excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
“長浜詣で”の“角打ちM..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
クリーミーで“甘濃”な“..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
美酒探訪/新潟・・・その..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


続:屋外飲み「ニッカとコロッケ」の寒中宴!

コロナウイルスは「サーズ」の再来かと、中国政府が慌て本腰を入れている。春節で人民が大移動するので大変なことに。高機能のマスクが品切れと、大変なことになっているようだ。日本の空港でも水際作戦で対応している。まずは発熱しているお客を選別し、詳細検査に持ち込む。一人ずつ体温計で計るのは大変なので、非接触式の「赤外線サーモグラフィー」で顔の温度をはかり、体温が高めと判別した乗客は個別に体温計ではかる算段。でもこれ、気休め程度の検出方法ではないか?。■酒飲みの私、朝仕事に行っても酒が残って「顔が赤い」こともあり、その時取った手段は?、洗面所の洗面槽の底に栓をして水をため、そこにしばらく顔をつけておく。すると不思議や不思議、赤みも熱もひくんだなあ。隔離されたくない客は、空港でおそらくこういう対策をとるだろう、と酒飲みの私は思う。まあとにかく早く収束してほしいなあ。休肝日明け、さあ、今日の酒はおいしいことだろうなあ! 飲むぞ、飲んでやる!  

よろしくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ


■本題■

最近、興味の強まった「野外呑み」。先日の続編になるが。贅沢な酒肴を持参すればいいがそうもゆかない場合の知恵ということで続編をここに披露するか。先日は準備周到な花見などとは大違い。買い物に行くことなく「ありあわせの酒肴」を持参。余りもので簡単な惣菜をこさえ、魔法瓶に日本酒を燗して持参。◎実はここに一工夫あり。何かといえばねえ・・・・

  飲酒の二毛作

なんですよ。「前半を日本酒。後半をウイスキー」。このように「飲む主題」を途中で変えてやれば、単純に飲酒が2度楽しくなる。眺める景色も変わってくるというもの。日本酒とウイスキーでひどく酔った経験はおありでしょうか?日本酒の場合は「人情の機微に踏み込み、あとはドロドロ千鳥足」一方、ウイスキーは「人情風景ではなく、乾いた硬質のドロ酔い。足は萎える」。そこまでの飲酒ではないが。こういう2通りの酒世界を楽しめる。◎花見に日本酒がいいのは「花鳥風月を愛でる人情の酒」だから。ウイスキーは似合わない。


続:屋外飲み「ニッカとコロッケ」の寒中宴!_c0061686_09420902.jpg
いつもは、ハイボールにするお値打ちニッカ。寒いのでソーダや氷は持参しない。ロボコップ、言い間違い、もとい・・・
「ボロコップ」でストレート。うまいのうや!


続:屋外飲み「ニッカとコロッケ」の寒中宴!_c0061686_09442031.jpg
あては、一個25円、超安値のコロッケ。寒風の中の屋外ではこれでも結構おいしい。
何もかけない、そのままあてに。ソースなど持参して掛けようなら、弁当喰いに成り下がる。
ここは、あくまで角打ちの延長線上なのだ。

今回の飲酒のテーマ色は

「茶色」

こういう、酒肴の色を揃える楽しみも、「本格角打ち」流儀やなあ。

続:屋外飲み「ニッカとコロッケ」の寒中宴!_c0061686_09494268.jpg
「かぼそさ」に哀愁こそ、籠れ。
全て仕舞い、最後にこれを食べて帰る,バイバイ!


よろしくお願いします
応援クリック


人気ブログランキングへ




     ※下もクリック下さい!
      こちらもランキングクリックで
      応援下さい!

     立ち呑み漂流別館
          
      酒文化を真に愛する方はご覧を!

       酒文化破壊から・・・・
      素晴らしき國酒伝統を守るため。


続:屋外飲み「ニッカとコロッケ」の寒中宴!_c0061686_13511285.jpg
    コンテンツをぱくった
    京都の「立ち呑み庶民」は、
    悪びれず、京橋にまで進出
    気分が悪い!











# by tatinomi1 | 2020-01-23 09:52 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)

ストロングゼロが、とんでもない悪役になっている?

今日は休肝日、というか「酒を呑まない日」。そのそも「休肝日」という記載はおかしい。たかが酒を呑まなかっただだけで肝臓がその機能を休めば人間の生命活動はおかしくなる。新聞の休刊日とはわけが違う。◎「酒を呑まない日」がどれほど体にいいのだろう。「一日一食主義健康法の」南雲医師は、「休肝日を設けるより、毎日の飲酒量を減らすほうが効果的」であるとする。アルコール飲酒総量主義。休肝日を作っても、翌日に大酒を飲めば同じことということになる。日本酒換算で毎日2合以上飲んでいると、20年くらいで体がおかしくなる、のような「閾値論」を展開。◎これ以前の「休肝日推進説」は、大脳視点、大脳がアルコールの影響を受けない時間帯があったほうがいい。だから、一日以上酒を断つのがいい、と。このように医者や学者のいう事は常に「裏表」で展開される。花粉症も生涯に吸い込んだ花粉の量が「閾値」を超えると発症するとの説がいまもてはやされる。これまで全く無縁でも60,70歳になっても突然発症するということ。これもおかしい。営林署の職員など、毎年遠くが見えないくらいのスギ花粉を浴びれば若いうちに「閾値」をこえ発症するはずだが、そうでもない。まあ、こういう医者・学者の説は「まゆつば」で聞いたほうがいいなあ。

ストロングゼロが、とんでもない悪役になっている?_c0061686_10323873.jpg


よろしくお願いします
応援クリック


人気ブログランキングへ






どうやら、昨年の年末頃より、「サントリーの ストロングゼロ」をターゲットにした危険キャンペーンが起こっているようだ。
薬物依存の学者?が、「依存性のある危険物」として、「とんでもない代物である」との説を展開、糾弾している。

     ★「ストロングゼロ 危険」で検索すればヒットしますよ!


■その学者?、の記事に続いてなにやらこんな雑誌でもとりあげられている。
 アルコール度数9%の飲料は、もっと早くから、さらに、サントリー以外でもあるのに・・・・
 なぜ急に昨年末からこのように騒がれるのか?
ストロングゼロが、とんでもない悪役になっている?_c0061686_10332595.png

■薬物依存学者?の意見はあえて載せません(興味のある方は検索してご覧ください!)

■これら糾弾する記事内容の中に、有識者?の声というものあり、糾弾の「本音」が垣間見えます・・・
 飲用しますのでご覧下さい。


 (引用)

ストロングゼロは酒という嗜好品としての文化も文学も持たない酩酊のためだけに造られたアルコールである事は間違いなく、
酔っ払わなきゃ向き合えない現実がある、でも金はないみたいな人から支持されてそれを救っているって意味で福祉なんだろうストロングゼロは
体に悪いとよく言われるが、安くて体に悪いものを飲まないと毎日毎日生きていくのがしんどい人が飲む「こんなもん好きで飲んでいる訳じゃない」っていう時点で嗜好品というよりも麻薬。
   
よくまあ、ここまで言えるなあ。戦後、焼酎は「貧しい貧乏人の酒」と見下された(今は違うが)。
 「文化と文学も持たない酩酊のためのもの」、まあよくここまで言えたものだなあ。

割烹で吟醸酒を飲む紳士が、立ち呑みでコップ酒を呑む労働者を馬鹿にする視点。
酒の醸す「多様性の悦楽」を理解もせず否定し、
「酒文化をつまらないものする」ような視点。

酒の嗜好は各人に任せればよい。
健康についても然り!
いらぬおせっかい。

 






よろしくお願いします
応援クリック


人気ブログランキングへ




     ※下もクリック下さい!
      こちらもランキングクリックで
      応援下さい!

     立ち呑み漂流別館
          
      酒文化を真に愛する方はご覧を!

       酒文化破壊から・・・・
      素晴らしき國酒伝統を守るため。


ストロングゼロが、とんでもない悪役になっている?_c0061686_13511285.jpg
    コンテンツをぱくった
    京都の「立ち呑み庶民」は、
    悪びれず、京橋にまで進出
    気分が悪い!











# by tatinomi1 | 2020-01-22 10:41 | 焼酎大好き | Comments(0)

珍:角打ち「糸蒟蒻饂飩もどき」に挑戦する!

昨日の高台の角打ち、久しぶりに行く。以前からやってみたかった「うどん玉」を、持参の器と出しの元で自作の角打ちうどんを作ってみたい。水を加え電子レンジにチンで。この顛末は「本題」にて披露させていただくことに。時節はもうすぐ春節、中国から大勢のお客様が見える時期なのに、コロナウイルスが心配。一時前のサーズのようになるのか。今日は久しぶりに洗濯をした、寒い中をゴミ捨てにも行った。朝の仕事も一段落かな。

よろしくお願いします
応援クリック


人気ブログランキングへ




■本題■

高台の角打ちは、市営住宅のなかにある酒屋併設の「よろずやさん」。缶詰、レトルト食品、菓子パン、味噌、醤油など一応のものはある。種類も数量もごく少ないが。そんな売り物のなかで、カップ麺は湯を貰って普通にできる。袋麺は容器を持参し流しで水を加えレンジチンで仕上げることが可能。でも鍋で加熱しないのであまりおいしくはできない。チキンラーメン位が適当。このまえ、◎そんななか、「うどん玉」を売っているのを発見。そうだ、(炭酸水ではない)、こんど、うどんだしの素を持参して「角打ちでの自作うどん」を自作して、酒の肴にしてみようと思い立つ。そこで昨日早速実施することに決めた。碗と粉末だしの素を持参してさて!。おやどうしたこといか?「うどん玉」がない。探すもない。やっと発見したのは「糸こんにゃく」(しらたき)だった。

さて、どうする?

珍:角打ち「糸蒟蒻饂飩もどき」に挑戦する!_c0061686_09303892.jpg
水に浮かんだ糸こんにゃくの袋を開けて、その水を捨て持参の器に入れようとしていると、85歳の店主、奥からステンレスのザルとボウルを探し、貸してくれた。何とも優しい、ありがたい。居酒屋、立ち飲み、立ち呑み、ではありえないこと。

「良く水洗いしないと臭いから、これ使って!」
なるほど、水洗いしないと蒟蒻独特のくさみがあたり一面の店内に漂う。


珍:角打ち「糸蒟蒻饂飩もどき」に挑戦する!_c0061686_09342200.jpg
「シマヤ出汁の素」を半袋ほど投入。しらたきの白が際立ち、なかなかいい感じ。
でも、なにか味が物足りない。どうしたものか、はたと悩む。

そうだ、(ウイルキンソン)
高台の角打ちで一番人気のアテ、ゆで卵(煮抜き)があるではないか!この現状の困難を救うにはこれしかない。
一個50円の贅沢。これをトッピング。皮を剥いて乗せる。


珍:角打ち「糸蒟蒻饂飩もどき」に挑戦する!_c0061686_09390116.jpg
珍:角打ち「糸蒟蒻饂飩もどき」に挑戦する!_c0061686_09392000.jpg
何やら、実にいい感じ。この店が角打ちとは思えない。そう見えない!
まるで、高級割烹?そんな馬鹿な、ありえない。

しかし、こんにゃくだけの深みのない味が、いい感じにかわる。
酒は紙パック酒を持参の徳利,盃の燗酒で飲む。

じつにいい塩梅。





よろしくお願いします
応援クリック


人気ブログランキングへ




     ※下もクリック下さい!
      こちらもランキングクリックで
      応援下さい!

     立ち呑み漂流別館
          
      酒文化を真に愛する方はご覧を!

       酒文化破壊から・・・・
      素晴らしき國酒伝統を守るため。


珍:角打ち「糸蒟蒻饂飩もどき」に挑戦する!_c0061686_13511285.jpg
    コンテンツをぱくった
    京都の「立ち呑み庶民」は、
    悪びれず、京橋にまで進出
    気分が悪い!











# by tatinomi1 | 2020-01-21 09:42 | 萬屋酒 | Comments(0)

素朴角打ち「ひまにまかせての遊戯」とは?

今日は12時から、飯と同時に日本酒を2合ほど飲んだ。家人が「昼間から飲むのは、ある中や!」なるほどそうかもしれないが昨年の秋から「土日禁酒」に決めているから、飲まないと決めたら平気ですよ。近年「断食」の効果が流行り、実践されている方もまわりにいます。これはたしかにつく詰めれば理にかなったこと。でもなかなか踏み切るのに勇気がいりますね。でも最近、「16時間プチ断食」というお手軽。一日一食が若さを取り戻すの「南雲先生」、外見は胡散臭いがなかなか」言っていることはいいようだなあ。私は8時に夕食なので、12時を過ぎて「飯と酒」を摂取。節酒にもなるんだなあ、これがなあ。まあ前置きはこの辺で。




よろしくお願いします
応援クリック


人気ブログランキングへ


■本題■

最近の高台の角打ち、いつもは「沢の鶴米だけの酒,一合紙パック」これを持参の徳利に移しレンジでチンをしてこれまた持参の盃で飲む。角打ちにはちぐはぐな行為ではあるが、毎日同じような酒肴では気が滅入る、ということもないがまあ愛嬌とでも言おうかなあ。
素朴角打ち「ひまにまかせての遊戯」とは?_c0061686_14355120.jpg
この一合カップ、ここで230円。常温と冷蔵庫で冷やしたのがあるが、いまどきは常温がいい。
コープ神戸では、なんとまあ。一升紙パックが1000円市内。でも余計には飲めないので一合パックが妥当。
それにしても、このパッケージは秀逸すぎる。容器だけで100円はしそう。そういう思想でこさえている?
まさか?

■     ■     ■

あても万屋やで売っているいろんなものを組み合わせ楽しむが、あまりやりすぎると邪道・亜流になり好ましくはないなあ。そこでよく「あてによる文字書き遊び」をするんだなあ。食べ物をそまつにするな!はあたらない。むしろ逆なのですよ。めのまえの食物を愛し、「気」を吹き込み与える、この思いがあるので普通に食べるより美味しくなり。たとえ防腐剤・添加物まみれの食材でもまるで巨悪の「資金洗浄」のように、無毒化できるんです。(写るんですがないので、スマホで)はい。いつものベビースターラーメンの「砕片」でもじを「再編」してみました。

素朴角打ち「ひまにまかせての遊戯」とは?_c0061686_14361471.jpg

カンタンなようですが、さにあらず。
砕片は三次元。平面にすんなりおさまらない、「やんちゃ坊主」なんですよ!





よろしくお願いします
応援クリック


人気ブログランキングへ




     ※下もクリック下さい!
      こちらもランキングクリックで
      応援下さい!

     立ち呑み漂流別館
          
      酒文化を真に愛する方はご覧を!

       酒文化破壊から・・・・
      素晴らしき國酒伝統を守るため。


素朴角打ち「ひまにまかせての遊戯」とは?_c0061686_13511285.jpg
    コンテンツをぱくった
    京都の「立ち呑み庶民」は、
    悪びれず、京橋にまで進出
    気分が悪い!



<a href="https://blog.with2.net/link/?49972">人気ブログランキングへ</a>











# by tatinomi1 | 2020-01-20 15:00 | 萬屋酒 | Comments(0)