excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

三田で角を打つ!!!(その壱)



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







今年もあと2日となる。
最後の年賀状を書き上げ、窓のガラス掃除。
そうこうしているうち「あまちゃん」の
総集編。娘も休みで見入っている。
「じぇじえ」の意味がやっとわかった。
家族のものに聞いても、誰も教えては
くれなかった。意外な意味。
お姉さんの意味かと思っていたが。


私は「あまちゃん」より「ごちそうさん」
が好き。大阪天満が舞台だから余計好き。


朝のBSでNHKの新日本紀行が。今朝は
「会津」。見事な映像。現在にまで確実に
「会津精神:風儀」が伝承され生きている。
素晴らしい風土。


◎会津は冬がいい、と。確かに私も5回
 ほど会津に行ったが、2度は厳冬期。
 雪の鶴ヶ城は会津精神の本丸。

 そのときの、ガイドさん。確か斉藤さん
 品のいい中年女性。

 「この位置からの鶴ヶ城が一番美しいです」

 「説明している私が、感極まったり」

 会津の品格は、見事。


 ■本題■


先日、仕事で三田。あの白州次郎さんの生誕地。
実に素朴で美しい町。とりたて観光もないところが
いい。渋く枯れて、淡々たる味わいがいい。


こんないい街には、いい角打ちがあるのだが
この街に、年2回くらい。6日ほど仕事で
くるようになり、角打ちを探すが、無い。

交番にまで入り聞くがない。


そんななか、三年かかり昨年探し当てた
「この店」(名はあかしませんよ)

なんとも、淡々と渋いのがいい。
かといって、黒光りの重厚店舗ではない。
立ち退きで面積減少建て替えらしい。



さしたる「アテ」も、特筆する「酒」
もない店だが、なにやら心満たされる。


解説無しで、どうぞ!



c0061686_1862833.jpg
c0061686_187759.jpg
c0061686_1875679.jpg



おいしい酒も、おいしいアテも


珍しい酒も、珍しいアテもない


淡々たる世界!




大方の方は、
どこに魅力があるのと
不思議に思うだろうが。








宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





    ★関西情報テン「カラクリ」で「立ち呑みの流儀」紹介さる★

c0061686_7391554.jpg



    読売テレビサイト動画
(終わりの部分で紹介ご覧ください!)


  「立ち呑みの流儀」本。ネット通販でも多少あるようですが
   関西の方は、十三の「呉羽中島酒店」でお求めいただけます。

■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」

by tatinomi1 | 2013-12-30 18:07 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(2)

十三今年最終行脚!



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






昨日は、三田にあるイオンモール神戸北。
「恐竜迷路」の設営。

いよいよ今日から、来年一月中旬まで。

c0061686_5592190.jpg


おかいものついでに是非ご覧ください。
楽しさ一杯!。

今日も出かけます。



■本題■


先日、十三の今年最後の行脚に。行脚といっても
単に呑んでまわっただけ。

まずは「呉羽中島」



c0061686_6124350.jpg


年末の十三界隈


まずは、とりあえず本番の「富貴」
いやあ、おいしい。ますます旨い。

そして、コレは別格!


「琥泉」しぼりたて原酒

灘は泉酒造の逸品。「仙介」が有名だが
立ち呑みでは、こちらがいい。
力強さが漲る上品な酒質。

いいな!


あては、「鮭ハラス」

c0061686_6175040.jpg


鮭のアテ、間違い、「酒」の魚
間違い、酒の「肴」にいい!

この日は、売り切れていた日本一の


紅生姜天



残念、来年の楽しみにしよう。


コレは、欠かせない、「最強自家ソーダ」での
宮崎麦「いいとも」相性や抜群


c0061686_6205137.jpg



◎これからは、イスあり店に



「ふかどん」

かわった名前の「しょんべん横丁」の居酒屋
近隣の「吾菜場」よりすいている。

ここでは、

c0061686_62295.jpg



なまこ、と「日本酒」

そして、最終は

人気の居酒屋。

「吾菜場」

あなば、と読む。安さはぴか一の
人気店。

メニューが見事、早い、安い、旨いの
十三人気店。


c0061686_6241285.jpg


猥雑感に包まれた哀愁、哀感がいい。
一緒に行った横浜の友人は

「やぱり関西はいいなあ!安く旨い!」と


c0061686_6255236.jpg
c0061686_6262043.jpg
c0061686_6263988.jpg



さあ、いまから三田のイオンモール神戸北に
年末最後の仕事!

白州次郎  三田の杉山(レスラー) の出身地?





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





    ★関西情報テン「カラクリ」で「立ち呑みの流儀」紹介さる★

c0061686_7391554.jpg



    読売テレビサイト動画
(終わりの部分で紹介ご覧ください!)


  「立ち呑みの流儀」本。ネット通販でも多少あるようですが
   関西の方は、十三の「呉羽中島酒店」でお求めいただけます。

■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」









by tatinomi1 | 2013-12-28 06:02 | 路地裏の魔物 | Comments(2)

見事:立ち飲み串カツ屋の「皿」



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







昨日は、遅くから十三。
横浜から来た友人と一杯。呉羽中島
ふかどん、最終は吾菜場。

十三の味わいを楽しんだ。


今日は雨とか。


■本題■


先日、天満の「銀座屋本店」に入れず
天5中崎まで歩くが、盛進商行も休み。


あきらめて阪急で三宮、高架下を
あるいていれば、老舗の串カツ屋
「オーエス」が営業中。

10年以上行ってない。

よしここですこし飲んで帰ろう!


c0061686_7424161.jpg



みんなに親しまれている名店である。
ただし大阪の串カツ屋ほどの哀愁はない。


とりあえずの酒と、鶏、玉葱、鰯水八幡宮!


c0061686_745627.jpg
c0061686_7454750.jpg



哀愁ある大阪の店では、サービスのキャベツは
「共用盛り」だが、ここは「個人盛り」

ソースの容器も、小さめで新しく清潔

酒は薄味、串カツも上品!


驚くやら、感心したのは、


串カツの皿。天満駅前の「まつい」など
おおかたは、へこんで哀愁のアルミ皿などに
盛るが、ここは新兵器。


油、タレ切り四角皿


鉄板焼きプレート、電子レンジトレイ
などの「溝つき」の構造


見事な見識!!!!


c0061686_7503215.jpg
c0061686_7505217.jpg


あまりの感心して、串カツの味を
忘れました。







宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





    ★関西情報テン「カラクリ」で「立ち呑みの流儀」紹介さる★

c0061686_7391554.jpg



    読売テレビサイト動画
(終わりの部分で紹介ご覧ください!)


  「立ち呑みの流儀」本。ネット通販でも多少あるようですが
   関西の方は、十三の「呉羽中島酒店」でお求めいただけます。

■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」









by tatinomi1 | 2013-12-26 07:51 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

老舗鶏肉屋の「肝焼き」、見事。


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






昨日は、仕事に出た。帰りに久しぶりに
天満駅経由、「天五中崎商店街」を経由して
中崎町へ出て、阪急で帰る。

日本一長い天神橋筋商店街を通ると


c0061686_605959.jpg



「ごちそうさん」の垂れ幕がアーケードに
このあたり天満が「ごちそうさん」の
舞台のエリア。天満市場もある。


そして、暫く歩くと天満駅。近くの
「銀座屋」は超満員。立錐の余地なし。

◎その奥の「サンクス」に寄って見た
 というのは、好きでたまらない
 「サントリー THE DRY」を置いている
 数少ないみせだったが、痕跡もなし。
 もう廃版近しなのか。


そうこうしていると、こんな店
発見。まだオープン前だが。



c0061686_664566.jpg



新橋好きとして、気になり覗くと。

・自分で「銘店」はおこがましい
・酒メニューは、チュウハイ系メイン
・立ち呑み表記は酒屋由来でないと使うべきでない
・立ち呑み表記なのに、立派な椅子あり

まったく、興味なし。


そして、天五中崎商店街を行けば
NHKで何度も取り上げられた
これは正真正銘の「銘店」、いや

名店


コミックやエロDVDに席巻されている
最近の古書店でなく、正統派古書店。


この店、名物の高齢のご主人が
閉店後、休日などにシャッターに貼る
手描きの味わいのポスターが人気。
フアンがつくほど。


c0061686_614397.jpg



更に歩くと、いつもの・・・。



■本題■



丁度、天五中崎商店街の中心から中崎よりの
ところにある。鶏肉・卵専門店。


見れば、鶏肝の串焼きから湯気。
出来立てなのだろう。

早速いただく。


c0061686_6181061.jpg



ここは、すべて70円。安いというより
値段はどうでもよく、旨すぎる。

先ほどの新橋から出稼ぎの店などは薄っぺらな味
が容易に想像されるが、深みの質が違う。

◎ここでコップ酒が飲めれば最高!



さらに、ご主人。この鍋の蓋を開ける


c0061686_6213384.jpg



秘伝のたれが鍋一杯!


「ゆっくり漬けなはれ、肝が落ちるで!」


 串を振ってタレを落とせば

「振らんでもええ、そのまま、そのまま」

 こういうやりとりが、更に味を増す。

 さきほどのうすっぺらい店ばかりになるは
 あまり面白くないが。逆にみんなそちらを
 志向しているので、それは、それで。


このあと、「盛進商行」を経て阪急に乗って
三宮。降りて、久しぶりにある店に。
これは、また!


 ※盛進商行は休み








宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





    ★関西情報テン「カラクリ」で「立ち呑みの流儀」紹介さる★

c0061686_7391554.jpg



    読売テレビサイト動画
(終わりの部分で紹介ご覧ください!)


  「立ち呑みの流儀」本。ネット通販でも多少あるようですが
   関西の方は、十三の「呉羽中島酒店」でお求めいただけます。

■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」









by tatinomi1 | 2013-12-24 06:28 | 路地裏の魔物 | Comments(2)

50円おでん「大根」の旨さよ!



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







今日は天皇誕生日。80歳になられた天皇陛下。
さきの大戦や、大震災に関しての思いを
のべられていました。ますますの弥栄を!

昨日は、冬至だった。これからすこしずつ
日は長くなるが、寒さはこれから本番。


だしの出ない鶏がらで作ったスープに
湯がいて油抜きした鶏皮を煮込み
酒のアテに。

これがなかなか旨い。


c0061686_6171221.jpg


鶏皮は好きで、湯がいたあと、薄く切り
「おろしポン酢」で食べるのもすき。
さらに、味噌煮込みもいい。
安価でおいしい食材であることよ。




■本題■

先日、久しぶりに農家食堂に行こうと思い立った。
寒いし雨。でも寒さにも、雨にも負けず出かける。
およそ、45分。

さて、定食はいいので、おでんを貰う。


大鍋に一杯おでんが。

「まだあさいのもあるよ!」

了解した上で、大根、牛筋、三角揚げ、ジャガイモ、
玉子、ごぼうてんなどを皿に盛る。

大根は確かに味が染みこんでいる様子が無い。


牛すじ、上質の筋肉で旨い。
卵はよく味が染みてうまい。
三角揚げはこれまた素材も味もいい。


◎酒は、すぐに欲しかったので、
 ストレートの「いいちこ」を頼むと・・・

 大きなグラスに一合以上、なみなみ。

 「いいちこ」あまり得意でははいが
 ここでは特に旨い。素朴な料理と相性がいいのか?


◎さて、いよいよ大根。確かに味は
 しみこんでなく、白いまま。

 箸を当てると、さくっと切れる。柔らかさの極み。
 大きい大根の半割り。普通は大きい大根は
 繊維が多く、硬いのに当たる場合がありいくら
 煮込んでも、不味いのに出逢うことあり。

 この大根は見事。

 おでんだしのなしで、調味料無しでも旨いだろう。

 「これ、自家製?」

 聞けば、当然のごとく・・

 「おいしい?そりゃよかった」



今年、食品偽装が世間を騒がせたが、まあ毒が
混じっているわけでもなく、愛嬌。
高級店にころっと騙される消費者。
分からず「おいしい」と食べていい思い出を
記憶しているわけで、病的な炙り出しはもういいかな。


嘘の無い、力強い、この50円の
おでんには、


真実の強さあり!



c0061686_6385314.jpg






宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





    ★関西情報テン「カラクリ」で「立ち呑みの流儀」紹介さる★

c0061686_7391554.jpg



    読売テレビサイト動画
(終わりの部分で紹介ご覧ください!)


  「立ち呑みの流儀」本。ネット通販でも多少あるようですが
   関西の方は、十三の「呉羽中島酒店」でお求めいただけます。

■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」

by tatinomi1 | 2013-12-23 06:39 | 農家酒 | Comments(2)

「酒も○」そして「肴も○」



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







昨日は、雨の中を45分かけて農家食堂
おでんが大鍋で煮えていた。
特に、自家製の大根のおいしかったこと。
名人の手にかかるおでんにはない
「素朴で力強い」味は見事だった。
この件は、またのちほど。


先日の、大阪中ノ島中央公会堂の
建物に光を当てる「光の饗宴」
先日写真をアップしましたが
さらに、後半に見たもう2枚です。


c0061686_7493634.jpg
c0061686_7495939.jpg



前半より、青みがかった色合いになっている。



■本題■


金曜日の、高台の角打ち。客はいない。
角友の姿無し。寒いので家で丸くなっているのか。


さて、今日も「白鶴○」、自分でレンジを借り
燗をつける。すこし熱めにする。


そしてアテも。「煮抜き○」を選ぶ


c0061686_759357.jpg



いくら「テーマを○」に決めて呑んでも
愛嬌がないので「秋刀魚蒲焼」を。
これに煮抜きを割りいれる。


c0061686_813347.jpg
c0061686_815997.jpg


あらためて気付いたが、秋刀魚の甘辛い蒲焼
と、煮抜きの黄身の相性がいいこと。


実に、酒の肴にふさわしい味わい。


〆は、

「テーマを赤」にかえ、発泡酒赤を
 赤いラベルのカップ酒の
 空き瓶で飲む。


c0061686_893159.jpg





グラスを借りて飲めばいいものを
角打ちの流儀で、

出来るだけ店に余分な負担をさせない配慮。


帰りに、「酢昆布2個」お持ち帰り!







宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





    ★関西情報テン「カラクリ」で「立ち呑みの流儀」紹介さる★

c0061686_7391554.jpg



    読売テレビサイト動画
(終わりの部分で紹介ご覧ください!)


  「立ち呑みの流儀」本。ネット通販でも多少あるようですが
   関西の方は、十三の「呉羽中島酒店」でお求めいただけます。

■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」

by tatinomi1 | 2013-12-22 08:08 | 萬屋酒 | Comments(2)

薄揚げを爪でカットー角打ちの知恵!



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ








昨日は、「はらぐち会」という北九州の
角打ちグループの機関紙に投稿する原稿を書く。
はらぐち酒店という有名店に集うグループからの
発信。素晴らしく深い会合で、内容も濃い。
心して、一応の原案を書き上げた。

年賀状が、まだ。
さあ、なにを書こうかな。文章中心の
賀状なので、これまた難儀。


今朝は、「減塩料理」の究極をこさえた。
作り方は、至って簡単。簡単すぎて
犬でも出来そう!


c0061686_9364750.jpg


白菜の鯖の水煮缶煮

鍋に水を100ミリほど入れ、白菜を鍋の八部目ほど
火にかけて、煮立つ頃「鯖の水煮」缶をあけ
そのまま全部入れる。10分ほど煮込めば完成。

◎塩分を加えないのにおいしい
 香りつけの醤油、カボスなを加えるのもいい。


血圧高めの
鯖好きの方にお勧め。




■本題■


おとといの高台の角打ち。寒かった。この前まで
「トリス」をロックで飲んでいたが・・。


燗酒にしよう


アテは。お冷蔵庫に「厚い」薄揚げがある
これをビニール袋のまま、レンジでチンしてもらう。


c0061686_9451434.jpg



さて、まな板・包丁はなし。どうしょう?

そうだ、袋まま爪でカットしよう!


c0061686_9455629.jpg



取り出して手でちぎれば手に油。
はさみで切ればはさみが油まみれ。


これはいい!


皿と醤油をかりて、こうなる。


c0061686_9482586.jpg


寒い中の暖かい酒と、暖かいアテ
なかなかいい。

いつもの「「三角」との相性もいいな。



c0061686_9491335.jpg



〆はトマト。健康飲酒で終わる。







宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





    ★関西情報テン「カラクリ」で「立ち呑みの流儀」紹介さる★

c0061686_7391554.jpg



    読売テレビサイト動画
(終わりの部分で紹介ご覧ください!)


  「立ち呑みの流儀」本。ネット通販でも多少あるようですが
   関西の方は、十三の「呉羽中島酒店」でお求めいただけます。

■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」

by tatinomi1 | 2013-12-21 09:50 | 萬屋酒 | Comments(2)

上田酒店「おぼろ昆布」の秘密とは?


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







昨日は雨模様。寒い。農家食堂は休み。
夕刻、高台の角打ちへ。

そこへ、娘から電話。夕方焼肉を食べにゆこうと。
角打ちはほどほに、切り上げもどる。

小雨の中、焼肉へ。そこでいい話あり。
また、次回に。

c0061686_8582711.jpg



私の好きなホルモン。ここが好き。
炎をみて、雨月庵のゴミ焼きの炎を思い出す。


◎猪瀬さんとうとう辞任。あれだけオリンピックで
 頑張ったのに、少しかわいそうな気も。
 昨日は「政治家として素人で幼稚だった」と。
 おかしな言い訳。

 怪しい徳州会、右翼の一水会がらみ、ときたら
 政治資金でなくても胡散臭くなる。
 あまりに、お粗末な末路。


■本題■



一昨日、久しぶりに大阪駅前第一ビル一階の
「上田酒店」へ。久しぶりに会った、会津出身の
友人と。ごく短時間の滞在ではあったが。

まずは、看板酒「長龍」の燗酒。


絶妙な燗。

私は、いつもの三角揚げと大根の

「国東塔おでん」

にした。

隣をみれば、こういう注文



c0061686_9104020.jpg


「偽国東塔おでん」


になっている。三角揚げのかわりに焼き豆腐。
焼き豆腐と大根の組み合わせは
あまりしない、が。


焼き豆腐がつくと、なんと「おぼろ昆布」
が添えられている。



◎この、「おぼろ昆布」通常は都度容器か
 袋から一回必要分、取り出し使うが、
 ここには、工夫。

 洋菓子の缶入り容器。小さく区切られているもの。
 これを常備している。あらかじめ
 この20くらいの小分けされた部分に
 あらかじめ、一回分のおぼろ昆布を
 入れておき、注文があった都度、

 「定量」を「さっと」出す!



ここちいい名店には、バックヤードに
見えないノウハウが潜んでいる!






宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





    ★関西情報テン「カラクリ」で「立ち呑みの流儀」紹介さる★

c0061686_7391554.jpg



    読売テレビサイト動画
(終わりの部分で紹介ご覧ください!)


  「立ち呑みの流儀」本。ネット通販でも多少あるようですが
   関西の方は、十三の「呉羽中島酒店」でお求めいただけます。

■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」

by tatinomi1 | 2013-12-20 09:17 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

酒のイマナカの「紅生姜天」の実力



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







この冬、大阪城3Dマッピングが有名だが
「大阪光の饗宴」というイベントは
大阪市内の各地で開催されている。

昨日は会社の帰りに、中央公会堂の

「光のオペラ2013」を見に行った


c0061686_6333425.jpg
c0061686_634020.jpg


なかなか幻想的な、いつもと違った中央公会堂を
見ることが出来る。


でも、素顔のライトアップされた中央公会堂のほうが
よっぽど美しい。みもふたもないが。


c0061686_636511.jpg



この模様は、のちほど、日を改め。


■本題■



先日の、十三は酒のイマナカで食べた「紅生姜天」
見た目は、史上最高の「紅生姜天」を出す
十三立ち呑み界の2大巨頭のひとつ「呉羽中島」
と似たような見事さ。


どこが、違う?


◎酒のイマナカの紅生姜天


c0061686_6405820.jpg


大きさといい、哀愁といい、色合いといい
最高のレベルではある。

意外に、女性店員さん(初めての方)

頼みもしないのにレンジチン
まあ、悪くは無いが、実力を比べるには
そのまま食べたかったが、・・・・!

でも、暖めるくらいの温度。
40度くらいだったので好感!!!


味は、少しパワーと哀愁が不足か。
でも、実力はカナリア、じゃあなく、かなり。


電子レンジて暖めたので
外側の「硬い部分」と中心の「しっとり部分」
との硬さの差が小さく、味のメリーさん
いや、ハリーさん。

つまり、「メリハリ」がほんの少し不足。



でもやはり、最大の相違点は


串まで紫蘇酢が染みこんでいるか



串まで美味いのが、呉羽中島



①酒のイマナカの逸品


c0061686_6495758.jpg


串は紅生姜本体より短く、串が刺さっているか
分からない寸法



②呉羽中島の逸品


c0061686_652578.jpg


こちらは、がわをはがし、紅生姜と串の分解図。

串も紫蘇酢に良く漬かって串までおいしい。




勝負、あったり!

僅差ではあるが。



c0061686_65545.jpg


◎この日は、テーマ白から、テーマ赤の
 呑み方をしたので、

 最後に、「白赤」あてのミクス!


白赤では、色気が足りないので

お持ち帰りで



黄色



c0061686_6575944.jpg


立ち呑みの流儀

  飲んだ後の、お持ち帰り





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





    ★関西情報テン「カラクリ」で「立ち呑みの流儀」紹介さる★

c0061686_7391554.jpg



    読売テレビサイト動画
(終わりの部分で紹介ご覧ください!)


  「立ち呑みの流儀」本。ネット通販でも多少あるようですが
   関西の方は、十三の「呉羽中島酒店」でお求めいただけます。

■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」

by tatinomi1 | 2013-12-18 06:58 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

「白と赤」酒のイマナカ久しぶり!


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







北朝鮮の世襲恐怖政治の話題が事欠かない。
中国は月を征服。資源を分捕ったり
ミサイル基地をこさえたり、近隣は物騒。

こんな脅威にも、国内世論は
平穏、平穏。憲法9条があるから安心!と。


今日も寒い。まあ冬だから寒くて当然。
猪瀬知事は、針のむしろ。




■本題■


昨日、久しぶりに十三の名店・・・。
「客放し飼い」の酒のイマナカへ。


イマはやまなか、いまはばま
鉄橋だ鉄橋だ、トンネルだあ!

わけのわらん、スイマセン!

林家三平じゃあ、ありません。





余談は、さておき。

昨夜は、まず、飲酒のテーマを


「白」


に決めた!


c0061686_7153019.jpg



安物のパック芋焼酎、白豆、奴、
忘れ物「ソーダ」。


c0061686_7171587.jpg



おや、初めての女性店員さん、

「醤油」「二杯酢」「唐辛子」

をすっと出してくれた、が・・・・


「先の四角いスプーン」

を添えてくれない。

ここの奴の魅力の9割だった
このスプーンが出ないのは無念。
まあ、あえて供給するまではないが。




さて、次は何に。
燗酒を飲みたいが、残念ながらここの
燗酒はおいしくない。あまり出ないので
ポット保存。長く入れられていると
味が悪くなる。


銘酒、吟醸などもあるが、
「立ち呑み」で、吟醸などに手をつけない
主義にしているので。

(見識ある吟醸立ち呑みは別です)

「ソーダ」、は余っている・・・

そうだ、


「赤」


でゆこう。

紹興酒の燗と紅しょうが天


c0061686_7261860.jpg


え、なんと日本一の紅しょうが天を出す
近所の、呉羽中島さんの紅しょうが天
に近い外観。

さて、味は。


次回とします。時間が有りませんので。





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





    ★関西情報テン「カラクリ」で「立ち呑みの流儀」紹介さる★

c0061686_7391554.jpg



    読売テレビサイト動画
(終わりの部分で紹介ご覧ください!)


  「立ち呑みの流儀」本。ネット通販でも多少あるようですが
   関西の方は、十三の「呉羽中島酒店」でお求めいただけます。

■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(ネット暴力糾弾)」

by tatinomi1 | 2013-12-17 07:27 | 立ち呑み名店 | Comments(2)