excitemusic

「立ち呑みの流儀」発売中★「酔ってらっしゃい、魅てらっしゃい」、浪速の立ち呑み研究家の、漂流エッセイ。汚れた画面の背後にある、「コップの美学」をお楽しみください。
by tatinomi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
コップ情報
●人気ランキング、クリックしてご覧ください。

人気blogランキングへ

■クリック■

右近橘」日本一小さな蔵の酒造り

我が国東に通底する
風土の深み。
飛鳥は心、風。






◎産まれる前から飲んでいる
 我が「地霊の酒」の
 音叉ならぬ「酒原器」

 先祖の地の雄
 「萱島酒造」

■無念「須磨自」会長
  コーナー削除さる。



フィードメーター - 立ち呑み漂流



■焼酎ブーム終焉後にも凛として残る、「文化・見識蔵」
久家本店公式HPの影に
潜む、実は、最強サイト

常蔵フアンクラブ

足立さんの味わい視点、
 社長の達観。
 社員の和がすてき。
★この人柄ありて、この酒。

■立ち呑みの本義に迫る
 「渾身」のライフワーク。

 伊藤博道の立ち呑み
 エッセイ、だいこんおろし。

   立ち呑みの流儀




■続きを別館で、
立ち呑み漂流(その弐)

あまり更新はありませんが
こちらもよろしく!

■フェイスブックほぼ毎日更新中

●人気ランキング、クリックしてご覧ください。


人気blogランキングへ



★郷里豊後の
  「麦焼酎ガツン系伝道師」

  酎州大分さんの
  目の覚めるようなサイト

酎州大分の麦焼酎バンザイ



★「霧島」のふるさと都城発信。日向焼酎のこだわりサイト。

美しい日向の風土!目の覚めるように美しい写真も必見!
Ja.Ja.Songeja.Songejaga!



●HAKUDOUの コップ酒をたの  しみましょうリンク

縄文の息吹き

立ち呑みの流儀

浪速の立ち呑み日記

路地裏迷宮

不思議幻燈館
→閑古鳥サイト。お願い、覗いてね!

















●コップ持つ手に「生きる実感」酒は自然に、生(き)で飲もう。割る人生は「薄い人生」になる。


●「人情の機微」に思いをはせよう。人間に生まれた僥倖にこころ打ち振るわせよう。


●「幽けきもの」に耳を澄まそう。「声無き声」に耳を澄ませよう。


●不要なものは排除しょう。酒屋の「立ち呑み」は究極のシンプル。それでいて、こころ満たされる。


●自分の「感性」を可愛がろう。マスコミや時流に乗った「プラスチックの薄板」のような人間の「たわごと」に乗らないようにしよう。「吾は我」。好みに高低も貴賎もない、「目をつぶるなかれ」。自己のセンサーを信じよう。

●「デザインされるな」。「プラスチックのようなセンス」
に覆われるな」。

●「人生の些事」こそ生きる糧にしよう。古代縄文の民の愛したのは、身辺の名もなき草花。




生きる力の源は身近にある、「心が曇ると」それが見えない。







縄文の「素朴な命」を遊ぼう。











にほんブログ村 酒ブログへ


●こちらもクリック宜しく!




PING
http://blog.with2.net/how_to_link.php?id=49972&pswd=9999


■あわせて読みたい

レコメンデーションエンジン
カテゴリ
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
【ネットができる宿|鳥取..
from ぱふぅ家のサイバー小物
みてみて資生堂
from 資生堂
上野樹里 大河ドラマ
from 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
広瀬武夫
from 貧乏アイドル
広瀬武夫
from 今日の出来事最新ニュース
広瀬武夫
from 70年代 アイドル
芋焼酎 人気 伊佐美
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
愛の劇場 砂時計 制作 ..
from 砂時計
焼酎 飲み方
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
ダイエット月間 杉田かお..
from ダイエット月間 杉田かおるダ..
“旨口”清水の如く・・・..
from 酎州大分の麦焼酎バンザイ!
角打ち 三喜屋酒店
from 殿のBlog
この夏出現した奇形野菜た..
from 北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立..
成功を加速する名言
from 成功を加速する名言
上野樹里 大胆キッス!
from 上野樹里 大胆キッス
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


■高台の角打ちで「小分け酒」を貰って帰る?■

昨日は高台の角打ち。前田のクラッカーをあてに、寶焼酎ハイボール
持参した氷で2本。そして「いいちこカップ」をレンジチンで
温めていただく。客は5人ほどになる。寒いからこないのかと
思ったがみんな暇なのだろう。


■本題■

このまえ、この店の「角友」から小分けした酒をもらう
「少しで悪いが、おかしなものじゃあないよ!」
古かったり、おいしくなかったりじゃあないよ。
の念押し。

たまに小分けしてもらうのは、たいがい「樽酒」
鏡開きをしたら、飲みきらないとせっかくの香り
が飛んでしまう。縁起ものなので、小分けも
失礼にならない。

c0061686_10221047.jpg
一口含んで、こりゃあおいしい!。吟醸香あり、それも穏やかで
落ち着いて控えめ。味もどちらかといえば派手でなく地味。
滋味な大地に根差した味わい。どちらかといえば伝統酒
「名門酒会系」の酒屋ああないかと想像した。


■昨日店で出会ったので、お礼。おいしかった旨
 伝えると大変喜んでくれた。

 そこで、この酒の種明かしをしてもらう。
 聞いた結果は

 嘉美心

以前から知って、よく飲んでいた酒。
岡山の蔵。味わい深い深みのある酒。

c0061686_10285537.jpg
小分けしてもらった酒はこれかどうかわかりませんが
おそらく、この類であろうと想像。

(この蔵、ウイキより引用)

嘉美心酒造は初代・藤井長十郎により創業された。

二代目松三郎は酒造りに情熱を傾け、また

信仰心に厚く酒の神様である京都の松尾神社から

寄島町内の大浦神社に分社を招致した。

酒銘『嘉美心』は、彼の「身も心も清らかにして

御酒を醸したい」との願いから「神心」(かみこころ)

と同じ音を持つ言葉を選んだものと伝えられている。

以来、嘉美心酒造は戦後に急速に普及した

「三倍増醸法」による甘口酒(いわゆる「三増酒」)

の路線とは一線を画し、「米旨口」を追求する

信念を曲げることはない。その「品質を売る蔵」

としての一貫した姿勢は現在も脈々と受け継がれている。

嘉美心酒造には、昭和45年に建てられた「秘宝閣」と、

平成5年に完成した「渚の蔵」の二つの蔵がある。

「秘宝閣」は、冬は酒の仕込み蔵として、夏は全館冷房の貯蔵蔵

として機能しており、また「渚の蔵」では主に酒の

原料処理(洗米・蒸し・放冷・製麹)が行われている。

嘉美心の時代を先取りした徹底した温度管理は、

昭和45年の導入当時、画期的ながらも時に同業者からの

嘲笑を呼んだようだす。

しかし、温暖な瀬戸内の気候では、真冬は摂氏4度の蔵内で「寒造り」を行い、

真夏でも15度を越えることなく貯蔵管理することは重要な意味を持つ。

こうして出荷されるまでの間、酒は生き生きと優雅に眠り続ける。

これが、嘉美心の酒が安定した品質を維持している秘密かもしれない。

以上引用



神の心


美しい心を嘉ぶ


なんと、志のいい蔵ではないだろうか!










この下アイコン
応援クリックを!


人気ブログランキングへ







     ご贔屓に!

      立ち呑み漂流コンテンツ盗用事件の顛末記!

(かみあわない逃げの一手。まるで火器管制レーダーの
 やり取りのよう、思い出すだけで吐き気がする)

  ぜひ、読んでみてください。酒文化を守るために!
大分県義会議員
桑原ひろし
さんを勝手に応援するサイトです!


# by tatinomi1 | 2019-01-29 10:39 | 日本の国酒 | Comments(0)

■寶焼酎ハイボールタワー、見事な出来栄え■

さむい。恥ずかしながら手に霜焼けができました。
いたく腫れてかゆい。暖かくならないと治らない。
昨日は日曜日で、高台の角打ちはお休み。
テレビを見れば昨日から「嵐」のあらし。まあすごい。
特にNHK.大相撲直後の6時のニュースでもトップ。
今朝一番のニュースもトップ。何か空恐ろしくなるような
違和感を感じましたよ。ファンのかたには悪いけれど。


■本題■

われわれの角打ち学会連合会は、酒屋の立ち呑みを
応援し、酒文化と街の酒屋を守ることを活動の
目的にする会。全国海外に10以上の支部あり。

「國酒」を第一義に愛飲しますが、もう一つ会として
推薦しているのが・・・・

寶焼酎ハイボール

この何とも言えない、哀愁或る味わい、ここに
惹かれて、特に「ドライ」を角打ち仕様として推薦。

■そんななか渡邉連合会長は、神戸からわざわざ
 郷里の大分に帰省。その目的が、ほれ、あの。

男の聖地角打ちに憩う

週刊ポストのロングラン超人気シリーズ
全国の老舗角打ちを順に紹介してゆく。
先日大分の「おおはた酒店」に白羽の矢。
会長はいてもたってもいられず、帰省。
大分県では、大分市長浜神社近くの
「御手洗酒店」(神がかり的な名店)
に続き2軒目。その取材時のこんな写真!


c0061686_10062031.jpg
われわれはこれを・・・

寶焼酎ハイボールタワー

と呼びます。でもまあ
よくこれだけ短時間に飲んだことですね。
やはり「角打ち」で飲めばおいしいという
証拠ですね。



c0061686_10082160.jpg

まさに、「おおはた酒店」も
寶焼酎ハイボールも、日本の寶です!

◎週刊ポストの掲載は、2月25日の予定らしいです。
お楽しみに!会長お疲れ様でした。





この下アイコン
応援クリックを!


人気ブログランキングへ







     ご贔屓に!

      立ち呑み漂流コンテンツ盗用事件の顛末記!

(かみあわない逃げの一手。まるで火器管制レーダーの
 やり取りのよう、思い出すだけで吐き気がする)

  ぜひ、読んでみてください。酒文化を守るために!
大分県義会議員
桑原ひろし
さんを勝手に応援するサイトです!

# by tatinomi1 | 2019-01-28 10:16 | 角打ち名店厳選珠玉 | Comments(0)

■虫ゴムを肴に酒を呑む?■

朝起きれば、粉雪をまいたようなうっすらの雪。寒さはさほどでもない。
昨日は娘の家で、孫の「お食い初め」におよばれ。

帰りに、西宮北口「アクタ」山側の西田酒販に角打ちに行く。
まだ二回目だが、ここはなかなか感じのいいお店。


■角打ちでの、インスタントレンジチン料理。
 高台の角打ちで楽しんでいます。
 料理以前の「角打ち遊び」ではありますがね。

■家でちょいと、酒の肴の欲しいとき、簡単に
 こさえるうち、こういうものにはまっています。


c0061686_10060384.jpg
なんとおいしそうな「虫ゴム」なんでしょう!
自転車のパンクにも使えそうな弾力性!
日本酒にも、焼酎にも、焼酎ハイボールにも
全て相性がいいなあ。

ワインに合わせれば、これまた相性がいいのだろうなあ!


■先日、こんな筋の入ってカラフルな「虫ゴムもどき」
 を湯がいたが、やはり、シンプルな「虫ゴム」が
 はるかにおいしい。

   


c0061686_10104956.jpg
やはり、味だけでなく「楽しく飲む」ことも
酒の楽しみですね。

安く酒を楽しむ工夫です!







この下アイコン
応援クリックを!


人気ブログランキングへ







ご贔屓に!

      立ち呑み漂流コンテンツ盗用事件の顛末記!

(かみあわない逃げの一手。まるで火器管制レーダーのやり取り)
大分県義会議員
桑原ひろし
さんを勝手に応援するサイトです!

# by tatinomi1 | 2019-01-27 10:17 | 路地裏の魔物 | Comments(0)

  日本で一番に自家で「一升瓶」を製瓶した酒造場は?

何やら今日は相当の寒気が上空を覆い、平地でも
積雪があるやもしれないとの天気予報が。さて
こちらも降るのだろうか?

先日より、大分維新の会の現職県会議員

桑原ひろし

さんを「勝手に応援する」サイトを立ち上げ
佐伯角打ち学会の会員でもある県議を応援。
文末に掲載してますのでご覧ください。


■本題■

私も最近は安酒に甘んじ、「吟醸オタク」の
頃は目の敵にしていた「紙パック酒」愛飲。

でも、日本酒は「気合」で飲む國酒。
肩に担いで似合う「一升瓶」がいい!

明治期までは、蔵から樽で酒屋に届きその
樽から「通い徳利」などに分けて販売。

一升瓶が出回ったのは明治もかなりあと。
その一升瓶を、自家製造し始めたのが
以前書いた、「明石ウイスキー」の
江井ヶ島酒造。

あらゆるジャンルの酒を16000平米の
広大な敷地で「7つの木造蔵」で醸す
歴史と伝統の蔵である。
灘五郷の東灘に対しての「西灘」の雄。


c0061686_09040491.jpg
 ■これが、その一升瓶。
  美しさの極み。

 (蔵の能書きをここに!)

一升瓶酒が普及する前の容器といえば、樽と徳利が主流でした。
ご年配の方々にとっては幼少のころ、お使いに徳利を持って
酒屋に行き、樽の呑口(栓)を三本指で捻って量り売りを
してもらった思い出をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。
当時は、無断で有名レッテルの徳利張りをつけて売る偽造品が多く
、取り締まることも難しい時代でした。
そんな中、明治32年、江井ヶ嶋酒造は自社で製瓶工場をもち、
「日本魂」の一升瓶(1.8リットル)を他にさきがけて
世に売り出しました。
この一升瓶は偽造品を未然に防ぐと共に、品質保持の面でも優れ、
瞬く間に清酒業界のシンボルになりました。

■灘五郷は素晴らしいですが

 明石の江井ヶ島酒造、姫路の本田商店(龍力)
 そして八重垣は、私の愛してやまない蔵です!



c0061686_09082969.jpg
     オマケ画像・・・・江井ヶ島酒造のワイン。







この下アイコン
応援クリックを!


人気ブログランキングへ







ご贔屓に!

      立ち呑み漂流コンテンツ盗用事件の顛末記!

(かみあわない逃げの一手。まるで火器管制レーダーのやり取り)
大分県義会議員
桑原ひろし
さんを勝手に応援するサイトです!

# by tatinomi1 | 2019-01-26 09:09 | 日本の国酒 | Comments(0)