-01-15 14:52 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

「でかマラソテー」「カレーハンバーグ」岡室酒店のこだわり

応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ







昨日は、神戸角打ち学会ご夫妻、PAPAさんと
天満・中崎ツアーへ。新年のご挨拶をかね。

「立ち呑みワイン」

「稲田酒店」

「盛進商行」


そして主宰行き付けの店

味わい深い、おいしい
すばらしい酒であった。
その模様はのちほどとして
岡室酒店の話題。


・駅裏の「岡室酒店直売所」ではなく
 国道に面したほう。お兄さんの店。


■マスター料理の清華■

センスがあってお茶目なマスターは料理名人
味と「ウイット」両立する名品のアテは
大人気。料理に「力」があり旨いのなんの

・いささか濃い味付け

この流儀は、盛進商行の
坂下店長の味に似たところあり。
どちらの料理も

「どきどきするほど」

旨い。



作品紹介





c0061686_910451.jpg


でかマラソテー

◎根元に、ミニトマトかミニ「玉葱」を2個
  置けばさらにいいのになあ。
  聞けば「そこまではなあ」との返事。
  結局、コレは食べなかった。

  「サラダの貧乳盛」だの面白い
  肴を目にするのも面白い。








c0061686_9132025.jpg


カレーハンバーグ

頼むと、煮えたぎるように
火であぶってくれ、油が滾っているのを
食す。

旨すぎ!

ああ旨い!


見事である







■見識ブログご紹介■

 祭屋梅の助  

 公式ブログご覧下さい!

 ※恥知らずの変態、「レロ爺」の下劣コメントに
   穢されています。応援コメントでレロ爺殲滅を!




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「ニッカと菊正」




 
by tatinomi1 | 2011-01-15 09:27 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

讃岐饂飩肴で清酒を呑む。天満宮近くの饂飩屋さん!


応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ







大阪天満宮、繁盛亭に商店街から入る
その、まさに、その位置にある、うどん屋さん。
「丸亀製麺」ののぼりの上がる大きな店。

店の姿勢が極めていい。
讃岐の本場の味とは雲泥の差で
料金だけぼったくる店の多い中で
ここは、秀逸。

■理由■

①店の立地がめでたい
②店の活気がいい
③店員さんが親切
④饂飩が安い

  小饂飩  100円(見事)

⑤鰹節の煮付け無料
⑥トッピング安く旨い

  紅生姜天あり

⑦上質の天カス、かけ放題
⑧おろし生姜かけ放題




昼はたまに行くが、先日
のみ帰りの饂飩へ。



まず、小饂飩と

かきあげ(見事にぱりぱり、背が高い)


おや、こんなんが。
こりゃあ、見過ごせない。
◎夜遅くの展開
昼は置いてない

c0061686_7412930.jpg



そうのこうので、
こんな感じで
「食うて」「呑み」ましたよ。

c0061686_7393550.jpg

自分で組んだ

ワンコインセット


500円

で、お釣りの妙






◎今度は、饂飩は頼まず

 紅生姜天と「燗酒」で
 楽しんでみようかな。

すばらしい店である。
「天神さん」のおかげ、
それほど、
すばらしい。







■見識ブログご紹介■

 祭屋梅の助  

 公式ブログご覧下さい!

 ※恥知らずの変態、「レロ爺」の下劣コメントに
   穢されています。応援コメントでレロ爺殲滅を!




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「ワインとレロ爺」




 
by tatinomi1 | 2011-01-14 07:52 | 路地裏の魔物 | Comments(4)

「馬刺し」天満宮の南がわ。こりゃあ酒屋の立ち呑みではなかなか食えない。



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ





朝、大阪天満宮南側の「みなみかわ」の
見事な「馬刺し」の画像。
時間がなく、アップ、アップ。
したが、アップ出来ず。
今夜帰って、追いかけアップ。




「馬刺し」

見た瞬間、驚く。
実にきれいだった。

大阪の場合
椅子ありの居酒屋でも、冷凍が溶けて
旨みが溶けて出てしまったような
「どす黒い」馬刺しが平気。
まず頼まない。

きのうは、この馬刺しの美しさに驚く。
居酒屋でも「志なの屋」のは安価で旨い。

でも、これが酒屋併設の
「立ち呑み」で提供の物とはうれしい。
あまりに「外見」が良すぎるので
多少、味がついてこない面もいなめないが
それは贅沢。見事である。

真っ白な脂身、
「たてがみ」が欲しくなる一瞬。
これは、関西ではなかなか九円。(食えん)

というところで、
今夜はこれにて、おやすみなさい!





c0061686_21254249.jpg







■見識ブログご紹介■

 祭屋梅の助  

 公式ブログご覧下さい!

 ※恥知らずの変態、「レロ爺」の下劣コメントに
   穢されています。応援コメントでレロ爺殲滅を!




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「ワインとレロ爺」




 
by tatinomi1 | 2011-01-13 21:32 | 立ち呑み名店 | Comments(4)

天満宮の南がわ?


応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ







神戸角打ち学会主宰のブログでの
みごとな、最高級の洒落

三宮の東だ

立ち呑み酒屋「東田」をもじり
場所とかけた見事な言い換え。

わたしも、主宰にならって
こんな店に行きました。



◎大阪天満宮のすぐ南

  立ち呑み酒屋の「みなみかわ」

  あやかり、


 
 天満宮の南がわ


なんか、もうひとつ面白くないなあ
PAPAさんどうですか?


■でも店は名店■

東田さんにまけない見識とええ感じ。
客はいっぱい。
会社の仲間と3人で。



最初は、角うちアテで
「角打ちの流儀」に思いをはせる
c0061686_7473248.jpg




おでんも、なかなか。
おおきな大根の下には
大阪名物


梅焼き

c0061686_7491534.jpg



このあと、いろいろ頼むが
圧巻は

馬刺し

画像がうまく出ないので
のちほど
ご猶予を・・・・






■見識ブログご紹介■

 祭屋梅の助  

 公式ブログご覧下さい!

 ※恥知らずの変態、「レロ爺」の下劣コメントに
   穢されています。応援コメントでレロ爺殲滅を!




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「ワインとレロ爺」




 
by tatinomi1 | 2011-01-13 08:00 | 立ち呑み名店 | Comments(4)

松浦の「まめ、どて、なんきん」えべっさんの味がする。



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ







昨日は会社の近くの「松浦酒店」に新年のご挨拶。
かって経験したことのない、がらがら。
社長に聞けば、ある理由。

「えべっさん」

つまりこうだ、早めに「えべっさん」に商売繁盛を
祈る前に、寒いので一杯引っ掛け。
おまえりのあと、帰ってしまったのだという。
なるほど。関西ならでは。


・おでん
・ポテサラ

見事に旨いアテのあとは


c0061686_7175662.jpg


「なんきん」
公園前世界長の南京は日本一「料亭」
の味だが、ここのは
家庭料理の延長。素朴で旨い。


そして、
定番。

「金盃」廃業後のあとがま
金盃より旨い

「福徳長」

この味に合う味の設計
で、素直に旨い。
名店の逸品。

金盃のころの「どて」より
甘さが減った。
ということは、金盃のほうが
甘口だったなあ。




c0061686_7213163.jpg



きわめつけは

「そらまめ」


c0061686_7292953.jpg



◎おや、この時期に?冷凍そらまめ。
  そらまめ好きの私は、コープ神戸で
  冷凍完成そらまめを買うが
  まずいことこのうえなし。

社長に聞けば

「うちはこだわっているんで冷凍は置かない

ハウスもんのわせですよ!」

さすが、浪速立ち呑みの重鎮

松浦酒店



「いも」「たこ」「なんきん」

ならぬ

「まめ」「どて」「なんきん」

こりゃあいいい。





■見識ブログご紹介■

 祭屋梅の助  

 公式ブログご覧下さい!

 ※恥知らずの変態、「レロ爺」の下劣コメントに
   穢されています。応援コメントでレロ爺殲滅を!




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「ワインとレロ爺」




 
by tatinomi1 | 2011-01-12 07:26 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

赤松後の「山田酒販」、赤松前から決めていた。


応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ






9日の「立ち呑み新年会」会場は赤松酒店。
2次会にというか、一人でもここに行く
と決めていたので、迷わず一直線。

赤松の前に、ちょっとより
「清酒試飲アンケート」の
景品をいただきく。

「矮小槌」の試飲

◎景品の「慶祝ビール」をいただく。

看板がにぎやか。

c0061686_6283251.jpg




大勢で入ったが、満員、入れない。
写真酒さんの提案で
「初めての方」のみ限定で。
私は案内役


c0061686_6291461.jpg




300円で、おでん3品と地酒

◎3セットしかない。後の方は
  単品。

 「ほたて子」がいい。

◎カウンターの奥まで要りこみ
  店客混成状態。
c0061686_6301279.jpg




入れなかった皆さん、
「公園前世界長」
こちらも混戦状態とのこと。

◎やがて、「赤ひげ」で
再会

なぜか、「赤ウインナー」が郷愁で、人気のよう!


c0061686_631431.jpg


おぼろ

このあと、神戸駅の「串揚げ屋」

新世界本通りのボート立ち呑み

「大勝」で〆

c0061686_6314982.jpg


◎昨日、山田酒販でいただいた

 「慶祝ビール」をゆるり呑み

 成人?紀文の「はんぺん」

 そんな日でしたよ、旗日。





■見識ブログご紹介■

 祭屋梅の助  

 公式ブログご覧下さい!

 ※恥知らずの変態、「レロ爺」の下劣コメントに
   穢されています。応援コメントでレロ爺殲滅を!




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「ワインとレロ爺」




 
by tatinomi1 | 2011-01-11 06:42 | 立ち呑み名店 | Comments(4)

「ふろふき大根」の精華、自作にて!これまでで最高の出来。見事な味。



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ





先日コープ神戸のテナント八百屋で買った
小学校3年生の大根足くらいの、大根。
大好物の「おろし大根」では、水っぽく
意を決し、「ふろふき大根」に。

3日かけ、都合5時間くらいかけ弱火で煮る。
「昆布だし」と「あご(飛魚)だし」を混ぜ
ごく薄味で上品に仕上げる。

◎箸でつかめば崩れそうに柔らかい
 大根とは思えない材質感。



c0061686_232211.jpg


2切れは何もかけず、シンプルに食す。
絶妙な出来。まぐれである。
旨いの何の。自作の大根料理で最高の出来。

これなら、公園前世界長の大根料理部門
コンテストに応募しても佳作くらいは
間違って入賞する自信も
まるきりないわけではない。


c0061686_2341388.jpg


味に変化がほしく、3切れ目は味噌田楽風に、
「ゆず」がないので酔狂に「みかん」で代用。
生姜の酢漬けとごまをあわせる。

こんな風情に。



c0061686_2353880.jpg


かしこまった、飛鳥の銘酒
「右近橘」でくったあと。

「ニッカクリアブレンド(600円台)」トリスより安く旨い
ウイスキーのハイボールの肴で4切れ目。

「マヨネーズ」を味噌にあわせ
洋風に味を幾分シフトさせ
食う。見事に旨く、
5切れ目もこれで。


鍋一杯の
大根
わが腹へ










■見識ブログご紹介■

 祭屋梅の助  

 公式ブログご覧下さい!

 ※恥知らずの変態、「レロ爺」の下劣コメントに
   穢されています。応援コメントでレロ爺殲滅を!




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「ワインとレロ爺」




 
by tatinomi1 | 2011-01-11 02:51 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

赤松酒の会、にぎわうの巻!


応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ





昨日は、「神戸立ち呑み」の泰斗、慕撫さんからお誘いで
南京町にある立ち呑み「赤松酒店」で、お酒好きが集まり
立って呑む会合。

神戸のおいさんご夫妻、写真酒さん、Kさんと参加。
2時から開催。まずはビール。そして酒と焼酎。
いいテンポで、いいタイミングで、酒と料理が。
神戸かくうちの社長と店長も参加。
なかなかいい風情。


c0061686_9534026.jpg

すばらしい「御節風」盛り合わせ
見事に旨い。

c0061686_9543059.jpg

立ち呑みならではの「くじら缶詰」
やはりこれがいい。

c0061686_9575637.jpg

おいしい「おでん」

写真を撮るのが遅れ
これひとつに。



■赤松酒店の真髄■

私の赤松での定番アテは
この「いりこ」
きわめて上質、他店では味わえない美味。

・郷里大分県は佐伯の「いりこ」に
 近い懐かしい味。
 20年近く同じ最高の味を貫いている。

 こういうメインでない肴に「手を抜かない」
 赤松酒店の姿勢がいい。だから好きだ、この名店。

・神戸のおいさんも同郷なので
 この「いりこ」を絶賛!!!


「だいこんおろしあり」

「だいこんおろしなし」


贅沢に2つのバージョンをいただく


◎いつも赤松の大根おろしには脱帽
  すばらしい大根を選び使う。

  メインでないアテの添え物にまで
  こまかに心使いする姿勢がいい。

◎表面しか見えない輩は、ラップにくるみ
  無造作にカウンターに「ころがして」いる
  ここのアテの「真の魅力」がわからない。
  「食べログ」などの視点はこういう視点でしか見ない。
  文化を見る目の「浅さ」であろう。




c0061686_10114572.jpg



いやあ、すばらしい会合でした。
「車輪酒」さんのプロをもしのぐマジックも登場。

お世話いただいた幹事のみなさま
すばらしい会をありがとうございました。

赤松酒店の皆様、
本当にありがとうございました。




■神戸角打ち学会■

 主宰との話し合いで、いよいよ立ち上げの運びです。
 2月11日建国記念日のよき日に立ち上げ会のよていとなりました。
 今年は、年始からさいさきのいい門出です!




そのあと、「山田酒販」「公園前世界長」「赤ひげ」「神戸駅の串揚げ屋」「大勝」
それでものみたりない豪の物は、さらに酒を求め

夜の帳へ・・・・





■見識ブログご紹介■

 祭屋梅の助  

 公式ブログご覧下さい!

 ※恥知らずの変態、「レロ爺」の下劣コメントに
   穢されています。応援コメントでレロ爺殲滅を!




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「ワインとレロ爺」




 
by tatinomi1 | 2011-01-10 09:56 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

天満「たこのみ焼き」の怪。なんじゃあ、でも旨い。

応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ






今日も寒そう。さむソーダ、トムそーや。
くだらない洒落を思い出す。
きのう、尋常3年の「小学生」の足くらいある
大根を買って帰った。大根には目がない。

あたりまえだ。大根に目があったら気持ちわりい!

そんな大根を、輪切り、面取りして
いま、「あごだし」で煮込んでいる。8時頃には
おいしい大根煮の完成。

・おおきすぎる大根、「だいこんおろし」
 にすれば、まるで「大根水」
 水ばかり。煮込むに限る。


■本題■

大阪天満の商店街をぶらぶら、ぶらーーーり
歩いていたら、こんな、看板。

c0061686_5405753.jpg


「たこのみ焼き」

聞いたこともないが、食べたこともない。
それ以上に「安さ」が気になる。

c0061686_5433987.jpg



要は、たこ焼の入ったお好み焼きということか。
こんな写真あり。

c0061686_546316.jpg



◎たこ焼をお好みにのせても
  包んでいる「がわ」はお好みと同化して
  残るのはたこのみ。

  不思議に想い、焼き上げを見れば
  なるほど・・・・

  ①鉄板に丸い金属のわっぱを乗せる。
   その中に、卵を割りいれる

  ②まん丸な目玉焼き状の中に
   「たこ焼」2個を乗せ
   こてで、十分に「押しつぶす」

  ③マヨネーズで完成


なかなか旨い。これの家庭での応用を
思いつく。目玉焼きに「たこ焼」を
乗せて焼けばいい。


c0061686_5531380.jpg



JR天満駅から南、つまり天満宮方向へ
商店街を南下。初めての広い道
すぐ左。立ち呑み「さざん家」となり。


◎この日は、特別に半額。
  まあ200円でも価値あり。旨い。
  難波の知恵である。




■見識ブログご紹介■

 祭屋梅の助  

 公式ブログご覧下さい!

 ※恥知らずの変態、「レロ爺」の下劣コメントに
   穢されています。応援コメントでレロ爺殲滅を!




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「ワインとレロ爺」
by tatinomi1 | 2011-01-09 05:55 | 路地裏の魔物 | Comments(0)