excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
“長浜詣で”の“角打ちM..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
クリーミーで“甘濃”な“..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
美酒探訪/新潟・・・その..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧

■夕べは画廊骨董街の「立ち呑み」



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ





暑い日が続いています。今日は休みで昼酒。
チュウハイを飲んだ後、「ハイボールへ移行中。

◎夕べは、老松町にある立ち呑みに。
 30代の頃、近くに広告プロダクションがあり
 帰りに時々、寄った酒屋さん。

◎当時は、缶詰とかごく簡単なアテの店だったが
 なかなかの味わいある素敵な店。
 土地柄、客筋のきわめていい店。
 こんな上品な立ち呑みもあるんだあ!
 と感動した記憶。


◎先日、数十年ぶりに行くが、お母さんから
 娘さんにかわり、店は随分おしゃれになり
 客筋も若返った感はあるものの、いい風情温存。


c0061686_13541765.jpg







c0061686_1355628.jpg





◎若者居酒屋のセンス、

  
椅子アリ立ち呑み


大阪にもあり。である。
しかもおしゃれな。


■本題■

まずは

美味セット(うまいセット)

シンプルでワンパターンだが
「輝くように」旨い。
c0061686_13554934.jpg





酒は、

「だっさい」

「磯自慢」

を呑む。


c0061686_14443112.jpg


濃い「ハイボール」

のあと、

「小鼓」「貴千寿」の300ミリリトル

最後

「貴千寿」4合瓶を飲む。



◎店にある酒は、上乗せ料金で
  のめるシステムがいい。
  地域に合った名店である。







応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



■お知らせ■

c0061686_8152614.jpg



読んで酔う本「立ち呑みの流儀」



呑んで酔う酒「立ち呑みの流儀」


明日香の地霊の蔵

脇本酒造で発売中!<>



残りわずか



国酒の将来のために、コメント
応援書き込み是非よろしく。
社長に成り代りお願いします!


素朴で珠玉のブログ

申し込みも以下へ

以下クリックを、

日本で一番小さな蔵の酒造り




★別館も御贔屓に★

 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)


  更新:
「ネット上のエロ書き込みは
「猥褻物陳列罪」が
適用できるか?」


     更新

   こちらもコメント宜しく!
                
by tatinomi1 | 2010-07-23 13:56 | 立ち呑み名店

■正気の沙汰か、冗談か?



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ






昨日は、M労組の本社支部OB会。よう喰うて
よう呑んだ。京橋のエエ店。エエ会合。
小鳩さん時代の、H官房長官の同級もおり
話題になる。話題の核心、評価は「太子橋」

巨大な「金目鯛」ええ宴会!
お世話担った方の定年退職の会合。

帰りに

ちょいと、岡室酒店!
いつ行っても最高!!!!



■本題■

この製品、買ったものの
「本気、冗談」どちらのものか
いまだ特定できず。
少なくとも、実用性は無い。
かといって・・・・・・・




そんなバナナ





c0061686_737596.jpg
c0061686_7373766.jpg
c0061686_738117.jpg
c0061686_7384395.jpg








応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



■お知らせ■

c0061686_8152614.jpg



読んで酔う本「立ち呑みの流儀」



呑んで酔う酒「立ち呑みの流儀」


明日香の地霊の蔵

脇本酒造で発売中!<>



残りわずか



国酒の将来のために、コメント
応援書き込み是非よろしく。
社長に成り代りお願いします!


素朴で珠玉のブログ

申し込みも以下へ

以下クリックを、

日本で一番小さな蔵の酒造り




★別館も御贔屓に★

 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)


  更新:「裏六甲農村風景

     更新

   こちらもコメント宜しく!
                
by tatinomi1 | 2010-07-22 07:40 | 路地裏の魔物

■公園前世界長ちかくのびっくりラーメンで「カレーラーメン」



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ






夕べは久し振りに椅子アリ。家のものと大丸近くの
豆腐料理「梅の花」にゆく。何度か行ったことがあるが
落ち着けるいい店。でも客が少ないのか、そのせいか
サービスが手薄になり、粗くなっている。まあ外食産業も
大変なのだろう。でも若い男性店員さん大変好感。
一生懸命、覚えたばかりの「豆腐の薀蓄」を語る。
こういう業界の「流行、すたり」は早い。
がんばれ「梅の花の若者」


c0061686_6342988.jpg

湯葉や、豆腐のいろんな料理が次々出るが
一番気に入った「溶岩焼き」豆腐。

名前の変わった「酒」
味は、「太子橋」



c0061686_6352921.jpg

その場で新鮮な豆腐を作ってくれる。
IHクッキングヒーターを使っている。
いい塩梅。




c0061686_636887.jpg

餡かけ豆腐にして食べる。

「和風餡」

「具沢山の中華餡」

あり。面白い!


■本題■

湊川公園、「公園前世界長」の道を挟んで
反対側にある「びっくりラーメン」180円のやすさが魅力。
今は、この180円のはない。経営者が変わったのか?

◎180円の頃、駅前饂飩よりやすいラーメンを楽しんでいた。
  味が薄いので、餃子のたれ、ラー油をたっぷり掛け
  「味の置き換え」を楽しんだもの。


◎でも今は、「醤油」「味噌」「カレー」の選べる3種
  どれも290円。


カレーが安い



ざる蕎麦が、かけそばに比べ一気に高くなるのと同じ
「カレーラーメン」も、一気に高くなる。
醤油ラーメンが290円なら、やすくても
350円はするだろう。

c0061686_6365455.jpg


「薄め」のカレー。通常は「とろみ」をつけるが
とろみなし。こりゃあいい。

要は、普通のラーメンに
「カレー粉」を振ったようなもの。

こりゃ、えっさっさ。
でなく、もとい。

こりゃあ、ええ。





c0061686_6372747.jpg

澄まし汁のように薄い
カレースープ。

安価で、作るのも楽で、客もうれしい。

ええ、これ!




c0061686_638158.jpg


節約のため、エアコンも回さず
自然の風というのも好感。

窓から、湊川公園。

エエ店!








応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



■お知らせ■

c0061686_8152614.jpg



読んで酔う本「立ち呑みの流儀」



呑んで酔う酒「立ち呑みの流儀」


明日香の地霊の蔵

脇本酒造で発売中!<>



残りわずか



国酒の将来のために、コメント
応援書き込み是非よろしく。
社長に成り代りお願いします!


素朴で珠玉のブログ

申し込みも以下へ

以下クリックを、

日本で一番小さな蔵の酒造り




★別館も御贔屓に★

 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)


  更新:「裏六甲農村風景

     更新

   こちらもコメント宜しく!
                
by tatinomi1 | 2010-07-21 06:53 | 路地裏の魔物

◎公園前にて「喜納屋」と「松の司」。落ち着きのある旨さ。



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ







この日は、「山田酒販」で、赤木挽き、こだわり焼酎2種(古式蒸留含む)
圧巻の「木桶仕込み・春鹿」を呑んだ跡、公園前世界長へ向かう。
何度かトライアルしたが、お休みと閉店間際で、なかなか客になれなかった。

この日は、白昼の比較的早い時間。すでに店は満員状態。
いつもここでいただく、郷里大分県佐伯市の百年焼酎蔵

小野富酒造の 「無敵」

を所望すれど、あいにく切れている。
そこで、わが先祖の地、大分県国東市安岐町の焼酎蔵

南酒造の  「とっぱい」

を所望するも、あいにく切れている
そこで、

南酒造の  「喜納屋」

をいただく。

c0061686_6533235.jpg


この焼酎は見事の一言に尽きる。
「優雅なガツン系」酎州大分さんの了解をいただかないといけないが
私はそう思う。

◎大分市の日本一の「角打ち」

 御手洗酒店

 長浜角打ち学会  溝口会長の愛飲焼酎




c0061686_6541257.jpg


絶品の「なんきん」がなかったので

「がんもどき」をいただく。

こちらも、文句なしの絶品である!



c0061686_6544698.jpg


さて、日本酒を呑みたくなり、
先ほど呑んだ、絶品「木桶・春鹿」のあとだけに
個性的な酒がいい。

選んだのは

「松の司」







c0061686_6552413.jpg


コクのある深みと、キレのよさ。
酒品が極めていいなあ。


◎こだわりの「山田錦」

◎自社保存株金沢酵母

◎酸度  1,6ml



酸度を ml 表示していたのには
初めて出会う。これまで、これが正式の表示法とは
知らなかった。

■リンゴ酸、コハク酸など、の酸を
 苛性ソーダだったか、どれほどの混和で中和できるかで
 計測するらしい。 10mlの酒を何mlの
 アルカリで中和できるかの、絶対値表示ということになる。
 これまで知らなかったのが、恥ずかしい!

c0061686_656483.jpg


◎こだわりの「山田錦」

◎自社株金沢

◎酸度  1,6ml






c0061686_6563619.jpg





シンプルな奴は

酒の友!









応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



■お知らせ■

c0061686_8152614.jpg



読んで酔う本「立ち呑みの流儀」



呑んで酔う酒「立ち呑みの流儀」


明日香の地霊の蔵

脇本酒造で発売中!<>



残りわずか



国酒の将来のために、コメント
応援書き込み是非よろしく。
社長に成り代りお願いします!


素朴で珠玉のブログ

申し込みも以下へ

以下クリックを、

日本で一番小さな蔵の酒造り




★別館も御贔屓に★

 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)


  更新:「裏六甲農村風景

     更新

   こちらもコメント宜しく!
                
by tatinomi1 | 2010-07-20 06:56 | 立ち呑み名店

■センスのいい「角打ち」の酒紹介メニュー



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ




先日の「山田酒販」の余韻。店に貼っているポスター
店の味わいが感じられる。ここ「山田酒販」は
酒の揃えがマニアックであり、ポスターはセンスがいい。

店員さんが書くらしい。見事なセンスである。

「力強く、自信に満ち、おいしそう」

普通、九州などの「素朴」角打ち
ではお目にかかれない味わいである。



■作品の数々■



c0061686_5181330.jpg



c0061686_5184255.jpg



c0061686_519521.jpg



c0061686_5193182.jpg



c0061686_5195762.jpg

角打ちのアテ。シンプルでいいなあ。
トコロテン、平天もおいしかったなあ。

■はじめに呑んだ「赤木挽き」も
 旨かったなあ。




c0061686_5202563.jpg

パックの輪ゴムが、いやな形になった。




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



■お知らせ■

c0061686_8152614.jpg



読んで酔う本「立ち呑みの流儀」



呑んで酔う酒「立ち呑みの流儀」


明日香の地霊の蔵

脇本酒造で発売中!<>



残りわずか



国酒の将来のために、コメント
応援書き込み是非よろしく。
社長に成り代りお願いします!


素朴で珠玉のブログ

申し込みも以下へ

以下クリックを、

日本で一番小さな蔵の酒造り




★別館も御贔屓に★

 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)


  更新:「裏六甲農村風景

     更新

   こちらもコメント宜しく!
                
by tatinomi1 | 2010-07-19 05:20 | 角打ち名店厳選珠玉

■ご神酒「春鹿」の木桶仕込みを神戸の角打ちで堪能。社長、お見事!



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ






尊敬と愛着の、神戸にある「角打ち」。数少ないなかで
ここ「山田酒販」は、いかにも神戸らしい「角打ち」

以前、写真酒さん、慕撫さんと
「立ち呑みと角打ちの境界」検証を
ここでと提案したが、「おおみや」「平岡さん」
の魔力にかまけ、たどりつかず。


◎この店がいいのは、

 「本来の酒好き」  ワンコイン立ち呑みも可能な安価世界

 「通の酒世界 」  社長は並外れた知識でマニアックな

             酒を紹介、高価な酒も



つまり、「千べろ」と「吟醸酒場」が混在している展開
まさに珍しい、素敵店舗である。


大体、吟醸酒場系の飲み屋には近づかない
程度の悪い薀蓄を聞きながら
「馬鹿高」の酒を飲むのは趣味に合わない。



昨日、ここで、出会ったのは
清酒部門では


歴史と伝統の銘酒中の銘酒

春鹿

木桶仕込




c0061686_20365952.jpg

奈良の春日大社のご神酒
「春鹿」。天下の王道酒。
地霊の酒の極み。

どこの馬の骨ともしれん
一世風靡の「馬子にも衣装酒」にない
独特の安定感と安らぎあり。



輝くような煌き


c0061686_20373883.jpg

本来の「国酒」とはこうだの
姿勢を示す、ぶれない「味の芯」あり。

迷走し日本を破壊に導く
民主の「菅さん」、コレを飲んで国体の何たるか学ぶべき
というほど「一本筋の通った」酒である。


暗躍する「清酒ブローカー」のプロディユース酒
の「品格亡き薄味」に対峙できる。

涙の出るほど旨い。
感動の逸品。

◎社長に味の感想をいえば
  「不味い」と言うかと思ったと。
  はにかみ社長、人間性がいい。実にいい。
  こういう社長だから、いい酒が「向こうから寄って来る」のでは。



c0061686_2040562.jpg

美しくも「凛々しい」ラベル。
天下の銘酒にふさわしい。


◎木桶仕込み、そんなの時代への逆行、暴挙
  といわれていたが「ふくらみのある」
  本来の日本酒の「魂」を伝える味わいこそすれ。
  「樽酒」と混同し、なにか、樽酒臭がつくと思うのは間違い。
  
  古来の「国酒」の芳しさこそあれ。


■社長、あと「7杯」とポスターに書くも
  実際には、あと「3杯」だった。

※社長にこの酒のことブログに書き込んでいいかと聞けば
 もう手に入らないかも知れないのでその点
 よろしくとの、ご忠告!




「国酒」のあとは焼酎。
いいことに、「スタッフお進め焼酎」の張り紙発見。

こりゃあ、旨そう。


はじめに呑んだ「赤木挽き」が
150ミリリットル、200円くらいだが

この焼酎、ちいと高価。

90ミリ  500円強

90ミリ  300円強

まあ、見識社長の選んだ焼酎、
旨くないはずは無い。

セットでお値打ちを頼む。


またも感動。旨い!


c0061686_20381972.jpg

左が「兜釜式古式蒸留」右が「常圧蒸留」

微妙に輝きが違う。

古式蒸留の「深い味わい」は秀逸である。
こちらが断然旨い!確かに旨すぎ。


旨すぎ注意報発令中!







c0061686_20385110.jpg


いかにも、見識蔵がにじむ
ラベル。

美しい味、美しいラベル。







たこ焼、

50円



安すぎ!!!!

心ときめく名店の
いい味わいのいい酒。
客筋がいかにもいい。
「酒好き」の集う名店である!




◎ああ、しんど。
  あとは、明日!




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



■お知らせ■

c0061686_8152614.jpg



読んで酔う本「立ち呑みの流儀」



呑んで酔う酒「立ち呑みの流儀」


明日香の地霊の蔵

脇本酒造で発売中!<>



残りわずか



国酒の将来のために、コメント
応援書き込み是非よろしく。
社長に成り代りお願いします!


素朴で珠玉のブログ

申し込みも以下へ

以下クリックを、

日本で一番小さな蔵の酒造り




★別館も御贔屓に★

 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)


  更新:「缶詰、明太

     更新

   こちらもコメント宜しく!
                
by tatinomi1 | 2010-07-18 20:30 | 角打ち名店厳選珠玉

◎神戸プラージュのあと「山田酒販」あと「公園前」暑く旨い!


応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ






中突堤のとなりに、神戸新港が出来たというので
いそいそ出かける。オープニングに
「海上自衛隊呉音楽隊」の演奏会があるので
コレ幸いに出かける。

先日、陸海空3軍の合同演奏会があり出向いたが
こちらは「海上自衛隊東京音楽隊」
こちらははじめてであったが、呉音楽隊は
江田島で2回、神戸で2回、昨日で5回目ということになる。

◎三宮から暑い中歩く。11時15分くらいに着く
 おや、まだ始まってない。電源トラブルらしい。
 ありがたいことに、待ってもらったようなもの。



c0061686_5511436.jpg

埠頭に「バス停」まで出来ている。
人口砂浜というが、海浜ではなく、
埠頭の上に砂を敷いているだけ。
「ビーチバレー」か「尼さんバレー」
でもするのか。




c0061686_5513920.jpg

テント張りの、広く立派なステージ。





c0061686_5521585.jpg

堂々の演奏。
でも、炎天下で暑いのなんの。




c0061686_5524370.jpg


先日の自衛隊3軍合同演奏会はクラシック形式であったが
こちらは、「ルパン三世」「ドラえもん」「松田聖子」「ラテン」
ありの、楽しい演奏会。子供達も大喜び。




c0061686_553887.jpg


目立つのは女性隊員。
若く清楚で凛々しい。さらに
サービス精神旺盛、常に笑顔を振りまく。

旧軍には女性隊員はいなかったわけで
ずいぶん華やかになったものだ。

■「凡将 山本五十六」を書いた生出寿という方の
 小説の中で、大和ホテルともいわれる中で
 敗戦色の濃くなるなかでも「料理」「音楽」は温存。
 陸軍の将軍が大和を訪れビックりする話。
 「陸軍では泥水をすすり草の根を噛んでいるのに
 大和はフルコースに音楽の演奏つきか」と
 だが戦局がいかに厳しくなろうとも「料理」「音楽」
 の本分を全うするのも軍人。

 長岡出身の方に山本元帥凡将論を
 畳み掛けたところ、涙目で
 「郷里の英雄を悪くいうことだけは止めてほしい」
 あまりの迫力に。以降、悪く言うのを止めた。

■女性隊員が多いが、いま「練習艦隊世界一周」
 に呉音楽隊が出かけているのでそのせいもあるのか。
 男性隊員は笑顔が少ないなあ。


アンコールでの定番

行進曲「軍艦」

みんなやんやの喝采。
演奏会場で聞くより、船の見えるところで聞けば
感動ひとしお。

やはり、護衛艦が視野にいるなかで
この曲は命のほとばしりが。


呉音楽隊の

行進曲「軍艦」

最高である!






c0061686_5533586.jpg

演奏途中、10万トンクラスとも思える
大型客船が、すべるように出航。

おおきい!





c0061686_554014.jpg


ハーレーイベント。晴れだからいいだろう。
「神戸かくうち」の松尾社長が見に来ているのだろう。





c0061686_554233.jpg


優美な「海王丸」
見学も出来るようだ。




   いざ、山田酒販、公園前世界長へ

   まいるど、7。






応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



■お知らせ■

c0061686_8152614.jpg



読んで酔う本「立ち呑みの流儀」



呑んで酔う酒「立ち呑みの流儀」


明日香の地霊の蔵

脇本酒造で発売中!<>



残りわずか



国酒の将来のために、コメント
応援書き込み是非よろしく。
社長に成り代りお願いします!


素朴で珠玉のブログ

申し込みも以下へ

以下クリックを、

日本で一番小さな蔵の酒造り




★別館も御贔屓に★

 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)


  更新:「味のマルタイ棒ラーメン」

     更新

   こちらもコメント宜しく!
                
by tatinomi1 | 2010-07-18 05:54 | 縄文日本の心栄え

駅前蕎麦で缶ビール



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ







もともと、昼飯屋に寄る習慣が無い。
そんななかよく利用するのが、「駅そばうどん」
「駅のそばにある饂飩屋」ともとれるが、・・・


「駅蕎麦饂飩」


ともとれ、面白い。
そんなこんなで、このまえの駅そばうどん
での

蕎麦、麦酒。

c0061686_7393345.jpg


◎本当はざる蕎麦がいいのだが
  同じ蕎麦を使いながら

  かけそば    220円

  ざる蕎麦    350円


この差はなんなのだろう。
手間の差と思っていたが、昨日「農家食堂」の
ママさんに聞けば。

「手間と、水道代」

思わぬ視点、水道代!

◎ちなみに「農家食堂」

  具饂飩       100円

  冷やしうどん   100円

  ざる蕎麦      200円

  たこ焼       100円

◎東京の駅そばの蕎麦屋では
  「かけ」「ざる」の蕎麦を使い分ける店も多い。
  関西は「饂飩文化」関東は「蕎麦文化」

  関西の「不味い」駅そばの蕎麦も味なもの。




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



■お知らせ■

c0061686_8152614.jpg



読んで酔う本「立ち呑みの流儀」



呑んで酔う酒「立ち呑みの流儀」


明日香の地霊の蔵

脇本酒造で発売中!<>



残りわずか



国酒の将来のために、コメント
応援書き込み是非よろしく。
社長に成り代りお願いします!


素朴で珠玉のブログ

申し込みも以下へ

以下クリックを、

日本で一番小さな蔵の酒造り




★別館も御贔屓に★

 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)


  更新:「味のマルタイ棒ラーメン」

     更新

   こちらもコメント宜しく!
                
by tatinomi1 | 2010-07-17 07:46 | 路地裏の魔物

◎「梅焼き」「大根」2つのおでんを小皿に盛る「松浦商店」の技とは?




応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ







先日、会社の近くにある小学校。
終業式だったのだろう。自分の背くらいある
宿題の「朝顔栽培」の支柱つきの
おおきな鉢をかかえ、よたよたしながら
持ち帰る一年生らしき男児に合う。
10歩くらい歩いては、鉢を地面に置き
しばし休み、また、よたよた。
「朝顔栽培」より、持久力鍛錬に役立つ。




以前から気になっていた、「三角揚げ」「四角揚げ」の謎。
関西は「三角揚げ」の理由があらかたわかる。

そのとき、さんざん考えた「立ち呑みの小皿」

■立ち呑みは「小皿」を常用。

  ・狭いカウンターに、たくさんの惣菜を並べたい
  ・皿の保管、洗浄などが楽
  ・小さな皿に大きく盛る意気込みを示せる

  ◎居酒屋は大きな皿に小さく盛る
  ◎立ち呑みは小さな皿に大きく盛る



■本題■

浪速立ち呑み、王道正統である「松浦商店」
盛り方の勉強と、「三角揚げ」の謎に迫る意味で、

もっとも、盛りにくい






の組み合わせ、「梅焼き」と「大根」
を頼む。


c0061686_7285937.jpg


こう来たか。流石である。

平面に、丸、丸、と置けば
美的にもいただけない。

※でも「民主党」のようで気持ちが悪いが。



c0061686_7312311.jpg


この並べ方は絶妙。

「大根」の上に「梅焼き」が正しい。
天満宮におはす「道真公」
大根ごときの下には置かれまいぞ。

流石は歴史と伝統の「松浦商店」
「道真公」を大切にする。




c0061686_7315574.jpg


鱧で余った「梅肉」をあわせ


梅あわせ


名店の「夏の味」を
自ら創造する愉快!





応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



■お知らせ■

c0061686_8152614.jpg



読んで酔う本「立ち呑みの流儀」



呑んで酔う酒「立ち呑みの流儀」


明日香の地霊の蔵

脇本酒造で発売中!<>



残りわずか



国酒の将来のために、コメント
応援書き込み是非よろしく。
社長に成り代りお願いします!


素朴で珠玉のブログ

申し込みも以下へ

以下クリックを、

日本で一番小さな蔵の酒造り




★別館も御贔屓に★

 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)


  更新:「味のマルタイ棒ラーメン」

     更新

   こちらもコメント宜しく!
                
by tatinomi1 | 2010-07-16 07:37 | 立ち呑み名店

浪速立ち呑みの重鎮「松浦商店」天神祭り前の輝きはどうだ。



応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ






大阪のおばちゃん、で代用される「えげつない大阪」
でもこれはとんでもない偏見。浪速はそんなもんじゃあない。
浪速商人はけちといわれるが、これも偏見。
本当にけちなのは「近江商人」と「吉備商人」と
浪速人は言う。その証拠に、浪速商人は
ある面金離れがいい。「タニマチ」はその例。


■まあ、そのあたりは、九州人の私が言っても
 迫力も、説得力も無いので、止めます。


◎浪速立ち呑みで、一番浪速らしいのがこの

 「松浦商店」

先代の大将と若夫婦が営む家業の大型店舗。
細長い店舗に、カウンターが2本。カウンターに
挟まれた空間に店の方、両カウンターの
外側に客。


客は、トイレやアテを頼むのに、この
店の空間である、カウンターで挟まれた
空間を、自由に通行できる。


◎客筋もよく、このあたりのオフイスの
  サラリーマン御用達。
  決して料金は安くは無いが、独特の「浪速風情」と
  居酒屋とは明確に一線を画する

  「浪速立ち呑み料理」

  
を味わうことが出来る。



この店に漂うのは、伝統ある
「浪速商家」の品のよさ



天神祭りには、毎年
店を閉め、祭りを楽しむ。
祭りに乗じ儲けようの気は
さらさらない。


この店の売りは

「金盃」

「どて焼き」


金盃は残念ながら、もうここでは呑めない。
かわりに探し当てた「福徳長・山廃」。
このほうがいまの金盃よりよほど旨い。
でも、愛着があるのか、先代の大将は
いまだ、冬場には

「金盃」を誇らしく背中に染めこんだ
法被を羽織る。


■本題■

正統「浪速立ち呑み料理」の
一端をご覧下さい。


c0061686_22114256.jpg

カウンターの中間は、店と客の
混在空間。なんともユニーク。
かなり以前にビルに立て替えたが、

すぐに哀愁が出た





c0061686_22121845.jpg

ここのどて焼き。

伝統の「立ち呑みどて焼き」では
トップクラス間違いなし。
味では新世界の「てんぐ」に叶わないが
味わいでは一歩先んじるなあ。






c0061686_22131322.jpg

おでんも

「浪速立ち呑みおでん」の
伝統の味。
特に、天満宮にちなんだ


「梅焼き」

が絶品





c0061686_22134635.jpg


浪速立ち呑みでは

「鱧は







c0061686_22141826.jpg

しっとり「ポテサラ」







c0061686_221517.jpg


絶品


「冬瓜煮」







c0061686_22153914.jpg


松浦名物


「なんば」







c0061686_2216833.jpg

驚くほど厚い!


「松浦じゃこてん」








c0061686_22164744.jpg


見よ!

この厚み。

かって、渥美清さんが
浪速ロケの最中に、松浦商店に
立ち寄ろうとした形跡は
伺っては、いない。






c0061686_22171221.jpg


ししとう、ポン酢


以上終わり






応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ



■お知らせ■

c0061686_8152614.jpg



読んで酔う本「立ち呑みの流儀」



呑んで酔う酒「立ち呑みの流儀」


明日香の地霊の蔵

脇本酒造で発売中!<>



残りわずか



国酒の将来のために、コメント
応援書き込み是非よろしく。
社長に成り代りお願いします!


素朴で珠玉のブログ

申し込みも以下へ

以下クリックを、

日本で一番小さな蔵の酒造り




★別館も御贔屓に★

 立ち呑み漂流別館(国酒の将来を憂うる)


  更新:「400円の桃源郷」

     更新

   こちらもコメント宜しく!
                
by tatinomi1 | 2010-07-15 22:17 | 立ち呑み名店