excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

萬屋酒の醍醐味①赤飯で飲む



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ









昨日は、高台の角打ちに。
小雨模様ではあったが、小振りであったので。

行けば、なんとカウンターに大量の買い物。
スーパーの籠のようなのに山盛り。

たいがい、ここでは、1000円以内の
買い物が普通。15分も歩けば
コープ神戸の大型店あり。
高台の角打ちから見ればいい客。
だが、ここで飲む角打ち士としては
あまり、好ましくはない。


酒を飲むべきカウンターの上に
山盛り、食パン、ラーメン、醤油
缶詰などの、籠が置かれ買い物が
終わるのを、じっと待つのみ。


見れば、ガラのあまりいいとはいえない
中年の女性客。一緒に買い物に来ている
20台前半の娘らしき方。孫らしき2人も。
一度、会計を終わっているのに
「これもや!」娘らしい女性に
「要るもんあったら、今やで!」
うるさく店内を走り回る孫らしい子に
「お菓子、アイス、買ったる!」

いつまで待っても、終わらない。
これほど、大量に買う客ははじめて。
角打ちに来ているから嫌な客だが
店としては「最上の客」まあ
いい客なので、我慢、我慢。

◎まあ、この店のファンだし
 儲かってこの店の存続が望まれるので
 じっと我慢の、角打ち士であった。

なにか、コープでは普通の買い上げ金額。
だが、ここでは「注目の買い上げ金額」
これだけ買うんだ、「すごいだろう」
買い物の金額だけで、注目される。

どうも金にまつわる、おごりが見え隠れ。
最近の、韓国や中国の態度に似ているかな、と。
いろいろ考えさせられるが、景気のいいのは、好感!


c0061686_622575.jpg


 ※平均買い上げは600円くらいか


やっと、買い物は終了。おかみさん
「お待たせ!」という感じでコップを。


まず、発泡酒の缶、とアテ


c0061686_68967.jpg


赤い発泡酒と角打ち用語での「三角」

無難な、選択。



さて、ここからが、角打ちの醍醐味。
アテは、カレー、ラーメン、奴
食パン、缶詰、高野豆腐、揚げ


選んだのは、


「赤飯」


この前は、石破さんが自民党の
幹事長就任のときだっだか。旨かった記憶。



c0061686_6123560.jpg


この赤飯、実に旨い。
角打ちでの、赤飯の食べ方は

次回に。


c0061686_6233820.jpg


高台の角打ちをあとに
下界へ降り行く。





今日は、大阪駅前「グランフロント」
での、展示会準備に。いざ出陣!








神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ








 
■ 「食べログ」に挑戦!


  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  


 ■ 別館も御贔屓に
  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」



◎久しぶり、本当に閉めていたサイト復活

   長木酒店

  更新です!



















宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-05-31 06:13 | 萬屋酒 | Comments(2)

サントリーストロングゼロドライの夏となるか?





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ








今日は雨もようとのこと。まだこちらは降ってない。
昨日は、農家食堂に行きたかったが、雨。
高台の角打ちに行こうともしたが断念。

昼過ぎ、近所の小学校の図書館へ
久しぶりに,行ってみた。
以前は3冊だったが5冊までに
拡大。

図書室の横が、図工の部屋。
こういう手作業の訓練は是非必要。


c0061686_623360.jpg


電子ゲームより、こういう手作業を体験。
将来の「なりわい」の一助になるといい。



■本題■

私のカンチュウハイ遍歴はまず

「宝カンチュウハイ プレーン」


東京の出張で、「チュウハイ」なるものを
知り、好きになる。

その後、全国区に普及し、
そのころ、この「宝 カンチュウハイ」が出現


暫くして、JR塚本駅近くにあった
「平治東 灰谷酒店」を知り
そこにあった、

「宝 カンチュウハイ レモン」

この旨さに、とらわれる。その原因が
のちほど、分かる。
冷蔵庫の温度調節が壊れ、ほとんど氷点
近くまで冷えていたから。


そうこうしているうち、
2006年くらいに、

「サントリー スーパーチュウハイ ドライ」


c0061686_6342472.jpg




を知り、こちらを買う機会が多くなる。
味としては、「宝 カンチュウハイ レモン」
のほうがおいしいが、値段。

宝は      500ミリ   270円

サントリーは  500ミリ   200円


そうこうしているうち、
「青光りのする」すごいやつの登場

「サントリー THE DRY 」

c0061686_628273.jpg


あくまでも透徹したクリアさ。
柑橘系の香も味も極力排除した
まるで「純水」のようなチュウハイ。

「甘さを抜いた三ツ矢サイダーの焼酎」
の感じ。

東日本大震災で、商品供給が途絶え
その年の秋、見事復活。


それが、この春。定番であった
コープ神戸での供給がおかしくなる。
鈴蘭台店でまず消え、コア北店では存続。

微妙な時期を経て、今は置かれてない。
すでに、全店で定番除外とのこと。


結局、この後釜は

「サントリー ストロングゼロ ドライ」

c0061686_6284044.jpg


これだけの歴史と変遷を経て




限りないクリアな道



を歩み続けた長い道は、柑橘系への
先祖帰りに向かいそうな予感がする。


消費者がそれを求めているのだろうが

「われわれが消費者に、真のチュウハイとはこうだ!」
と啓蒙するような姿勢は、最近のサントリーは
弱くなったようだ。



そんな事情で最近は
こんな感じです!




c0061686_6295561.jpg









7月11日は角打ちの日です!


c0061686_941436.jpg


すべてに相性がいいが、古典的な盃が
意外にいい。吟醸グラスのようなのが
いいかと思ったが。

古典的かぐわしさのある酒。


このあと、神戸角打ち学会メンバーは
JR住吉駅前すぐの名店

「さかなでいっぱい」に繰り出す!


「さかなでいっぱい」は

 「雁木でいっぱい」になる



神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ








 
■ 「食べログ」に挑戦!


  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  


 ■ 別館も御贔屓に
  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」



◎久しぶり、本当に閉めていたサイト復活

   長木酒店

  更新です!



















宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-05-29 06:30 | 焼酎大好き | Comments(6)

横を見れば「どら焼き」で呑んでいる角打ち士あり



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ










昨日もいい天気。町内会の一斉清掃。
家の周りと、公園の2箇所に分かれての清掃。
ごみ拾い、草刈、側溝清掃など。

気になることあり。雨月庵では軍手は洗い
何度も使用するが、この清掃ではみんな
たいして汚れてもない軍手を清掃後ごみ袋へ。
雨月のことを思えば捨てられず持ってかえる。

「もったいない」。勿体をまっとう出来ない。
そのものが生まれた役目と意義。
賞味期限の食料も同じ。

「もったいない」が私語になる世の中は
温もりのない、とげとげしい世になろう。




■本題■

昨日、夕刻ひょこひょこ、高台の角打ちへ。
たまにお会いする静かなご高齢のお方。
たいがい、缶の発泡酒なのだが、この方、
いつも、麒麟の中瓶。ここでは珍しい。


私は、あまりビールを角打ちで飲むのは
好きでなく、かといって酒はカップ酒。
チュウハイも甘いのしかない。
先週発見した、

「いいちこカップ」

大分仕様の 20度


c0061686_6462581.jpg


アテは「都こんぶ」

いい組み合わせ。20度はちょうどいい。

一般的には、25度を半分以下に割るので12度くらい。

冷えた20度は旨い。

◎大分では、20度をそのまま徳利で
 燗付けして、飲み屋で飲ました経緯あり。

 (大分麦の伝道師  酎州大分さんの ブログに詳しい)



c0061686_6503479.jpg


この日も暑く、喉が渇くので、チェイサー代わりに
第3のビールを飲む。これが好き。

おかきもおいしい。


■横を見れば 

「どら焼き」

で飲んでいる



c0061686_6532288.jpg


なんと、どら焼きで飲んでいる。

私も「悪食」ならぬ「悪呑み」趣味もあるが

どら焼きでは飲んだことはない。

まあ、ビールはパンを発酵させたものと

荒っぽく言えば、硬めのパンならアテになる。




■佐伯「長木酒店」穴見さん流カップ焼酎作法■


c0061686_6592927.jpg


本体を徳利

カップを盃に

見立て、味わう。











7月11日は角打ちの日です!


c0061686_941436.jpg


すべてに相性がいいが、古典的な盃が
意外にいい。吟醸グラスのようなのが
いいかと思ったが。

古典的かぐわしさのある酒。


このあと、神戸角打ち学会メンバーは
JR住吉駅前すぐの名店

「さかなでいっぱい」に繰り出す!


「さかなでいっぱい」は

 「雁木でいっぱい」になる



神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ








 
■ 「食べログ」に挑戦!


  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  


 ■ 別館も御贔屓に
  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」



◎久しぶり、本当に閉めていたサイト復活

   長木酒店

  更新です!



















宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-05-27 07:00 | 萬屋酒 | Comments(2)

雁木が飲める「さかなでいっぱい」住吉駅前に!




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







昨日は、裏六甲ダム湖散策。
朝の間に。一帯は「田植え」シーズン。美しい
風景が広がる。鶯も鳴き、初夏の気配。

夕刻、高台の角打ち。はじめて
「いいちこカップ」20度を飲む。

これが、なかなかいい。



■本題■

先日の「第二回 雁木の会」終わってからさて?
神戸角打ち学会の渡邉会長の発議で、
近くの「さかなでいっぱい」に行こう!
JR住吉駅、海側に下り、大通りに出るまで左側すぐ。

10名くらいだったか。分散して席に着く。

ここは「雁木」定番。



c0061686_19511170.jpg




もちろん、さかなでいっぱい。
そのおいしさには定評あり。


この日は、特別にこさえてくれた
4品盛り、なかでも「おばけ」の旨いこと
これだけのものには、そうそう出逢えない。
酒が回っており、写真を撮るのも忘れ
その美味に酔う。

c0061686_19522362.jpg




落ち着いた安らぎの溢れる
いいたたずまい。ファンは増えるばかり。



c0061686_6352995.jpg




とろけるような新鮮さ。
見ても、食べても、おいしい。


c0061686_6374449.jpg


海洋自衛隊カレンダーがあるのも好感。
近くに阪神基地隊あり、掃海艇係留2隻。



■いつも「さかなでいっぱい」と聞いて
 猫の「逆撫でイッパイ」を思う。


子供の頃から、猫を撫でる時
「絶対に逆撫でするな」と教えられた。
せっかく猫が毛づくろいをしているのが
台無しになるのを戒めたのだろう。

人間にたとえれば、せっかく化粧を終えた顔を
あごから上に撫で上げるようなものか。
猫が怒って当然。
性格のきつい猫なら、噛み倒される。




☆   ☆   ☆

昔書いた、猫の撫で方です




猫の撫で方


c0061686_1953953.jpg




小さい猫、すなわち0才から0.6才位の猫の場合には、
途中でそそうを起こしても連続して四回は撫でられる様に、
座蒲団の四隅を使い一等端にちょこんと乗せてから、
中指と人差指の二本で、カナリアのしゃっくりを止める時の要領で、
首の付け根からうしろへゆっくりと撫でおろす。この時、
二本の指には均等な力を加えて撫でないと、この猫が大きくなってから
前足に無理が生じて、油蝉につまずいてころぶようになり、
目の上に三日月形のたんこぶを作り、来るべき
健康優良児の選考の予選にすら失格する様な、
だらしの無い猫になる。又、猫が気持ち良くもだえるからといって、
逆撫でする人がいるが、これは著しく猫に取って失礼な事であり、
断じて教養のある皆さんはこんなオロカな真似をしてはいけない。
何故なら、不幸にして四回以上逆撫でされた猫は、
公民館の裏で拾った「愛染たわし」にブラシをかけた様な、
影の薄い猫になって将来成功出来ない。
 次に、大きなトラの様な猫の場合であるが、
これは大掃除の時、畳をめくった時出て来る子供会の案内状とか
、黄変した愛国新聞とかの上にネジふせて、
竹ボーキの様なものでタタく様にして撫でるのが本人の為であり、
膝の上で撫でる等といった初歩的な過ちをおかしてはいけない。
竹ボーキを噛み折る位の猫は、どんな町でも一~二匹はいるもので、
もしそんな猫を見たら、愛国タクシーの青木さんに電話して、
ひき殺してもらわねばならない。これを馬鹿にして守らない人は、
トラ猫に噛み倒されてネコんでしまう。これは真実に基づく実話であり、
二匹の猫と遊びながら御教示頂いた事なのであるからして、絶対に正しいのだ。










7月11日は角打ちの日です!


c0061686_941436.jpg


すべてに相性がいいが、古典的な盃が
意外にいい。吟醸グラスのようなのが
いいかと思ったが。

古典的かぐわしさのある酒。


このあと、神戸角打ち学会メンバーは
JR住吉駅前すぐの名店

「さかなでいっぱい」に繰り出す!


「さかなでいっぱい」は

 「雁木でいっぱい」になる



神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ








 
■ 「食べログ」に挑戦!


  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  


 ■ 別館も御贔屓に
  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」



◎久しぶり、本当に閉めていたサイト復活

   長木酒店

  更新です!



















宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-05-26 06:48 | 日本の国酒 | Comments(4)

泉の広場「七津屋」。地下に店でいきなり哀愁。






宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







今日は、朝早くダム湖サイクリング。
ママちゃりでおおかた2時間の行程。
おおよそ15キロ。ほど良い距離。湖、山
田野に心満たされる。

先祖の地、大分県国東半島の地に似ており
心が和む。この話しは、また。

そして今日。高台の角打ちで始めて
「いちこカップ酒」を飲んだ。



■本題■

先日、広島の「やよ福」ファンクラブの
KORIKORIさん來阪。グランフロントと近傍。
「たよし」も「上田酒店」も行ったので
泉の広場の、「七津屋」へ。京橋のかなり
味わい深いといえばいいようだが、
「個性と毒のある」梅田の新規出店の店に。


この日は、商人(あきんど)の日、酒もアテも安い。

c0061686_1985712.jpg


まずは、瓶ビールとポテさら。明快なまでに
外観も味もシンプル。


c0061686_1910535.jpg


「つらみ」が欲しかったが、鉄板はまだ。
しょうがなく。鯵フライ。揚げたては文句なく旨い。










c0061686_1914593.jpg


そして、やっと「つらみ」に。こりゃあうまい。
なんのことはない豚の顔。



c0061686_19182313.jpg


そして、最後にチュウハイ。普通は
「花瓶のようなあつぼったいグラス」は嫌いだが
ここは、まあいいか。


■哀愁店舗が出店する場合、お洒落になっては
 客は離れる。京橋の哀愁立ち呑み街の愛を
 持ち込んでこその命運。



ここは、

開店当日から

哀愁があった。







7月11日は角打ちの日です!


c0061686_941436.jpg


すべてに相性がいいが、古典的な盃が
意外にいい。吟醸グラスのようなのが
いいかと思ったが。

古典的かぐわしさのある酒。


このあと、神戸角打ち学会メンバーは
JR住吉駅前すぐの名店

「さかなでいっぱい」に繰り出す!


「さかなでいっぱい」は

 「雁木でいっぱい」になる



神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ








 
■ 「食べログ」に挑戦!


  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  


 ■ 別館も御贔屓に
  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」



◎久しぶり、本当に閉めていたサイト復活

   長木酒店

  更新です!



















宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-05-25 19:16 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

上田酒店で「泡盛」を飲む 銘柄は「瑞泉」なり



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ








東南海大地震が今後くるだろう。の話。
高知などの津波は恐ろしいくらいの想定。
以前は被害を極端に低く見積もっていたが
最近は、素直に発表している。

「おどし」と見られても、現実直視の姿勢。

そういう中で、富士山の噴火まで云々。
そういう危機の中での電力供給。
メガソーラーなどの自然エネルギー活用
と発送電分離。どちらもいいとは思うが・・・。
・富士山の火山灰での太陽光遮蔽
・経済性だけで、送電網を死守できるか?
など、奇麗事ではすまない。
こちらも、現実直視もいる。

たとえば、オール電化にLPガスなどの
組み合わせもあるのか。
佐伯で角打ち仲間の、穴見さん82歳。
はやばや、オール電化だが、
石油給湯を併用しているそうな。
ガス管に頼らない2系統はなるほど安心。




■本題■


先日の大阪駅前第一ビル一階「上田酒店」
一度は、「たよし」で雪の松島を飲もうと
行ったが、待ちが5人ほどでさっとあきらめ
こちらへ。

まずは、燗酒と鯵フライの出汁かけ

いつものパターン。さて、次の一手は?
紹興酒の燗、はたまた、ウイスキー
「トマーチン ダブル 200円」のお値打ち
を、氷小30円で割って飲むか?



c0061686_22145690.jpg



そう思い、張り紙を見ると、今後土曜も
休むとの、貼り紙。


そして、其の脇を見ると、泡盛。

青龍  瑞泉

角打ち、立ち呑みではほとんど泡盛は
飲まない。でも、飲みたい紀文のはんぺん。


古酒混じりで300円はお値打ち。



c0061686_21471692.jpg


コップに6分目くらい。まあお値打ち。
氷小をもらう。飲めばすっきり旨い。
特に特徴もない可もなく不可もない味。
だが、王道蔵の限りない安定感あり。
立ち呑み、角打ちで飲むにはいい泡盛。


瑞泉は日本酒でいえば、日本盛りだろうか
まず日本盛りは飲まないが、瑞泉はいい。
日本酒と泡盛との違いによる
「大手」の酒の内容とは?に起因。

・余談だが、沖縄と全国での泡盛通販
 人気銘柄を見ると、どちらも
 紙パック酒が上位。内地のパック酒ブームに呼応。
 それと、個性的でない、一般的なのが上位。
 
 ◎あれだけ芋焼酎に狂ったように狂乱
  したのに泡盛には反応しないか不思議。
  まあ、プレミア泡盛が出ないからいいかも。


c0061686_215793.jpg


泡盛のアテ、さて。まあ安易に缶詰とゆくか。
コップをもうひとつもらい、ストレートと
ロックで交互に味わう。いい感じ。
やはり、ストレートがいい。



喉の渇きが見られたので、そう。
サントリー THE DRY 終焉後の
後釜候補「寶カンチュウハイ ドライ」を
泡盛の合間に飲む。


◎お隣の感じのいいお方と話す。
 話しているうち、本籍地が大分県豊後森
 ということで、大友宗麟の話や独特の
 大分文化の深遠に迫り楽しい時間



c0061686_227352.jpg



最後に、氷小の器(鍋の器のようなの)
で飲めば、これが旨い。
いい日本酒は磁器の薄手の盃が好みだが



c0061686_22172390.jpg



泡盛は、ぼってりした盃がいい


さらに言えば、沖縄の焼き物が。




そんな、こんなの、
泡盛ないい夜でした!






7月11日は角打ちの日です!


c0061686_941436.jpg


すべてに相性がいいが、古典的な盃が
意外にいい。吟醸グラスのようなのが
いいかと思ったが。

古典的かぐわしさのある酒。


このあと、神戸角打ち学会メンバーは
JR住吉駅前すぐの名店

「さかなでいっぱい」に繰り出す!


「さかなでいっぱい」は

 「雁木でいっぱい」になる



神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ








 
■ 「食べログ」に挑戦!


  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  


 ■ 別館も御贔屓に
  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」



◎久しぶり、本当に閉めていたサイト復活

   長木酒店

  更新です!



















宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-05-24 22:11 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

見事すぎな『雁木の会」報告:其の弐




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






今日もいい天気。
昨日は、久しぶりに大阪駅前第二ビルの「たよし」
で、雪の松島を飲みたく行くが、すでに並んでいる。
4月にTVで大々的に紹介され、なかなか入れない。

やむを得ず、第一ビル一階の「上田酒店」へ。

こちらもいっぱいだったが、なんとか。
こちらで初めて『泡盛』を。
其の模様はまたのちほど。



■本題■

第一回と交錯するが、これが能書き。


c0061686_955291.jpg



この4店が協力して開催。もちろん「雁木」を
愛し、店で提供している見識店。

       和食・立ち呑み かこも http://www.kakomo.com/  
       鯛めしと鶏もも肉の旨い酒処 あうん http://kobeaun.com/
       うつわ http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280105/28022976/
       なごみ庵 旬のさち http://r.gnavi.co.jp/kbdj300/

単に飲む会でなく、この丁寧なしつらえは
どうだろう。


c0061686_9575614.jpg
c0061686_9581548.jpg




   →クリックを!

More
by tatinomi1 | 2013-05-23 10:15 | Comments(2)

見事!第二回「雁木の会」報告其の壱



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ









今朝も天気はいい。昨日は黄砂が飛来した
感あり。口の中が少しざらつく。

今朝の朝日新聞。旧電電の研究者が米国で
表彰を。携帯電話の基礎技術で。

85歳を超えるこの研究者、見事な発言。

「携帯は、あくまでビジネス用、子供・学生は
 持たないでいい、本を読みなさい」

 「実は、私も持ってない」

ウイットと、示唆に富む名言!




■本題■

先日の土曜日に住吉の「吉田会館」で開催
されたイベント。昨年、第一回。住吉の
見識店の肝いりで行われたイベント。
参加者全員が、感動、感激。

これに呼応して、「雁木」の蔵が強力に
この会の2回目をサポートし実現。




FBより引用


五橋、だっさい、などそうそうたる酒の産地、岩国。
最近富に人気沸騰の「雁木」。雁木の会2回目。
蔵を上げての気合の入りすぎたくらいの熱気溢れる会合。
社長はじめ蔵人相参加とも思える入れ込みよう。
住吉の地にこの「雁木」を定番でおく店が増え、飲み手も急増。
まだ発売になってない酒や、コレクションの類まで。
なんと「雁木銘柄20種以上」ずらり。肴は「雁木定番店」のこだわりの味。
これ以上の酒とアテはなかなかありつけない。あれこれ飲むのもいいが、
一銘柄のいろんな味を体系的に飲むのはまた格別。
神戸角打ち学会より10名を越す参加。会長が社長に
「酸度が、2を超える酒なのにどうしてこんなにバランスがいいのですか?」
まさに見事なさすがな質問。たまらなくいい会合。




c0061686_672529.jpg


ビールケースにのぼり、熱く語る社長
しっかり社長を支える蔵人。社長は杜氏も兼ねるとか。

「昨年の感激をもう一度と、殴り込みをかけました」と

確かに、気合が違う。持ち込んだ酒は
半端じゃあない。前と後ろに説明展示。
こまかく酒を説明。およそ20銘柄。


c0061686_6114755.jpg


いま、大人気の酒から、フレッシュなスパークリング
今後売り出す予定、まだオープンになってない酒。
さらにはコレクション的な秘蔵の酒まで。
そして、地場の酒米でこさえた今後大ブレイク
しそうな酒まで。


酒の会、デパートの販売会ではありえない
「気合」と「気迫」の満ち満ちた会合。



酒は存分すぎる・・・


c0061686_6152170.jpg


各テーブルの脇には、よく冷えた酒が水に
湛えられている。これを自由に参加者が
注いで飲む、存分に、たっぷり!



そして肴はといえば
この「雁木」を愛して定番酒としている
住吉近傍の、見識店のこなれた肴

この酒の味を良く知っているプロの
見立てと調理によってできた作品。


「あーーーら、フルーティね」
の百年一日のような、初めの一杯だけ
旨い、やわな酒とは違う。


◎社長も、食中酒としてぐいぐい飲める酒
 と、いいことをおっしゃる。



■長時間にわたる会であったが
 みんな和気藹々。一人の会の雰囲気を
 汚すものなく、夢のように終わる。



◎今回分かったこと

 飲みはじめと、会の終わりに飲んだ味が
 変わらない、少しも、ぶれない。
 「大量飲酒者用」のお値打ち酒が
 さらに望まれる。

 とにかく、見事の一言。


この日、会場に持ち込んだコップなど
いろんな器で味の相性を見た。

c0061686_638472.jpg





すべてに相性がいいが、古典的な盃が
意外にいい。吟醸グラスのようなのが
いいかと思ったが。

古典的かぐわしさのある酒。


このあと、神戸角打ち学会メンバーは
JR住吉駅前すぐの名店

「さかなでいっぱい」に繰り出す!


「さかなでいっぱい」は

 「雁木でいっぱい」になる










神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ








 
■ 「食べログ」に挑戦!


  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  


 ■ 別館も御贔屓に
  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」



◎久しぶり、本当に閉めていたサイト復活

   長木酒店

  更新です!



















宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-05-22 05:55 | 日本の国酒 | Comments(2)

「八重泉」「御酒」「沖縄県酒造組合」






宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







曇りの天気。橋本さんの話題が昨日も今日も。
おばさん議員のパッシングから、みんなの党の
ドンガバチョさんのようなお笑い系の党首
との不仲が話題。民主党は漁夫の利でにんまり。

◎日曜日に、セキュリティを装った新手の
 ウイルスに感染。画面に、ソフト販売の
 画面が貼りつき、まったく起動しない。
 調べると、4月から蔓延と。
 セキュリティの弱いパソコンに音もなく
 進入。幸い昨夜「駆逐」できた。




■本題■

先週の水曜日から、阪神デパートで
「めんそーれ 沖縄の技と味展」
こういう企画では阪神の右に出るデパートはない。


c0061686_610501.jpg


いよいよ、本日最終日


まあ、すごい熱気。まるで阪神デパートが
沖縄になったような、様相。


中には、沖縄酒場ができ、飲めや
歌え、おどれやみんなの、ユイマール!



c0061686_6142416.jpg


沖縄の食、酒、文化のオンパレ!
「牧志公設市場」「栄町商店街」から
そして「三線の店」など・・・・。


c0061686_617866.jpg




→クリックを!

More
by tatinomi1 | 2013-05-21 06:21 | 命漲る沖縄 | Comments(6)

実践「角打ちは大人の駄菓子屋」、高台の角打ちの場合





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ












昨日も、今日もいい天気。天気のいいのは
悪いより気分がいい。気分が良いので
昨日は、高台の角打ちに出かける。

遅い昼飯で出かけたので、アテいらず
そんな、酒となりました。



■本題■

何を飲むか?家ですでに日本酒を飲み
チュウハイも一リットルほど飲んで
行ったので、軽く。


そこで、目に言ったのは

「すりおろしりんご」


c0061686_623527.jpg



c0061686_626943.jpg



甘くておいしい。奄美大島で大人気
というのは単なる洒落である。

あては、おいしそうなアイスを
組み合わせてみる。


単独で肴(なにやらしっくりこない)に
したり、すりおろしりんごに混ぜ

「すりおろし、りんごいちご」
にして飲む。悪くない。




少し味に変化が欲しいので
アイスクリームに「オリオン」の
ラムネ菓子を振りかける。


c0061686_6325796.jpg



甘いだけの単純な味が、この素晴らしい菓子の
効果で、哀愁を味に打ち込むことに成功。
子供の飲酒シーンが、俄然渋い?(どこが)
角打ちシーンにがらりと変わる
(かなりオーバーだが)



c0061686_6374087.jpg



いい感じの角打ち日和。
甘い感じに終始したが、初めての


「アイスアテの甘い酒」




c0061686_6395430.jpg



駄菓子屋もかねる店内。駄菓子を買いに来た
子供らと渾然一体の角打ち世界。





角打ちは大人の駄菓子屋


実感する店である。
実際!








7月11日は角打ちの日です!


c0061686_941436.jpg


神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ








 
■ 「食べログ」に挑戦!


  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  


 ■ 別館も御贔屓に
  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」



◎久しぶり、本当に閉めていたサイト復活

   長木酒店

  更新です!



















宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2013-05-17 06:36 | 萬屋酒 | Comments(4)