excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
“長浜詣で”の“角打ちM..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
クリーミーで“甘濃”な“..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
美酒探訪/新潟・・・その..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

桜の春。九州はいよいよ桜の本番へ。



呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく









今年の桜は早い。関西でも、来週くらいには咲き始めるか。
とすれば、花見は4日、5日くらいだろうか。

九州は幾分早い。郷里佐伯のしだれ桜。
墓地の入り口の見事なしだれ桜。
どこかの墓の入り口に、2本植えたのがここまで
大きくなっている。80年以上の樹齢だろう。
個人の墓の入り口に2本植えたのがここまで
大きくなったのだ。

とにかく、美しい!


c0061686_7183321.jpg



桜を見て、酒がほしくなり、小料理「八千代」にゆくも
まだ開いていない。しょうもなしに見れば
前に新しい店が。。。。。

しょうがなしに、入れば。
スナック風情の店。

「西の関」と「おろしちりめん」でいっぺえ。
店のなかの「書き物」は意外な感じ。
オーナーが、熊本の「書き手」に頼んで
かいてもらったとのこと。

どうも、店の感じと合わない。


c0061686_7241982.jpg








c0061686_725642.jpg









c0061686_72603.jpg










c0061686_7265577.jpg












c0061686_7281215.jpg











呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)





■メールは■

tatinomi@hotmail.com
※あまり見ませんので、コメント欄が重宝です。
by tatinomi1 | 2009-03-22 07:31 | 縄文日本の心栄え | Comments(8)

熊本「なん帖」の春。桜の春。すばらしき肥後。




呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく





c0061686_844178.jpg


熊本は西銀座通りにある

「立ち呑み なん帖」

ここの、オール200円のアテ。



なんと、美しい。

このアテ。



熊本という地の


文化の高さを物語る。



凛々しくも麗しい

熊本!







呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)





■メールは■

tatinomi@hotmail.com
※あまり見ませんので、コメント欄が重宝です。
by tatinomi1 | 2009-03-20 08:07 | 縄文日本の心栄え | Comments(2)

角打ちの哀愁とは、「自問自答」でかきくけこ!



呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく















長浜角打ち学会の「みじんこさん」のブログに
実に開かれた、今風の「角打ち」記事アリ。

郷里、大分県佐伯で何十年も前に見た
いまでも、たまに、帰省し見る「角打ち」は

ひっそり、世を忍ぶように存在。


●そもそもの角打ちの北九州などの
 メッカ以外は、市民権もなく隠れるように営業。


こっそり

静かに

隠れるように





呑んでいたもの。



大阪の「立ち呑み」は天下ごめん
堂々たる、オープン性。

◎そう思えば、北九州の(博多の)角打ちは
 大阪の「立ち呑み」に似た、
 ある地域の「特殊な発展形」なのだろう。



でもやはり、古典的な

素朴な「角打ち」を大事にしたいなあ。



この前書き込んだ

下関駅近辺の「古典的角打ち」

その、あふれる哀愁をごらんいただこう。
まさに「幽玄の」香りすら漂う。
見事な店である。




c0061686_11121533.jpg











c0061686_11124157.jpg










c0061686_11131097.jpg











c0061686_11134266.jpg








◎この手の店には一人で行き静かに短時間で飲むのが基本であり
 流儀である。

 大人数で行くのは、「ひやかし」「文化の冒涜」と受け止められる。

◎最大限、2人まで。ただし、時間差で店に入り
 「会話はせず、他人同士のように」振舞うのが、重要なポイント。

 これが、一級角打ち士の条件かも・・・・。





呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)





■メールは■

tatinomi@hotmail.com
※あまり見ませんので、コメント欄が重宝です。
by tatinomi1 | 2009-03-19 11:04 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(2)

「立ち飲み」が「立ち呑み」であった、痕跡。天満は「禁煙の奥田」の場合。



呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく





先日の、天満は「禁煙の奥田」での
立ち飲み会合。6人でテーブル席。
実はこの店、2人以上では入ったことはない。

■軍隊組織のような「超ベテラン店員」の
 見事な、しかも、気持ちのいい客捌き。

酒は安い、アテは旨い。しかも何でもあり
の超優良店。

難点2つ

①煙草吸いには、禁煙で不評

②哀愁がない

でも、これは贅沢。
見事な名店。大阪らしい店。



ここは、元酒屋だったようだ。
その痕跡2つ。



2つの痕跡

①ハイボールを頼むと 

  ・たっぷりのウイスキーと

  ・別に、ウイルキンソンが1本添えられてくる


     たっぷりのウイスキーを好みの混和率で飲める

     おかわりのウイスキーでもう一杯飲める



c0061686_6302747.jpg













②コップワイン


   ・酒屋の特権、一升瓶ワインから


   ・200ミリリットルの、「酒販組合コップ」に

    山盛り注いでくれる。



c0061686_631524.jpg









呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)





■メールは■

tatinomi@hotmail.com
※あまり見ませんので、コメント欄が重宝です。
by tatinomi1 | 2009-03-18 06:24 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

■「大瓶330円」不可思議!天満の立ち飲み激戦区の魔力とは?


呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく








昨夜、東京からの「飲み手」と大阪の「呑み手」が
顔合わせ宴会。先ずは、天満駅前近くの
「禁煙の奥田」へ。

とりあえずの「瓶ビール」

わが流儀は、一人飲み基本。
もうひとつ、日本酒基本


「とりあえずのビールに、無縁」
昨日は、若手が多く。先ずはビール




◎そのうち、東京の「飲み手」が
  ええええ、大瓶が「350円?」うそ、うそ。
  東京は500円くらするよーー。




気がつかなかった。確かに、駅前の
椅子アリ居酒屋で、350円の大瓶をやすいなあ
と想ったことあり。



今日、昼休みに、天満駅前
「立ち飲み激戦区」を散歩。


■確かに安い。ビール大瓶が

330円

350円


これがこの近辺の常識。いいなあ、天満。



◎証拠写真◎


c0061686_22203735.jpg


350円







「立ち飲み激戦区」の店を順に見れば・・・
c0061686_2220589.jpg


330円











c0061686_22211956.jpg


350円










c0061686_22214246.jpg


350円









c0061686_2222129.jpg


戦線離脱か?





呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)





■メールは■

tatinomi@hotmail.com
※あまり見ませんので、コメント欄が重宝です。
by tatinomi1 | 2009-03-17 22:23 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

小倉の「立ち呑み」。鰯へしこと、西の関の味わい。


呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく









いわずもがな、小倉は「角打ち」のメッカ。
有名な「角打ち文化研究会」のエリア。

◎でも、どっこい、駅前の哀愁区画
  立ち飲みやストリップなどのひしめくエリア。
  なかなか、哀愁があっていい。

■でも、ここには、「角打ち」は一軒もない
 あるのは「立ち飲み」

 でも、看板はすべて

 「立ち呑み」表記。





博多が東京をむいているように
小倉は大阪を向いている


博多の呑み屋の焼酎は「霧島」
小倉は「二階堂」

・霧島が博多を重点的に攻めたせいか
・それとも、なんか理由ありや?




さても、ここから本題。


昨日、下関から帰り、
逆戻りで、小倉。20分の乗り換え時間。
なら、哀愁「立ち飲み」へ。

いつも行く哀愁の店へ。


◎酒は大分の「西の関

◎アテは「鰯へしこ

    ※鰯の糠漬け(魚の漬物


どうして、京都の日本海側や北陸の産の
へしこが、ここにあるか?


(解答)

北九州ご出身の「山際千津枝」先生曰く
小倉藩に「へしこ」名産の藩からみえた
藩主が広めたとのこと。
食の文化は奥深い。




c0061686_6234095.jpg


西の関とへしこ。相性よし!




c0061686_6241186.jpg


哀愁立ち飲みその1



c0061686_6243142.jpg


哀愁立ち飲みその2




呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)





■メールは■

tatinomi@hotmail.com
※あまり見ませんので、コメント欄が重宝です。
by tatinomi1 | 2009-03-16 06:24 | 路地裏の魔物 | Comments(11)

下関の角打ち

呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく












昨日は、岡山に朝入り、昼から下関。
夕方6時頃終わったので、これ幸いに
いつもの「角打ち」へ。

2件行ったが、どちらの店も
7時前に閉店するようなので、
仕事が終わっていっても間に合わない場合が多い。

■昨日は、駆け足で
 2件とも回り、味わうことができた。


●いまから、岡山で仕事、
 書き込みは、夕刻の予定です。








呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく







c0061686_828257.jpg


下関駅すぐ近く。ソープ街入り口にある





c0061686_8285180.jpg


すぐ前は、港。海の哀愁がいい。




c0061686_8292855.jpg


国宝的哀愁あり。渋い!
by tatinomi1 | 2009-03-14 07:11 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(3)

★「立ち呑み」?「角打ち」?。この店の境界こそ、勉強になる。




呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく







先日の、湊川から、三宮までの立ち呑み散歩。
某立ち飲みのあと、途中で一軒。

◎この店、何か心地よい。
 その理由が分かった。

ここは、「立ち呑み」でなく

角打ち

その理由を検証してみよう!


①アテは、「新子」

この店の特徴は、皿に移し変えず出すこと。
手間要らず、さらに皿洗いも不要。

正直

「すいません、これ、東北の産です、今高いから、すいません」
その姿勢や、よし!



哀愁

正直

素朴



これが、角打ちの3大要素
c0061686_616143.jpg







②焼酎を頼めば、

おお、いいちこ
一合 220円。

酒屋の立ち呑みですら、
90ml  350円の 東京居酒屋価格の店のあるなか・・・

その、姿勢は


立派な角打ち
c0061686_6164964.jpg







③自由な飲み方のために

  僅か220円で、

氷、水

添えられる。


・氷ばかり詰め込み、焼酎の少ない
・水のように薄い水割り


無縁
c0061686_6171737.jpg







④クリエイティブな呑み方が出来る


「あたり前田のクラッカー」を食う、手遊びに
雲丹や、新子などを乗せて食う。

これぞ、自由なる酒遊び
c0061686_6175041.jpg



※この店も、紹介してほしくないとの旨
 哀愁あるいい店は、こうなのか。


呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)





■メールは■

tatinomi@hotmail.com
※あまり見ませんので、コメント欄が重宝です。
by tatinomi1 | 2009-03-13 06:33 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(2)

■「あご天」と「新子」湊川で味わう。春の味がする。



呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく








昨日は、所用で鈴蘭台。会社は休みを貰う。
鈴蘭台まで来たので、湊川から、南京町、三宮を散策しよう。

◎先ず、湊川の「延命寺昭酒店」に馳せるが
 生憎の、休業。

そこで、江戸前の「立ち飲み」の味わいが
濃厚な「M」へ。ここは、こだわりの主人。
かなりのこだわり。
マスコミなどは大嫌い。店を紹介してほしくない
絶対的な主張あり。
「淡々と渋く常連だけで」運営したいのであろう。



さて、先ずは


c0061686_6351332.jpg


ハイリキと「あご天」

山陰松江に「あご野焼き」があり
有名である。が、かなり高い。

こちらは、聞けば

c0061686_63615.jpg


長崎産  100円





おお、黒板を見れば、

新子

あり。  

250円

c0061686_6364277.jpg




素晴らしい

春の味




つらつら観ずるに

この渋い名店

江戸前の「角打ち」風情アリ


神戸の江戸


ええど





呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)





■メールは■

tatinomi@hotmail.com
※あまり見ませんので、コメント欄が重宝です。
by tatinomi1 | 2009-03-11 06:37 | 縄文日本の心栄え | Comments(13)

■角打ちの痕跡「浪花立ち呑み」M酒店に見る。



呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく







昨年から通い始めた、M酒店。重厚な店内、渋い常連。
常連の隅っこで、遠慮がちに飲む。
昨日は遅く、8時半ころ行く。

雨と、野球で、先客2人。常連さん。
一人は、キープのダルマを静かに呑んでいる。


やがて2人とも帰る。
やっと、女将と話す。

「客筋がいいですねえ」

「そりゃあ、ふさわしくない客も来ますよ。嫌な客を受け入れれば店も傾きますよ」

「これまで何人、出入りを断ったことですか」


なるほど。「立ち飲み」や「立ち呑み」は出入り自由だが

薄利で常連のために
心を砕いている
角打ちは、
客を選ぶのだろう。



浪花立ち呑みの自慢は
オープンなところ。



でも、どっこい

「浪花角打ちのこだわり」
を観た。


気づかなかった

ここは、

至高の居酒屋の
あて
はあるが、

心は「角打ち」なのだ。
それも、品のいい浪花の。



c0061686_7274977.jpg


とろけるような、大根。
味付けも絶妙。

これだけのおでんを出す店は、「椅子アリ」でも希だろう。











c0061686_7281656.jpg


今日の、お勧めは!

「筍ですねえ」

まあ、上品で、旨いの何の!

「昆布が旨いでしょう!」

想わぬところから、弾が来た。

「うますぎ!」












c0061686_7284592.jpg


おお、酒瓶のあいだに

蕗の薹

淡々たる名店

酒は「月桂冠」「菊正宗」「日本盛り」

◎瞬間酒燗機で、旨い、見事な燗をつけてくれる。



■さて、これから本題■

たまにしか行かないが、必ず出遭う超コアな常連さん
近所の会社の経営者風情。

目ざとく、奥に隠すように措いてある
「水屋」の中から。

見たこともない

飴色に煮た薄い魚


これを所望すると

女将


やおら



をとり、で切り分け。





奥の炊事場で、割烹並の惣菜を作りながら

店には一切の調理具は置かず
コンロ、鍋は勿論、
俎板も、包丁もない。



これは、

割烹風情の

品のいい


浪速の

角打ち



このとき、見えた





呑むはげみ、書くはげみ、


、ご声援お願いします。

■下クリックを!
人気blogランキングへ

 10位復帰応援を!、クリック宜しく




■あなたは、立ち呑み派、角打ち派?
 下の投票よろしく!

 (やっと、こちらで可能になりました)





■メールは■

tatinomi@hotmail.com
※あまり見ませんので、コメント欄が重宝です。
by tatinomi1 | 2009-03-10 07:41 | 立ち呑み名店 | Comments(0)