excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

あまがさき「まち歩きツアー」 その壱「進化系・やまもと吉」



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







エジプトで熱気球が落ちて、参議院で
補正予算が、するっと通った話題で
もちきり。

餅を搗いたあとあと、小さく切るのも
「餅切り」だったか・・・。
そんなことは、どうでもいい。
今日も、雨模様。

◎最近外に出なくても雨かどうか
 わかる。

 理由は?

 雨の日は、新聞がビニール包装
 されている。ありがたいこと。
 頭の下がる思い。




■本題■

先日の、尼崎商工会議所主催の
「尼崎 まち歩き ツアー」

題して:尼崎あんかけちゃんぽん、
    尼崎ちょろ呑み
    体感型産業観光


私たち10人のコースは

①オフイス流通の専門商社「日興商会」
②進化系立ち呑み酒屋「やまもと吉」
③お酒が進む絶品あて「辻本酒店」
④あんかけちゃんぽんの「東来軒」


まずご紹介は「やまもと吉」
変わった名前。

酒屋が、コンビニを開き
その隣で、直営「お好み焼き」
その隣で、直営「立ち呑み」
堂々たる布陣。



c0061686_772966.jpg

右からコンビに、お好み焼き、立ち呑み

すべて連携、融通しあう体制がいい

蒸気機関車の三重連


c0061686_78223.jpg

今風のたたづまい。


3つ揃って

「やまもと吉」でなく

やまもと基地

c0061686_79344.jpg

入った第一印象。

見事、実にいい!



c0061686_793981.jpg


メニューの充実。

すばらしい、予感!


あとは、のちほど。



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-02-27 06:48 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

■国酒の品位とは何か■



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ








今日は歴史の激動 2,26事件の日
血気に燃えた青年将校の止むに止まれぬ「義憤」
「昭和維新の歌」その恐ろしいまでの純粋性が
感じられる。

◎そんな日の朝日新聞朝刊。

「浪花正宗」の偽装を国税が見抜いたと!

記事はこうだ。


c0061686_621835.jpg



これを読んで、あの大好きだった熊本の
「美少年酒造」を思い出す。
程度の悪い古米での偽造。
この蔵の「吟造り美少年」を愛飲。
なにか味が変わったな!と感づいた矢先。
その前にも、博多駅前にあるこの蔵の
アンテナショップらしい店。
そのラインナップにびっくり。
日本酒だけでなく、色んな焼酎。
え、と思っていた。手を広げすぎ
経営が怪しくなっての偽造だろう。
そのあと、仕事でお会いした
熊本放送パーソナリティの
大田黒浩一さんは、その後も美少年を
応援。限りないエールを送っていたのに
「肥後もっこす」の心栄えを見た。



味を調整するために、「糖類添加」の
安酒を混ぜた。あくまで味のため、と抗弁。


国酒はその程度のものか
高級酒はその程度のものか?

◎私の唱える「地霊の酒」からあまりに乖離。

見れば、かなり歴史ある蔵。歴史だけで
いいとは言えないが。この酒、
これまで一度だけ見たことあり、飲んだことあり。
「可もなく、不可もない」印象のない酒。


さらに見れば、洞爺湖サミットで
各国首脳に、50本ほど配ったようだ。


この蔵のHPを見れば
「金賞受賞」「モンドセレクション入賞」など
あらゆるの賞の 羅列

超高級酒などの、羅列

流行らない店が、マスコミ取材を
べたべた、貼りまくるに似たり。

「国酒の基本」の地に付いた中身の
うえに自慢げに書き込む姿勢あり。




鍍金羅列


鍍金は便利、中身を隠し良く見える
だが、客を欺くため鍍金すると
自らもその鍍金に騙される不幸


果たして地元の、50年、60年の古いフアン
はいたのか。地元から離れて、
全国区を視野に入れると、その酒本来の
味を知るものがないので、

やりたい放題。

見識なき、商売気だけの酒屋などが
商売のため「ほめ殺し」。


◎味を良くするために偽装、と社長。

 「客は味なんかわからんな、
  所詮その程度が酒飲みや!」



 酒徒もよくもまあ、見下されたもの。
 寂しくもあり,哀しみすら覚える。


国税の鉄槌



国酒の品格を守りたい!
大阪のよさを守りたい!



■ご参考までに、この蔵の社長方針(HPから)


どんなにITや機械化の時代になろうと手造りに徹し、
心のこもった豊かな酒を醸してゆきます


すばらしいことをおっしゃているのに
まことに残念。

原点に戻って、浪花の銘酒を
醸してください。






 




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-02-26 06:43 | 日本の国酒 | Comments(2)

あまがさき「まち歩きツアー」に参加しました!




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





昨日も寒かったなあ。今日も寒い。
また寒波が居座っている。

昨日は、カブトムシの幼虫のような
「マカロニ」を湯がいて酒の肴に

c0061686_6384637.jpg


自転車の「虫ゴム」のようなのばかり
湯がいていたが、この手は初めて。
夕方は、いい月を見ることが出来た。
「ツキ」がでるといいが!


■本題■

尼崎商工会議所の、食尼倶楽部プロジェクト
主催による、標記のイベントに。


尼崎の特徴的食文化である
「ちょろ飲み」「あんかけちゃんぽん」
工場見学の4時間コース。

神戸角打ち学会から3名
各コースに別れ参加。


私の参加したのは「B」コース。



◎参加して、尼崎の深みを改めて
 思い知る。現在人口47万人
 大分市の人口にも迫る。

 城下町で深い文化の尼崎も
 高度成長期には、公害のメッカ。

 いまは、独自の濃い性的企業や
 大阪のベッドタウンとしてにぎわう。



c0061686_6483680.jpg

良く出来たチラシ



c0061686_649327.jpg


工場見学、ちょろ飲み、あんかけちゃんぽん。バランスがいい!



尼崎の「こいもん」とは?
c0061686_6511310.jpg




角打ちを尼崎では

ちょろ飲み
c0061686_6533230.jpg



そして

あんかけちゃんぽん
c0061686_6543112.jpg









宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-02-25 06:54 | 路地裏の魔物 | Comments(2)

角打ち名店の「こなれた智慧」



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ









今日も寒い。
昨日は、い昨日の尼崎商工会議所の
「ちょい飲み、あんかけちゃんぽん街歩きツアー」
の余韻にひたる一日。実によかった。
また、この街を探訪したい。

c0061686_694257.jpg

◎尼崎名物「あんかけちゃんぽん」



■本題■

先日丹波の「鳳鳴」を飲む会でのこと。
はじめ3人からスタート。最終は7人に。
始め3人のとき、マスターは

「奥の広いテーブル」を薦めて
くれたが、広すぎて落ち着かないので
3列に並ぶ、小さいテーブルでスタート。


c0061686_6152711.jpg


そして、4人になり、6人になると
もうテーブルは狭い。マスターが
それを見て、駆けつけてくれ。


あっという

早技で

7人テーブルに




c0061686_6263157.jpg



◎三列並びのテーブルを、横向きにかえるだけで
 4人用が一気に7人用テーブルになる。
 ビールケースに天板を置いたようなテーブルでは
 すばやい対応が出来ない。
 まさに、見事な変わり身。


  
       
        図解



4人用テーブルが
c0061686_6304285.jpg



即刻7人用に

c0061686_6311016.jpg




JR兵庫駅から和田岬線で行く「和田岬」
この駅近くにある「ピアさんばし」
名店の誉れ高い店。でも濃厚な
三菱さん御用達の店。いい客筋。


グループ客の多い店。

グループ客を大事にする

姿勢がいいなあ。







宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-02-24 06:28 | 角打ちの本義 | Comments(0)

禁煙の奥田で「赤ワイン」



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







今日は朝起きて買い物。2年前まで休みの日
朝起きての買い物。家の前歩いて3分ほどの
個人経営コンビ二。便利だった。

小銭で払うのが面倒なほうで、溜まる小銭。
暇な店の、暇な朝に。300円分ほどの小銭を
もって買い物に。

ここの主人、いかにも面倒くさがる。
「硬貨を30枚以払うんは法律違反や!」
無視して行っていたが、ある日。
「この前の一円玉、日本のじゃあなかったで!」
そうか。中国旅行のあとの硬貨。

あまりしつこいので・・・・

「今後一切ここでは買わないからな!

の捨て台詞で、一切行かず。最近は
15分くらいかけて「ヤマザキ」に。
10時からはコープが開く。


◎好きでたまらない「サントリーDRY」
 以前はここでほぼ毎日仕事帰りに
 買って帰っていた。

 ここ   200円

 コープ  155円



 45円差でもほぼ毎日買っていた。

 合計すれば 毎月、15,000円か20,000円くらい買っていたのに
 
 「1円のえぐい言い方」

 で、客を失う。不便とは思うが
 そんなもの我慢でどうでもなる。
 近いだけの安易から脱するいいきっかけ。

 気に入らんものは、排除するのみ。





■本題■

神戸角打ち学会の先輩格
「北九州角打ち文化研究会」の須藤会長
大阪にお見え。

われわれの、渡邉会長以下3名と
須藤会長のグループの4人で会合。


天満エリアで大阪らしい店、
ということで、天満駅近くの

「軍隊組織」の規律店員さんが動く
立ち呑み名店「禁煙の奥田」へ。


あれこれ、これあれ、浪花の味を
探訪。そりゃあ、梅でお馴染み
大阪天満宮由来の「梅焼き」
そして定番「どてやき」


c0061686_20452511.jpg

大阪なのに「ふくよか」な梅焼き



須藤会長は「燗酒」がお好きな
超一級角打ち士。お人柄が
にじみ出る品のいい酒。


燗酒に飽きたので、


一升瓶ワイン


協会200ミリコップに
山盛り。角打ち道の見せ所。口を持ってゆかず
こぼさず飲もうと頑張るも。



c0061686_20563783.jpg


ぽたり、

◎清酒ならばわからないのに
 赤いから目立つ。

「赤」ワインは口から行くべし!


このワイン。山梨ワイン。見事に旨い。
浪花角打ちは、意外と老練な酒徒が
ワインを好む。

私が一等すきなのは
河内ワインの


金徳屋赤


聞けば、置いてない。最近とんと見ない。
実に「味わい」の深いワイン。
いいのだが、安定感が微塵もない。
すばらしく旨い年あり、ひどいときは
「酢に醤油」を混ぜたようなあじ。
これが最高の楽しみであり、喜びで
あったのに。最近見かめないのが残念。


一升瓶ワイン、「味」では
サッポロワイン、サドヤワイン、この山梨ワイン
が好き。



でも

金徳屋が、たまらなく

好きだなあ。





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-02-21 20:57 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

■久しぶりの錫徳利燗■



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







今日はいい天気だ。
国東の親戚から蜜柑一箱送られてきた。
甘さはあるが酸味の少ないこの時期の
蜜柑。酒の肴でなく、飲んだあとに。


■本題■

この5年くらいは、正統「湯煎」でなく
お手軽安易の「電子レンジ燗」
電子レンジに、「酒燗」ボタンがついてから。
安酒の燗に使うので、まあ満足。


この前から

「電子レンジの燗を極める」

べく、いろんなデーターを取っている。




そんななか、昨日会社の机の下を整理。
そのとき、2年前、「お初天神」の古道具市
で買っていた「錫徳利」がごろん、と出た。
持って帰り、これで燗。


c0061686_7433570.jpg


安酒なので、55~60度の熱燗で「だまし、だまし」飲む。
この温度なら、あまり味はどうでもよくなる。
でも、旨い。

※酒は「白鶴 ○」紙パック  2リットル


◎はじめて錫徳利湯銭の温度を計る

  指を鍋に入れると、55度くらいになっているのに
  錫徳利の中の酒は、温まりが悪い。

  薄い磁器徳利、アルミタンポでは、ここまで
  鍋の湯温と徳利内酒の温度の乖離はない。

  え、と驚く。


  錫徳利、錫銚子、錫タンポ

  酒が冷めにくい


  
  これはほとうなのだろう。
  熱伝導率も悪くない錫。
  温まりにくければさめにくいはず。

  熱伝導率だけでなく
  錫の「厚み」「重量」が何らかの
  因子となっているのだろう。


よし、試してみよう!


  鍋の湯と、錫徳利内の
  酒に2本の温度計


c0061686_7524240.jpg


鍋の湯温は90度までなりなんとすれど
錫徳利内、50度に届かず。



今日はここまでで失礼します。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-02-20 07:54 | 日本の国酒 | Comments(0)

酒屋併設だから「酒の管理」がいいとはいえない。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ









昨日も寒かった。先週末「コートはもう脱ぎ去ろう」
と決めた手前、コートなしで行ったが、寒い寒い。
しかも、雨でバスが遅れ、列車一本遅れ。
悪い予感。案の定、芦屋で電車が立ち往生と。
15分以上途中にとどまり。案内もない。
おそらく整備不良。「理由は言えないのだろう」
飛び込み人身事故、線路立ち入りなどは正直に
言うが、自分の非は覆い隠す。
運行後も、のろのろ。8分遅刻。



■本題■



先日の、和歌山駅前酒屋併設「居酒屋」
久しぶりにここの哀愁ある魅力を堪能。

和歌山のいろんな銘酒。和歌山以外の銘酒。
焼酎もプレミアまでそろえるすばらしい店。


6年ほど前か、サーバーに保存された
高級大吟をいただく。

え!

半分水。おそらく洗浄かなにかで
水を張っておいたのを出したのだろう。
愛想のいいおばちゃんに指摘するも
要領を得ない。まあ、あきらめる。
あきらめて、大いに余りある魅力。



そんな学習効果


もあり、大体この手の「銘柄置きまくり」の
店では、大吟などは絶対に飲まない主義。
粗っぽい「立ち飲み」などで、たまに置いてある
場違いな「吟醸」などに手を出すと、残念なことに
なる。何度も体験。


「燗酒」


目の前の、小さめの「魔法瓶」から愛想良く
注いでくれる。



いい琥珀色



c0061686_6111448.jpg


琥珀色の酒は、好きで好感。でも
管理の悪い「老ね酒」と紙一重。
だから、酒造家はむきになって活性炭で色を取る。
取れば味わいまで取ってしまう。が
「水のようにすっきり』端麗が好まれる不思議。


駄目だ!


酒の体をなしてない。
「水っぽく老ねている」

やんわり、愛想のいい年配のお姉さんに
いうも、6年前と同じ話は通じない。

そこで、

「これお姉さん?名画は?」

と聞けば、

「豊富ですよ」と愛想がいい。

見れば、目の前に

純米吟醸  豊富  320円 とある。




c0061686_631913.jpg



「これ、頂戴!」

年配のお姉さん、大盛りこぼれるほど。


c0061686_6184593.jpg
c0061686_6191195.jpg


おお、おいしそう。でも・・・
味は、可もなく不可もなし。
「水っぽい上に老ねた」燗酒よりは
よほどいい。


さてもこの燗酒の味劣化の原因を
推測すると

①古く売れなくなった「吟醸 豊富」を燗酒に流用。
②燗に失敗、薬缶直燗で沸いた
③燗酒が売れず、前の日の燗冷ましを混ぜた
④燗が売れず、その日の朝の燗が夜まで魔法瓶で炙られた



この点、ナショナルブランドの灘酒
などは劣化が少ないのでこういう
極端はおきない。立ち呑み、立ち飲みが
多く使うにはわけがある。

◎和歌山なので「世界一統」なら、強い酒なので
 劣化もおきにくい。このやわな味の「吟醸 豊富」は
 魔法瓶保存の燗酒には向かない。



高級酒でつまずき、反省から
レギュラー燗でまた。


でも、この店は、こんなこと
些事としてうっちゃるほどの
大きな、おおらかな魅力と魔力あり。

また来たくなる
名店である!


ご参考:燗酒も320円でした。



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-02-19 06:31 | 日本の国酒 | Comments(0)

酒屋併設の「居酒屋」、独特の味わい





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






昨日は、とあるグループの会合に。
10分待っても始まらない。やっと始まった。
2時間の宴会の1時間が、もろもろ祝辞。
生まれて始めての体験。
こんな宴会もあるんだ。
5分以内に乾杯に持ち込まねば・・・
というのが思い込みなのか??



■本題■

和歌山駅前に、「多田屋」という、酒屋併設
「居酒屋」あり。すばらしい味わいの店。
仕事で和歌山に行くたびに寄る。
年配のお姉さんの味わいがなんともいい。
店も広く、いろんなニーズに応えてくれる。


c0061686_651085.jpg
c0061686_6513219.jpg
c0061686_652132.jpg


なかなかにぎやか店構え


c0061686_6525215.jpg


メニーは幅広い。素朴系の味わい料理



c0061686_6535589.jpg


カウンターあり、コーナーあり
テーブル席あり。


c0061686_655593.jpg


速攻あて、と燗酒をもらう。


c0061686_655596.jpg


これですよ!

塩だけの薄味「玉紐」
独特な味わい。
普通は、甘辛く煮るのに。
これは独特、面白い。


ところが


燗酒は?

のちほど、ゆっくりと。




そんな、今。
外は雨。







宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-02-18 06:58 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

強飯式と角打ち



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






今日は、少しスタイルを少し換えはじめから
本題に入ります。入るのです。よろしく。

今朝のNHK「美の壷」藪狩正夫さん出演。
今日のテーマは韓国料理。はじめはキムチの話題。

・キムチと唐辛子。切っても切れない縁
 と思いきや。これが違う。
 もともとのキムチは、唐辛子なき野菜の塩漬け。
 塩漬けといっても、塩につける日本の
 塩漬けとは違い。薄い塩水に漬ける
 「水キムチ」が今でも。

・1600年唐辛子が朝鮮半島にも入り、これから赤くなると。
 改良で、日本の唐辛子に比べ容積3倍
 辛さ三分の一。つまり、唐辛子を
 薬味ではなく野菜として使ったようだ。



これまでは前置き。


■これからが核心

韓国宮廷料理に話が及び
宮廷料理には2つの特徴があると。



①皿数を多く


②高く盛る



日本料理とは少し異なる。
日本では皿数の多いのは下品。
「ご飯の山盛りなどは」もってのほか。
美意識がまるで違う。




そして、仏壇のお供えで明確になる。
法事などは仏壇の前におびただしい
皿数の料理、そして


超大盛り飯

どこかで見た。そうだ30年以上前日光の帰りに
駅に貼ってあった


「強飯式」のポスター

c0061686_7264573.jpg

これは民間の子供用。宗教儀式はもっとてんこ盛り。




それまで、見たことも聞いたことも
なかったので、違和感。

◎ところが、この儀式。日光ならずとも
 全国で行われているようだ。
 農家の寄り合いなどで行うようだ。
 説に「年貢が厳しく腹いっぱい白飯が食べれなかったので
 年に一回くらいは、集まって腹いっぱい食おう」
 そういう意味合いらしい。だが、おかしい。日本のおもてなしは

 皿数ははじめから多くせず順に出す

 ご飯は「丼山盛り」でなく小椀でおかわり



これが基本のはず。宗教行事なら「見栄え」
があるので「超山盛り」がいいが。
わんこそばでも「盥に山盛り」にはあまりしない。


その視点でつらつら眺むるに・・・
どうも、この強飯式の「飯てんこ盛り」は
韓国ルーツのようだ。


さらにさかのぼれば

儒教


由来のようだ。理由はこうだ。

親に考を積む

になぞらえ、お供えの中で中心の「飯」を
うずたかく積む。日本でも仏飯は少し
高めに盛ることはあるがここまではない。
日本の仏飯は、清らかにつつましい。

今回は触れないが


古来の


神道は
調理したものは供えない



■飲酒流儀に置き換えてみよう■

居酒屋

特に、若者居酒屋などは、テーブル
一杯に、いろいろな肴を並べ酒を楽しむ

渋い居酒屋や割烹は
テーブルに目一杯肴を埋め尽くしたりはしない



角打ち

日本酒のコップと、

ぬたや、奴など多くて1,2品



若者居酒屋は  韓流

角打ちは    和風


ということになろうか。
守りたい日本の美風
「国酒」の復権



■乾き物しか置かない角打ちは■


古来の


神道は
調理したものは供えない


に似て潔い

※このあたりの角打ちのシンプルな精神性が
 いかにも好きだ。「国酒」を角に据えた。









「強飯」になぞらえた
「協酒」すなわち、一升入る大型コップで
 飲む角打ちの儀式はなぜない?

 一升入る大杯がすでにあるからだな、これは。

 私の思いつきは「大敗」だ。







宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-02-17 07:45 | 神戸角打ち学会 | Comments(0)

「乾きもの盆」と「今朝絞り鳳鳴」




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




ロシアに隕石。ミサイル攻撃のような
恐ろしい風景。いやあ、怖いですね。
今日はいい天気。

空も澄んで気持ちがいい。

昨日は、家でもろもろ。読書に酒。
雨模様なので・・・。
今日は、京橋から心斎橋。



■本題■

和田岬にある、角打ち名店「ピアさんばし」
ここに行った目的が

丹波の銘酒である

鳳鳴


の、その朝絞ったばかりの酒
「今朝しぼり」を飲む会。


c0061686_737253.jpg

味わいの「効能書き」すばらしい。
思いが伝わる。


c0061686_738247.jpg

外側の「小鼓」
中身の「鳳鳴」
どちらも丹波の銘酒


c0061686_7383779.jpg


神戸角打ち学会の会長以下7名が
喜んで集い、この味に酔う。



見事な味わい。
語るに尽くせない。




◎そして・・・・

 ピアさんばしの

 独特な「乾き物盆」

 グループでの客がこれを借り
 おのおの乾き物を取ってこれに入れ
 分け合うシステム。

 円熟のシステム。


c0061686_7434030.jpg
c0061686_744733.jpg



 名店には名店のこなれた「仕組み」あり。

 客の殆どが三菱社員ということもある。
 客筋が実にいい、風格ある
 角打ち!







宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


c0061686_941436.jpg

       7月11日は角打ちの日です!


■神戸角打ち学会


  ようこそ神戸角打ち学会へ


  ※フェイスブック「神戸角打ち学会」もアップしてます

 ■ 「食べログ」に挑戦!


  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  


 ■ 別館も御贔屓に  
  
 「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」

by tatinomi1 | 2013-02-16 07:45 | 立ち呑み名店 | Comments(2)