excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
“長浜詣で”の“角打ちM..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
クリーミーで“甘濃”な“..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
美酒探訪/新潟・・・その..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 12月 ( 43 )   > この月の画像一覧

「つぶ貝」「まぐろ酒盗」。チューバさんの見立て。はじめて食べるの巻。




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく








酒飲みというもの。かなり肴を注文する「癖」がある。
特に、立ち呑みを主流とする「飲み手」はこの傾向が強い。

燗酒に「厚揚げに筋」など
毎晩同じ時間に、同じメニューを頼む酒徒もいる。
老練な「燻し銀」のような酒徒ほどこうなる。

以前、「吟醸酒オタク」の頃、
日本酒は大好きだが、ナショナルブランドの
薬缶で直燗、ポットに貯め置きコップ酒が
呑めない時期あり。

今度は、
どんなに不味い日本酒でも呑む練習。
練習の成果あり。


「味は卒業」

「味わい」の世界へ


立ち呑み人生を楽しく送るには
これしかない!


◎最近痛感。

 古典的酒飲みは


 吟醸香を嫌う

吟醸酒至上と思っていた頃、
まわりの飲み手に押し付けるから、大顰蹙。
「こんなのどこが旨い」

・味の分からぬやつめ!

など、思っていたが、自分の間違いに気づく。
その時分から、ひょっとして・・・

純米酒「ぬる燗」の時代か。

と、予想。そうなりつつあるかも。



■本題■

先日、広島の「やよ福宣伝酒場」フアンクラブメンバー、同期のチューバさん
来阪。十三でいっぺえ。2大立ち呑み名店を案内。
ここで、これまで、私の一度として、頼んだことのない
アテを注文。

ほほう、なるほど。

勉強になるなあ。

◎立ち呑みでの注文というもの
 かなりの、人間性の部分が現れ、面白い!


①呉羽中島酒店では、

  つぶ貝


②酒のイマナカでは

  まぐろ酒盗


c0061686_4112657.jpg

瀬戸内育ち、海も、山も、畑も詳しいチューバさん。
「貝のまま出るのかと思った」
「ずいぶん大きい貝だ!」



c0061686_4122226.jpg

マグロの酒盗のメニューを発見。
私は何度も通っているが、ここでは、芋のソーダ割りがメイン。
日本酒は呉羽中島でと、飲み分けているので、

これまで、「酒盗」は目にいらなかった。

※不思議なもので興味のない物は存在しても目に入らぬ

小さく切り分けてあり、塩味も薄く味も淡白
これは、今の「薄い時代」には合うだろう。
ええなあ。これ!

でも、舌が痺れるような

塩辛エグ味

のある、鹿児島物産展で売っているのがいいなあ。



c0061686_4115293.jpg

店内店舗の「トン平焼き」。哀愁あるアテにいいなあ。




c0061686_52099.jpg

そこはかとない、洗練された哀愁。
「オオバコ立ち呑み店舗哀愁大賞」でもあれば、
間違いなく優勝!





★こちらもよろしくクリックして、ご覧ください!
         立ち呑み漂流別館
by tatinomi1 | 2009-12-13 04:15 | 立ち呑み名店

巨大美人「紅生姜天」。関西立ち呑みの定番。



■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく






夕べは、広島「やよ福フアンクラブ」の
同期のチューバさん来阪。

十三に行く。そりゃあ、2大名店は、はずせない。

まずは、呉羽中島酒店」
立ち呑み道の王道

燗酒の酒販組合コップ200ミリリットル。
銘柄は「富貴
最近富に味がよくなった。
ただし、夕べのは、少し味の輝きが不足。
それでも、旨い!立ち呑みコップ酒には似合う。


アテに頼むのは、
まず・・・・


関西立ち呑みの王道、定番


紅生姜天


何たる大きさ!

何たる形のよさ!



巨大美人!










c0061686_7495544.jpg

長年通っているが、
こんな「巨大美人」に出会うのは、初めて。

味もいい。

浪速立ち呑み文化の華





c0061686_7502276.jpg

紅生姜天と「富貴」の絶妙な美しさ。







★こちらもよろしくクリックして、ご覧ください!
         立ち呑み漂流別館
by tatinomi1 | 2009-12-12 07:46 | 立ち呑み名店

●日英レンガ対決。「坂の上の雲」。海軍兵学校生徒館見学で。



先ずは、ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく









日本をどう導こうか混迷を益々深める現政府。

こんな時期に、「燃えるような国を思う心」で駆け抜けた
明治の青春を描く、NHKのドラマ。

●制作3年、放送3年、壮大なスケール。
 視聴率至上主義の民放では望むべくもない。


主役は、秋山真之、秋山好古。日露を勝利に導いた
松山の偉人。真之はバルチック艦隊を打ち破った名参謀。
東郷元帥の参謀で、伊予水軍の戦法を取り入れ勝利に導く。
好古は、日本初の騎兵を組織し、ロシア騎兵に勝つ。


■司馬遼太郎さんの「坂の家の雲」出版までは
 秋山将軍は、知られていなかった。
 何故か、東郷元帥のみ、スポットライト。

 薩長史観 これの、致すところ。


先回から、わが豊後の英傑

広瀬武夫中佐

旅順港閉塞戦で、武勲。命をかけて。
広瀬中佐は、秋山将軍と違い、有名。
この広瀬中佐、ロシア駐在武官当時
伯爵令嬢との愛など、無骨な軍人にしては
ほほえましい。

「坂の上の雲」は
秋山真之、好古、子規の三人。
真之の視線で展開する。



先回登場の、海軍兵学校。
現、海上自衛隊幹部候補生学校。
20代の頃より、10回以上行ったが。
先週も、広島駅前「やよ福宣伝酒場」の望年会にゆくついでに。

●おすすめ3軒●


宿:候補生学校すぐ前  「江ノ島荘」  朝つき5000円。哀愁ある日本旅館

飲:歩いて5分の      「安兵衛」   呉式お好み、おでん、絶品

酒:歩いて5分の      「江田島銘醸」  杜氏兼社長の姿勢がいい。

                   品格の酒。見学、購入可

                「江田島」「同期の桜」「古鷹」、焼酎「ヨーソロ」




■本題■

旧兵学校生徒館の「赤レンガ」毎回見学で説明を受ける。
英国から一枚一枚紙に包まれ送られてきた。
当時一枚が、大工の日当くらいであった。と。

鮮やかな色だが、数年前表面を磨き上げる工事が
あったはず。


◎このときの案内の方、生徒館右端に案内、横に建つ
  小さな倉庫(確か、銃器庫)のレンガ比較。
  生徒館は英国、倉庫は国産。

  明治26年の建築。英国のレンガのみ話題になるが
  明治15年には、近くの高田村、安芸津町ですでに
  レンガが生産され、国産はこのいずれかの産。


説明員さん

「英国のレンガは表面がつるつる、国産はざらつきます」

みんな、触ったが、確かに。

◎英国製が最高級品で素晴らしかったという意図であろうが、
  しかし・・・・・・

  逆に

  よくここまで国産で出来たなあ

  と、むしろ国産に感心。


説明員さんの、こういう「奥深い説明に」
感謝したい。




c0061686_6302533.jpg
明治の建築とは思えない美しさ。現役の教室。
夕刻なので、影が長い。



c0061686_5351543.jpg

右生徒館、左倉庫



c0061686_5354422.jpg

英国レンガ




c0061686_5361033.jpg

広島レンガ    ( 景色と哀愁が出ている。飲み屋ならこちらがいいかも)




見学無料。一日3回。
予約なしで、受付に申し出れば可能。







ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく





★こちらもよろしくクリックして、ご覧ください!
         立ち呑み漂流別館
by tatinomi1 | 2009-12-11 06:20 | 廣瀬中佐の心栄え

神戸「ヒルナリエ」。昼のほうが哀愁があるなあ。



先ずは、ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく








いま、神戸ルミナリエの最中。モナカではない。
震災の復興に端を発し、いまや観光にも一役。

夜は、一杯なので、昼の風情を楽しむ。
細かいヨーロッパの職人芸まで見える。

LED電球の時代に、タングステン豆球の
ローテク技術。

結局これも、郷愁の「あかり」である。


点灯の一時間ほど前だったか。元町のほうから
一方通行で捌く。もう、押すな、押すな。


でも、市庁舎のあるゴール付近は
ガラガラ。点灯のはじめが美しいが
始まった頃は、こちらからの
逆行も可能だった。
今は無理。
完璧な警備がなされている。







c0061686_2015490.jpg

並んで、点灯を待つ、人の波。


c0061686_2024315.jpg

市庁舎あたり、東遊園地から、逆向きに眺める。




c0061686_20221382.jpg

ローテク、職人芸の、精華。





c0061686_2031922.jpg

こういう、味わいの景色は、夜は見えない。



c0061686_2034716.jpg

麗しい景色。







ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく
by tatinomi1 | 2009-12-10 20:14 | 路地裏の魔物

◎店舗内店舗「イマナカ」にあります。こりゃあ、いい。



先ずは、ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく








おはようございます。
夕べは久しぶりに、天5中崎商店街で、一杯。
中崎寄り、アーケード入ってすぐ左。呑助だったか、そんな名前の居酒屋。
以前一度行き、大変いい印象。

◎落ち着きのある店舗で、接客もいい。
 アテも安く、旨い。

 注文してから作り始める、豆腐。

 などなど。安い居酒屋ながら、見事。

●なかでも、よかったのは、焼酎。
 なんと、大分の麦。

安心院蔵

大好きな焼酎だが、あまり置いていない。
この銘柄を置くのは、見識。

●300円というのも嬉しい。

   でも、60ミリ、90ミリでは物足りない。

(そこで、量を調べるために)

すいません、ストレートで。氷水を添えて!」
量を見て安心。

120ミリ以上あり

ますます、気に入る。

大瓶ビールが、椅子ありの居酒屋でも340円がざらの  天満駅前

おしゃれでユニークな店のひしめく               中崎町


この間での努力!


■本題■

小学唱歌というものがある。いいものだ。
こういう、歌がある。

いまはイマナカ次は中島、いまは焼酎飲んでるときいいイーーーー


鉄道唱歌ならぬ

立ち呑み唱歌


焼酎学校

おなじみ。




その、酒のイマナカの、入り口すぐ右に
「店舗内店舗」あり。
鉄板焼きの店。

中で注文すると、感じのいいおねえちゃんが
持ってきてくれる。

安く、旨く、

味に
哀愁がある

c0061686_5294378.jpg




c0061686_530567.jpg





c0061686_5302178.jpg





鳩山おばさん、沖縄問題をほって、
どっか飛行機で飛んでいった!




ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく
by tatinomi1 | 2009-12-10 05:31 | 立ち呑み名店

韓国海苔と「うに」の粋な出会い。「海」の近い角打ちで。




先ずは、ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく







小学唱歌というものがある。
郷愁があり、なんとはなしに「ほろり」となる。

昨日、おとといと、
ポートタワー近くの「角打ち」。なかなかの名店。
大阪にも少ない、独特の店。

◎昨日は、大分は日田の、日田天領水仕込みの
 「麦」を飲む。減圧、常圧混和。
 珍しいタイプ。

 おお、がツン系のくせと
 優しい常圧の味の中間。



木挽きを飲もうと、ソーダを頼んであったが

半分:ストレート

半分:湯割り
で、いただく。

残ったソーダは、ブラックニッカで

「ハイボール」

にした。



■本題■

韓国海苔、これに「うにくらげ」を乗せると
なかなか旨い。日本酒、焼酎、ウイスキー
なんでも会う。

味付け海苔、に「うに」は
特に、日本酒があう。

c0061686_6444527.jpg





c0061686_6453235.jpg


巻頭の「唱歌」の続き。「うにはひろいな、おおきいな」の歌あり。
 「海」と「うに」の出会い。海の近くの角打ちで両者が出会い。
 「海苔」と「うに」が出会う。まさにノリのいい、噺



先ずは、ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく
by tatinomi1 | 2009-12-09 06:45 | 立ち呑み名店

■注文メニューに「マスターのアドバイス」。そうだ、そのとおり!





先ずは、ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく





昨日は、夕方。ポートタワーの見える通りにある。
神戸の「角打ち」。どうみても、角打ち。

日向木挽きの「黄麹」。
ウイスキー、「ニッカブラック」
紹興酒



韓国のリ、クラッカー、鰯缶詰


◎その後は、久しぶりに南京街の
 
  赤松酒店

いま通っている神戸立ち呑みでは
一番長い。20年になろうか。


ここで、

「ワイン」

「アスパラ」


を注文。


マスター

「赤、白?」

私、

「赤」

マスター、

「白でなくていいの?」


◎そうだ。忘れていた。あの、
  白ワイン、アスパラ、マヨネーズ、


   白の美学

ああ、旨い。黄金発注!
うっかりしていたのを

マスターに修正していただく。

・店側の有利な誘導でなく
 客の側にたってのアドバイス。

感謝、感激。

マスター、ありがとう、ございます。



c0061686_7534133.jpg




c0061686_7543413.jpg






ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく
by tatinomi1 | 2009-12-08 07:37 | 立ち呑み名店

●割烹?「やよ福」、入魂の一品。はぜのから揚げの味は?



先ずは、ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく








先日の、広島駅前、ナショナルパチンコ裏の

「やよ福宣伝酒場」

昼間の忘年会。魔法の腕を持つ
ママさんの宴会弁当に舌鼓。
おでんも、見事に煮えている。


■始まって、しばらくして、同期のチューバさん。
 釣り竿とクーラーボックス。
 
 参加者全員に、はぜ料理を振舞おうと
 悪戦苦闘の結果、釣果は、

 小さいの一匹

  全員に分けるには、ちいと、少ない
  でも、せっかく、と。チューバさん、カウンターの中に。
  見事な包丁捌きで、小さな「はぜ」を
  捌き始める。

  ママさんとの、連携で、おお、おお、、おお。

  はぜのから揚げ  完成!


    ●ここ、やよ福のルーツを聞けば、戦後はじめた商売。
     長い歴史がある。3代前が開業。はじめは、2階に宴会場もあり
     仲居さんを3人も雇う店。駅前でたいそう繁盛したそうだ。
     お隣の、喫茶「パール」も、当時では最先端のオオバコ喫茶
     だったのだろう。喫茶、割烹。並んだ名店は今も最高!

     その、3代目ののママさんと、同期のチューバさんの
     力作。みごとな、出来栄え!

     旨かった!




c0061686_6112436.jpg

お、はぜの刺身!
手馴れたもの。



c0061686_6114874.jpg

包丁捌きも、悦に入る




c0061686_6121312.jpg

完成、入魂の、逸品!

旨い





、ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく
by tatinomi1 | 2009-12-07 06:30 | 廣島駅前の哀愁区画

◎やよ福「昼酒望年会」。名店の見事な宴会弁当!!!




先ずは、ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく





昨日参加した、広島駅前居酒屋名店

やよ福宣伝酒場

の望年会。広島ブログ参加のKORIKORIさん主催。
14時から17時までの昼酒望年会である。
KORIさんの仲間の素敵な会合。
女性も約半数以上。和服の麗人も参加。
みごとな奥の深い会合である。

◎お隣の、レトロカフエ「喫茶パール」のご主人も
 ゲスト参加。今のママさんの、先代の、さらに、
 先代からの、歴史的重鎮ファン。

 「やよ福」の歴史を知る会合になった。

 ・メンバー紹介
 ・プレゼントじゃんけん交換。
 ・もろもろ

3時間の昼酒は夢の要に過ぎる。
まあ、いい感じだ。


■同期のチューバさん、はぜ釣りに行っての参加。
 なんと、はぜ一匹。でも、自分で、捌いて
 ママさん、揚げてくれた。

 旨い!

 この模様は、また。








c0061686_8441354.jpg

独特の、たたづまい。


c0061686_8444915.jpg

便所から、遠望。


c0061686_8453638.jpg

●呉の銘酒「やよ福」。


c0061686_8461681.jpg

ビンテージ「ラッキョウ」


c0061686_846444.jpg

見事としか言いようの無い、名店の「宴会弁当」


c0061686_8472174.jpg

おお、すごい。


c0061686_985294.jpg

感動の、旨さ!






先ずは、ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく
by tatinomi1 | 2009-12-06 08:49 | 廣島駅前の哀愁区画

◎やよ福の昼定食。旨いなあ!




先ずは、ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく







本日広島駅前にある、居酒屋名店「やよ福」。
ここで本日、望年会。
昼の14時から、17時。面白い昼の宴会。
広島ブログのKORIKORIさん中心の会合。



c0061686_8552360.jpg



◎昨日、朝7時45分発、12時前着。
 やよ福で昼飯。
 昼の定食600円。じつにこれが旨い。

 ママさんの腕が冴える。


c0061686_856098.jpg




◎そのあと、江田島に渡り、見学をすませ
 江田島の名店「安兵衛」に。

 おでん、呉式のお好み焼き。
 砂らしい味。

 ●遊星ギアのカズさんが、なんと
  呉からおでまし。

  奥の深いお話を伺う。


◎お送りした後、若い幹部候補生学校の
 元気あふれる生徒さんたちと呑んだ。
 すばらしく愉快であった。




c0061686_99054.jpg
c0061686_994747.jpg





先ずは、ポチッとお願いします




■下クリックを!
人気blogランキングへ

 、クリック宜しく
by tatinomi1 | 2009-12-05 09:09 | 廣島駅前の哀愁区画