excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
“長浜詣で”の“角打ちM..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
クリーミーで“甘濃”な“..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
美酒探訪/新潟・・・その..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


▲▽「北国村」最終日。▽▼



年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ









今日は、神戸北の「鹿の子台」にある
イオンのアウトレットモールへ。

まあ、余り乗り気じゃあなかったが、
一度は行って見たいので、
家族について行く。

◎単独行動で、回る。

コーヒー豆専門店らしい店。
「ラム酒」に「チーズ」

おもろい「チーズのたまり漬け」を買う。


■珈琲豆で、発見

 「ハワイ・コナ


珈琲はあまり得意でない私の
最も好きな豆。

でも、でも、200グラム、1800円。ちいと値が張る。
 (高いとは言わない、いいものは、高い)

100グラム、売ってもらえませんか?

だめでした。まあ、そうでしょう。
これだけ、100グラムで売れば、他の300円から、800円
中心の豆まで、100グラムでオーダーがくれば面倒。
きらめました。

■あと、イオンの酒売り場

 
 丹波の「鳳鳴」


心から好きな酒。
同じ丹波の「小鼓」に比べ
ハートの温もりある酒。


もうひとつ。
かっての、ウイスキーのええもん
「バランタイン」、980円。時代はかわったなー。

レッド、ハイニッカのかわりに、買う。

価値観は壊れている


■味だけで、勝負では
 突然、足元を掬われる時代の怖さ。



◎持論、味の分かる人士、2割。
  まあ安物の「バランタイン」980円。

  サントリーが

  「ハイボール」で、今は角瓶だが

  「トリス」最高

と、上手な宣伝を打てば、
「バランタイン」より、売れるだろう。その程度のもの。
ははは!



■最後の「北国村」名残惜しい■


わずか3日通っただけで、心通い、
別れを惜しむ気持ちになる、いい店。

めぐり合わせの「幸せ」を思う。

◎マスコミ本、舌先、金、高額な流行店を
 追わない旅で、

 磁力のように惹かれた店。

 
乍浦路「北国村」


名残惜しい映像、
こんな、感じでした。


▲▽「北国村」最終日。▽▼_c0061686_22401481.jpg

続けて3日通った「北国村」。
何がそんなに魔力的か、と聞かれても、答えようがない。

◎ちょうど、毎週土曜の家の近く
 「高台の角打ち」に行くのと同じ。

女将さんおすすめの、一品。



▲▽「北国村」最終日。▽▼_c0061686_22403769.jpg

これも、おすすめ。
素朴にうまい。

包んでもらい。
飛行場、機内で、味わう。



▲▽「北国村」最終日。▽▼_c0061686_22405938.jpg

◎先日と同じ「白乾」を!と頼めば

女将さん、

「こまいんでええやろ!」

ということで、


可愛く丸い


のを、わざわざ、持ってきてくれた。
強面だが実は優しい。

この「白乾」、初めて飲んだがええ酒。
ハルピン産。実に旨い。



▲▽「北国村」最終日。▽▼_c0061686_22412224.jpg

隣のテーブル、和気藹々。
東北地方のご出身らしき、
素敵な、ご家族。

最後に出た。


骨付き肉


ソフトボールくらいの骨付き肉。

◎子供がどうやって、こんな手ごわい肉を平らげるか
  横目でちらり。

  
感動の展開


①店は、全員の数分の「ビニール手袋」を与えた。
  子供もこれを小さな手に入れ、
  骨をつかむ。

②見たこともない、

  「細いストロー」を全員に

  なんと、これで、太い骨の
  骨髄に差込み、

  骨髄液を、チューチュー、

  参った。


    
    ※奇形のように舌先だけ追う「美食主義」でない、縄文の闇のような
     おおらかな「野生」が、生きている。
     


▲▽「北国村」最終日。▽▼_c0061686_22414364.jpg


  食べのこし、平気。これはちいと、勿体無いなあ。





年内10位復帰、ご声援を

宜しくポチリ

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2009-12-30 22:23 | 哀愁的上海 | Comments(4)
Commented by syotikure at 2009-12-31 02:42
いよいよ年の瀬も押し迫って参りました。
今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
Commented by tatinomi1 at 2009-12-31 05:15
いやあ、ショチクレさん、
こちらこそお世話になりました。酎州大分さんがご多忙でなかなか
ブログアップできないようです。貴サイト、「焼き物」話題がお見事。
素晴らしい「酒器」の数々。日本酒をおのみと思いますが
主な好みの銘柄は?。来年こそ、「雨月の会」参加おまちしております。よき年を。奥様、愛犬コロ殿に宜しく!
Commented by 同期のチューバ at 2009-12-31 10:37 x
「北国村」の料理どれも大森
いや大盛ですねえ!一人前なんでしょうね

広島にも同じように大盛で有名な中華料理店があります
その名は忠告反転
もとい、「中国飯店」といいます
中国訛りでチュウコクハンテンと打ち込んだら思わず素敵な誤変換(笑)
善吉からも近い紙屋町にあり会社から近かったため
30年以上前から通っています

その中国飯店で随分前に目撃したエピソード・・・
その日、注文した料理を待っていると
となりのテーブルでおじさんが焼きそばを食べている
しかし食べ方が尋常ではない
汗をかきながら必死で食べている
食べても食べてもなかなか減らない焼きそばの山
ついに、そのおじさんが叫んだ
「なんで、こげえに多いんじゃあ~!!!」

思うに初めて来店され、この店の盛りを知らなかったと見える(笑)
でも、おじさん壁の張り紙をよく見てごらん
「余したらお持ち帰りできます。お申し出ください。」と書いてあるじゃろう(笑)
この店、丼物や炒飯を注文してもサービスにご飯が付いてくるという恐ろしい店なのです
私も若いころは食べていましたが流石に最近は丁重にお断りしています(笑)
Commented by tatinomi1 at 2009-12-31 10:54
「量が多い」「温かい」「甘い」とか、過剰感がサービスの原点であった麗しい時代の名残ですねえ。
今回であった「北国村」、見かけは普通ですが、やよ福のお母さんの「魔法の腕」の職人さんが居ると見え、味の見事さに圧倒されっぱなし。写真があるのですが、2品選ぶのに難儀。女将さんが親切に選んでくれる大変素敵な店を発見しました。
「上海のやよ福」と勝手に決めました。万博後にまた行きます。ご一緒いかがですか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ★乍浦路「拉麺対決」。その結果... ●「西施豆腐坊」2度目。上海老... >>