excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今夜は「盛進」。書き残しの「御手洗」。


10位復帰に
応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ






10日ほどブログが更新滞ると急激ダウン。
これだから、面白い。「時流に乗る」サイトは
少々書き込みがなくとも安泰。これは見事。

今夜は、帰り道をすこしゆがめば行ける
中崎町の哀愁の名店

「盛進商行」

なにやら写真酒さん来そうな予感。
あにはからんや、現れる。
いろんな話に人生の悦楽を
お互い確かめ合うええ酒。
「神戸角打ち学会」の将来に
想いを馳せる。



■   ■   ■


きのう、いや、おとといの

「御手洗酒店」

での、至高の「昼角」の悦楽
その写真は、こうです、こうなんです。

ハイ


c0061686_2351989.jpg

驚くなかれ

100円角打ち


きっちり 90ミリリットル

「千羽鶴」

「一の井手」

「西の関」




c0061686_2355163.jpg


「地霊の酒」

しかおかない

・馬子にも衣装酒

・清酒ブローカープロディユース酒

・名前だけの「大吟」


まったく無縁の至高の普段酒



文化の深みとは

こういうこと



あまりに素敵過ぎて
泣きそうになる
それほど魔力の店


◎はっきり経営は苦しい
 おくびにも出さない
 品のよさが
 気になって、気になって。


国宝を超えた風格!


生涯に
泣くほど好きな店に
5軒ほど出会えれば
じんしえい、
すてたもんじゃあねえ!






応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ




神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「梅一輪」
by tatinomi1 | 2011-02-28 23:12 | 神戸角打ち学会 | Comments(0)

「長浜角打ち学会」に寄る。吉田寛さん、藤田さんに会える。

■雨月庵はパソコンがない、ほそぼそ
 ボーリング場脇の、15分100円の
 パソコン。更新まばら、ランク転落!


応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ




佐伯バラック「雨月庵」での暮らしを終え、一路神戸。
先日の「神戸角打ち学会」発会式に
ご臨席いただいた「長浜角打ち学会」の
藤田さんにご挨拶と、ここ本拠地

御手洗酒店

に飾ってある「神戸角打ち学会」の会旗を
写真に収めに、土曜の夕刻、4時前
御手洗入り、女将さんと歓談しているうち
大分放送「夕方なしか!」で有名な
大分の誇る作家兼コピーライターの
吉田寛さん現れる。

c0061686_685263.jpg


c0061686_693891.jpg


会旗を写しているうち
「藤田」さんがあらわれる。
5時半にかえるまでに7人ほどの
「昼角打ち」

「日のたけえうちの角うちはええのう」



c0061686_6103019.jpg



みんな昼酒を楽しむ。
正統「角打ち」ゆえ、アテは豆くらい。

◎この日は、佐伯から

「食べるいりこ」


をおみやげに
早速吉田寛さんは、コレをアテに。


c0061686_617934.jpg



そうこうしているうち女将さん

「国東の沢庵」

もらったのでどうぞと。

c0061686_6121364.jpg


見事に旨い。この世のものと
思えないくらい旨い。
味は風土そのもの、
土着の味が最高。



「国東の沢庵」

には

「国東の西の関」

風土の相性!



■最高の角うちで最高の「角打ち士」と
  のめる幸せ。

  OBSラジオでの「夕方なしか!」を
  生で聞きながらの
  夢のごとく楽しい時間。

続きはのちほど!


◎ランキング大幅ダウン
  応援クリックお願いします!





応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ




神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「梅一輪」
by tatinomi1 | 2011-02-28 06:12 | 神戸角打ち学会 | Comments(2)

雨月庵、最終章に近づく!





応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ




◎バラックから、チャリでここボーリング場
 の有料パソコンコーナーに来る途上

 「バーーーん」

と炸裂音、耳を疑い何かと思えば
わがパンク。

こんな派手なパンク、生まれて初めて。
こりゃあ、なにか縁起がいい!




今日で佐伯のバラック自炊生活5日目。
明日はダイヤモンドフェリーで一路神戸に。

5日毎日こだわったのは、
①町に一軒しかない角打ち「長木酒店」での角打ち
 あてもない、あてのない酒だがこれが深い
 関西には絶えた「燻し銀の角打ち士」が現存。
 教えを受ける楽しみ。

②自炊に始まる、「バラック生活」
 衣、食、住、このすべてにかかわる
 生活は人間の根幹。

この町の食材は旨い、口に合う。
米、納豆、鰯丸干し、豚肉、鶏
白菜みんな旨い。

◎なかでも、「鶏がら」の旨さに驚く。
 神戸の、コープで買うガラは
 だしが出ない、薄い。
 だここ佐伯の地鶏の「がら」の
 うまいこと。雲泥の差とはこのこと。

すばらしい町、佐!


c0061686_17275035.jpg
c0061686_1728874.jpg
c0061686_17282538.jpg
c0061686_17284283.jpg





応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ




神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「梅一輪」
by tatinomi1 | 2011-02-25 17:32 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

佐伯「長木酒店」の燻し銀の角打ち士、二様!


応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ





■先週木曜から、熊本で日曜まで仕事。
 月曜に大分県佐伯市の「雨月庵」
 こちらで土曜まで、自炊生活。

 パソコンがないので、ボーリング場
 脇の、15分100円の、コーナーで
 かきくけこ。

 ごひいきに!



大分県佐伯市のバラックでの自炊生活。この月曜から土曜まで。昼間は暖かいが夜は寒い。暖房は石油ストーブ。石油ストーブは面倒で臭いが哀愁があってなかなかいい。さても佐伯での楽しみは、消え入るような「角打ち」。いつも行くのは西谷の「長木酒店」。まさに本来の角打ち、アテはチーズ、ソーセージジ、豆、この3点のみ。酒はビールとカップ酒、カップ焼酎しかない。

c0061686_16174781.jpg


◎ここの常連は私を入れて3人。年に3日も帰省できない私が常連に入っているのもおかしいが、まあそんなもの。もうひとり、いるのだが、なかなか会えない。良く来る2人の常連は二人とも80歳に近い。いずれの「燻し銀の角打ち士」はカップ焼酎。飲むのは決まって大分の麦焼酎カップ酒。アテはチーズ。一人のおいさんは水割り

c0061686_161819100.jpg


もう一人のおいさんは湯割り。このおいさんの「チーズの流儀」がいい。こちらは関西の「三角チーズ」でなく「四角チーズ」。銀紙を楊枝で剥きは剥がした銀紙を全部取らず、はかまのように下に残し、テーブルに立て、持ち手にする。なんとも渋い流儀である。関西の「三角チーズ」ならこうはゆかない。

c0061686_16185511.jpg


消え入りそうな「角打ち」の原点。なんと渋い、角打ちの真髄を見た。ああ、すばらしきかな「角打ち」

c0061686_16192469.jpg





応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ




神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「梅一輪」
by tatinomi1 | 2011-02-23 16:20 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(6)

ついに発見「熊本の角打ち」、こりゃあええ。



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ






20年越しか、ついに発見。熊本の角打ち。
何十回も行った熊本。ついに出会えなかった。
それが、昨日、感動の出会い。

昨日から、日曜まで出張で熊本。
以前の会社では、春・秋は
地方出張が多かったがが、
今の会社での地方出張はひさしぶり。

ウエブで、熊本の「角打ち」を
検索しても、コレまでは
私の書き込んだ

「なん帳」

しか出なかった。それがあろうことか
あった。市役所近くの


南酒店


はじめは、今はやりの、

「角打ちもどき」

とみまごう、こじゃれまくった
印象の悪い感じ。
やめようかと思ったがせっかく。
するりと入る。


■こんな感じ■

実にいい。いまから仕事に出るので
あとは、あとの、お楽しみ。

いい店である!

c0061686_8151753.jpg
c0061686_8154251.jpg
c0061686_816357.jpg




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ




神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「梅一輪」
by tatinomi1 | 2011-02-18 08:16 | 立ち呑み名店 | Comments(15)

京橋花月の中にある「沖縄料理店」なかなかいい!


応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ






沖縄料理の店、なかなかいい店がない。
「高い、まずい」が散見。

十三の「立ち呑み沖縄」の「はながさ」
のような店はまずない。

新橋の「こひなた」の隣の
沖縄居酒屋も好感。


■昨日、アル会合。
 場所が、京橋花月の4回。

 金魚なにやら

という店。
哀愁と、沖縄の渋みはないが
明るく清潔なかなかいい。

料理は「現代風の矯め味」
ではあるものの、好感。


■気に入った点、以下です。

①オリオンビールが新鮮

  1月出荷の新鮮ビール
  半年前のなど平気な中で、
  これは好感!
c0061686_6541299.jpg






②請福(せいふく)がある

  菊の露、久米仙
  さらに、大阪から沖縄に
  逆に踏み入れた「残波」

  すっきりあっさりにない
  深い古典の味わい
  コレを置くのは見識。

c0061686_6545748.jpg






応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ




神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「梅一輪」
by tatinomi1 | 2011-02-16 07:06 | 命漲る沖縄 | Comments(0)

久保酒造社長と、「稲田酒店」で。渡邊会長のおかげです!


応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ






神戸角打ち学会の会長から、中崎の
日本酒の見識名店「稲田酒店」に来ないかのお誘い。

聞けば郷里大分は宇佐(USA)長洲で
通好みの「ガツン系」麦を醸している
久保酒造の久保社長が、稲田に挨拶にゆかれると。

c0061686_725211.jpg


地元産の「裸麦」にこだわり
あくまで地域を大事にする
「地霊」の酒



◎気づかなかった、なんということだ、
  「稲田酒店」に、

  「久保」

  が、鎮座。

ここでは、日本酒しか飲まないので
目に入らなかった。

ロックで一杯目・・・・「ガツン」とくるがふくよかな優しさ

お湯割りで二杯目・・・やさしいかぐわしさに包まれた個性

ストレート・・・・何か懐かしい新鮮な旨み


■落ち着いた個性の中に
 「千変万化」の宇佐の風景が
 香り立つ絶品。

 別嬪の酒

 大分県人3人が、郷里の魅力を
 語りながら飲む「久保」は
 美しい風土のあじこそすれ。


「魂」のまっすぐな、素敵な社長の
「心」がそのまま「焼酎」になったような
嬉しい焼酎。

地霊の焼酎

久保



久保酒造の社長、すっかり「稲田酒店」にぞっこん。
隣の紳士から「今度久保をキープします」
といわれ、にっこり。

大阪名物

「梅焼きおでん」に舌鼓。

ああ、いい、おお、酒!



いい気分で、最終の北神急行で
六甲山を抜ければ

そこは雪国だった!


c0061686_7254345.jpg

谷上駅


c0061686_726558.jpg

今朝の雪景色





応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ




神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「梅一輪」
by tatinomi1 | 2011-02-15 07:38 | 焼酎大好き | Comments(2)

中国の「招き猫」こりゃあにゃんとも!


応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ







昨日は、高台の角打ちがやすみなので
農家食堂へ。おでんがない、たこ焼きもない。
見れば、新メニュー「お好み焼き」が
お願いすれば、まあ旨い。画像はのちほど。


■本題■

コープ神戸で「中国物産展」
なかでも目を引いたのは

中国招き猫

c0061686_763333.jpg

日本の招き猫は「客呼び」だが
中国の招き猫は「金呼び」

いかに中国




◎ほかに、こんなのも。
 「がま口」だけに、金がたまる。

 中国人は「黄金」好き

 これも

 
c0061686_771971.jpg





応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ




神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「梅一輪」
by tatinomi1 | 2011-02-14 07:13 | 路地裏の魔物 | Comments(2)

角打ちを「てっぱち」と呼ぶー早速神戸角打ち学会研究スタート

応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ






建国記念日に堂々の発会を果たした
「神戸角打ち学会」。学会となのつくだけに
単なる飲み会グループでなく、まじめな
研究も行おうという主旨。

◎早速会員の慕撫サイトで
 研究のための意見交換が

 ■Kobe stanndinng bar■

・まずは「角打ち」語源探求、写真酒さんが
 「討ち入り」に起源を求める問題提起。

・発会式当日、さる会員から
 三重県の方では
 
 「てっぱち」

 と呼ぶとの話題。

  ◎酔った頭の直感、ひょっと「托鉢僧」が
    酒屋の前で「お布施」をもらうが
    金でなく、酒。このシーンが脳裏に浮かび、確信。


  慕撫さんサイトに、この説があるのに
  「やっぱり」

■その慕撫さんサイトに私も以下のごとく
  書き込む。


■我が好きな、放浪の俳人
 「種田山頭火」

 鉄鉢を持って托鉢。

 お金なら上出来。米、煎餅、餅。

 たまさか「酒屋」なら
 この頃は計り売り

 樽から「きゅつ、きゅっと」栓を抜き
 鉄鉢に入れてお布施。
 乞食僧は旨そうに飲む、その場で。

 それを見た、客が
 「鉄鉢で呑む」のを

  みて、店先で飲むのを

  「てつはち」と呼称。

  ◎私はそう信じますがねえ。


   俳句サイト引用

    ■   ■



鉄鉢の中へも霰

山頭火の句のリズムは、五・七・五の有季定型の在り来たりのリズ
ムではないので、ヨーロッパの詩学の影響を受けた「音歩」の論で
解明するのがいい。土居光知がその大きな一歩を踏み出した「音歩
」の等時性である。鉄鉢の句は、こう読まれる。

鉄鉢の中へも霰
てっ ぱつ のー なか へも あら れー
○○ ○○ ○● ○○ ○○ ○○ ○●
212221

 この句の「切れ」は、
①鉄鉢の中へも|霰
②鉄鉢の|中へも霰
③鉄鉢の|中へも|霰
のいずれかであるが、日本語の韻律にある七五調や五七調の、いわ
ゆる七と五の大枠を認めるならば、②の切れで読むことになる。五
七調であり、この句を五七調で読めば、他の①③と異なる解釈があ
って、句の深いところが明らかになる。
 五・七・五の十七字音の句と匹敵する詩のリズムを、五・七の十
二字音の句が獲得するためには、七と五の大枠ばかりでなく、その
大枠の内部に二音や一音といったリズムがあって、七五調や五七調
の単調な韻律に変化をつける必要がある。鉄鉢の句は、最初の五音
が221のリズムで、次の七音が2221のリズムである。最初の
五音の後にひとつの休止があり、次の七音の後にひとつの休止があ
る。「音歩」の休止が五七調の切れとうまく合致するのである。「
音歩」で読めば、「鉄鉢の」で切れ、五七調で読んでも「鉄鉢の」
で切れるのである。俳句の切れは、ひとつであるのがいいので、③
よりも②の「切れ」で読むのが自然である。
 「鉄鉢の中へも霰」を最初の五音の「鉄鉢の」で切ることによっ
て、この句の深いところが明らかになる。この休止は、「鉄鉢」を
包み込んでいる外界の大きな存在を際立たせている。作者の個と外
界の自然とが識別され、曖昧なところがない。「鉄鉢」を持つ作者
と「霰」降る自然とが明確に識別され、その落差の大きさを知る。
もっとも重要なのは、「中へも」で、「鉄鉢の」と「中へも」を切
り離した落差の大きさがあって、「中へも霰」なのであり、ここに
作者の感動があり、作者の深い思いがある。作者と自然との乖離が
あり、転じて融和がある。これは、宗教的なものよりも、俳句の心
境といったもので、芭蕉の言う「風雅の誠」に近いものであろう。
                        (高橋信之)



■   ■   ■


山頭火も、おそらくどこかの托鉢で
お酒をお布施にもらったことだろう。
でも、「鉄鉢」に受けたかどうかは
わからない。

でも、角打ちの

語源としては

寂しすぎる



◎発会式に、山頭火の終焉の地

 小郡(新山口)の

 駅饂飩屋で買った3年前の「清酒カップ酒」
 を持って行ったが出し忘れ。
 今度の会合に持ってゆこう!

c0061686_923810.jpg
c0061686_931311.jpg





応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ




神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「梅一輪」
by tatinomi1 | 2011-02-13 08:55 | 神戸角打ち学会 | Comments(4)

建国記念日に発会式「神戸角打ち学会」



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ





この悠久のかぐわしくも麗しき国、日本
日本人の魂とも言える「国酒」を素朴に
味わう会合


神戸角打ち学会


昨日いよいよの発会式です。
凡そ40名の「真に酒を楽しむ」
雑音なき「角打ち士」が
大分から、北九州から神戸の地へ。


■酒を飲むのは大好き人間の「飲み会」
 が基本ですが、それでは単なる
 酒飲み会、学会の名が泣きます。


■そこで、ということで
  「研究テーマの提議」や
  「清酒鑑評会」も
  あわせて行う、濃厚な会合


■会場は楠公さん西の
  「神戸かくうち」
  すばらしい会場。
  社長、店長も会員です。


以下にその雰囲気を


c0061686_10321720.jpg
c0061686_103323.jpg
c0061686_10334029.jpg







応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

   


 ■ 素朴で珠玉のブログ


「 日本で一番小さな蔵の酒造り





 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「梅一輪」
by tatinomi1 | 2011-02-12 10:33 | 日本の国酒 | Comments(3)