excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「薄揚げ」と「三角」の饗宴

c0061686_135147.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






梅雨らしい天気になってきた。
そりゃあまあ、梅雨なのだから。
まあ、この際梅雨を楽しもう。

ついでに、そうめん「つゆ」も
楽しめばいいなあ。

今朝は、鶯が近くで鳴かない。
遠くで、鳴いている。



■本題■


毎週、主に木、金と通う高台の角打ち
昼飯も兼ねるので、アテは少しは
腹の足しになるものを選ぶ。

・カップ麺
・さとうのご飯
・菓子パン
・カレー
・缶詰


などもあるが、
酒の味わいと、健康を
考えると、やはりこの2つ。

・奴
・厚揚げ・薄揚げ


この日は、薄揚げをメインに選ぶ


c0061686_5472119.jpg


なかなか味のいい薄揚げ



c0061686_548662.jpg



持参のナイフでカットし
レンジを借りてチン。
温めすぎないのがコツ



c0061686_549825.jpg



醤油を掛けて、食べたあと
2回目を仕込み、再度
レンジチン。

皿の底の醤油が、揚げに染み
裏かえすと、ほら。
こんがりいい感じ。

工夫で食材に新鮮味を付与
する工夫。これぞ,角打ち。




◎さて、これから。
 三角と、あわせてみる。


c0061686_553792.jpg



薄揚げの中に、三角の薄切り
これを鋏み、楊枝をさす。
これを軽くチン。


c0061686_554261.jpg



いい感じの、薄揚げ三角鋏み
ええ按配に完成!



c0061686_5552110.jpg



少し、チーズが薄揚げに負けている。
まけても、いいのだ。一向に。
そのときは、こうする、のだ総理!


c0061686_5563474.jpg



どのようになろうが,過程を
楽しむのが、
角打ち。


素朴と

未完成

を遊ぶ!






c0061686_604329.jpg

        ★プリントしてどうぞ、ご活用ください!


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-06-30 05:57 | 萬屋酒 | Comments(2)

角打ちの日ポスター



さて、全国的に

7月11日は,角打ちの日です。

酒販店の皆様、

呑み手の皆様

このポスターを貼って

おおいに、角打ち文化を

広めましょう!



c0061686_722516.jpg

by tatinomi1 | 2015-06-29 07:05 | 角打ちの日 | Comments(2)

十三「イマナカ酒店」。ホッピーがあったんだ。



c0061686_135147.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






台湾で、音楽イベントで「色粉」を撒き
これに引火し、大勢のけが人。怖い。
むかし、子供のころ。炭鉱での爆発。
そのころ、「粉塵爆発」の言葉
良く聞いた。まさか、の事故。
想像力の欠如。こわいことだなあ。
無害・食用のパウダーに潜む危機。



■本題■



先日の、十三名店「酒のイマナカ」
いつものむ。安物芋紙パック

「芋盛り」


一合、220円、ソーダで割れば
そこそこ旨い。


c0061686_5583036.jpg



次は何にしようかと、前を見ると
なんと関東などでホッピーに割る
焼酎で、人気の

「金宮焼酎」

値段を聞けば、驚くなかれ
安物紙パック芋「芋盛り」と
同じ値段の220円。


さっそく。

初めてお会いした、EEDさんと
話しているうち、ホッピーも
あるとのこと。

早速、頼めば

「普通の、黒いの?」ほう黒まで。
普通のホッピーを貰う。


c0061686_633328.jpg



c0061686_64370.jpg



ジョッキに氷を詰め込み
スズメの涙ほどの焼酎。
そんな薄いのが350円くらい
の店が多いなかで。
「さすがいまなか、いまは浜」

自分で、調合できるのも
嬉しい。


c0061686_671269.jpg



聞けば、ホッピーでなく、炭酸割で
飲むお客さんが多いそうです。
さすが大阪、流石十三だ。




c0061686_135147.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-06-29 06:09 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

酒のイマナカで「豚足」旨い。







宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





和歌山の「たま駅長」がお亡くなりに
なんと、にゃンと社葬にするそうな。

凡そ、世界中で「職業猫」は
初めてではないか。
ネズミ捕りなどの臨時やいや
パートタイマーならあったろうが。

犬はこの点、「軍用犬」「消防犬」「麻薬犬」
身近なところでは「盲導犬」など。

猫はこれらに無縁。

「盲導猫」

登場の話題が先月の和歌山新聞に
載っていた!

という情報は入ってない。

ご冥福をお祈り申し上げます!



■本題■

先日、十三は「酒のイマナカ」久しぶりに
「豚足」が欲しくなり、聞けばある。

早速・・・・

「チンしますか?」「お願いします」


c0061686_6445974.jpg



特に、焼酎のアテにいい。
組み合わせるは「青豆」



c0061686_6461130.jpg



むかしは、茹でて冷蔵庫に入っている
味付けなしの豚足を、
新聞紙片手に、悪戦苦闘。
手は、あぶらがべっとり。
レンジチンすれば脂は
手にまとわりつく。
間違ってティッシュなどを使おう
ものなら、手に小さな神片が
強烈にまとわりつき取れない。


新聞紙を10センチ四方ほど
切つて出してくれたもの。
特に具合がいいのがアサヒ。
豚足の手拭に最適。


◎イマナカも、最近は「味付け豚足」
  しかも、レンジチン。


◎新聞紙でない、濡れティッシュを
 上品にも、出してくれる。


◎これでも、手にまとわりつくので
 濡れティッシュにさらに
 水か酒を含ませて拭くといい。

 カウンターの上の水や酒を
 拭けば一石二鳥。



c0061686_6532317.jpg

c0061686_6535384.jpg



箸を、肉と骨の間に入れて身を離したり
手で間接を外したり
豚足を食べるには訓練が必要。
100本ほど食べると、
なんとか見えてくる。


ああ、旨い。




c0061686_135147.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-06-26 06:56 | 立ち呑み名店 | Comments(2)

「匙一本」で角打ちは楽しくなる!





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






今日は沖縄戦を記憶に留める日。
国内で唯一、市街戦の行われた
悲しい記憶。語り継いでゆかなければ
ならない。

「あまりに優しすぎる文化」ゆえに

辛酸をなめた沖縄。
今後また、独立だの、中国支配下に
なるなど、どんな将来になるか
わからない。この沖縄の美しい
風土と文化は永遠であって
欲しい。



■本題■


いい酒があるわけでなく、変わり映えしない。
気の利いたアテがあるわけでなく。

そんな、シンプル角打ち(本格角打ち)
を楽しむには、工夫が必要。

先日、いつも持って行っている
鉄製スプーンでなく
プラスチックの、シンプルな
すこし大降りなスプーンを
持ってゆく。

◎たったこれだけのことでも
  行く前から、わくわく、ぞくぞく。


さっそく。

いつもは、何を食べようかとアテ
を選ぶが、今回は真逆。

このスプーンにあうアテを
逆に選ぶことになる。
「本末転倒」を愉快に楽しむ。


c0061686_5123037.jpg



そこで選んだのは、レトルト「ポテサラ」
このスプーンにあうアテとして選ぶ。


c0061686_5142410.jpg



いつもの箸でたべるより
格段に旨い。



c0061686_5151399.jpg



この、透明感のある、影の薄い
プラスチックのスプーン。
いかにも、シンプル角打ちに
似合う。



人生は「些事」に醍醐味

角打は「匙 」に醍醐味






c0061686_135147.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






c0061686_135147.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-06-23 05:17 | 萬屋酒 | Comments(8)

紅生姜天「重ね流儀」とは?



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







日韓国交正常化50周年
やっとわずか日韓が歩み寄り。
ここまで悪化すれば、もう
しなくてもいいとも思ったり。

今日は夏至?。

そうなら日の長いことを
楽しもう。


■本題■


大阪独特の「紅生姜天」
九州などでは、練り物に紅生姜の
刻んだのを混ぜ込む。

紅生姜天の流儀は

①大きな紅生姜を薄くスライス        いわば天然木無垢

    十三  呉羽中島酒店 (希少)


②小さな紅生姜のスライスを串に繋ぐ   いわば寄木

    十三  酒のイマナカ  他



ところが意外なところに、意外な流儀。
それは、大阪天満宮の近くの饂飩屋。


 「だるま」讃岐系の旨い饂飩屋
 ここの紅生姜は、上の流儀と違う。


c0061686_6363795.jpg


讃岐饂飩が120円(小)、紅生姜天 確か100円。



c0061686_6381086.jpg



ずんぐり、短く、厚みのある形。
①、②の縦長、薄い流儀と明らかに違う。


c0061686_6394494.jpg



かなり幅広で大き目の紅生姜を
少しずつずらし、重ねて揚げている。

当然、生姜の量が多い。
コスト的には、かさむ方式。


うれしいことに。


c0061686_6421286.jpg



半分は酒のあて、半分は本来の
饂飩に、という芸当が。
夜は酒が飲める。







c0061686_135147.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-06-22 06:43 | 路地裏の魔物 | Comments(2)

「ばったりアテ」とは、何だろう?



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






今日の「たかじんのそこまで言って委員会」
なかなか面白かった。日本の置かれた状況
を、コミカルな劇で演じ、それを素に意見。
見るべき内容が多く、大変参考になる。

今日は、朝雷雨だったが、すぐに晴れ
あとはいい天気であった。


■本題■

神戸角打ち学会では、角打ちで予期せず
出あって飲むことを、「ばったり酒」と
称し、いい酒と位置づける。

この日は、写真のお酒の方と
申し合わせて「ばったり酒」

場所は、十三は「呉羽中島」

◎中崎の「二酸化立ち呑み」
  盛進商行、ここが閉店に及び
 この店亡き後は、十三の
 「酒のイマナカ」で会おうと
 決まったらしい。

そんなこんなで、まずイマナカ。
そのあと、呉羽中島。


◎この日、アテの流れで
 私は、はじめて、アボガド。
 実に、見事なアボガド。



そして、写真のお酒の方は
「鮭&クラッカー」
なかなかハイカラなアテ。

いかにも、蛸にも、おいしそう!


そして、私の、アボガドと出会い




c0061686_18481581.jpg




c0061686_18483574.jpg






c0061686_1848532.jpg







「ばったりアテ」



お互い、無意識に頼んだアテが
いい感じに出会う不思議。

これを、

「ばったりアテ」


と名づけることにしよう!






c0061686_135147.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-06-21 18:53 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

「八幡浜」じゃこ天の彼方へ!


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






今日も曇り。曇りの天気を楽しもう。
今日は、広島角打ち学会の創立
一周年記念式典。
神戸角打ち学会から、会長以下
3名が列席。すばらしい躍進の
広島角打ち学会にエール!



■本題■


昨日は昼から、高台の角打ち
まずは、寶焼酎ハイボール「ドライ」
つまり、角打ちハイボール。

あては?

奴、厚揚げ、薄揚げ、缶詰?

お、見れば「じゃこ天」

c0061686_6242427.jpg



旨い。このじゃこ天はなかなか。
かなりいい部類。
こうなると、日本酒がいいなあ。
そこで、日本酒に乗り換え。


c0061686_626299.jpg



やはり、じゃこ天は日本酒。
できれば、少し炙ればさらに旨いが。
まあ、角うちでは我慢。
レンジチン、はしたくない・


このじゃこ天

「本場八幡浜」

隣で飲んでいた洒脱な呑み助の
大将と、じゃこ天談義。
そのうち、じゃこ天を取り、食べ始める。

「じゃこ天は宇和島!」

聞けば、宇和島の出身。そりゃあこだわる。
そのうち、「こりゃあ、旨い」
3枚も入っているからと、そのうちの
一枚を、これまた丁度昼食中の女将さんに
「これ旨いで、おかずにしいや!」
女将さんも「うん、おいしい」

じゃこ天は、宇和島も八幡浜も
どちらもおいしい。八幡浜は
臼杵フエリーの港で食べた
じゃこ天、記憶に残る味。
このじゃこ天、八幡浜の逸品。



◎宇和島、八幡浜、じゃこ天の違い
  (じゃこ天 サイトより)

【じゃこ天の違い】は
産地の違いです

◆八幡浜(やわたはま)産◆

柔らかくて、小骨の食感少なめ

◆宇和島(うわじま)産◆

コシがあり、小骨の食感強め



■じゃこ天の原材料は

「はらんぼ(学名ホタルジャコ)」
という小魚です。

頭と内臓を取り除き、
骨ごとすり潰して
ミンチにすることにより、


カルシウム抜群でじゃこ天特有の

「ジャリジャリ」とした
食感が生まれます。

じゃこ天はミンチにする際の

機械の穴の大きさが小さいと、
ジャリジャリ感が少なめに
(八幡浜産)、

ミンチにする穴が大きいと、
ジャリジャリ感が多めに
(宇和島産)


なります。







c0061686_135147.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-06-20 06:38 | 八百屋酒 | Comments(2)

「マッコリ」に「肝焼き」

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






昨日の朝、大阪駅前地下の
「松葉」の前を通るとまだマスコミ。
まあ、マスコミなんで松葉の肩を
もつのか?わからない。

今日は、いかにも梅雨らしい
「梅雨日和」
さあ、昼から高台の角打ちに
行こうかな。

9時からは国会中継を見るか。



■本題■


機能は、地下街から大阪駅に
向かうと、そこにある関所
「七津屋」京橋が本店。
泉の広場に2号店。
ここは3号店、よく流行っている。

鉄板焼き「つらみ」と
キューブパック安酒「豊自慢」が
なんとも旨く好き。


c0061686_6565321.jpg



先ずはの燗酒。アテは「つらみ」でなく
「南蛮漬け」小さな鯵で、上品な味。
湊川神社近くの店の味が好きだが
一年以上,行ってない。

さて、もう一杯燗にするかするか?

いやちいと目先を変えて

「マッコリ」

ほとんど美味しいマッコリに出会ってない。
一度感動に打ち震えるほど感動
大阪釜ゲ崎は愛隣センター前の
「ドロボー朝市」。質流れ、盗品
ゴミ、不用品、ばった物、なんでも。
汚れたダッチワイフから、片方だけの靴。
キャップの上まで詰まって名札の
下がったオールド。

そんな中に、あったのが
ハングル文字だけのラベル
明らかに韓国から持ち込みの

「本場マッコリ」

瓶の中で、ふつふつと沸いており
濃醇で幾分酸味の味わい。
見事な、まさに、見事な味わい。
それまで飲んでいたものは
何だったのか?まがいもの?

20年ほどまえの話。

最近、普通にマッコリが買える
ようになり、たまに買うが
一度も美味しいものに出会ってない。

白い砂糖水

この域を超えたものに
であってない。


ほのかに、期待し頼み、飲む。


c0061686_7132839.jpg



駄目だ。酒粕を溶かした砂糖水。
見識ある人気店でこれだから
ほかで美味しいのが飲めるのは
かなりの僥倖。

本場韓国料理の店くらいかな。

これはもう、国内での普通に飲める
「マッコリ」はあきらめよう。
といって、韓国嫌いになったので
本場韓国に行って飲むことはない。
これ以降、マッコリはあきらめよう。


これにあわせたアテは

「肝焼き」

c0061686_717946.jpg


哀愁の味。旨い。

◎このあと、お隣で初対面のSDさんと。
 2歳年上の、上品な紳士。2号店がお好き。
 本店に、一度とお勧め。
 駅前の「松葉」に及ぶ。

 「50年前から知っているが、実際行ったのは
  1回か2回やったな。あれだけ稼いで
  欲どおしいなあ。なくなっていいのでは」

 マスコミは、松葉支援のようだが
 どうも世論の支援は皆無。





c0061686_135147.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-06-18 07:24 | 路地裏の魔物 | Comments(2)

マスコミは「松葉」が好きでたまらない!



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





今日は、時間が無いので
いきなり、本題。

今月10日くらいから、大阪では
話題になっている、大阪駅前
人気串カツ「松葉」の立ち退き。

阪神でパートの改装に呼応、
地下部分もあわせ改装。
その撤去エリアに「松葉」が。

戦後からの営業。闇市時代からの
長い営業。

大阪市から、破格の地代で営業できた。
客が次々涌くように現れる。超一等地。
ここを、これまで、月13,000円で
借りていた。

立ち退きで、代替え地を市に要求
それはまあ、無理でしょう。

そこで、裁判で氏と争うことに。

◎世論は「松葉」につくと思いきや
 特に若者世代は「既得利権」には手厳しい!
 撤去賛成の、声のうねり。

高齢者は一部エールを送ったが
松葉も断念。

もう一軒の、系列「松葉」への配慮
もあったのか。

歴史的人気店(名店とはあえて言わない)が
消えて寂しいが、世の中の定め。


c0061686_7244417.jpg


昨日朝の張り紙。

 絶滅危惧種の「イタセンパラ」と、超人気繁盛店を重ねるのは
 無理がある


c0061686_725384.jpg



昨日の夕方。
すわ、暴動でも?
何もなく、裁判での取り上げ断念とのこと。


という結果でした!はい。





c0061686_135147.jpg




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-06-17 07:28 | 路地裏の魔物 | Comments(0)