excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2020年 01月
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
“長浜詣で”の“角打ちM..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
クリーミーで“甘濃”な“..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
美酒探訪/新潟・・・その..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


◎瑠美奈理恵ちゃんに会って、ハイカラ角打ちへ!




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





昨日は、久しぶりに飲まず帰り
家で、大分の銘酒「八鹿・超辛口」
辛口の極みだが、味抜きをしたような
空虚な酒でなく、しっかり旨みのアル酒。
神戸角打ち学会会長にいただいた銘酒。

■本題■

おととい、楠公さん西の「神戸かくうち」で
神戸角打ち学会忘年会の下見を
してから、写真酒さんと、


瑠美奈さんに、会いに行く。
一年ぶりの、涙の再開。
相変わらず輝くような美貌を
保っているだろうか。
欧風美人の、理恵ちゃん。





期待は


高まる




















◎瑠美奈理恵ちゃんに会って、ハイカラ角打ちへ!_c0061686_6425831.jpg
◎瑠美奈理恵ちゃんに会って、ハイカラ角打ちへ!_c0061686_6432890.jpg
◎瑠美奈理恵ちゃんに会って、ハイカラ角打ちへ!_c0061686_644333.jpg


理恵ちゃん、初めて会った時に比べ
身長が、半分以下になったなあ。

◎2年ほど見なかったら、イルミネーション
 の長さが、半分から3分の一になっている。
 付近の商店街は、売り上げ増につながらん。
 あまり芳しくなく。募金も減少傾向らしい。

 そのかわり、東遊園地の露天ばかり
 増殖。

 省エネの影響もあるのか?

 タングステン豆球を
 一部、LEDに変えているようだが、
 
 美しさの木目が壊れる


今後の存続が危ぶまれる。

・イルミネーションのあいだ
 テーブルを出して、
 酒でも飲ませてはどうだろう。
 通りぬけより気が利いている、が。




    →MOREクリックを!










そのあと、

「Kobe stannding bar」

に出たので客になる。


年に数回しかこないが、
神戸の角打ちでは、いちばんハイカラ。




◎瑠美奈理恵ちゃんに会って、ハイカラ角打ちへ!_c0061686_6551096.jpg

ハイリキとイカで角打ち


◎瑠美奈理恵ちゃんに会って、ハイカラ角打ちへ!_c0061686_6554714.jpg

スマートなサラリーマンが角打ち
酔っ払いおいさんの集う哀愁はない、が。
客層が若く、スマート。

東京の角打ちみたい!





◎瑠美奈理恵ちゃんに会って、ハイカラ角打ちへ!_c0061686_6573512.jpg

弁当や、野菜まで売っている!



◎瑠美奈理恵ちゃんに会って、ハイカラ角打ちへ!_c0061686_6582088.jpg


ウイスキー樽のテーブル。




神戸角打ち学会に
ふさわしい名前

こんどから、もっと通おうと
写真酒さんと誓うのだが・・・・


さて






宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ



入会受付中!

神戸角打ち学会

ようこそ神戸角打ち学会へ








   
■ 「食べログ」に挑戦!



  「立ち呑みHAKUDOUのレストランガイド」  



※「一軒屋」「夢屋」「鬼やんま」 
 
 

 


  更新復活!
 ■ 別館も御贔屓に  
       
 

  「 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)」



  「●岩手「赤大根」●
by tatinomi1 | 2011-12-07 06:58 | 神戸角打ち学会 | Comments(8)
Commented by 神戸のおいさん at 2011-12-07 21:16 x
留美奈理恵ちゃん、綺麗でしたね^^
昨年は行けなかったので、この日曜日に行ってきました。
人の多さには改めて驚きました。
留美ちゃんを見るまでに1時間も並びました。
並ぶのが大嫌いなマドンナも・・・
Commented by とく at 2011-12-07 21:47 x
留美奈理恵さん、え、愛人候補か。。。と妄想しました。。。美しい。。。懐かしい。。。
大変、ご無沙汰しております。
坂の上の雲、始まりました。広瀬さんが出てこないのが、さびしいです。生き返らないかなあ。
Commented by 神戸のおいさんさん at 2011-12-08 08:11 x
ゆかれましたか。
理恵ちゃん身長は縮みましたが輝いていますね。
初期の頃は警備がゆるく、東遊園地側から
禁止はされていましたが、後ろ歩きの「逆進入」
が出来ました。一時間も並ぶことも無く。

◎でも一番の見所は、点灯の瞬間を
  スタート点から見る醍醐味。一度だけあります。

マドンナさんよく並びましたね!
昨日は一ビルの「上田酒店」で
紹興酒をくらいました。

Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2011-12-08 08:47 x
一年に一度会える愛人。理恵ちゃん。

タングステン豆球がLEDにかわりつつ有りますが
揺らめきある高輝度のきらめきは捨てがたいですね。
ルミナリエはまさにヨーロッパの照明職人の手作業の
哀愁があります。東遊園地のLEDとは微妙にいがいますね。

Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2011-12-08 08:48 x
とくさんに続き

坂の上の雲はじまりました。
明治人の気骨に圧倒されます。
どじょうののらりくらりが歯がゆくなりますが。

秋山真之も素晴らしいが、好古の騎兵姿も
いいですね。薩長史観を見事に司馬さんは
くつがえし秋山兄弟を取り上げてくれましたね。
愛媛県人には恩人ですね。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2011-12-08 08:49 x
とくさんにもう一回 続き



一部に、司馬さんは「乃木将軍凡将説」で
描いている批判も有りますが、

乃木さんと廣瀬さんは、軍神ですから
まあ評価はかわらないでしょうね。

◎今度封切の「山本五十六」興味があります
  生出寿という作家が「山本五十六凡将説」
  を展開し、私も一時期これを信じたことあり
  10年も前でしょうか、新潟放送の大阪支社
  Bさんにこの話をすると、郷里である長岡の
  尊敬する師の悪口だけは言わないで欲しいと
  真顔で涙していました。郷里の偉人を穢す
  非礼を詫び、以後一切元帥の悪口は止めました。

  海軍兵学校にある「常在戦場」の墨痕鮮やかなる
  を見ると、心が澄み渡ります。

  そう見れば、山本元帥も薩長史観からは
  はじかれる存在なのですね。

廣瀬武夫の無骨と繊細の織り交ざった
性格は素晴らしい。お姉さんが
アリアズナとの結婚に備え家の準備までしていた
とのほほえましい話もあるようです!

Commented by とくさ at 2011-12-09 00:06 x
>アリアズナとの結婚に備え家の準備までしていた
とのほほえましい話もあるようです!

そうですか、、、。

山本五十六、小さい頃、三船敏郎のを観ました。
私も興味あり。

Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2011-12-09 09:33 x
とくさんさん
無骨一点張りの軍人と思っていたら
意外な面もあるのを教えてくれたのは
南海放送の方です、仕事でお会いして
秋山将軍を褒めると、「なんのなんの
大分県の廣瀬武夫も素晴らしい。
「ロシアにおける廣瀬武夫」という本が素晴らしい。
と、お互いの偉人を褒めあったことがありました。

秋山将軍と廣瀬中佐は薩長でない親藩なりの
出世をあきらめた者同士の連帯があったのでしょう。
出世より「国を思う」姿勢がいいですね。

廣瀬中佐は、出世はおろか、国のために命をあきらめた
軍人が結婚することはない。と思っていたようです。

平時なら、日露友好の国際結婚でしたがねえ。
時代の哀しさですね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 「紹興酒」に「梅焼」を合わせる。 「神戸かくうち」で「神戸角打ち... >>