excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
“長浜詣で”の“角打ちM..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
クリーミーで“甘濃”な“..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
美酒探訪/新潟・・・その..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


中華饅頭「老詳紀」の安らぎ或る哀愁をを食す!元町5丁目

昨日は暖かく雨模様。市民図書館の後、高台の角打ちへ行く。傘なし。
おや、入り口近くに置いてあったガムテープで補修してある古く黒い
ソフアがない、聞けばここに毎日座る常連が店内で喧嘩。出入り禁止
にされ、椅子まで撤去の憂き目。昨日は初お目見えの岡本さんに遭う
今日は休肝日なのだが売上強力で「米」を買いに行こうかな。

よろしくお願いします
応援クリック


人気ブログランキングへ





■本題■

先日南京町に行ったついでに、超人気の豚まん屋「老詳記」のまえ、
通りは少ない。コロナの影響で、中国人が群がっているだろうの
懸念から、日本人が少ない。もともと中国人はあまり寄りつかない。
ここの「並ぶ豚まん」は興味なし。持ち帰りなら551蓬莱を買う。

元町5丁目まで歩き、並ばなくていいうえに店内でゆっくり食える

老詳紀

へ入る。客は誰もいない。店のお母さんと最近のコロナなどについて
ゆっくり話す。実にいい感じ。ゆっくりした中国時間がここにある。
南京町の「並ぶ豚まん」の店とは全く別の店。歴史的には並ぶほうが
古く、大正4年。店主が「天津包子」を日本人向けに売り出し今に
至る。こちらは、何度か移転し、ここ元町5丁目に定着営業。


中華饅頭「老詳紀」の安らぎ或る哀愁をを食す!元町5丁目_c0061686_09381375.jpg

一皿3個入りで270円。お茶も出してくれる
なんとも哀愁のある色、香り、味、素敵だなあ。
中華饅頭「老詳紀」の安らぎ或る哀愁をを食す!元町5丁目_c0061686_09391081.jpg
店内から見る外の風景、のどかないい景色。
南京町の雑踏にある、大量の並び客のある「老詳記」とは
大違い。


中華饅頭「老詳紀」の安らぎ或る哀愁をを食す!元町5丁目_c0061686_09393758.jpg
割ってみれば、中身も哀愁或るしつらえ
中華饅頭「老詳紀」の安らぎ或る哀愁をを食す!元町5丁目_c0061686_09383669.jpg
美しい外観!よく目立つ。





こちらがマスコミがもてはやし、毎日ものすごい行列
手前の中央も「道を挟んで」ならんでいる。こちらが


老詳記


中華饅頭「老詳紀」の安らぎ或る哀愁をを食す!元町5丁目_c0061686_09401239.jpg





おいしそうではある。でも
これまで2度ほどしか食ってない。
並ばないほうが好み。
中華饅頭「老詳紀」の安らぎ或る哀愁をを食す!元町5丁目_c0061686_09402768.jpg
酒が飲めればいいなあ、と思ったりもする
元町5丁目の、並ばない「老詳紀」は、いいわあ!

角打ち士はなぜか

老詳紀

を好むんだなあ。

(椅子有を好むわけではないがね)



よろしくお願いします
応援クリック


人気ブログランキングへ




     ※下もクリック下さい!
      こちらもランキングクリックで
      応援下さい!

     立ち呑み漂流別館
          
      酒文化を真に愛する方はご覧を!

       酒文化破壊から・・・・
      素晴らしき國酒伝統を守るため。


中華饅頭「老詳紀」の安らぎ或る哀愁をを食す!元町5丁目_c0061686_13511285.jpg
    コンテンツをぱくった
    京都の「立ち呑み庶民」は、
    悪びれず、京橋にまで進出
    気分が悪い!





よろしくお願いします
応援クリック


人気ブログランキングへ




by tatinomi1 | 2020-02-15 09:25 | 縄文日本の心栄え | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 疑問「ノンアル飲料は」清涼飲料... 立ち呑みばっくす「神戸角打ち学... >>