excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

本年最終角打ち。チーズハンバーグチーズ乗せにて終了

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






大晦日がゆるやかに進行している。
いま長渕剛の出番。なかなかいい。

前半の出演者はオモチャのような
あまり名の知れないグループ
なので、学芸会を見ている感じ。

ラジオで聞いていたら、若者以外は
なにがなにやらわからないだろう。

◎だが、この国民の行事的
 番組。思えば高校生の頃
 物理の教師が、授業の前に提起
 「最近の紅白はつまらない、存続の意義アリや?」

 生徒も、うむ。なるほど。
 
 「いまどきの若者は?」が昔から
 あるようなもの。
 歴史的話題なのだろう。

◎私は、昔から、紅白より

 「行く年来る年」

のほうが好きで、紅白はその「助走」
の役割だった。


■本題■


今年の、角打ち収めは「高台の角打ち」
豆腐が無いので、どうしょう。
そうだ、チーズハンバーガーだ。

これに「三角」を載せてチン。



c0061686_22574613.jpg


c0061686_22581236.jpg




なかなか美味しかったが、なんと
これ「チーズハンバーグ」だった。
中にチーズが入っているのに
上にチーズ。まあいいか。


◎酒は、先日10,5度の水のような
  澤の鶴に辟易したので。
  一合紙パックの酒を
  大国正宗のカップでチン。


c0061686_2315269.jpg




そのあとは・・・・・・

①新しく気に入ったビスケット
②おなじみ「メガトンソースかつ」酒浸し
③ビスコ


c0061686_2335532.jpg
c0061686_2342020.jpg
c0061686_2343963.jpg



いつもとかわらぬ、ワンダーランド
大人の駄菓子屋「角打ち」。

いいなあ!


c0061686_235513.jpg



目のさめるような料理がでるわけでなく
かわいいワンちゃん、にゃンちゃんが出るでなく
本来の人気の大吟醸がでるわけでもない。


哀愁あるだけの地味な
このブログを愛していただき
心から御礼を申し上げます。


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-12-31 22:51 | 萬屋酒 | Comments(0)

具沢山ワンタン、煮抜きの化けた水菜汁

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






昨日は高台の角打ちへ。前から
気になっていた「沢の鶴の紙パック酒」
アルコール度数、10,5.薄いなこれ。
でも飲んでみたくなり、昨日これを
メインに。

結果は、余り良くない。薄い。

その結果は残念だったが、
昨日、面白い「菓子」を発見。
これに感動。甘くさくっと
実に旨い。哀愁の味。産地を
見れば、外国産。
のちほど、また。



■本題■


先日の、「富士の雪」を呑みに行った
「H屋酒店」おでんの不思議とそのあと
の展開はこう・・・・・


c0061686_1029561.jpg
c0061686_10301788.jpg



この細い上品な串に刺された「すじ」
こんな細い串へ刺されたすじは
初めて。見事に上品な味。
手はかかる。その手間の味はいい。



常連の皆さんが、なにか汁を。
聞けば「ワンタン」と。私も頼む。

こうして見れは、具沢山の味噌汁。
実際、野菜が多く、ワンタンは少し
でも、味がいい。おいしい。
ヘルシー、無窮。


c0061686_103140100.jpg



◎そして、目の前の籠に盛られている
 「煮抜き」(ゆで卵)を所望すれば、

 「あら、ごめん。それ生卵なんで。水菜と
 煮ましょうか?」

 喜んで、お願いする。

 しばらく待って、出た。出た。

c0061686_1037224.jpg


これもまた、旨い。汁系を肴に飲む
のは、なんともいい。

不思議な「富士の雪」と似合うこの
「不思議な汁系のあて2種」

すばらしい。


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-12-28 10:38 | 立ち呑み名店 | Comments(4)

謎の酒「富士の雪」を飲みにゆく。

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






昨日、やっと年賀状を投函できた。
例年より少し早く出来てよかった。
まあ、これで元旦には届くだろう。

昨日は高台の角打ち。

さんちゃんと、新開地好きの大将
がすでに飲んでいる。なんと
カウンターには、売り物のミカン。
10個袋に行って、380円。
女将さんは、熱心に勧める。

昨日も、アテは奴を中心に
「菓子パン」と「メガトンソースかつ」
それに、角打ち定番「三角」
この模様は、また次回に。


■本題■


水曜日の帰り、無性に和歌山は
世界一統の醸す「富士の雪」が
無性に飲みたくなり、
近所のH屋酒店へ。常連度120パーセント。
いつも同じコアな常連さん。
隅のほうに、遠慮がちに陣取る。

女将さんの「竹を割ったような」性格
が好感、人気の秘密。

そして、料理の旨さも人気の秘密。



まずは、「富士の雪」倒立式酒燗機
から、世界一統のグリーンの
硝子徳利がまた、気取らずにいい。


c0061686_83225.jpg


いかにも美味しそうな色。





いい感じの盃を出してくれた。

c0061686_83477.jpg


◎都合、3合飲んだが、最後の3合目は
 酒が目一杯。嬉しい限り。

c0061686_841397.jpg


コップの「表面張力盛り」のような
嬉しさ!




あては、おでん。「国東塔おでん」か「菊水おでん」
を作ろうと思ったが、メインの梅焼きがないので
涙を呑んであきらめ・・・・「酒を飲む」


おでんの「王道」である「スジ・揚げ」に


c0061686_86237.jpg



このスジ、なんとも上品で「筋」がいい。
そのあたりは、のちほど。


◎「富士の雪」は、どうということもないが
 そのあたりがいいなあ、素朴に旨い。

 奥の常連さんは、世界一統の

 「南方(みなかた)」を美味しそうに飲んでいる
 そう、あの南方熊楠の。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-12-27 07:47 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

なんともおもろいとりあわせ

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







トリスの歴史的グラスで
薄味のなつかしの「21」と、

奮発して買った「ローヤル12年」。

ローヤルは、10年ほど前のもの
なんだか、味が冴えない。

焼酎は、寝かせると旨くなるが
ウイスキーは、寝かしても
あまり効果があるわけでなく、
逆に、香りやアルコール分が
飛んでしまうのか。

でも、安物ウイスキーはもともと
香りや味わいがないので、
アルコールがこなれ、
美味しくなる。

7年前、15年寝かせた
「サントリー レッド」丸瓶

美味しくなっていた記憶あり。



c0061686_6563988.jpg
c0061686_6571116.jpg
c0061686_657362.jpg
c0061686_658259.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-12-25 06:57 | 縄文日本の心栄え | Comments(2)

泡盛すきが「琥泉」に嵌まる、十三は呉羽中島酒店

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







なんでも、今日はクリスマスのようだ。
むかしは霜焼け、ひび、あかぎれ、そして
「イボ」などが良く出来ていたが、
最近は栄養状態がよくなったので
そういうものには、なりにくい。

でも、クリスマスの日に出来た
「イボ」だけは、特別にこう呼ぶ。

クリスマスイボ

今夜は、出来たイボを眺めながら
ケーキを食べる日なのだそうな。



■本題■


先週、沖縄から友人来阪。
十三の呉羽中島に。ご一緒に若い部下。
この方、立ち呑みも日本酒も縁遠い。
その中で、なんと、3時間以上の
立ち呑みを、見事にこなす。
天晴れ、見事。

恐る恐るの日本酒。
飲んだのは、「富貴」「月の桂にごり」
そして、灘は泉酒造の超人気マニアック


c0061686_7203027.jpg



「琥泉」



c0061686_7205047.gif


★神戸角打ち学会一押し灘酒





見事な酒でありながら、値段がお値打ち
看板酒は「仙介」これは最近人気上昇
通の飲み手、飲食店でコアな人気。

でも、この「琥泉」はそこまで普及せず。
泉酒造も「仙介」ほど熱心に営業を
かけないので、そんなもの。
お値打ち価格なので、売っても利幅が
小さいのだろう。

◎だから、この「琥泉」を置いている店こそ

 お客様思いの

 見識店



ということになる。


この日の情景・・・・・



c0061686_7115324.jpg







c0061686_7122065.jpg
c0061686_7125347.jpg
c0061686_7132028.jpg
c0061686_7134965.jpg



なんと、二人とも、
この「琥泉」を沖縄まで下げて帰る、と。
しかも、一升瓶。


酒冥利!


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-12-24 07:13 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

大阪駅前第一ビル名店、「嬉しい燗酒流儀」

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







今日は「冬至」とのこと。寒い。
一年で一番日が短い日。冬至。
酒飲みは「冬至」ときいて「杜氏」を思う。

人間勝手なもので、昨日の東京駅。
記念の「西瓜」の発売でトラブル。
地方の人間がラジオを出聞けば、
「記念の西瓜を9000個発売」
と勘違いするだろう。
それにしても、本当に欲しい鉄道
ファンにが買えず、「金目」狙いの
アルバイトなどの手に渡ったのだろう。
数十万円で、すでに取引されているようだ。

酒でも同じ「法外なプレミア酒」を
買わない姿勢が大切。


■本題■



金曜日、突然会津生まれの友人来阪
昼のわずかな時間しかない。
まず、「銀座屋」にゆき、本命の
「上田酒店」へ。

15時半開店なのに、間違え10分前。
社長はありがたいことに、スミの方で
静かに飲んどってや、とやさしい。

「ひや」にすればよかったのに、
燗を頼む。すぐに注いでくれた。

◎ほんの少し足りない。

「あとで入れてあげるから」

「いいですよ。おかまいなく」

はじまるまでの時間。アテのない酒。
と、忙しく立ち働く社長、専務、従業員。
本当にこの店は天下の名店。
巨大ビルの一階にありながら、
哀愁と味わいは見事。

◎やがて、アルミタンポで社長
 じきじきの、足りなかった分の注ぎたし。

■通常は、足りなかった分いれたら、
 余りは、もとに、持ち帰り。
 社長、半分以上飲んだコップに
 タンポにあるだけの酒を注いでくれる。

 (先日の三田のお好み。足りない分
  ミリリットル単位で注ぎ足すのに比し
  なんともおおらか)

「浪花のあきんど」の素晴らしさは
こういう心意気!名店は心栄えが違う。



なにか、嬉しい気分。



c0061686_620156.jpg



寶カンチュウハイドライを飲み、
社長の料理「煮魚」を貰う。
「温めますか?」「そのままで」
鰈の煮付けは、見事。

その前に、天神さんに敬意を表し
「梅焼き」を。ここのは絶品。


いやあ、煮魚の旨さはどうだ!


証拠写真


c0061686_623449.jpg



先を急ぐ友人を送り出し、もうすこし
余韻を楽しみ・・・・

外に出れば


c0061686_625159.jpg



なんやら、風景が

つるんとしとるなあ。



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-12-22 06:25 | 日本の国酒 | Comments(4)

スプーン持参により、アテが影響を受ける実例!

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







寒さも幾分緩んでいるような。昨日は雨。
今日は天気はいいようだ。
そう、年賀状を書かねばならない。
一応文案の下書きは出来ているが。

■本題■


昨日は「高台の角打ち」雨のひどい中を
なんの物好きに。とお思いでしょうが。
なにしろ、角打ちが好きなもので。


昨日は、「氷」「コップ」「皿」「スプーン」
を持参。あわせ「シマヤだしの素」

◎着いて発覚。「箸」を忘れた。


そんな日に限って、新しい豆腐。


c0061686_752479.jpg


昨日から、こんな豆腐に入れ替わっていた
以前の豆腐は、姫路の豆腐。
「なんで変えたの」思わぬ返事。

「以前のは、賞味期限が短かった」

なるほど、そういうこと。
前のほうが好きだったが、致しかたなし。

客には「京都」店には「賞味期限」
という、メリットあり。

c0061686_756368.jpg


箸で食べたかったが、やむなく
スプーンで。まあ、旨い。



c0061686_7584965.jpg



さて、箸でなく「スプーン」で食べるアテ。
そうだ、「ソーダ」ではない「皿だ」
でもない・・・・

サラダ


三角チーズを、ナイフで刻んで振り掛ける。
なかなか旨いなあ。


c0061686_80345.jpg



最後に、ビスコで〆る。
ビスコには「スプーン」は要らない。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-12-21 08:02 | 萬屋酒 | Comments(4)

哀愁のお好み焼きの「燗酒の味わい」いいなあ!

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







先日イオンモール神戸北の帰りに。始めは近所の
酒屋の角打ちで、「カップ酒ともずく」で軽く。

そして、おめあてのこの店。


c0061686_11174144.jpg


昨年の夏、発見。なんともおいしいお好み。
このときは、シンプル豚入り。
ふっくら厚めの実にいい味。
お好みの味より「女将さんの味わい」
なんとも奥深く、品のいいお方。


◎今回は「燗酒」を頼む。ガスコンロに
 使い込んだ「手鍋」に水を貼り燗。
 ころあいを見計らい、アルミタンポを
 出すのかと思えば、さにあらず。

c0061686_11184081.jpg


 鍋ごと、鉄板にひょい。いいなあ。
 燗が冷めない工夫の優しさ。

 冷めることなく燗酒を楽しむことが出来る。
 酒は紙パックの「白鶴○」安酒だが旨い。

c0061686_11193931.jpg
c0061686_11201025.jpg





◎やがて、焼きあがる。
 お好み生地は以前と同じ。厚めふっくら。
 すじ、こんにゃく。じつにいい味を出している。



c0061686_11222079.jpg
c0061686_11225081.jpg
c0061686_11232287.jpg





◎酒をもう一本、頼むと、おや「半分しかない」
 半分ですよ、といえば。呑んでいて。
 半分飲みきり、待てば、日本盛りの一升瓶。
 栓があかず、手伝って開ける。
 トクトク、。見事に足りなかった分で「ぴたり」



c0061686_1126012.jpg


 「余禄」を期待していたが、まさに計量どおり。
 きっちりした商売をしていらしゃる。

いろんな世間話、実にいい時間。
いい風土のいい店。


■この店、壁にやんごとなきお写真。
 聞けば、皇室カレンダー。捨てるに忍びなく
 不敬にあたるということで、壁に。


c0061686_11251876.jpg


 なんかいい話。


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-12-20 11:21 | 日本の国酒 | Comments(4)

「酒屋廃業」と「新作うどん」天満の迷宮

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






今日は、少し暖かいのかなあ。はずかしながら
足の指が「しもやけ」。かゆくかゆく。
いちおう痒さは収まったが。

石原さんが、議員生活に終止符。
15年以上前、東京でお姿を。
当時の銀座の「歩行者天国」
東京駅の方から、ポケットに両手を
突っ込んで、胸を張って歩いてくる。
どこやらの組の「親分」かと?

その後ろに、紺のスーツに身を包む
書生がまさに「かばん」を持って
3メートル下がって歩いてくる。
良く見れば、石原さんだった。
目ははるか遠くをにらんでいる。

かっこいいなあ、と思った。

政治家というのは、いつ殺されてもいい
くらいの覚悟がいる。持論であった。
維新の、橋本さんも影響を受けたのだろう。
ある時代の終わり。万感胸に迫る。



■本題■


年を重ねるほどに、「喪中はがき」が増える。
今年は、ご家族からの「本人死亡喪中」という
初めての「喪中はがき」が。

年をかさねるごとに、「喪失」の寂しさ。

わが愛する角打ちの世界も同様。
大分県佐伯市の唯一の角打ち
「長木酒店」も廃業の危機。



そんななか、天満駅のそば。「銀座屋」の
隣にあった、酒屋さん。
一昨年くらいか。戸板・ベニヤ囲いの
まさに「角打ち」らしい仮設店舗を店の
前にこさえ、営業。一度行ったが時間が
早く、泣く泣く帰る。

先日、勇んで行ったが。


無念!


c0061686_762027.jpg


本体の店舗もなくなり、なんとも寂しい。
「一度も呑んでないのに」なにか寂しい。

時代の流れには逆らえない。


気を取り直し。「禁煙の奥田」で
元気溢れる店舗でのコップ酒。
いい感じで出て、帰りの駅うどん。


c0061686_7142693.jpg



酒のあとなので「かけそば」
そして、メニューを見れば


「紅しょうが天うどん」


いろんな天婦羅を選んでトッピング
にする店舗はあるが、あえてメニューに
書き込んでいるのは初めて。

聞けば、薄く切った紅しょうがでなく
吉野家の牛丼に載せる紅しょうがを
かき揚げにしたような

「成型丸天」



c0061686_7234796.jpg


こんど試してみよう!


◎一つ失い、一つ発見、差し引きゼロ。
 うまく帳尻。


明日は、久しぶりに
沖縄の友人と一献!



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-12-17 07:20 | 路地裏の魔物 | Comments(2)

想像を絶する、「とうふ」?そんなはずないと思うが。

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







さむい。いくら言っても暖かくなるわけでなし。
足の指先がかゆい。どうも「しもやけ」。
子供の頃以来。懐かしくもある。
マッサージで、かなり良くはなったが。

昨日は、大阪駅前4ビル前の
宝くじ売り場が帰りにみれば
大混雑。なぜ?わからない。

「稚内」??????????


■本題■


これは、北海道の話題ではない。大阪な話題。
これも、ますます「稚内」内容。

先週、写真と酒の人気サイト「写真酒」
さんと、申し合わせたバッタリ酒。
共通の贔屓店、中崎の「盛進商行」

私が先に乗り込む。店長元気。
「角ポケット」か「白鶴カップ」か迷う。
エイ、迷わず「おでん」を。


ラップに紙を貼り、「メニュー名」を
貼っているので間違わなくていい。
あやうく、鯨ベーコンと間違えそうになった。


c0061686_6475775.jpg
c0061686_6482266.jpg
c0061686_6484525.jpg



薩摩人の店長。調理師免許をお持ち。
甘辛い味がいい。

でも、量が多く、いくら食べても
減らない。

少し食べて、料理が「ヘルシー」
のほうが、食べ過ぎず健康的なのだが。


c0061686_6511566.jpg




これが、謎の料理です。

これが

「とうふ」?



c0061686_6522935.jpg



「てんぷら」と間違えそう。
間違えたら、どうしよう?


てんぷらのような味なのか
ようわからない。

わからないから、

魅力がある。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2014-12-16 06:53 | 立ち呑み名店 | Comments(4)