excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

天王寺。渋い角打ち発見、「紙皿」の流儀を思う。

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




昨日、今日、明日。天王寺の
都ホテルの展示会での仕事。

昨日、会場設営に行く道すがら
「ちらり」と目に要り、これは名店。
と、目をつけ行ってみる。

予想にたがわず、見事な店。

天満の向井酒店、花隈の須方
酒店に似た、見事な味わい。


先ずは、燗酒とオカキ2種。


c0061686_643868.jpg



渋い店だ!


奥の間から、カウンターを
遠謀!


c0061686_66394.jpg



もうすぐ、出かけるので。
続きは・・・・


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-02-28 06:06 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(6)

角打ちで「300円豆腐」の贅沢とは?

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






今日は、天王寺の都ホテル
で、家電の展示会。
昔懐かしいテレビ展示、それと
「トリックアート」イベントの準備。

お天気はいいよう。
寒くなるなどいわれていたが。
さほど寒いよう酢も無い。

最近は黄砂が舞っていて
景色が黄色く霞み、さらに
口の中が、なにか違和感。


■本題■

高台の角打ち。先週、女将さんが
「あんた豆腐が好きなようやけど」
から、話が始まり・・・聞けば

「300円する、美味しい豆腐がある」

とのこと。要は、食べないか?
すこし高価ではあるが、角打ちで
美味しい豆腐、居酒屋をしのぐ
美味しい豆腐を食べたく、注文。
こちらの店では、売れない商品だと。

その豆腐が、一昨日入っており
食べることが、出来た。


c0061686_6574973.jpg
c0061686_658255.jpg


なにやら、わからないが、有名な
豆腐のようだ




c0061686_6585888.jpg


醤油をかけると、味がわからないので
何もかけずに。

スプーンで、四角く切り崩し
味わう。

◎確かに、香りもよく、舌触りもいい。
 醤油を掛けなくてもおいしい。


c0061686_6593023.jpg


醤油も掛けてみたいが、
まず、塩でたべ、

◎隣で飲んでいたさんちゃんの
 ワンカップ焼酎の蓋を皿かわりに
 奴として味わう。


c0061686_6595283.jpg




c0061686_70914.jpg


最後に、氷に載せて味わう、
これも旨い。


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-02-27 07:04 | 萬屋酒 | Comments(0)

「国東塔おでん」至高の松浦商店二テ!

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ




昨日の朝、一羽の鶯が美しくさえずる。
「梅に鶯」とはよく言ったもの。梅の頃
さえずり始める。きのうの鶯はなかなか
鳴き方が上手。5月頃になると
さらに上手になるだろう、楽しみ。

そして、高台の角打ちに行く、
250段の階段の、終盤の頃
これまた上手にさえずる鶯。
鳴き方が、家で聞いたのとは違う。

飲んでいて、買い物に来た奥さん
鶯が鳴いていたよ、と。いよいよ春。


■本題■

一昨日、会社の帰りに名店「松浦商店」
に。浪花商家の格式と品格の漂う名店
中の名店。裁判所が近くにあるので
法曹関係の客が多く、客筋はぴか一。
私の通う、立ち呑みのなかでは、ここが一番。

◎メニューはあるが、料金表は一切無い
  まこと稀有な店。以前、場違いな客が
 小銭トラブルで、マスターは料金を外す。
 10円釣りがたりない、などの話は
 一切なくなった。また、5つ玉のそろばんで
 現物勘定なので、間違いはない。


さて、いつもは「名物どて焼き」2本から
始めるが、この日は、おでん、しかも・・・



国東塔おでん


大分県国東半島の優美な石造文化
「国東塔」をテーマにしたおでん。
神戸角打ち学会に研究会。


さっそく、注文。

c0061686_9494853.jpg


三角揚げと「梅焼き」で構成。
三角揚げのかわりに、三角コンニャク
梅焼きのかわりに、大根、玉子でもいい

優美なのは「梅焼き」。大阪天満宮
近くに行くほど美味しいのに出会える。


c0061686_9543856.jpg


酒は「山廃 福徳長」実にいい仕上がり
旨すぎる。国東塔おでんとの相性や、よし!

嬉しいので、国東塔おでんに「薄化粧」


c0061686_9564782.jpg



ほんのり、色気づいた「国東塔おでん」
乾杯!





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-02-26 09:57 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

マッサン実家の「超マニアック」清酒」

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





暖かいが、また寒くなることもあるようだ。
まあ、このまま暖かくなることは
ないだろうが。西川農林大臣辞任。

◎人気の「マッサン」収録が終わったと。
  いまが佳境。すばらしい番組。




■本題■

ニッカの創業者竹鶴さんが求めたのは
スコットランドのウイスキー。
サントリーの日本人向けのウイスキーで
なくあくまで、風土の味を目指し
「余市」にたどりつく。
サントリーも、ジャパニーズウイスキー
の独自の地位を築き、輝く。

ヒゲの、ニッカ創業者、
実家は造り酒屋。広島県
竹原市。小京都ともよばれる美しい町。
映画のロケなどによく。

以前この町を訪れ、竹鶴酒造の
酒を買って飲む。古典的王道の
味わいであった記憶。


◎このまえ、会社の日本酒ファン
 から、「どうも難しい味」といって
 随分高価で珍しい酒をいただく。

 「何か、古くなっているような味」
 で、好みのすっきりタイプでないと。


喜び勇み、いただいて飲んでみた。

◎古酒のようで、古酒らしくない
  古典的な造りなのに
  新鮮な気配が潜む。


  禅問答のような味!


c0061686_6232086.jpg



   風土の哀愁


 能書き列挙でマニアックさ
 がわかる


 生モト仕込み
 木桶醸造
 古酒
 瓶貯蔵
 無濾過
 八反錦
 17号酵母


 そして
 純米大吟醸



c0061686_627518.jpg
c0061686_6281370.jpg
c0061686_6283594.jpg



古典的正統味
ニッカの原点
by tatinomi1 | 2015-02-24 06:29 | 日本の国酒 | Comments(2)

「吉呑み」の楽しみ方。方策は「角打ち遊び」

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





なんとなく春へのきざし。
そんな感じの今日この頃である。
与那国島で、自衛隊配備の
賛否投票。良識的な結果に終わる。

中学生、外国籍の住人まで
選挙に。なにか意図を感じる。

歌舞伎の重鎮がお亡くなり。
歌舞伎の方の訃報が多い。
歌舞伎役者は短命なのか?



■本題■

「吉呑み」の話題、2回目。一回目は燗酒
が飲め、しかも、コップが大きかった話。
冷酒で、さっさと、早く席を立つ方便かと。

◎感想◎


この感覚はなにか、期末試験の教室で
一人だけ「自由研究」をしている感じ。


c0061686_6122398.jpg



放し飼いでなく、一羽一羽仕切られた
「鶏小屋」で飲んでいる気分。
椅子が床のコンクリートに埋め込まれ
動かないせいも、あるか。


奴はおいしく、醤油もかけず
スプーンでいただく。
のっぺりとろんとした美味しい豆腐。


◎さて、次は。なにか、変わったものがいい。

 「たっぷり野菜」



というのを、頼んでみた。200円。
待つこと数分。お、来た来た。


c0061686_6161397.jpg


なんだ、kじょういうことか。
刻んだだけのキャベツ。まあ、ヘルシーでいい。
「醤油」「ごま」のドレッシングが選べる。

まさか、キャベツだけではあてに不向き。


◎最初はキャベツ好きだからいいが
  やはり、酒のあてに、刻んだキャベツだけは
  物足りない。

角打ち遊び

いつもの、高台の角打ちの応用。
この中に半分残った豆腐を入れ
かき混ぜ、「しろ和え」に。

旨い。これなら、アテになる。

c0061686_6211346.jpg


まあ、白和えもどきの完成。


さらに、知恵を?働かし豊富にある
「紅生姜」を混ぜる。



c0061686_6262963.jpg


なかなかいい。


◎放し飼いの吉野家、それを逆手に
 「角打ち遊び」ができる。
 これはいい。これは楽しい。
 「吉呑み」いいなあ!





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-02-23 06:23 | 路地裏の魔物 | Comments(2)

「吉呑み」とはなんじゃらほい?(その壱)

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






今日、2月22日は、「竹島の日」
韓国に不法占拠されている。
そして、猫の日「にゃんにゃんにゃん」
さらに、忍者の日「にんにんにん」

これでは、「立ち飲みの日」11月11日
と同じ。ポッキーの日、立ち食い饂飩も
十把ひとからげ。


■本題■

吉野家の牛丼。おいしいが年に数度。
そこで、日本酒をのむこともある。

そんななか。大阪は「お初天神店」に
こんな告知。興味あり。


c0061686_1863645.jpg


c0061686_1865385.jpg



さほどまあ、興味も無かったがやはり
行ってみたく、客となる。


というのも、京橋の吉野家で飲んだ「松露」
つまり冷酒が飲みたくなり。行った。
今年も、市ヶ谷の円山さんと神戸で
牛皿とおしんこで、各自2,3本飲んだ。


c0061686_18103724.jpg


まずは、酒。「松露」、「吉呑み」の看板に
甘え、「燗で欲しい」と所望。
女性店員は、きょとんとして上司に。
10分以上かかって、出てきた。

●グラスが笑える。
 まあ、これもいいなあ。

◎一番いいのは「牛皿」だが、そうすれば
 普通の吉野家で、飲むのと変わらない。

 「奴」

 をたのむことに。


c0061686_18142289.jpg



ここでいいのは、アテrが出る前に
「紅しょうが」が突き出しかわりに。

◎おもちゃのような「奴」
 味はまあまあ、おいしい。
 健康優良児的な可も泣くなく不可も無い
 さすが吉野家さんの奴。まあ、好感。


◎銘酒「松露」は燗ではいただけない。
 どうも、味が壊れたような感じ。
 燗向きの酒でない。


◎都心の吉野家では夕方から夜は
 案外閑古鳥の店が出るようだ
 そのため、最近の饂飩屋、夜は酒の
 二毛作店舗を志向したようだ。

◎でも、なにか、駅前饂飩屋で酒を
 飲んでいるようで、落ち着かない。

 というか、仕切りのある鶏小屋の
 ような、いすをセメントに埋め込み
 固定の店では、どうも。

 いっそ立ち飲みにしたらいい


  ●燗に向かない酒を提供
  ●大きなコップで早く飲んで帰れ

なかなかの戦略、
全国で、25店から50店舗あるそう。
東京などでは、「安い、いい」と評判
関西ではこうは行かないだろう。

続きは二弾で。





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-02-22 18:26 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

「豆腐」と「煮抜き」の角打ち饗宴!

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ








旧暦の正月である。大阪駅などでは
中国の方が大勢。何組も何組も。何組も。

関西もおかげさまで旅行客で潤っている
らしい。名犬ラッシー、これは余分。

旅行で使うお金(買い物)は、中国人14万円
台湾人4万円、韓国人はぐっと落ちて2万円。
中国人の、金満家ぶりは群を抜く。
国家間はいさかい状態だが民間は
仲良くあってほしい。

さて今日は、南京町で新年を祝ってこよう。



■本題■

昨日も、高台の角うち。さても、いつもの
寶焼酎ハイボールドライ、からはじめる。
氷は持参のもので。




さて、ここからが「角打ち遊び」アテに工夫して
遊び、美味しい酒、美味しいアテのないのを
知恵と工夫で乗り切る。




c0061686_739510.jpg


ビスケットは最近はまっている「ココビス」



c0061686_7392411.jpg


高台の角打ち名物「煮抜き」
をあわせてみた。
つるんと綺麗。奴の質感との対比がいい。

c0061686_7421075.jpg


なんとなくバランスが悪いので
持参の「ナイフ」で2つにカット。いいなあ。

「白の饗宴」でも、色気が欲しい。


c0061686_7434717.jpg



◎なんのことはない。裏返せば、ほら
  この通り。

 大阪ガス

になってしまった。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-02-21 07:39 | 萬屋酒 | Comments(4)

久しぶり京橋の「立ち呑み」でなく「立ち飲み」?

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






昨日は、青森岩手で地震。このまえの
大地震の余震とも言われているが。
息子夫妻が八戸なので心配。

昨夜は、健さん出演の中国映画
「単騎千里を走る」がNHK.
日本側が降旗監督、中国側は
チャンイーモウ監督。監督は
健さんの大フアン。
作品が素晴らしいはず。見事な名作に
まさに酔ってまう。描写される風景が
素敵過ぎる。

なにか「角打ちの哀感」の感じられる
奥深きこと際限の無い名作!




■本題■

前職に在職時、一緒に仕事をした
D通のK賀さん。酒の通。料理名人。
いまお子さんのいるシアトルで年の
半分くらいを過ごす。お子さんの
日本料理店を手伝う。

その粋人と、先日会合飲酒会。

場所が京橋の、お好み焼き屋。
開始までに時間が有るので
駅裏の、七津屋にゆくも、満員。
となりの「にしの」ここも満員
ダークダックス状態。

あらま。みれば、七津屋の前に
飲食店系「立ち飲み」屋あり。

「立ち呑み」にはしょっちゅうだが
「立ち飲み」は嫌いなので久しぶり。



c0061686_754621.jpg


時間は10分。
あては、

おでん盛り合わせ  400円

酒は私は 燗酒   300円

相方は銘酒

可もなく不可もなしだが
いい感じ。


c0061686_78488.jpg


立ち飲みストリートのなかで、
こういう新参店は、名店が混んでいる
場合には役立つ。


c0061686_712056.jpg



10分には3分ほど過ぎたが
もう一杯ずつ飲んで店を出る。

ほどほどにいい店。
哀愁はゼロだがな。


◎粋人は2杯とも「米鶴」
 同じ銘柄を呑む姿勢がいい。

 ちなみに実家は佐賀。
 佐賀の銘酒「窓の梅」社長の
 甥。酒の燗については
 一家言あり。



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-02-18 07:13 | 路地裏の魔物 | Comments(4)

レンジチンで「コップが割れる」恐怖とは?

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





やっと春の兆し。やはり太陰暦は身の丈に合う。
もうすぐ旧暦の正月。南京町の春節際。
いろんなイベント盛りだくさん。楽しみだ。
そうえば、中国からの観光客、増えるだろう。
最近、大阪駅地下などで、ご一行様
よく見かける。


■本題■


高台の角打ち、酒はカップ酒か紙パック酒。
昨日書いたように、紙パック酒を買って
店のコップに移し、レンジチンを頼むと。




「割れんかなあ」

「怖いわ」

「大丈夫か?」

「ほんまに割れんやろな?」



通い始め10年以上。決まって毎回。
紙に書いて読み上げるように
この4つの、恐怖に震える言葉。



「絶対割れない!」

こういってこう言って押し切っていたが
ある日から、陶器の酒器を持参。

c0061686_654934.jpg



これなら、女将さん。恐怖に打ち震える
ことなく、ハッピーに角打ちできる。




ところが


昨夜、青森の銘酒「桃川」
これをレンジで、55度で燗

※経営危機で、韓国の手に渡る前に
 灘の雄、白鶴が救いの手を伸ばしたそうな。
 「国酒」が韓国に買収されなくてよかった!
 「桃川」を応援すると同時に、「白鶴」さんにも
 エールを送りましょう。





c0061686_659478.jpg


「ピシ」鋭い金属音

c0061686_6592059.jpg


予想通り、へこませ、金属系塗料を
塗り込んでいる。
当然ここを始発に、クラック!

割れて当然。

c0061686_6593753.jpg


◎角打ちの女将さん、なにか
  こういう「トラウマ」が。

 やはり、他人をおもいやらねばなあ。




今、辛抱さんのニュース。阪神梅田の
イートインコーナー立替のためなくなると。


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-02-17 07:00 | 角打ちの本義 | Comments(2)

■角打ち持込許容限界

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







今日はまあまあ、寒くもなくいい天気。
2月も後半に突入。
今週末から、春節。神戸南京町
でお祭り。今朝のニュースでも。


■本題■


高台の角打ち。最近は寶焼酎ハイボール
を飲むのに、自分でこさえた「氷」を持参。

夏場は、売っている氷を買ってキープ。
おおよそ、4回ほどこれで。
でも、冬場は、氷キープも場違い。
女将さんに断り、氷を都度持参。
「売っている氷」を持参するのは


売り物を持ち込み

となり、営業妨害の範疇に入る。
したがって自分でこさえたものを
持ってくる。


c0061686_6541032.jpg



寶焼酎ハイボール3本分(夏は4本)
の氷を持ち込む。


◎ここで、角打ち持参の境界線問題。
 ここで醤油を借りるが。
 たとえば、売り物の醤油を
 パッケージママ持ち込みはご法度。
 (ここは萬屋だから)

 店に売っているものは持ち込まない

 弁当に入れる、魚型の小分け
 なら許されよう。

 角打ちといっても(本格角打ち範疇)
 業態、形態はまちまち。

 ◎アテ持ち込みの出来る店もあり
  一切認めない店もあり。


通って、どこまで認められるかの
許容範囲を見極めるのも
角打ちの楽しみ!



c0061686_712951.jpg



この日は、食パンと「赤貝」



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-02-16 07:01 | 角打ちの本義 | Comments(2)