excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


角打ち「大鍋おでん」

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ



教もいい天気。鯵の丸干しを夜部屋に入れて
いるので魚くさくぃ。でもうまくできているので
いやなにおいはしない。成功か失敗化かは
においでわかる。

■本題■

昨日は、佐伯角打ち学会、尺間嶽酒店。
金曜角打ちの日。きのうはなんとこの秋
はじめての「おでん」、しかも大鍋おでん。

地場の材料で、関西風の薄味。素材のよさが
際立つ。大根がとくにうまい。

c0061686_10030116.jpg
角打ちアテらしい、素朴で「力みなぎるおでん」
酒に良く合う。月桂冠の燗酒でいただく。


c0061686_10033310.jpg
呑み始めは、港の魚まつりで感動した「霧島酒造」
敬意を表し、黒霧島。


c0061686_10024756.jpg
なんと、いい景色であろうか。
酔って書いた文字が張られているのではずかしい。


でも

困った

国東塔おでん

作れない!


c0061686_10031353.jpg

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ

# by tatinomi1 | 2017-11-11 10:09 | Comments(2)

飛翔体じゃなく清酒「飛翔」

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ

秋らしいいい天気に恵まれました。今日は
週一回の金曜角打ちの開催される鶴岡の
尺間嶽酒店に出かけます。昼前の長木
酒店さんへは、今日は行きませんでした。

・この時期に及んで、小さな蚊がまとわりついて
 うっとおしい。夏場よりかゆく大変。
 藪蚊の一種だろう。家の中まで入りこんで刺す。

今日は,異常に蚊に喰われるなあ!


■本題■

このまえの、金曜角打ちでのこと。店主から
勧められた日本酒。焼酎蔵の清酒。気合いが入っている。

佐伯市で数少ない蔵の中で、新進気鋭の雄。
昔の狩生酒造が発展的改名して生まれた

「ぶんご銘醸」

のこだわり日本酒。もともとの清酒蔵が
麦焼酎の生産にシフト。人気の蔵。
「ぶんご太郎」「香吟のささやき」
地元産麦で醸した「唐変木」など有名。


これがこの前飲んだ清酒

c0061686_15144883.jpg

飲みごたえのある濃醇な深みのなかの
すがすがしさがいい。焼酎蔵の日本酒。
期待していたよりはるかにいい。

もともと日本酒蔵であり、焼酎にシフト
してからも清酒「鶴城」や神酒「尺間嶽」などを
醸していた。

・この酒、出資者を募り、会費10,000円で
 年間12本の4合瓶(五合?)が届けられるとか。
 毎年の味の変化が楽しみのよう。

こういう、真に地域に密着した酒造りの
蔵の酒を味わうのもいいものだ。

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


# by tatinomi1 | 2017-11-10 15:30 | Comments(0)

干物、漬物。コツは?

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


昨日は雨。きょうは打って変わってさわやかな天気。
港の祭りで、鯵ときびなご一杯買ってくる。
そんなに、生では食べれないので、干物に。

八百屋での白菜。大きいのが200円くらいで
手にいる時期になった。でもスーパーでは
まだ4分の一が98円くらいの値段。安くとも
八百屋の巨大白菜はなかなか買わない。

■本題■

こちらの素朴生活で、時間もあるのでいつもこさえる
干物と、漬物。それぞれに奥深く面白い。
いろんな方からアドバイスをいただき、なんとか
うまくできるようになる。

干物

以前からこさえていた鯵の丸干し(佐伯以外ではあまり見かけない)
こいれがうまいのだが難しい。6度挑戦し5度失敗。

識者の声

・湿度が高いときは腐りやすい
・特に丸干しは内臓込なので腐る
・夜露も厳禁、雨はご法度(濡らすな)
・屋内では扇風機をあてよ
・さらに除湿機がいい

c0061686_10044643.jpg
これは以前の、きびなご。これは失敗なく一夜干しで食える
鯵の丸干し。極めて困難。素人は夏は無理とわかる。
今月に入り、湿度計を買い、湿度の低い日に干す。
夜は家に入れ、、夜通し扇風機の風。

鯵の丸干し,開き、きびなご丸干し。
うまく進行中。


漬物

白菜の一夜漬けを切らさぬように仕込む。
はじめはすぐに水が上がり、一晩で桶から上げ
冷蔵庫に。どうも味に深みがでない。

識者の声

長木酒店の近所の今山青果店の奥様の教え

c0061686_10055984.jpg

・白菜はよく干すと甘味が出て水もゆっくりあがる
・一晩でなく二晩以上は漬けておく
・塩は一枚一枚塗りこんでおくこと
・昆布や唐辛子は、上から振りまけばいい

ずいぶんおいしくなりました。



やはり識者の意見を素直に
聞けば、おいしくなりますね。


白菜は日本酒に
きびなごは芋焼酎に

さ い こ う


よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ

# by tatinomi1 | 2017-11-09 10:24 | Comments(2)

愛飲歴50年。「霧島」の本気!

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


今日はくもり空。明日はお天気があまりよくないよう。
立冬なのに暖かい。先日の佐伯魚市場のイベントで
買った、小鯵・きびなごを天日干し。さて雨が気になる。


■本題■

佐伯は港町、魚のおいしい町。そんな町をにぎやかに
彩る、素敵な祭りが開催された。


c0061686_10081037.jpg
第三回となるお祭り。魚に関する楽しいイベント満載。
「さかなのつかみ取り」「いかソーメン流し」
「きき魚クイズ」「親子の魚捌き方教室」
「ふるまいハマチ」「お魚くじ」などなど。


鰯ときびなご破格の値段で買い求め、ハマチの試食。
まあうまいこと、うまいこと。

酒じゃあ!
以前は地場佐伯の「小野冨酒造」「ぶんご銘醸」の
出店があったのに、探せどもない。ありゃ!

よく探せば、あるある。

c0061686_10104231.jpg
霧島酒造のコーナー。水割り、湯割り、ロック300円。
いつものセリフ「焼酎の量は?」なんともいい返事。
「お好みで入れますよ!」

20年ほど前狂った芋ブームのころ、新神戸のOPAでの
イベント、焼き鳥業者。「焼酎の量は?」若い販売員
「はい、ワンフィンガーかツウフインガーお好みで」

馬鹿じゃないの、あんた。

とも言えず黙って去る。狂った焼酎文化の弊害。

さすが霧島酒造!
「50年前からのファン、割らずにそのまま入れて!」
客と店の意気投合というか、阿吽の呼吸。

おおぶりな、350か400ミリ入りそうなプラコップに
注ぎ始める。あろうことか,てんこ盛り。

焼酎の持つ気合い

を感じた。舐めるように飲むプレミアでなく
心意気で「グイ」とあおる、本来の焼酎!

c0061686_10094613.jpg
席まで運ぶのにちいと、地面に飲ましてやったわい。



大型ぷらコップへなみなみ。300円。
露天商ではせいぜい60ミリリットル。
「焼酎は心意気」の姿勢を貫く霧島酒造に乾杯!
みやこんじょ、日向の芋!心意気やよし!。

霧島酒造大分のTさん。おかげで心たぎる
 楽しい思い出ができました。
 霧島のファンでよかったです。


 ありがとうございました!



よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


# by tatinomi1 | 2017-11-07 10:26 | 佐伯・墓地バラック生活 | Comments(0)