excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧

飛鳥の酒「右近橘」を味わう



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





昨夜は、またたよし。大阪駅前第二ビル地下の
立ち飲み有名店。

「雪の松島」がないので

「男山」と「菊水」を飲む。
受けの枡にあふれんばかり。
コップを飲み終わり、受けの
枡の分を移せば、もう一杯。
300円で200ミリリットル。
100ミリのコップ、2杯楽しめる算段。

あては

「とり皮とずりの揚げ物」
「きんぴらごぼう」

なんと、これだけ楽しめ800円
酒屋の立ち呑みより安く、旨い。
特に、関東から関西に来ている
方に好評のようだ。


■本題■


いま、着々と進行している飛鳥は
脇本酒造の新銘柄


立ち波

わが著書を脇本酒造でも販売してもらているが
社長が、題字を書いていただいた今岡師の
『立』の絵文字風にいたく反応。

お友達の、サーファーの影響もあったようで
この名称になった。8月新発売に向け始動中。


そんななか、昨夜。
帰って脇本酒造の


右近橘


を味わう。今年に入って仕込み、瓶詰めした酒
これが、酸度の強いせいか、
意外にすっきり。

なにか、愛しているのに
「たよし」で飲めない
『雪の松島』の味を想う
どこか、不思議に、似ている。

c0061686_6543232.jpg
c0061686_655268.jpg









宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

 

 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「生と梅」阿倍野・飛田・動物園前



忘れてた!

この写真


c0061686_21261644.jpg


※5月26日「細長いゆで卵」関連写真です
by tatinomi1 | 2011-05-31 06:55 | 日本の国酒 | Comments(4)

阪神で「めんそーれ沖縄」。今帰仁酒造も出店


何故か?壁。

応援クリックお願いします



人気ブログランキングへ







土曜日、岡室酒店で「立ち波」の打ち合わせの前
阪神の「めんそーれ沖縄・味と技展」に寄る。
先日阪急の沖縄展で、今帰仁酒造ブログの
管理者に合い、このイベントを知る。
今回は大阪の営業の方が仕切る。


泡盛だけでなく、料理、菓子、食材
三線、CD、衣料まで。
「食堂」さらに、演奏会まである
充実の布陣。

明日31日(火)まで8階催事場で!
是非お出かけをお勧めします!

c0061686_5503320.jpg
c0061686_5512613.jpg



泡盛は


①今帰仁酒造
②本島の久米仙
③残派
④沖縄県酒造組合
⑤久米島の久米仙
⑥瑞泉




まずは
今帰仁酒造

大阪の営業マンさんなかなか
いい感じで頑張っている!

すっきり深い、ええ味わい


次に

本島の久米仙

昔からこの泡盛のフアン
久米島の久米仙より
好みかも。


残派

これはパス


久米島の久米仙

いまはやりの銘柄。すっきり飲みやすい。
いささか、面白みは無いが、旨い。




時間が無かったので、
泡盛コーナーだけで早々に
コーナーを出る。

瑞泉には寄れなかった、残念。

なかなかの圧巻。
お勧めします!


c0061686_611932.jpg
c0061686_613742.jpg
c0061686_61583.jpg



京橋の「岡室酒店」で、

岡室定番泡盛「南風」

今帰仁酒造

久米島の久米仙



神戸角打ち学会会員
岡室マスター
岡室常連

利き「泡盛」会を行う
結果を総合すれば

一位:南風

二位:久米島の久米仙

三位:美しき古里



意外な結果。
沖縄の呑み助オイさんが
選ぶような結果となった。

え、という感じ。
泡盛をあまり飲まない方では
こうはならないだろう。


「すっきり」泡盛が
「すっきり芋」の影響で全盛だが




将来的には、どうか?
疑問が残る



◎しかし、泡盛普及には

 「すっきり泡盛」が必須。

 その意味でも「すっきり深い」

 今帰仁酒造の

 美しい古里を応援したい!








宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

 

 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「飛鳥の夢心地」



忘れてた!

この写真


c0061686_21261644.jpg


※5月26日「細長いゆで卵」関連写真です
by tatinomi1 | 2011-05-30 06:11 | 命漲る沖縄 | Comments(0)

明日香から「立ち波」の芽が!



10位復帰に
不思議な壁!
宜しく!
応援クリック

人気ブログランキングへ










これがいま、

明日香村の地酒、脇本酒造の最新作

立ち波

のラベルデザイン案。
脇本酒造でも販売している

「立ち呑みの流儀」


c0061686_1165990.jpg







の文字にいたく脇本社長が気に入り
日本酒業界の沈滞に歯止めをかける
意味で、いい波に乗ってこの難局を
乗り切ろうという意図がこめられている。
8月販売に向けて、始動中

お楽しみに!


詳細は、
今後の

「日本で一番小さな蔵の酒づくり」

ブログで!







c0061686_10181975.jpg









宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

 

 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「飛鳥の夢心地」



忘れてた!

この写真


c0061686_21261644.jpg


※5月26日「細長いゆで卵」関連写真です
by tatinomi1 | 2011-05-29 10:18 | 日本の国酒 | Comments(0)

久しぶりの岡室。「明日香の酒」をここで語る。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







昨日は、須磨の海岸で野外呑みに行く予定。
だが台風危惧で中止の連絡あり。

その場で、明日香の日本酒蔵
脇本酒造の新しい「ブランド」立ち上げの
打ち合わせをする予定であった。
須磨の場所を岡室に代えて打ち合わせを
行う。この結果は次でお伝えしたい。

岡室に1時半に着く。入れば店は
準備完了。だが、開店は2時。
やむおえず、外から見えないところで
開店を待つ。すると・・・・・
しばらくして、岡室アイドルの美人常連
が入店。30分間、待つことに。

いよいよ、開店。晴れてカウンターへ。
ゆるくビールで、今岡さんを待つ。
お見えになり、新銘柄

立ち波

のロゴとコピーを、決め込み最終案完成
途中「神戸角打ち学会」会長ご夫妻ご来店
楽しく飲む。


c0061686_8382967.jpg

岡室酒店のはじけるように明るい店内



c0061686_8425877.jpg
c0061686_8432044.jpg




本来須磨海浜公園でお会いするはずであった
仲間がなんと岡室に合流。
さらに楽しい会合になる。
c0061686_8442336.jpg




■その後、予定していた

  旧「立ち呑み養老の瀧」

  いま「にしの」


へ。4品盛からはじめ、ゆるり飲む。
ひる酒の楽しみは奥深い。



c0061686_8512013.jpg









宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

 

 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「■富山駅前創作昭和店舗」



忘れてた!

この写真


c0061686_21261644.jpg


※5月26日「細長いゆで卵」関連写真です
by tatinomi1 | 2011-05-29 08:44 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

久しぶりの「十三イマナカ」鉄道唱歌も懐かしく!

♪ いまはイマナカいまは十三
 いまは鉄橋わたるとき・・・・・


 渡れば梅田。





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ









昨日は、雨もそう降らず梅雨らしい天気
沖縄に台風が近づいている。
今日も朝は、さして雨も降らず安定。
昼から降るのだろうなあ。

本来今日は、須磨の公園で野外飲み会の予定
でも、中止の連絡。早めにあきらめ
今日は14時30分から京橋の「岡室酒店」で
久しぶりに飲むことに決めた。


■本題■


先日、久しぶりに十三の「酒のイマナカ」へ
昼酒であったが、おお賑わい。
先ずはきまりの、芋のソーダ割り

c0061686_8495538.jpg


「赤と白」をテーマに、紅生姜天を!



このあと

「紅白反転呑み」に移行

c0061686_845099.jpg


赤い紹興酒と

白い奴


c0061686_8465949.jpg

「赤と白」の応用問題

紹興酒と玉葱



以下、おまけ画像
c0061686_847253.jpg

ガラスケースの魔界



■渋く密度の高い、イマナカのアテ
c0061686_8475013.jpg



お値打ち:「薩摩揚げ100円」
c0061686_8481156.jpg








宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

 

 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「■富山駅前創作昭和店舗」



忘れてた!

この写真


c0061686_21261644.jpg


※5月26日「細長いゆで卵」関連写真です
by tatinomi1 | 2011-05-28 08:48 | 立ち呑み名店 | Comments(4)

農家食堂が休みゆえ





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







今日は雨模様であったがさほど降らず
午前中、農家食堂に出かける。
おや、11時をまわっているに開いていない。
そうか、そうだ。今は春の農繁期か。

田植えに、もろもろ。忙しい時期だ。
同時に田に水が入り美しい
農村風景の広がるいい時期。

やむおえず、途中の田舎の酒屋で
のどを潤す。美しい風景野中では
別に酒もいらないが、あれば

風景が輝く



そんな、こんなの、山田の里の
春の美しい風景、こうである。



■世界最高峰のカンチュウハイ
c0061686_20533366.jpg
c0061686_20535319.jpg





■六條八幡宮の「クリ饅頭」ビール
c0061686_20555639.jpg
c0061686_20562942.jpg
c0061686_20564826.jpg





■麗しい農村風景(ニューウエーブ、かかし)
c0061686_20583381.jpg
c0061686_20585578.jpg










宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

 

 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「■富山駅前創作昭和店舗」



忘れてた!

この写真


c0061686_21261644.jpg


※5月26日「細長いゆで卵」関連写真です
by tatinomi1 | 2011-05-27 20:56 | 縄文日本の心栄え | Comments(2)

高台の角打ちで「アンパン酒」と決め込むの巻き。



10位復帰に
応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ







昨日は、農家食堂にゆくが、開いてない。
そこでおとといの「高台の角打ち」の話。
この店には、一ヶ月ぶりくらいになるかな。
法事や帰省や出張で足が遠のいていた。

この日は、行けばいつもの角打ち仲間は
Nさんのみ。聞けば先ほど解散したばかりだと。


先ずは、発泡酒と缶詰


c0061686_4152818.jpg

あとで、「三角」をもらう。

この発泡酒、最近お気に入り。
発泡酒らしい「いやみな香り」がしない。
反面、少し濃さが足りないがまあこんなもの。


さて、これからの展開・展望は?

カップめん

佐藤のごはん

食パン


なにせ昼飯をかねた昼酒なので
ドレを選ぼうか、ほんのすこし迷う。
こんなもん、迷うほどのもんでなし、


あんぱん


と決めた。あんぱんも食うのは久しぶり。
酒にあんぱんは合うが、ビールには。
かと入って、「宝焼酎」には合わないだろう。

そこで、一番このあんぱんに
合いそうな、



赤い発泡


をもらう

月亭八方じゃあないことを断っておこう。


c0061686_4225826.jpg


不思議な空間になる

あんぱんの出現。


c0061686_4235567.jpg


そのままアテになるが、ここは

角打ちの知恵、じゃりんこチエじゃあないが。



AとBの相性が悪い場合
Cなるものを
AとBの橋渡し役に導入




A:ビール
B:パン
C:チーズ



すなわち、ビールとチーズ、パンとチーズは
相性がいいので、味の仲介役にするという手法


あんぱんとビールでも
十分いいのだが、さらに工夫するのが


角打ち士たる自負



それは、そうとして、こんな貼り紙。
小さな店ゆえに入らぬのか。
聞けば、

「朝日スタイニー」が入らぬと。
なんでも独特の栓が出来ないと。
ここは、スタイニーフアンが多いので
話題に!

c0061686_4331781.jpg










宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

 

 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「■富山駅前創作昭和店舗」



忘れてた!

この写真


c0061686_21261644.jpg


※5月26日「細長いゆで卵」関連写真です
by tatinomi1 | 2011-05-27 04:33 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(2)

細長い「ゆで卵」こんなのありか?ありかは十三





何故か?10位に厚い壁
応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ








今日は休み。農家食堂に昼前ゆくも
開く気配なし。まあ、金儲けで本気で店を
やってゆく思いはないのだから。

屋号も、場所も、電話も、教えてくれるな
この姿勢の原点は、客が来てくれても
開いていなかったら申し訳ないという
シンプルな理由である。

雨が本格的に振らず、まあのんびりした
一日であったこよ。

安売りやで、一匹99円の「塩秋刀魚」を
買い、オーブントースターで焼くと
まあ、部屋の中は煙幕状態。ありゃー。
大根おろしにのせ、醤油をかけず
ウイスキーのあてに。アテとしては
ちょっと不適合だが、そのあと飯で食うので
しばしの、つなぎである。



■本題■

十三は神津神社近くにある「有名な安売り屋」
で買った不思議な食材を、朝食べ終えた。
この店、一部「安売り感の醸成」のため
とんでもなく安い目玉商品を置いている。

「賞味期限切れ」商品を断り書のもと
販売していることに共感。

その時買ったのはこれ、これですよ。


c0061686_2152332.jpg

賞味期限切れで、トンでも価格



c0061686_216522.jpg

こりゃあ、便利。

茹で、皮をむき、切る手間なし。

全部同じ大きさ

がポイント



c0061686_2164193.jpg

家庭でも便利は便利だが

こんなに「規格化」されたゆで卵の

薄切りは、不要である。



c0061686_2171799.jpg

まあ、そのまま出されれば、「まずい茹で卵」
くらいでそう気にならない。

でもわかって食えば、やはり不味い。
黄身はそこそこだが、白身は
「安物の蒲鉾」の食感

でもこの安さ、手間いらずは

ある筋に魔力


だろう






c0061686_2175811.jpg


ちょっと、マヨネーズでも合わせれば

「マヨネーズは百難隠す」

で、そこそこ食える。


先ず行かないが、破格価格の
大箱居酒屋などは、使っているのだろう。
料金を安くする手段にはいいだろうなあ。


盛進商行の店長など
邪道だと投げ捨てるだろうが
世の中こういう方向に
確実に進んでいるのかなあ。


寂しい気もするが。









何故か?10位に厚い壁
応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ





神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

 

 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「■すでに破綻、民主党はもう亡骸」



忘れてた!

この写真


c0061686_21261644.jpg

by tatinomi1 | 2011-05-26 21:18 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

盛進厨房の「かぜに注意」貼り紙の怪




何故か?10位に厚い壁
応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ







昨日は、久しぶりに中崎の「盛進商行」へ。
比較的早い時間に行ったので店長一人。
「吉田さん来てる?」と聞けば、「最近よう来る」
週に3回くらいくるわ。

さて、何を飲もう?といっても
夏場は「角ポケット」しか選択肢がない。
あては、いろいろ楽しく選べる。

■いつも気になる厨房の貼り紙

「火の用心」は理解できるが

「かぜに用心」

は、意味不明である。そこで思い切って
店長に聞いた。

「風が吹き込んで、直火を吹き消すのに用心?」

思わぬ返事だった。

「ちがう」

「女将さんが90歳を越えているんで
 風邪をひかんように書いたんや」


なんとも、オーナーを労わる
薩摩隼人の店長ならではの言葉。
なんとも、じんわり、人生の味わいに触れる。
奥ゆかしいまでに、深みのある店である。



奥行きのある酒場

盛進商行


c0061686_7414967.jpg
c0061686_7422860.jpg
c0061686_7434031.jpg
c0061686_7441216.jpg


大阪淀川の水道水の氷、
水で飲む「角」の旨さは
格別である。




何故か?10位に厚い壁
応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ





神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

 

 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「■すでに破綻、民主党はもう亡骸」
by tatinomi1 | 2011-05-26 08:01 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

大阪天満宮の「福寿猫」は神の使いか?





何故か?10位に厚い壁
応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ







昨日は休みだったので、久しぶりに
「高台の角打ち」に行く、Nさんが一人
飲んでいる。いつものメンバーがいないので
聞けば、先ほど解散したばかりとのこと。
いい天気である。

見れば、キリンからお知らせ。
一部商品が供給不足になっているお詫び。

それより、タバコ不足が深刻なようだ。
酒屋の隣のタバコやは商品が無く
一時店を閉めていたらしい。
「タバコ吸い」じゃあない人間には
わからないが、大変なようだ。



■本題■

先日天満宮。正門裏に、奉納「こもかぶり」が
鎮座。その頂点の「福寿」の樽の上になにか
動くものが、近寄って見れば、きじ猫。

神描


だろうか?今度この猫に
聞いてみよう。


神社といえば、神馬でも
神猫は、あまり耳にしないし
ましてや、口にすることも無い。



c0061686_4191078.jpg
c0061686_4193417.jpg
c0061686_4195552.jpg
c0061686_420156.jpg



話の神描性は、ありや、なしや?







何故か?10位に厚い壁
応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ





神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ




   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  
   

 

 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  、更新:「■すでに破綻、民主党はもう亡骸」
by tatinomi1 | 2011-05-25 04:20 | 日本の国酒 | Comments(2)