excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
“長浜詣で”の“角打ちM..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
クリーミーで“甘濃”な“..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
美酒探訪/新潟・・・その..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 02月 12日 ( 5 )

閑話休題(地元)山の上の立ち呑みへ。寒いのなんの、こんな寒い立ち呑み「日本一の寒さ」

c0061686_1951593.jpg


今日も、立ち呑みハイキング。家が海抜250メートルくらい。この酒屋は、更に山の上。

50メートルくらいののぼりの道のり。

チャリンコでいままで行っていたが、そうだ、歩こう。なんのことはない、歩くほうが近い、楽。


■今日は、狭いカウンターに3人。奥に一人。新参者でよそ者の私は、遠慮して、商品の棚を

一寸借り。ここで遠慮がちに酒盛り。燗のカップ酒と、ペンシルウインナー。究極のシンプル飲

み。










c0061686_19133586.jpg


あんまりアテもないし。腹減ったんで、売り物のインスタントラーメンを所望。蓋を開けて、湯を注いでくれる。これをアテいカンチュウハイを飲む。通常は椅子になるはずの、ビールケースをテーブルかわりに使う。

■おお、貼り紙。「本日は5時閉店」。いま、4時40分。あとわずか。

このとき、ここの、おかみさん。はい、630円。と勘定を促す。聞けば、今夜「お通夜」があり、

今から出かけるとのこと。










c0061686_1914416.jpg


ここの、酒好きオイさん達。どてら、綿入れなど、重装備。

通常、立ち呑みも石油ストーブで暖かくキープされているが、ここは4枚ある戸は


なぜか2枚。吹きさらしの寒風にさらされる。

●北国では有り得ない世界。ひょっと

日本で一番寒い立ち呑みかもしれないなあ。



「家で飲むほうが、よほど快適」なはずなのに・・・・・・

酒屋の立ち呑み世界の

理屈なき「不可思議誘引」。

おもろいなあ。おもろいやんか。おもろい薬缶。









人気blogランキングへクリック宜しく。

いまランキング11位くらいじゃろか。声援贈って金盥。10位以内にはいたいもんじゃあ焼き。はははのは。
by tatinomi1 | 2006-02-12 19:44 | 立ち呑み名店 | Comments(1)

●(漂流3)ミナエン中華「君再来」。家庭のぬくもりと素朴な哀愁を併せ持つ、路地裏感覚の名店

c0061686_14525285.jpg


ちょっと腹がすいたなあ。湊川公演下のミナエン商店街。入り口のところに小さく可愛い「吉林麺店」がある。家庭的な、何か「自然食品の店」風情。でも酒を飲むかんじじゃあない。

奥を覗くと、もろに哀愁をたたえた中華屋さん。

入れば、入る前よりの哀愁。中国山間部の民家の風情。は言い過ぎ。実に落ち着くイイ感じ。



■メニューに「焼きビーフン」。酒の肴にいいなあ。

 おお、素朴で、うまそう。





c0061686_1447232.jpg


この店の名は「君再来」。いい名前だ。

中国人の女性が一人で店番。





c0061686_14472363.jpg


これが入り口の全容。なかなかイイ風情を出しているなあ。









c0061686_14475991.jpg


「まじめに、真剣に書いた」感じが、びんびん伝わるなあ。好感度アップ。










c0061686_14482154.jpg


なにか以前すし屋か居酒屋であったのを、そのまま使っているのだろう。インテリアにかまわぬ姿も好感。





c0061686_1448423.jpg


紹興酒を燗でもらうと「大根煮とひじき」の突き出しがついてきた。あとでわかったがどうもサービスのようであった。

●大根の煮方が、「甘辛さの塩梅」がとてもよかったなあ。
 腐ったような「要らぬ」突き出しには辟易だが、ここのは、旨い。









c0061686_14531436.jpg


聞けば、入り口にあった「吉林麺店」を人に任せ、今はこちらに打ち込んでいるらしい。あとから戻ってきたオーナーのママさん。お母さんは日本人、引き上げ者らしい。二人の女性で切り盛り。

●さきほどのビーフン。旨すぎず、実に「加減がいい」。

 酒の肴に、もってこい。


  (もってこいといわれても、持ってゆかないがのう)ハハハ、のハ。じゃあ。






人気blogランキングへクリック宜しく。

いまランキング11位くらいじゃろか。声援贈って金盥。10位以内にはいたいもんじゃあ焼き。縄文世界に踏み込みランクダウン。
by tatinomi1 | 2006-02-12 15:14 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

◎(漂流2)「ボートピア」裏のボートおじさんの便利立ち呑み。

c0061686_9572921.jpg



新開地へ。ボートピア裏「梅井酒店」へひさし鰤に行ったが、開いてない。

そうだ、「慕撫さんサイト」にあった、ボート立ち呑みがあったはず。探す。

おお簡単。すぐ見つかる。

外見は、居酒屋風情。イイ感じ。
「立ち呑み」でなく、正確に言えば「立ち飲み」。

●みんなテレビの競艇中継に釘付け。

店内は「ボート一色」。

客筋もみな「ボート」「ボート」。


■なんと、心憎い配慮。テーブルには「投票券」と「鉛筆」
 単なるメモなのか、それとも、ボートピアまで2分くらいなので、

 ここから、ボート券を、買いにうくのだろうかなあ。




◎ボート好きには「オアシス」でも、私にはちと・・・・・

 焼酎の痕跡もない「水のようなチュウハイ」400円。




c0061686_9552242.jpg



「立ち呑み」ではない「立ち飲み」というか、
美人ママの「スナック」風情。

■ボートフアンにとっては、心地よい名店なのだと思い、
 チュウハイ一杯、アテなしで、店を出る。









人気blogランキングへクリック宜しく。

いまランキング11位くらいじゃろか。声援贈って金盥。10位以内にはいたいもんじゃあ焼き。縄文世界に踏み込みランクダウン。
by tatinomi1 | 2006-02-12 09:59 | 立ち呑み名店 | Comments(0)

■(漂流1)須方酒店で「肉じゃが」で至福の一杯。猥雑物を一切排除した「根幹宇宙」なり!

c0061686_9293494.jpg



渋さの極み「須方酒店」。しばらく遠のいていたが、神戸スタンディングスタイルの伝道師「慕撫」さんサイトにより、再び「目をさます」。

作為でない、自然の「懐かしいやすらぎ世界」

落ち着いた、素朴な感覚おカウンターはいい。

■東京の八重洲地下、ラーメン激戦区奥にある昭和懐古ムード「東京ブギ」もいいが、こういう素朴な落ち着きは、物事の「奥行き」が違う。

「オロナミン」のポスターの残影があいいなあ。





c0061686_9295348.jpg



神戸の地酒「大黒正宗」。中身は菊正宗。でもここで飲むと大黒正宗の背景を感じ
なんとも旨い!

「普通の酒」が「須方の酒」に化ける不思議。






c0061686_9301719.jpg


■地味で素朴。器も安物だが、

「ボロは着てても心の錦」
といった「気概の味」がする。

味の芯の明確な、野太な味付け。

お見事!須方酒店。




人気blogランキングへクリック宜しく。

いまランキング11位くらいじゃろか。声援贈って金盥。10位以内にはいたいもんじゃあ焼き。縄文世界に踏み込みランクダウン。
by tatinomi1 | 2006-02-12 09:46 | 立ち呑み名店 | Comments(4)

神戸立ち呑み「先ず神戸空港」みてからにするの巻き。おお、人、人、人。





ちょっと立ち呑み散策。三宮駅前に人の列。

なんだろう。観れば、ポートライナーの「空港往復切符」販売。
16日の開港にあわせ、見学会が行われている。

●あれだけ、「イルカ」じゃあ「イラン」だの大騒ぎしたのに
できてしまえば、歓迎ムード。

みんな、にこにこ、嬉しそう。

それでは、ご案内!





c0061686_726772.jpg


ポートライナー延線。ループ状の路線が「空港島」まで延びる。片道320円。

三宮から、神戸空港まで17分。













c0061686_7262531.jpg


向こうに見えるのが「空港島」。なかなかの景色。







c0061686_7264223.jpg


降りれば早速、豚饅屋。なんと、「豚饅福袋」。この中にぶたまんが一杯詰まっているんだろうか。










c0061686_727514.jpg


綺麗なロビー。そりゃあそうだろう。新しいんだから。

●沖縄、熊本、鹿児島、新潟、仙台、札幌。

国内6都市を結ぶ。

JAL,全日空、スカイマーク。

神戸~東京  5000円の航空券が、あるとか
ないとか。











c0061686_7272772.jpg


カメラを逆向きに掲げ、ぱしゃり。

おお、すごいにぎわい。
名古屋のセントレア空港人気にあやかっているのかなあ。











c0061686_7274961.jpg


待合室。なかなか綺麗じゃあなあ。






c0061686_7281189.jpg


滑走路を眺める。向こうは海。綺麗な滑走路。







c0061686_7283040.jpg


展望台。海が綺麗。













c0061686_7285194.jpg


逆に陸を眺める。神戸の町並みが眺められる。

左は三菱重工。




あれだけ大反対の空港。

ちょっと「視点」を変えれば・・・・・

■有事、軍事転用空港として、最高の立地。
 片肺の手負い軍用機でも着陸に失敗しても
 周りは、海。

 まさに、有事活躍空港として重要。











c0061686_7291539.jpg


土産屋の酒売り場。「神戸ワイン」と「灘酒」。

ワインは、神戸ワインのみ。神戸市肩入れ空港
いかにも。の感じ。

まあ、ええか。(神戸ワイン、おいしいと思ったことはない)














c0061686_7293831.jpg


おお南京町。なんか南京町であまりみかけないようなものばかり。でも、うまく南京町を表現しているなあ。うまいもんじゃあ。

観光ディスプレイの役目。

良く出来ている。





人気blogランキングへクリック宜しく。

いまランキング11位くらいじゃろか。声援贈って金盥。10位以内にはいたいもんじゃあ焼き。縄文世界に踏み込みランクダウン。
by tatinomi1 | 2006-02-12 07:59 | 立ち呑み名店 | Comments(4)