excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


嘉宝蔵の菊正宗を味わい尽くす

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃






しばらく、なんと一か月くらい更新なし。というのも
FBの手軽さについかまけ。同じ内容をまた発信しても
なんとなく、おもしろくないかなと。

でも、やはり、ブログはブログの味わいと深み。
やめるわけには。そこで発奮。復活。
おかげさまで、10位以内復帰達成。
ありがとうございます。感謝申し上げます。


■本題■

先日住吉の見識名店「さかなでいっぱいプラス」ここで
なんともマニアックな会合が。月例会という形で。

「菊正宗を味わい尽くす」会。

なじみの菊正宗に加え、「嘉宝蔵」のマニアック
5種の酒をずらり。カストリ焼酎までそろえて。

c0061686_07173210.jpg
まあ、みごとな布陣。灘酒の王者の風格を備えた逸品揃い。
背後には、焼酎まで。これはマニアック。



c0061686_07180951.jpg
風格の「嘉宝蔵」の精鋭たち。


    ■歓盃は、生酛の吟醸。「こりゃあ旨い」その声の中で
     およそ3名ほど「おや、かすかに樽の香り?」
     おもわず、3人が「不思議だね?」。
     そこに、見識の「さかなマスター」※
     不思議に思ったのか店にあった「樽酒瓶詰め」を
     3人、「確かに樽酒ではないなあ!」

     あとで来られた菊正のおかたに聞けば
     ・樽酒は混和していません
     ・木桶でこさえた可能性はあります
     ・新しい木の櫂を使ったせいかも

     ●樽酒とは無縁。あとから思えは、生酛の
      しっかりした昔ながらの味がそういう
      連想を仕掛けたのかも。

     日本酒の玄妙を感じる
     いい日でした!




よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃





       


# by tatinomi1 | 2017-06-08 07:33 | 日本の国酒 | Comments(2)

死んだパソコンを生き返らせた

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃


昨日は、中崎の「松浦商店」でいっぱい。
決して客がいっぱい、じゃあなくて、酒を一杯。
ここ。西天満の「松浦商店」と同じ店名。
業務店さんが主な顧客のお店だが、あえてマスターが
客との触れ合いを重視。17時半からの「角打ち」。

この話は、またのちほど。じっくり、ゆるり。

今日の話は、パソコン。得意ではないがまあ。
なんとか、使いこなしている。だましだまし。

ところが、リビングのぼろパソコン。この土曜。
神戸角打ち学会「泉酒造深緑の会」から帰った
翌日、どうも、「脳梗塞か脳血栓」。人間で言えば。
電源を入れても、全く無反応。人間で言えば
呼吸をしていない。

■ここから苦難の蘇生に!

試したこと
①電源を抜いて、電源ボタンを押し続ける
②F8の『「セイフティーモード」を連打
③これを繰り返す
④天日干し3時時間

このコースを15回ほど
でも、うんともすんとも。

2日目の夜、奇跡的に息を吹き返す




ところが

蘇生したが、その間の酸素が届かず
「言葉」を忘れ、文字入力できず。
本体キーボード、外付けキーボードいずれも無反応。

捨てるか、燃やすか、犬に食わすか?

最後の望み

⑤パスワード入力前前まで立ち上げるが
 その直前に、時期を変え変え、電源を切る。

繰り返すこと6回。

蘇生した!

c0061686_10225542.jpg

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃


# by tatinomi1 | 2017-06-07 10:17 | 大分マクワ会 | Comments(2)

泉酒造深緑の会

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃







いやあ、久方ぶりの更新です。FBがあまりに
お手軽すぎて、ついついこちらがお留守に。
どうしたの?の声をいただき。これはいかん、と。


この3日、東灘区の石屋川.ここにある
神戸角打ち学会の推薦蔵、泉酒造。

銘柄は「仙介」と「琥泉」。この銘酒を
蔵の庭で味わうという、素敵な会合。


c0061686_645102.jpg



お天気は心配されたが、なんと晴天。暑いくらい。
正面に紅白幕を張り、看板を書いて貼る。



c0061686_6471736.jpg



パレットに、酒ケースの椅子。角打ち学会らしい。


c0061686_6482854.jpg



なんと、角打ち愛好家の日本酒好き、もっといえば
「仙介」「琥泉」大好きの会員が集合。



c0061686_650164.jpg
c0061686_6504349.jpg



バンド演奏、見事な演奏にみんな大満足
そして、大抽選会。

大阪の誇る、世界的に有名な「パロディ菓子」の
株式会社 「オリオン」の、お菓子常備箱
禁煙シガレット自販機工作キットなど
マニアックな景品。

■さらになんと、泉酒造銘酒2本セット、など。

おいしい弁当、泉酒造の代表銘酒5種、
その至福に加えるに・・・のうれしいプレゼント。

上位5名は、会費以上の商品GET.

さすが日本酒を心から愛するメンバー
ただの一人も当日キャンセルも無く、
事故も、喧嘩も、立小便も無く
全員で撤収して、見事に終了。

ああ、いい時間でした!


歓盃!



よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


日本酒で歓盃

# by tatinomi1 | 2017-06-05 06:58 | 日本の国酒 | Comments(2)

昨日は「いきなり花見」

桜のシーズンも終わりを迎えようとしている。
花見は、何度か行った。夙川の早すぎる
大勢での花見。大川の予行花見、と
本番の、夜桜花見。そして、高台の角打ち
での角友との雨の花見。

そして、昨日は、朝思い立っての
突然の、「一人花見」


■本題■

昨日朝起きて、思わず決心。「よし花見に行く!」
そう決めたので、飯を炊いて用意。
というのも、持ってゆく肴がない。
9時に、コープで買ってゆくまでまてない。

あるのは・・・

・一昨日高台の角打ちで買った「煮抜き」
・これも一昨日こさえた「酢玉葱」
・前買った「ぱりぱり天かす」
・さっきたいたご飯のおむすび

酒は

・紙パック一合の、日本盛・菊正宗

酒は、鍋に湯をわかし、このまま投げ込んで
湯箭燗


「花見セット・極小」

を持って近所の公園へ



c0061686_07181308.jpg

こちらは、標高が高いのでまだ、桜はある。


c0061686_07192863.jpg

なんとも、貧弱で貧しい花見。
でも、風雅ではある。



c0061686_07203358.jpg
欠け「かわらけ」に味噌、
前時代の花見の様相。



c0061686_07215008.jpg


あえて燗をして持参。ガラス徳利に移し替え
肴がないので、せめてのお遊び。

日本盛、菊正宗。圧倒的に菊正。


でも

徳利に移し替える時、日本盛りは
こぼれてどうしょうもない。
薄いビニールがよくはがれない。
まさかこんなのみかたなど想定してない。


菊正あっぱれ!



c0061686_07252645.jpg

八重が、着々と開花準備中。
5月の、「緑陰の会」にさいていればいいな。







# by tatinomi1 | 2017-04-17 07:27 | 日本の国酒 | Comments(1)