excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
“長浜詣で”の“角打ちM..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
クリーミーで“甘濃”な“..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
美酒探訪/新潟・・・その..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:立ち呑み名店( 1112 )

角打ちで飲む「紹興酒」イマナカの場合

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ



フランスが対テロ戦争に国家を上げて
取り組んでいる。軍隊への志願が従来の3倍に。
さきほどのニュースで、読売の辛坊さん、
フランス国家の歌詞を解釈。なんと血なまぐさい
好戦的な、歌詞。そうみれば日本の「君が代」
なんと、平和で優しく重厚な国家であることか。


■本題■

昨日、グランフロントのショウルームの見学。
そのあと、阪急でなく大阪市バスで十三へ。

このバス、久しぶり。夜行高速バス乗り場(駅北)
の乗り場の対面のバス停から発車。
210円の、ちいさな旅。大淀から、淀川を
こえて、十三駅栄町方面に停車。


c0061686_6345191.jpg



久しぶりの栄町通り、といえば「ねぎ焼きやまもと」
なんと長蛇の列。あちこち支店ができているのに
矢張り人気。都合2回ほど(昔)行ったが、並んでは
いらなかった。地元十三住民にはさほど重宝がられていない。
家族での、心地いいサービスが記憶に残る、名店。


サンポードビルの
「第七藝術劇場」も健在!




そして、鉄道唱歌をうたいながら
道を渡り、十三角打ちの2大名店へ急ぐ!


♪ いーーまは、イマナカ、いまは、じゅうそー
 鉄橋だ、鉄橋だ、とんねるだあ!




日曜休日などは、シャッターを両方開けず
右の片方だけ開ける、ここの流儀。



まずは、芋の炭酸割り、あては鯖。

■なぜか、紹興酒が欲しくなり

 燗をしてもらう


c0061686_6432246.jpg



いやあ、うまい。
通常置いているのではなく、少し高級なタイプ。
確か500ミリほどの瓶で、700円くらいの。
これが、160ミリほどで、320円は安すぎ。

c0061686_6562368.jpg



中華料理屋などで出す、一升瓶の「永昌源」
などより「安く、うまい」これぞ角打ち紹興酒。

イマナカ万歳!

「これ、お値打ちすぎやで!」
つい、いらんことを言ってしまう。悪い癖。






余りに嬉しく

「変形国東塔」

を食べる


c0061686_657021.jpg







仕上げは、ソラマメとグリーンピース
グリンコンビ、ははは。



c0061686_6573695.jpg



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-11-24 06:52 | 立ち呑み名店

無性に「富士の雪」が飲みたくなったので・・・・

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







今日はいい天気。雨月庵に変えるために
会社の休みをもらったので。今日も、月曜日も
出勤。一昨日、なぜか世界一統の不思議な酒
「富士の雪」が飲みたくなる。


そこで、ここしかない。西天満の「角打ちサロン」へ。
この日は比較的すいていた。いつも同じメンバー
超のつくほどの、会員制サロンのような店。
余り通わないので、遠慮気味に立たせてもらう。


◎なにはともあれ(浪速友あり)の「富士の雪」
 和歌山でなぜ富士か?おそらく関東系に出す
 PBブランドの酒だろう。


◎「おこのみ焼き」を所望すると
 「これ、牡蠣が入っとるで!」

レンジチンのあと

 「何もかけないほうが、いいよ!」


私も、同感だったので・・・・
「太田,道灌!」と小皿叩きチャンチキおけさ
を踊るしぜいのまま、もんどりうって
ひざを叩いたり・・・はしなかった。



c0061686_715173.jpg



輝くように濃厚な味。燗の具合もいい。
さらに、ソースのない和らかな、
お好み牡蠣入りが、脇役で酒を盛り立てる。



さても。

すいすい、入り。もう一本所望。
さて、あては。「あてのねえ、角打ち」ばかり
佐伯でしてきたので、迷う、迷う。


◎奥の客が、スバゲティサラダを鍋から
 入れてもらっている。

 「便乗」

貰って、よかった。実に旨い。
絶妙な味付け。淡く、深く、渋い。


c0061686_7194564.jpg




幻というか、存在自体が謎の
「富士の雪」になんとあう味であることか!


c0061686_723142.jpg



西天満のサロンが、雨月から帰っての
はじめて浪速酒となりましたよ。


宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-11-21 07:24 | 立ち呑み名店

さんま、サンマ、秋刀魚な日。

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






一昨日、夢で鯵の丸干しを食べている夢。
堅いが、味が濃くおいしい。特に
はらわたの部分の苦みがいい。


「ねこ」と「USJ」共通点
何かわかります?

答えは、堂々たるトップを抜いたこと。
そのトップとは「犬」「TDL」
時代は移ろう。


昨日の安倍さんとクネさん。

クネさん、慰安婦で安倍総理が靡かないので
「昼飯は喰わさんよ!」


安倍さん
「昼飯くらいで国益は損なえない!」


格が違う。






■本題■


めざしで一杯とおもったが、会社帰りに
一番近い、西天満の名店「松浦商店」へ


おや、けっこう空いている。明日が休日なのに
意外。いつも思うがここの客筋は天下一品。
裁判所の近くなので、それらの関係が多いせいか。


めざし、が見つからなかったので
鯵の刺身かと思い貰ったら


「秋刀魚のきずし」


c0061686_7181999.jpg


輝くように、うまい。
絶妙な塩梅。


c0061686_71946.jpg



煌めきの秋刀魚

魚料理はご主人の役割

ご夫婦で最大35人くらいの客を接客

注文の間違いも、勘定の間違いもない。

伝票もなく、帰りに算盤で現物勘定瞬時。

普通の店ならアルバイトの2人も雇うだろうが。



◎金盃の硝子徳利2本目に
 魚の煮つけ。鯵の煮つけ化と思えば

 「秋刀魚の煮つけ」

c0061686_7234921.jpg



見事な、味付け。感動もの。
大将に・・・・

「ほんのり酢の味、酢を入れたの?」


想わぬ返事・・・

「いいや酢は入れてない、秋刀魚きずしの
 のこり漬け汁を入れたから、いい味が出た」



お見事!




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-11-03 07:26 | 立ち呑み名店

哀愁がありすぎてもなあ?

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ









宮崎の暴走老人、こわい、こわい。
やはり認知症、しかもてんかんの持病もち。
自分がどこにいるかもわからない状態だったとか。

飲酒運転が怖かったが、それ以上に
こわい、認知症暴走老人。家族がいれば
気付くが、一人暮らしの孤独老人は
誰とも話さなければ、自分が認知症
になったことも「認知できない」
「不認知症」に陥る。怖いことです。



■本題■


先日久しぶりの新世界。動物園前角の
「成田屋」さんでJAZZ.いい感じ。
脇の道を入ったところにいい感じ。
哀愁のある、角打ちあり。

高齢のおかみさん。お客さんは一人。
なんだか、地方都市にあるスナックが
角打ちに衣替えしたような雰囲気。


c0061686_7431071.jpg



鍋用の深皿のようなのに燗酒
これは意外

アテは梅干し


c0061686_744467.jpg




ふと、ガラスケースの上をみれば
「インスタントラーメン」

この新世界あたりは、居酒屋も立ち呑み
でも、インスタントラーメンをすこし
手を加え出してくれる。

葱、白菜、卵などを載せて


平均価格:300円


ちなみにこの店:300円



c0061686_7474851.jpg




暖簾も哀愁。

「勘定は?」

「450円!」

「え、ということは、梅干し100円?」

「うち花あ、いい梅をしいれとるんでな」


なるほど、納得。


c0061686_753594.jpg



■結論:新世界では哀愁は追わないほうがいい
   すべてが哀愁なので。

by tatinomi1 | 2015-10-30 07:50 | 立ち呑み名店

「千福」が看板酒、浪速では希少。

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






きょうはいい天気。金土日と富田林
で仕事。PLの不思議で奇妙な塔を
眺めながら。

ハロウインが街をにぎわす。でも
どうも日本の風土にはしっくり
なじまない。

商業主義のそそのかした。
「節分の海苔巻きなるかじり」
に、似ている。ということは、
今後もっとはやるのだろうかな。



■本題■


天王寺駅ちかくにある、シンプル原点「角打ち」
花野酒店。この春、車で移動中に車中から
ちらり「酒」の看板をみつけ・・・・・

「きっと角打ちをやっている」

「しかも渋いいい店」


核心。仕事終わりでゆけば、見事な店。
乾きものしか提供しない、
本格角打ち。実にいいたたずまい。
常連客100パーセント。

その店に出かける。


おかきと燗酒


c0061686_712986.jpg



ガラスの容器に入ったおかき
酒と実に相性がいい。

それにしても燗酒がうまい。


c0061686_724986.jpg



お、みれば「にごり酒」
これをいただく。


あては、「えびせん」
カルビーの「かっぱえびせん」でなく
独特の「えびせん」これが

うまいのなんの。


c0061686_742935.jpg



平べったい。ふしぎな「えびせん」
なんともおいしそう。
そして、食べてもおいしい。

c0061686_753458.jpg



◎あまりに燗酒がおいしかったので
 大将に銘柄を聞けば・・・

 「千福」

呉の銘酒。しっかりした造りなので
「海軍御用達」の酒。赤道を越えても
へたらないと評判の酒。


浪速で、この酒を看板酒にしている
酒屋は希少。見事な見識。


次に飲んだ、にごりも実は「千福」


すばらしい名店である。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-10-27 07:10 | 立ち呑み名店

ヒラパー門前の「見識味わい立ち呑み」

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






先週の、金土日と、ひらぱー近くで仕事。
土曜日に、ヒラパー玄関入り口にある
立ち呑み名店に。

10年ぶりかな。なかなかの味わい名店。

c0061686_726021.jpg





酒販店と立ち呑みコーナー
その隣には、椅子ありの食堂のような
座り飲みコーナー。角打ち好きは
やはり、立って飲む。
グループでの飲酒の場合椅子席。


c0061686_733217.jpg



ここの看板酒は交野の銘酒


「片野桜」


古典的な、日本酒らしい味わい。
倒立式瞬間酒燗器がいい。よく出る証拠。


おや、冷蔵庫には、交野のこれまた
押すに押されぬ双璧、「利休梅」



かって、この利休梅。近畿の酒の中では
群を抜いて好きだった。


「すきだった」が哀しい。10ねん、いや
もっと以上前、「おや?」味が落ちた。
どうも何か流れが変わった。
それ以降、最高だった頃の味が愛おしく
この酒を飲むのをやめた。

この話、店の大将に語れば
「同感、この蔵の先行きが不安」と
おなじ、利休梅を愛する仲間。嬉しい。



c0061686_712811.jpg



隣のお客が「だし巻き」私も。隣の
椅子あり店舗のおかみさんが
都度焼いてくれる。なかなか。


先ほどの、片野桜本醸造燗でなく
片野桜、純米の冷をいただく。
見事に、だし巻と相性がいい。




c0061686_7175241.jpg



また、となりの客、おいしそうな
「三角」を。私もいただく。
そして、のどが渇きこれを。

「タカラ缶酎ハイレモン」
缶酎ハイ界の「大吟醸」
ああ、うまい。


◎ココの勘定方式は、プラスチックの
 「符丁」で最後にカウント。

 天満の、禁煙の奥田と同じ。


素晴らしい、名店。
ヒラパーの入り口ですよ。


c0061686_722013.jpg



おけいはん、枚方公園から
あるいて、数分。



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-10-20 07:22 | 立ち呑み名店

何故だろう「豊自慢」が飲みたくなる、の巻。

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ





幾分肌寒い感じ。あすは雨とのこと。
南京大虐殺がユネスコの記憶遺産に。
中国のロビー活動は見事。日本は
ユネスコの基金を大量に払いながら
虚仮にされる。外務省の体たらく。



■本題■


立ち呑み、角打ちの「看板酒」あまり
みかけない酒に出会うとうれしい。
西天満のH屋酒店の「富士の雪」まさに
不思議な酒。

そして京橋の「七津屋本店」の看板酒
「瓢太閤」はて、いまもそうかな?


そして、この「豊自慢」これは
大阪駅前第四ビル地下にある
3号店の看板酒。


家で飲んでもおいしくはないだろうが
この店で飲むとまこと、おいしい。


キューブパックの瞬間酒燗器での
燗がうまい。のなんの。


c0061686_6234154.jpg



あては、いつもは、鉄板焼き「つらみ」
でも昨日は「きも焼き」240円。お値打ち



c0061686_6161078.jpg




さて、次はなにに?どてやき?おでん?
お「サーモン」の揚げ物が。



c0061686_6175669.jpg



まあ、サーモンは薄いが、酒のアテ
にはいいか。220円は安い。



「豊自慢」なかなか哀愁味




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-10-16 06:19 | 立ち呑み名店

たかが「なんきん」されど「なんきん」

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






昨日の大相撲。郷里は大分県佐伯市
出身の嘉風が殊勲・技能の両賞を獲得。
解説者からは、敢闘賞も値すると。
うれしい一日。

そして昨日は自治会の地域一斉清掃
住んでいる地域を綺麗にするのは
いいこと。

そして、仲秋の名月




■本題■


かぼちゃの煮物「なんきん」。一番好きなのは
湊川公園のすぐ近く。吟醸立ち飲み。
それはそれは、見事に見識のある品ぞろえ。

その名品の「あて」としての「なんきん」
これがなんきん、かと疑うほどのうまさ。


c0061686_714541.jpg



煮魚などは大将がこさえるがこれは奥さんの
こさえたものだそうだ。
家庭料理の延長線での見事な味わい。
素朴な味がいい。

ここの看板酒

「山廃 福徳長」
に有った味わい。
深みある、素朴。



ところが、一方。吟醸酒場の色合いの
「公園前世界長、佐藤商店」
ここの「なんきん」はどこにもない味わい。


そのかわり、いい南瓜が手にいらないと
こさえない。マスターの弟さんの作品。

どんなマニアックな吟醸にも
するりと、味を合わせ、邪魔しない。


c0061686_7202528.jpg



口の中で「とろり」ととろける。
淡い味わいの大吟醸でも控えめに。
だが、しっかり自己主張する、逸品。



先日は、食べることかなわず。



●そして金曜日、弁当のなんきん・・・・

c0061686_7232119.jpg



あえて、コメントなし。




宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-09-28 07:24 | 立ち呑み名店

おや「焼き豆腐」いや「かんぱちあら煮」あらまあ!

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ







ヨーロッパでは、難民の受け入れがたいへんな
問題になっている。かわいそうだから受け入れ
一方、絶対に受け入れない。両者の攻防。

さきほどのニュース、ドイツで難民受け入れ
の施設を、反対派が放火した話題。

もし、日本に難民が押し寄せたら
「九条博愛主義者」がいるから安心。
自宅に住まわせて、援助をしてもらおう。


◎ココストアが、フアミリーマートに
 買収されたニュースあり

◎高知の私立高校に「自衛隊コース」
 ができるそうだ



■本題■


昨日は、遅めの「松浦酒販」へ。
「金盃」の器で飲む、「山廃 福徳長」が
飲みたくなり、いそいそ出かける。


まずは、燗酒。「福徳長」

あては、だいたい「鯖煮」か名物の
「どてやき」でも、なんだか、


「焼き豆腐煮」のような
肴があり、これに決めた。大将に

「おいしそうな焼き豆腐やなあ!」



c0061686_12194714.jpg


思わぬ返事が・・・・・

「違う、かんぱちのあら煮や」


あら、

そうだったか


確かに、よく見れば魚のよう。
どうも、豆腐ではないようである。



c0061686_12205762.jpg





こうしてみれば、魚のあらのようだが、







焼き豆腐に、どうです。
見えるでしょう。


この名店


魚を料理するのはご主人
野菜料理は奥さん

2人で、だれも雇わず切り盛り。

素敵な店である。



宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-09-08 11:55 | 立ち呑み名店

知らなかった「赤貝大粒缶」

宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ






今日は、曇りの朝。8月もいよいよ今日まで。
なんだか、今日で夏も終わりの感じがして
ならない。

一年で夏が一番好きな私。小学生のころ
植えていた朝顔の咲く数が一日一日
少なくなるのを哀しく思っていた。

いよいよ、秋が近づく。酒の世界では
「燗酒」のおいしい季節となる。わが
誕生日の9月9日から、燗酒をはじめる
故事も。




■本題■


角うち定番の缶詰。そのなかでも好まれる
のが、鯖の水煮、そして赤貝缶詰。

だいたい、私も鯖3、赤貝1くらいの
頻度で注文する。

ところが、この前の「赤松酒店」で
これまで気づいてないことに遭遇。
「目から鱗」というより、こんなことも
知らなかったのか、恥じ入る。



まずは、これをご覧ください。


c0061686_77215.jpg


なにか、やたらおいしい。
ご一緒したMさんがあることに気付く。
「これ赤貝の大粒」???

そんな、赤貝缶詰に、小粒、中粒、大粒
本当に、あるのか?

マスターに聞けば、「ある!」と。


c0061686_794440.jpg



よく見れば、確かに大きい。
そして、うまい。半端じゃないくらい、うまい。


これまで、小粒か中粒しか
食べていなかったのか、
気付かなかったのか。


缶詰に特にこだわるのは、
・横須賀中央の  酒のヒトモト
・兵庫の     原酒店

 など。限られた肴のなかでのこだわり
 こそが、名店の名店たる所以なのだろう。

だが、ここ「赤松酒店」は、こういう逸品を
一枚のPOPも貼るわけでなく、淡々と
提供する姿勢が潔い!


  検索すれば・・・

c0061686_7162134.png



あるある、大粒缶





宜しくお願いします
応援クリック

人気ブログランキングへ
by tatinomi1 | 2015-08-31 07:16 | 立ち呑み名店